<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

シバトラ 第5話「萌え〜メイド喫茶にマル秘潜入」

第5話「萌え〜メイド喫茶にマル秘潜入」
小次郎をとめにはいってきたゆりが撃たれた夢をみて
はっとめがさめる小次郎。
白豚が好きな人、メアリー(小池彩夢)のことを好きになり
その恋愛相談をしている最中でした。
婦警の環ちゃんにも一目ぼれしたのに
メイド喫茶のメアリーちゃんも好きになったらしい。

シバトラ、婦警さんに大人気。
新庄がシバトラをつかんで
さくらに注意するようにいおととしても
みんなにひがみとしかとられず。

さくらからまたもや潜入捜査。
潜入捜査は違法な捜査ですよね?と
確認するシバトラに、思いきり肯定するさくら。

今度は、18歳の少女・生島透子(志田菜々子)の失踪事件を
調べるよういわれます。
透子がアルバイトをしていたのはメイド喫茶。

「いらっしゃいませ 御主人様」

シバトラがというか

小池徹平くんがメイドコスさせられてる・・・・!!

「どうして僕がこんな恰好を・・」

かわいいからです(*^。^*)

そこには美月もメイド服姿で働いていました。
シバトラを心配して店に来たところを、
スカウトされたそう。
さらに、メアリーちゃんにお熱の白豚。

「あんなに輝いてる白豚くん、はじめてみた」

メアリーをデートに誘う白豚。
返事はOK!
思わびっくりして大声をあげたシバトラをみて
白豚が男だということをいってしまいそんな中、
クビになってしまいました。

「ピー!潜入終了」

新庄はさくらを呼び出し警告。
生島透子の携帯の最後の通話履歴で
最後に話したのは落合。
落合はさくらの妹とシバトラの父を殺し、刑務所にはいって
最近出所したらしい。

新庄はメイド喫茶にいってみますが
すでにシバトラはくびになったあと。
落合がシバトラの父を殺したと
美月がきいてしまいました。

美月は帰宅して、新庄と南原がやってきたことを話します。
落合のことも話すと、小次郎が反応。
シバトラは、8年前の事件をつぐなってちゃんと
たちなおっているはずだといい、
その事件は自分の中ではもうおわっていると話します。
そんなシバトラを強いという小次郎。

白豚のシースルー・・。

さくらは落合の行方をたずねていきますが
その親戚はしらばっくれます。
銃をつきつけるさくら。

「もしまた犯罪に手を染めたら

 今度は手錠はめるだけじゃすまないから」


さくらは生活課の仕事の領域以上のことをしますが
ひるまず、脅しをかけました。

竹虎と小次郎は、メアリーとデートをすることになった白豚を
尾行することに。
メアリーが失踪事件の有力な情報を持っているかもという小次郎。
なんと、ランドセルを背負ったメアリーが!!

「ごめん、算数の授業が長引いちゃって」

メアリー、小6・・!!

結局シバトラと小次郎もいっしょに
遊ぶことになりました。
小次郎は文句いいながらも楽しそう?

「楽しかったね」

「小学生じゃなかったら、もっと楽しかったのに」

親が心配するという小次郎に
両親は不倫をしていて、自分のことなんて
どうでもいいと思っているから
心配なんてしないというメアリー。

「二人には私なんていないほうがいいの。

 だから、メイドになると楽しいの。

 みんな喜んでくれるし。
 
 いっぱい話せるし」


そんなメアリーのところへ、
メイド喫茶の店長・岩城から電話が入り
仕事を頼みたいという岩城に、彼女は喜んで応じます。
そのあと誰かに電話して、
生島透子より上玉ですから、という店長。

岩城は、別室で待たせていた美月に
もっとお金が欲しくないかと尋ねます。

メアリーが小学生だったのを嘆く白豚。
シバトラは美月に呼ばれてメイド喫茶へ。
あのメイド喫茶は裏で何をやっているか
わかったという美月。
トイレの窓から中にはいります。

ここで働いている子は中学生以下の子もけっこういて
店長は金持ちの客に女の子を紹介してもうけてるらしい。
しかし、侵入したのをみつかってしまいました。
白豚たちも援護にきてくれたけど
白豚、捕まってしまいピンチ・・・、
でもなんとか逃げ出せました。

メアリーのことは明日シバトラが署にかけあってみるそうです。
この事件に落合がからんでるのか、
落合と昔何かあったのかと、
シバトラに聞いた話のこともだして小次郎にたずねる美月を
「俺の前で二度とその話すんじゃねえ」と怒鳴りつける小次郎。

