<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

学校じゃ教えられない! 第6話「好きなの?ヤりたいの?」

第6話「好きなの?ヤりたいの?」
舞(相田舞)が、正式に部として認可された社交ダンス部初の発表会を、
9月の文化祭でやると宣言。
それが創作ダンスだと告げられた部員たちは、
口々に文句を言いながらも練習を始める。

そんな中、一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、目も合わさず、
よそよそしい雰囲気の叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)に気付いた。
実は、叶夢は、永璃とラブホテルに入ったものの、“好きなのか”
“それともやりたいだけなのか”と質問をされてフリーズし、
キスさえしないで出てしまったのだ。

これを知った一樹と瞳は、懸命になだめるが…



なりゆきでキスした叶夢と永璃はホテルへ。
もう一度キスしようとしたときにくしゃみで中断。

「それじゃ あらためて」

今度はおなかのなる音・・・。
デリバリーを頼むのはやっぱり後にしてもう一回。

「ちょっときいていい?」

「あんたさ、あたしのこと好き?
 
 それともやりたいだけ?」


社交ダンス部が正式に認められました。
9月の文化祭で創作ダンスを踊ろうと舞ちゃんが提案。
みんなは文句をいいながらも、
夏休みの間パートナーにあういい理由になると説得されました。
校長代理が見学にきていやみを言う中、練習開始。

校長代理は、生徒からラブホテルに入ったという
目撃情報があり、不純異性交遊をしたら
即刻退学、と脅しました。
舞ちゃんも提出書類がまだと、いってしまいました。

一樹と瞳は、叶夢と永璃の様子が変だと気づきます。

「好き やりたい 好き やりたい」

で花占い。

Tバック大明神のところにいって
永璃とのことをきかれますが
ごまかす叶夢。
そこへやってきた舞ちゃんにTバックをみせると
舞ちゃんは快諾。

更衣室へ移動するみんな。

「じゃいきます!」

Tバックを下におとし、ほうきではきました。

「Tバックを はいてみました!」

次は「歯痛」

「往生際が悪いよ〜。舞ちゃん」

ほんとに。。。

「わかった!」

と着替えに。

「わ〜ちっちゃい〜

 はずかしいよ〜。こんなの」


さんざん気をもたせて舞ちゃんがみせてくれたけど
Tバックははいたけど上にスカートもはいてました。

「みんなおぼえといて。

 こういうのは好きな人にしか見せないの、女の子は」


やっぱずるい・・かも。

今は愛を深める時でしょ、といわれて
どうやったらスムーズにキスにもちこめるのか
ラブホにはいれるのかと盛り上がる信太郎たち。
誰も叶夢のことをきこうとしないけど
叶夢は、水戸黄門の印籠のごとく
ラブホの歯ブラシを見せました。
しかも叶夢は最後までやっちゃったと大ウソ。
みんなは次々に質問攻め。
みんなに「好き?それともやりたいだけ?」と
きかれたらどうする?というと
みんなその場では好きというと答え
叶夢はそういえばよかったのか〜と思わず本心を。
一樹は叶夢は実はやってないこともばっちり見抜きます。

永璃も瞳にその話をしていました。
瞳は好きな人とは何か月もつきあってから
ファーストキスもエッチも大切にしたいという考えだけど
永璃は相手にきらわれたらと困ると思って、すぐOKするタイプ。

そこへやってきた叶夢と一樹。
叶夢と永璃は口ゲンカをはじめてしまいました。

叶夢なんかなんとも思ってないという永璃に
男は、お前みたいに誰とでもラブホに行くような女と
つきあおうとは思わないと言ってしまう叶夢。
永璃は

「あんたなんか大っきらい!」

と叫んででていってしまいました。
さすがに今のはひどいと瞳。

カラオケにいった叶夢と一樹。
「いとしのエリー」をうっかり歌う叶夢。
実は永璃のこと、すきなんだろ?と
トムとジェリーみたいにお似合いだというと
叶夢に

「お前俺のことすきなんだろ?」

といわれてあせる一樹。

夢でした。。。

目覚めたら瞳がいて
瞳は一樹のことが気になっているようなのに
女心がにぶい一樹にはわからない。

きよしや信太郎たちは、今日の花火大会のときに
男になろうときめたそう。

きよしはかなをさそいます。
静也はレイをさそい
信太郎は真帆をガン見して、
顔がエロいと笑われてしまいました。

叶夢と永璃はいなくて
永璃が社交ダンス部をやめる、
ダメならパートナーをかえてといいました。

「しょせんあいつはやりたいだけの男なの」

でも舞ちゃんは、ほんとにそうなら
その時は好きと答えてエッチして
そのあと態度がつめたくなったりするのに
叶夢は、永璃が好きかどうかずっと悩んでるんだよ、といい
叶夢は絶対永璃のことを好きだと断言。
永璃にそれを証明してといわれ何やら画策。
他のメンバーになにやら頼んだようです。

舞ちゃんは、自分も社交ダンスやめるという叶夢に
やめないでくれたら何でもいうこときいてあげる、とお願い。
叶夢にだけ、Tバックをみせてあげる、と部室に誘います。
おもわずつばをのむ叶夢。

「みんなには、絶対内緒だよ」

「も、もちろん!」

舞ちゃんがボタンをはずし
みつめる叶夢。
そこに支持どおり永璃から電話。

今神社の前にいるからあえないかなと永璃。
もっかい話したいという永璃に
友達と勉強してるからという叶夢。
いったんは腹をたてますが

「自分の気持ちを素直に」

と腕に書いた文字をみて

「じゃあまってるから。

 くるまでまってるから!

