<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アニメ D.Gray-manディーグレイマン 第96話 「だが進む刻の針」

第96話 「だが進む刻の針」
アレンの前にあらわれたハワード・リンク。

ハワード・リンクは監視にきたというのに
お近づきのしるしのおいしそうな
お手製パイにアレンの目はくぎ付け!

コムイさんに、監視の件の文句を訴えにいった
リナリーはルベリエ長官を見て固まります。
昔、教団でひどい目にあっていたときの記憶が
蘇ります。
心配するリーバーさん。

ルベリエのお手製ケーキも素晴らしい・・・。
やってることと似あいなさ過ぎますが。

『この子にとってルベリエは過去のトラウマだってのに。

 あ〜ばかばかばか』


と自分を責めるリーバーさんに、
アレンの監視のことをきくリナリー。

「どうして?アレン君を監視って。

 あの人たち、何しに来たの?」


ルベリエとコムイさん。

「リナリーはまだ私を許してくれてないようですなあ。

 笑顔をみせてくれない」

 
そりゃあんな拷問みたいなことしてたら。。。

コムイさんはその件については語らず。

リンクになぜ監視をするのかとたずねるアレン。
とおりかかった部屋の中からクロス元帥の声がきこえます。
もっと酒を買ってこいとくだをまいてます。
となりにはソカロ元帥。

「なぜ私がお前と酒を飲まねばならんのだ」

「俺が、女と酒を飲むのが大好きだからだ。

 4年ぶりだな。

 あいかわらずいい女だな。クラウド」


「おまえはあいかわらずどうしようもない」

そこへはいっていったアレン。
もっていた書類を元帥の頭に。

「おう。バカ弟子か。何してる?」

「それはこっちのセリフですよ。

 やっと見つけたと思ったら
 
 この飲んだくれ」

 
「なんか用かよ?」

「なんか用かよ?だあ〜?!」

「うそ。うそ。

 楽譜のことだろ」


しかしそこでアレンは引き離されました。

「君とマリアン元帥の面会は禁止されました」

「はあ?なんだよ、それ!

 ちょっと!師匠ーーー!」

「これはどういうことです?」


「教団命令です」

「君は今、疑われているのですよ。

 14番目の関係者として」


14番目とは、ノアの一族から抹殺された
あるひとりのノアのこと。

14番目は死んだけど、それ以後、
彼の意志を受け継いだものが複数いて
クラス元帥もそのひとり。
アレンを弟子にしたのも、奏者の資格と知っての
ことだというルベリエ。

14番目のことを何もしらないというアレンに
14番目と自身の関係を行動で証明しているというリンク。

楽譜を読めたのはなぜ?とみせます。

「君、この楽譜のことは

 コムイ室長に報告していませんね」


ルベリエはコムイさんに証拠はあると話します。
14番目の関係者として伯爵に殺されるのを恐れ
教団に保護を求めてきた人物がいるらしい。

アレンに楽譜をみせるリンク。

「調べたところ これはどの時代

 どの民族にもあてはまらない。

 なのになぜ、君は読めるのです?」


『だって。だってその文字は

 僕とマナが作った文字』


「誰からからおそわったのではないですか?

 この文字は」


『でも、それは』

「14番目が作った暗号ではないですか?」

『言えない。

 マナはただの旅芸人のピエロ。

 捨て子の僕を拾って育ててくれた。

 それだけのはずだ』


「どうなのです?アレン・ウォーカー」

窓に14番目がみえました。

「なんで・・ここに。

 僕の後ろ!窓!」


しかしリンクには何もみえず。

『頭が・・おかしくなりそうだ。

 マナ。僕とあんたは

 ただの捨て子とピエロだった。

 それだけのはずだった。
 
 それだけじゃないのなら
 
 僕等は 何者だったんだ?』


食堂の空気がギスギスしているというバクさん。
アレンとクロス元帥がノアの手先かもしれないと
噂がひろまっているらしい。

ジョニーがたちあがりました。

「アレンはいいやつだよ!