新庄は、シバトラをかまう理由は
シバトラの父と面識があったからか。。。

メイド喫茶にまたでかけている白豚。
メアリーちゃんは今日は休みなのに
電話がかかってきました。

「白豚さん、どうしよう・・私・・・

 ひとを殺しちゃったよ」


男が刺されて倒れていました。

白豚がその部屋にいくと
メアリーが泣いていて
白豚が落ち着くようになぐさめます。

メアリーは絵のモデルになっていて
脱いでくれる?といわれて帰ろうとして
突き飛ばした勢いで、果物ナイフが胸に。
メアリーは悪くない、ここはまかせて逃げろという白豚。

美月はさくらをよびだし
8年前の事件のことをききたいといい
さくらが相手にしないと
潜入捜査をばらすとおどします。
実際に首になるのはシバトラだけど
危険なめにあうのならそのほうがいいという美月。

落合はシバトラの父をうって逃走。
父の体を貫通した弾にあたったシバトラ。
死んでから父だったということをきき後悔します。
小次郎はヘルタースケルターをつかって
警察より先に落合をみつけ
ゆりは小次郎の暴走を止めようと現場にむかい
落合の前にとびだして撃たれました。

「バカよね。

 あんな男にひっかかんなきゃ 

 しなずにすんだのに」


落合も憎いけど、警察を信じなかった小次郎も
同じくらい憎いというさくら。
ゆりはさくらの妹。

「彼はずーっとにげてんのよ。

 ようは怖いのよ。

 あの事件とむきあうことが。

 自分とむきあうのが」


現場に小次郎をよぶとシバトラもきました。
シバトラは、メアリーがやったかもしれないというと
白豚は、警察はいつも自分たちのことを
信用しないと怒りだします。

警察が来て、メアリーを疑う発言をきく白豚に

「絶対にメアリーちゃんはたすけますから」

というシバトラ。

白豚は、メアリーのアドレスのはいった携帯を
シバトラにたくします。

メアリーは街を一人で歩いていました。
「お兄ちゃん」から電話。
言ううとおりにいつもの場所にくるようにいわれます。

お店で一人で待つ美月。

「こんなに広かったっけ」

小次郎はヘルタースケルターをつかって
メアリーちゃんをさがします。

「お兄ちゃん」にあうメアリー。

さくらもゆりが亡くなった時のことを思い出していました。

「あたしはやってない」

メアリーに、このままだと
犯人扱いされてしまうというお兄ちゃん。
どうすればいいかというメアリーに
「きえちゃえばいい」というお兄ちゃん。
自殺すれば、両親も世間から何もいわれないと
メアリーを説得。
メアリーにゆっくり考えた方がいいといいながら
カバンの中には拳銃が。。。

メアリーからシバトラに電話。
白豚が警察にいるというと
死んでお詫びするといって切ってしまいました。
電話の後ろに電車の音がしたと
鉄橋にいそぐシバトラと小次郎。
銃を頭につきつけるメアリーをとめるシバトラ。

「完璧な人なんて誰もいない。

 人は誰かをきずつけて

 そのぶん誰かを助けて生きてるんだ」


メアリーも白豚の役にたっているというシバトラに
「私なんてもう死んだっていい」というメアリー。

「死んでもいい人間なんて誰もいない!」

「そんなの綺麗事だよ!

 私が死んだって誰も悲しまない!」


そこにおちていた丸いものみたいのを
フリスビーのように投げる小次郎。

両親のことを思い出し手が止まるメアリー。
そこへ白豚がやってきて、メアリーをビンタして
しかり、そのあと頭をなでます。

「どうしてたすけてくれたの?」

「生きててほしいからにきまってるでしょうが」

警察に戻ると両親が待っていました。
二人してメアリーを責めケンカをはじめる両親。

罪にならないときいてよかったという親に
意見するシバトラ。
それをとめようとする新庄に足をひっかけてとめるさくら。
シバトラは両親の手をとってメアリーの顔に手をあてます。

「いなくなったらこうして

 彼女のぬくもりを感じること

 ふれることもできないんですよ。

 かけがえのない人間がそこにいる。

 それがどれだけ幸せなことなのか

 失ってはじめて気づいちゃダメなんです。

 何を考えてどう思っているのか

 こんなに近くにいるのに

 それが伝えられないなんて

 もったいないですよ。

 僕は、うらやましいです。

 伝えたかった人が もうそばにいませんから。

 うらやましいです」


シバトラの言葉をだまってきくさくらと
メアリーの両親。

「お父さん・・お母さん・・・」

白豚は外に出てばったりあった環を
勇気をだしてお店に誘うと
笑顔で返事をもらいました。

新庄はシバトラが暑苦しいと文句をいい

「俺の嫌いなデカそっくりや」

とつぶやきます。

メアリーから話を聞くシバトラとさくら。
拳銃をおいていったのも
女の子をあっせんしていたのも
あのマンションに住むお兄ちゃん。
写真を見せたら落合でした。



落合はずっとひっぱるのですね。
小次郎にもさくらにもシバトラにも
かかわっていますし
シバトラのお父さんと新庄もかかわりがあったとは。

メアリーが小学生なのにはびっくりでしたが
白豚が楽しそうで、小学生じゃなかったら
よかったのに残念でしたね。




キャスト

柴田竹虎 小池徹平
藤木小次郎 藤木直人
木下満男 今田耕司
白豚 塚地武雅
宝生美月 大後寿々花
新庄徹 宮川大輔
鮎川環 南明奈
千葉さくら 真矢みき



あたらしい日々/黄金の月(初回限定盤)(DVD付)
あたらしい日々/黄金の月(初回限定盤)(DVD付)
Every Little Thing

シバトラ ~童顔刑事・柴田武虎~ (小池徹平 主演)