 あいたいの」


叶夢は電話は親からだといい
舞ちゃんに続きをうながします。
理事長ものぞいていましたが
そこへやってきた校長代理をうまくつれだしてくれました。

股間をおさえる叶夢。

メールの着信音。
永璃からで

「好き」

校長・・必死で戻ってきましたけど・・・・・!!

メールを舞ちゃんにみせ
どうせいたずらだという叶夢。
永璃は恋愛経験豊富だから
付き合ったらがっかるりされそうだし
ほんとは永璃の前だと大人に見せようと背伸びして
本当は永璃を幸せにする全然自信ないという叶夢。

今日のディズニーはアラジン。
王子にしてもらったアラジンだけど
ジーニーに「本当の自分で勝負しろ」といわれます。

「女の子はね 

 好きな人に経験があるとかないとか

 そんなの関係ないの

「女の子は 一番どこが感じるか知ってる?」


「おっぱい?おしり?どこ?」

「心・・愛だよ。

 自分のことを一番愛してくれてるって気持ちが

 一番嬉しいんだよ、女の子は。

 まわりが経験してるからって

 あせってするもんじゃないの、エッチは。
 
 それより、今の気持ちを大切にしなきゃ。

 恋に明日はないの。

 恋は今しかないの!」


携帯をかえす舞ちゃん。

「好き」の文字をみつめる叶夢。

みんなも叶夢の前にでていって
永璃のところへいくようにいう一樹。
とびだしていく一樹に続き、みんなも外へ。

舞ちゃんはそのあとかくれていた校長をみつけてびっくり。
叶夢が何もしないと本当に信じてたんですかときかれ
「もちろん」と答える舞ちゃん。
でも撃退グッズもいっぱい用意されてました。

おまつりで待っていた永璃。
そこにマー君があらわれ、よりをもどそうと
肩を抱いてつれていこいうとしますが
ちょうど叶夢がやってきました。

「何やってんだよ!

 おまえ、本当に好きな男じゃなきゃ

 ダメなんじゃなかったのかよ?」


「なんだよ?おまえ」

「僕 アラジン。

 僕のジャスミンに手ださないでくれる?」


永璃と逃げる叶夢。
また素直じゃないふたりだけど・・。

「あんたこそなんできたわけ?」

「それはお前のことが○△□☆・・」

(ほんとは「好きごにょごにょごにょ・・」というかんじだったけど
 字幕にこんな愉快なのが書いてあったw)

「何言ってんのか全然わかんないんだけど」

「それはお前のことが好きだからだよ」

「フリーズすんなよ。

 次のセリフなんていっていいかわかんないんだから」


「バカじゃないの?

 普通の男は、あたしみたいな女

 好きになんないんじゃなかったの?」


「悪かったな!

 俺は普通じゃないんだよ。

 知ってるだろ、おまえも。

 だから、フリーズすんなって」


泣きだす永璃。

「だから嬉しいの!」

「泣くなよ、今度は」

「うるさいな〜もう!」

そのとき花火があがりました。

校長と舞ちゃんも並んで見ていました。
校長は触られるのが怖い病気だそうで
人を好きになったこともいないし
母はもの心ついたころにはいなくて
新しい母は弟をかわいがり
家族でこうして花火を見上げた思い出もないそう。