 ノアの手先なんかじゃ・・・

 アレンは アレンは・・・

 うっ・・っくっ」


泣きだしてでていってしまいました。
マービーとタップが慰めてくれてます。

歯磨きをしている洗面所の鏡にも14番目がみえます。
ラビがアレンを心配してくれますが
「ほくろふたつ」というあだなに抗議するリンク。

「変なものもみえたりしますけど

 どれもこれも今の僕には

 どうしようもないことですから

 そういうことにへこんでてもしょうがないでしょ」


方舟からもってきたプラントの調査を
これからはじめるのだそうで
伯爵との戦いを終わらせることができるかも
しれないという希望がみえてくる、とリーバーさん。

神田の横で座禅するリナリー。

「ルベリエか。

 昔からおまえ

 あいつがくると

 俺のところに逃げてくる」


「みんなに心配されるの、いやなんだもん。
 
 神田は 私が小さいころから

 何もきかないでいてくれるから。

 でも、やっぱり私、逃げてるよね。

 こんなんじゃダメだってわかってるのよ〜。

 強くならなきゃって。

 でもね・・でも・・・う〜〜ん・・・」


「俺は、おまえは強い女だと思うがな」

「神田?」

「黙って座禅やれよ」

そのとき、ヘブラスカの間へよばれます。

リナリーのイノセンスのシンクロ率が
10%をきっているので、一度切り離し
ヘブラスカの中に戻します。

イノセンスはこれまでにない現象をおこしはじめて
意思のようなものを感じるというヘブラスカ。

「悲しみの力を糧にアクマが進化するように

 イノセンスも 適合者の強い想いに反応して

 まるで・・」


「進化?イノセンスが進化しはじめていると?」

「進化だって?」

「かもしれん。

 だが強い力は その代価が大きくなる。

 寄生型のように。

 装備型とちがい 強いイノセンスの力を持つ

 寄生型が とても希少だと言われる理由

 それは、彼らが体内で強力なイノセンスの力に

 おかされつづけるために

 肉体の寿命が早く訪れ

 そう長く生きられないからだ」


「今、なんて?

 兄さん、ほんと?」


「それではリナリーは寄生型に?」

「まだわからない。

 だが、次にシンクロするときは

 覚悟が必要だと」


コムイさんが苦渋の顔。

食堂でやまほどお皿にのせるアレンと
ケーキばっかり盛ってるリンク。

「平和な朝の風景さ〜」

プラント調査をはじめようとする科学班のところへ
バクさんたちもやってきました。

「わがまま支部長ズ」

しかしその中のひとりがいきなり
ジョニーに剣を・・・。

ルル・ベルが人間に化けていました。
そして後ろには大量のアクマ。

「さて。はじめましょう」



うわ〜、暗い展開に突入してしまった。
ジョニーーーー!

ルベリエをみたとたんに
リナリーがあんなになるくらい
ほんとにひどい目にあわされたのですね。
教団の本部はコムイさんたちのイメージだったけど
上のほうは何を考えているんだか。
ノアの一族なみに信用しきれないところがあります。
そんな中であのお菓子作りの腕は異様。。。。

アレンには日常的に14番目がみえるようになってしまったし。

神田とリナリーのシーンもよかったです。
リナリーも神田を頼りにしてるけど
神田は友達少なそうだからリナリーの存在は貴重ですね。





D.Gray-man COMPLETE BEST(DVD付)
TVサントラ


changin’
changin’
STEPHANIE,mavie,矢住夏菜,ジョー・リノイエ,Yukinori Nakano,長岡成貢,Kentaro Sato