シバトラ 6 (6) (少年マガジンコミックス)
シバトラ 6 (6) (少年マガジンコミックス)
朝基 まさし
2008.08.05 Tuesday 23:22 | comments(0) | trackbacks(10) | 
<< アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第94話 「帰郷」 | main | 学校じゃ教えられない! 第4話「なぜ、命は大切なの?」 >>









シバトラ−童顔刑事・柴田竹虎− 第5話 熱い男
『萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入』内容千葉さくら(真矢みき)の命令で、竹虎はメイド喫茶への潜入捜査を命じられる。生島透子が行方不明になったり理由を探せと。竹虎は女装して潜入。すると、ナゼか、美月もいた。。。心配してつけてきたら、スカウトされたのだという
| レベル999のマニアな講義 | 2008/08/05 11:40 PM |
シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜 第5話
18歳の少女の失踪事件を調べるため、メイド喫茶に潜入捜査するシバトラ… メイドコス、めっさ可愛いんですけど!! スカウトされて一緒に働...
| 日々緩々。 | 2008/08/05 11:49 PM |
シバトラ 第5回 感想
『萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入』
| ぐ〜たらにっき | 2008/08/05 11:51 PM |
今度はメイド喫茶に潜入! シバトラ
メイド喫茶に潜入 いくら徹平くんが女の子っぽい顔してるからっていっても、メイド喫茶に潜入はさすがに無理がある。 童顔が特徴なんだから、それに見合ったところじゃないと。 それでもメイド姿は似合ってたけど… 塚っちゃんがメイド喫茶で知り合ったメアリー
| カネハトキナリ〜勝手に予想とランキング〜 | 2008/08/06 12:02 AM |
シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜 第5話 「萌え〜メイド喫茶に(秘)潜入」
生島透子の失踪事件を調べるためにメイド喫茶に潜入捜査することになる竹虎(小池徹平)。
| テレビお気楽日記 | 2008/08/06 12:02 AM |
シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜 第五話「萌え〜メイド喫茶に秘潜入」
さくら(真矢みき)に、潜入捜査を命じられた竹虎(小池徹平)今度は、18歳の少女,生島透子(志田菜々子)の失踪事件。透子がアルバイトしていた、メイドカフェに潜入する事になった竹虎。メイド姿で接客をする竹虎は、と
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/08/06 1:30 AM |
「シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜」第5話
女装でメイド喫茶潜入〜?! …って、あっちゅー間に終わったがな。 メイドコスプレはかわいかったけど、ちょっと無理あったか(笑 しかし今回はストーリーが核心に向けて大きく動きだした! シバトラ 5 (5) (少年マガジンコミックス) 安童 夕馬 JUGEMテーマ:
| fool's aspirin | 2008/08/06 6:29 AM |
「シバトラ-童顔刑事・柴田竹虎-」第5話
第5話竹虎は、18歳の透子という女性が失踪した事件の捜査で、彼女がアルバイトをしていたメイド喫茶に潜入する。失踪事件には、竹虎の父とさくらの妹を殺した落合も絡んでいるようだった。早速、メイド喫茶で採用された竹虎がメイド服を着て接客に出ると、美月もメイ
| 日々“是”精進! | 2008/08/06 9:37 AM |
「シバトラ」第5回
 さて、今回虎ちゃん(小池徹平)が潜入したのは、メイド喫茶(要女装)・・・ 意外と違和感なかったなぁ・・ ああいう子いるもんね・・・メガネとかかけたらかなり需要ありそうだぞ・・ すぐに白豚(塚地武雅)のせいでバレちゃったけどね・・  今回、白豚の出
| トリ猫家族 | 2008/08/06 2:46 PM |
「シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜」(第5話:「萌え〜 メイド喫茶に(秘)潜入」)
7月29日に放送された「シバトラ」(第5話)において、シバトラ(小池徹平)に与えられる新たなミッションは、「メイド喫茶に潜入し、失踪事件の真相をつかめ!」というものだ。今回のエピソードの終盤では、落合(橋爪 遼)に唆されて自殺をしようとしていたメアリー(
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2008/08/10 10:24 PM |