「なんでこんなこと・・

 今のは忘れてください」


舞ちゃん、寝てました、、、
が、校長にもたれかかってきても
校長は大丈夫。

叶夢のことが気になる一樹が気になる瞳。
そこへ生徒会長がでてきて
「本当にあんな男が好きなの?」といいます。
瞳は、本当は一樹とつきあっていないと告白。

「でも、あたしはあいつが好きです。

 あいつには好きな人がいるから

 無駄なのに

 でも そう思えば思うほど好きになって

 この前先輩が言っていたように

 この気持ちだけはどうしようもできないんです」


それを一樹もきいてしまいました。

叶夢と永璃はホテルへ。
叶夢は、俺のどこが好き?ときくと

「それは・・アホなとこ」

という永璃。
きよしのときも、レイのときも、
叶夢の行動は素敵でした。

「あんなこと、アホじゃなきゃできないじゃん」

「僕を信じて。

 新しい世界をみせてあげるよ」


「何いってんの」

「アラジンのつもりだけど」

永璃の手をとって「いとしのエリー」を
歌い出す叶夢。

「エリー my love so sweet」

 舞ちゃんが言ったように

 大事なのは テクニックなんかじゃない

 知識でも経験でもない


きよしと可奈。
きよしはかながその気になるまで待つつもり。
「ありがとう」という可奈。

 大事なのは 愛だ

レイと静也。
レイはエッチとか、あんなことがあったばかりだから
まだ無理だけど、「でも、好きだよ」といってもらいます。

 大事なのは 相手のことを

 大切だと思える気持を

 伝えることだ


信太郎は真帆の走っているところが好きだといい
もう走る気ないのかよとたずねます。

「エッチする以外に

 お前に伝えたいこととかないのかよと考えてたら
 
 自然に頭にうかんできたんできたんだよ、それが」


 大事なのは この一瞬を

 絶対に忘れないという気持ちだ



舞ちゃんが目をさますと花火はおわってました。
舞ちゃんがさわってても、ギリギリで大丈夫だったという校長。

一樹と瞳。
瞳が何かいおうとすると

「俺とつきあってくんないかな。

 叶夢のことは もう忘れるからさ」


という一樹。
一樹は瞳にキスしそう。


5組のカップルが全部成立。
さらに舞ちゃんと校長までいい雰囲気に。
結局エッチまでいったのは
やっぱり叶夢と永璃なあたり。。。
調子いいけど叶夢、いい子だもんね。

一樹は瞳の心にうたれたのか
叶夢をふっきろうとしてのことだったら
それは残酷。。。



キャスト
相田舞  深田恭子

氷室賢作  谷原章介

横山永璃  仲里依紗
水木一樹  中村 蒼
成田静也  前田公輝
見城 瞳  朝倉あき
稲井信太郎  法月康平
鈴村レイ   加藤みづき
長崎きよし   柳沢太介
亀田真帆  夏目 鈴
西川叶夢  森崎ウィン
吉澤可奈  柳生みゆ

影山盟子  伊藤 蘭


中村蒼 2009年カレンダー

アラジン 3部作 完全BOX (初回限定)
アラジン 3部作 完全BOX (初回限定)
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

2008.08.19 Tuesday 23:32 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< シバトラ 第7話「悪魔の誘惑・・必ず君を救う」 | main | 西洋骨董洋菓子店 レシピ5 レシピ6 >>









学校じゃ教えられない! 第6回 感想
『好きなの?ヤリたいの?』
| ぐ〜たらにっき | 2008/08/19 11:52 PM |
言葉につまるようじゃ恋は終わりね(シバトラ#7、学校じゃ教えられない!#6)
『シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜』あの格好は高校生じゃなくて大学生のつもりな室生美月@大後寿々花と無理した中学生w・裸ネクタイの生活安全課少年係の童顔刑事・柴田竹虎@小池徹平・・・コスプレ祭りはお約束(爆)覚せい剤入りキャンディーを配っていたのは、本
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2008/08/20 12:08 AM |
学校じゃ教えられない! 第六話「好きなの?ヤリたいの?」
その場の勢いでラブホに入ってしまった永璃(仲里依紗)と 叶夢(森崎ウィン)。キスの直前に永璃は叶夢に聞く。 「ちょっと聞いていいい?あんた私のこと好き?それとも ただやりたいだけ?」 次の日、社交ダンス部の時の様子のおかしい二人に気付く 一樹(中村蒼)と
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/08/20 2:03 AM |
学校じゃ教えられない! 第6回
舞(深田恭子)は正式に認可された社交ダンス部の発表会を、文化祭で行うと宣言。そんな中、一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)の仲がおかしいことに気付く。それは、二人がラブホテルに入った時に、「本当に私のことを好きなのか
| ブラトラ館(太田千晶応援blog seesaa支店) | 2008/08/20 2:44 AM |
「学校じゃ教えられない」#6 いとしのエリー
「学校じゃ教えられない」#6  何のひねりもなく『青少年の恋』を真正面から取り上げるとは凄い!!  オジサンは照れくさいではないか!!  ■叶夢と永璃   今回は、叶夢(森崎ウィン)永璃(仲里依紗)が中心のエピソード。  ラブホに入りながら「好き
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8 | 2008/08/20 11:30 AM |
学校じゃ教えられない! 第6話 いとしの彼女
『好きなの?ヤリたいの?』内容氷室校長(谷原章介)により、正式に社交ダンス部が認められた。そんななか。。叶夢と永璃は、成り行きでラブホへ。。が、、、そこで、、事件が発生してしまうのだった。翌日。舞(深田恭子)から、9月の文化祭で創作ダンスの発表を提案
| レベル999のマニアな講義 | 2008/08/20 9:19 PM |
学校じゃ教えられない!6限目
日テレ毎週火曜 後10:00〜10:54 脚本: 遊川和彦 演出: 猪股隆一、木内健人、石原純 ディズニー映画大好きの夢見る乙女、英語教師の相田舞が社交ダンス部を立ち上げ、生徒たちの成長を後押しするちょっと翔んでる青春グラフィティー。 相田舞(25)英語教師 =深田恭
| to Heart | 2008/08/20 11:48 PM |