D.Gray-man 2nd stage 06【完全生産限定版】
D.Gray-man 2nd stage 06【完全生産限定版】
アニプレックス

D.Gray-man 2nd stage 07
D.Gray-man 2nd stage 07
鍋島修,櫻井孝宏,小林沙苗


D.Gray-man 2nd stage 08
D.Gray-man 2nd stage 08
アニプレックス


2008.08.19 Tuesday 20:49 | comments(6) | trackbacks(0) | 
<< ボクを包む月の光 6巻 ―「ぼく地球」次世代編 | main | シバトラ 第7話「悪魔の誘惑・・必ず君を救う」 >>
ミッフェル (2008/08/20 11:53 AM)
本当黒の教団というか中央庁の得体の知れなさと人情のなさはすごそうでしたね。
ノアの一族もアレですけど彼らはまぁ家族?(ノアのメモリーでつながってるだけの仮初の家族だとしても)同士は一応仲間というかのはあるのでアレですけど
中央庁のはそれ以上にという感じもしなくはないです。
本部にいる大元帥のアレも人形だそうですし・・・。

神田は友達どころか合う人間自体が少なそう(失礼)なので貴重ですよね。というか神田に文句言ったり等々できるリナリーが凄いのかもしれませんが(苦笑)
ルベリエのアレは凄まじかったですね。そりゃトラウマにもなるよとかトラウマになったのがルベリエだけでよくすんだなとも思いました。私だったら死ぬかもう何か全ての人間に感情がなくなりそうな感じがします(遠い眼)
ケーキはおいしそうですけどね・・

そしてアニタさんのことで少しはと思ったら本部にかえった途端やりたい放題なクロス元帥。らしいといえばらしい気がしますが・・うん・・
わがまま支部長ズやクロス元帥などの微笑ましいシーンもつかのまいよいよあの暗いシーンが来ましたね。
クラウド元帥とソカロ元帥の戦闘シーンいよいよ登場なのは楽しみですけども・・・
honey (2008/08/20 3:33 PM)
ミッフェルさん、こんにちは。

中央庁は信用ならないですね。
やりかたが非人道的すぎます。
平和を目指している教団にしては
違和感ありすぎ。

神田に気軽に声をかけられるラビとか
口喧嘩できるアレンとか
掌のうえでころがすような元帥とか
教団は神田には貴重な場所でしょう。

傷ついたリナリーがあんなに元気になったのは
ひとえにコムイさんの愛かと。

クロス元帥はあのままでいてほしいんですけどねえ・・・。
ミッフェル (2008/08/20 3:54 PM)
上の方は非人道的すぎますよね。
ルベリエ家の人間を捧げたり、エクソシストの血縁者を被験者にしたり。
いまでこそ実験してないそうですがまだ続いてたとしたらスーマンのお子さんも犠牲になってたのかなと思ったりもしました。ただでさえイノセンスに適合して家族を引き離されたのにそんなことになったらスーマンの死とか報われないので今は継続してなくてよかったななんて思います。
純潔の神的なことを言ってるけどやってることは神でも純潔でもないですからね。
異端者は問題にするけど自分達に都合悪いことはもみ消してそうですよね。あの連中。
honey (2008/08/20 4:45 PM)
ミッフェルさん、またまたこんにちは。

都合の悪いことはもみ消すって、
中世の教会あたりもやってたような気がしますね。

人体実験とかありえないです。
コムイさんたちががんばってきた成果ですよね。
T.Tokita (2009/03/17 7:35 AM)
honeyさん、ミッフェルさん。こんにちは。

いくらあの襲撃で壊滅を免れたといっても、アレン君への疑いが晴れたわけでもなければ、教団に対する見方がわずかでも変わったわけでもありませんしね・・・。
もしも、あのコムビタン騒動をアニメでもやってくれるなら、中央庁へのスケイプゴートとしてルベリエ長官が襲われるシーンを是非描いてほしいです(なぜ原作で描いてくれなかったのでしょうか?)。
もっとも、コムビタン騒動もリナリーの買い物の時のように、いずれ中央庁にもみ消されるでしょうけれど。
honey (2009/03/17 9:20 AM)
T.Tokitaさん、こんにちは。

最近原作がお休み中だったので忘れがちでしたが
教団は怪しいままでしたね、そういえば。
トップは何を考えているのか
先の展開を待ちたいと思います。