<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

正義の味方 第7話「渡る世間は鬼ばっかッ!」

第7話「渡る世間は鬼ばっかッ!」
槇子(山田優)が結婚したというのに、容子(志田未来)は相変わらず
こき使われていた。その日も一週間分の食料品や日用品などの買い出しを
命じられる。早速容子が買いに行っている間に留守の新居にやって来た
里美(山口いづみ)は、冷蔵庫やゴミ袋、部屋の中などをチェックして
顔色を変え、克夫(平泉成)に見せようと報告に走る。その間に買い物を
終えてやって来た容子が、食料品の補充やゴミ出し、掃除整頓まで
してくれたため、帰宅して里美らと顔を合わせた槇子は、何とか正体が
バレずにすむ。だが、里美の槇子を見る目は、一層厳しくなった。
帰宅した槇子に里美は、家事の細かいところを色々指示した上に
槇子を良川家の嫁としてみっちり仕込むと宣言する。槇子のイライラは
たまる一方だった。 里美が勝手に新居に入らないようにと
直紀(向井理)に頼んだ日の夜、実家に戻った槇子は、容子に
買い物の代金を1万円渡した上にお釣りも受け取らなかった。
容子は槇子が絶対に何か企んでいると勘ぐる。その翌日、春子(田中好子)
の用事で良川家を訪ねた容子は、里美からなんと1万円もの小遣いを
もらい、槇子に関する情報の提供を求められる。槇子と里美の双方から
味方になるよう迫られた容子は、自分がいつの間にか嫁姑戦争に
巻き込まれてしまったと気づくのだった。
 容子が知佳(西内まりや)を不良達から助けたことから
口利きしてもらい、犬の散歩のバイトをすることになって程なく、
ついに槇子と里美のいさかいが激しさを増していった。新居にやって来た
里美が自分好みに部屋を模様替え。帰宅してこれに怒って、全て元通りに
する槇子。そんな女の“戦い”がしばらく続いたのだ。そして、
ついに槇子は、里美が持ち込んだ物を全てネットオークションで
売り払うよう容子に指示し、新居のカギも新しく替えるよう
命じたのだった――。



慎子と姑の嫁姑戦争激化。

慎子はうまく直紀をあやつって家事から
逃れてます。
忙しいから食事は店屋物。
直紀、なんて理解のある夫。
ほんとは家事をさぼりたいから残業してるのに
夫ががんばってるのに自分だけ帰れないと発言し
職場の男性からは、家では夫をたてるなんて
理想だな〜と好評。

しかし留守宅に勝手に合鍵であがりこんだ姑は
散らかった室内(っていっても雑誌がおいてあるだけ)
テレビにつもったほこり、流しに残った洗いものに
ゴミがおいてあるくらいで。。。
姑は夫にみせようといったん家に。

その間に、姉から買い物をいいつけられた容子が
家に入り見かねて掃除、片付け。
店屋物の寿司桶ほかも片付けました。

夫を連れて帰ってきた姑。
しかし綺麗な室内をみて
夫は信じてくれません^^;

テーブルの上にあった二世帯住宅の本をみつける
直紀の父。

浮き浮きと帰宅した慎子を待っていたふたり。
姑の小言がしつこく続きますが
お父さんは慎子の味方。
慎子もちくりと応酬。

「おかあさまみたいな完璧な主婦には

 なかなかなれませんわあ」


見送ったとたん、ソファにクッションを投げつける気持ち、
わかるわーー。

慎子はしっかりと直紀にかわいく泣きついておりました。

ある日、容子宅に良川家からお届けもの。
お父さんが漬物をつけるのが得意なのをしっているのに
京都の漬物セットをおくってきた直紀の母に
容子母は怒りモード。
でもそうだとしてもですね、母が娘の前で
姑の悪口言っちゃだめでしょ。

直紀の弟はカメラマン志望のようなのに
大学受験をすすめられ三浪中。
でもこの言い方じゃ反発もしたくなるわ。

慎子から買い物代として1万円をもらい
おつりはいいから、とおしつけられる容子。
姉は容子をまだまだこきつかうつもり。

「また、いろいろ頼むこともあると思うし」

翌日、容子は母のいいつけで
おかえしをもって良川家へ。
姑は容子を味方につけようと
こちらも1万円!

その帰り道、ギャルにからまれてる知佳をみつけて
助けてあげました。
知佳のやっているペットシッターのバイトも
紹介してもらいます。
一回3000円で週3回。

容子、カラオケで豪遊!!

その後。
まだ勝手に部屋に入っては
クッションカバーだの、かびんだの
勝手においていく姑。
これはひどい。
姑が悪いよ。

慎子は泣いて(嘘泣き)直紀に訴え
母のおいていったものがどうしても
趣味にあわないというと
処分していいといわれます。

慎子はさっそく、その品物を容子におしつけ
最初はあげるといってたくせに
ネットオークションにだせといいます。

「うりあげの10%あげるから」

さらに鍵もかえるよういいつけられました。

姑のもってきたスリッパをかじったエリザベス(犬)には

「よくやった!エリザベス!

 ごくろう。熊子」


とねぎらう姉。

オークションにだすべく、
綺麗に写真もとって、どうかんがえても
誇大広告のキャプションをつけて
(王室御用達とか)オークションにアップ。

エリザベスの散歩にいこうとしていたら
岡本君にばったり。
いっしょに散歩にいって
雨にふられて神社で雨宿り。
知佳を助けたことのお礼をいわれます。
知佳も容子をみなおしたそうです。

雷をこわがる容子の手を握って
はげましてもらい、容子ぽ〜〜〜っと・・。

直紀が休日出勤の日、実家でご飯をたべている慎子。
そこへ、直紀の母から容子に電話。
鍵がかわってて中に入れないし、慎子は留守。
玄関の前で待ってると伝えてときってしまいました。

慎子と容子はマンションへ。
姑のもってきたものは、
直紀が趣味にあわないし
容子が気に入ったのであげたと説明。

姑と姉の板挟み。

「まさか30にもなる息子の

 それも新婚家庭の鍵をもってるなんて

 おもわなかったわよねえ。容子」


容子、間にはいろうとして
姉にひっくりかえされました。
慎子は姑に負けない。

怒り狂った姑が家に帰って
夫に泣きつきますが相手にしてもらえず。

「慎子さんは正しいことを言ってるだけなんだから」

しかし直紀の弟が、オークションに
直紀父の書いた書が出品されてるのをみてしまいます。

直紀の両親はマンションへ。
そこでは、犬のしつけにたいして
飼い主に文句をつける慎子が。

「本人の自由にさせないで

 親のおもったとおりにする

 そういうのが親の自己満足っていうの。

 子どもの気持ちわからないで

 自分のきもちおしつける

 そういうのって、サイッテーだっつーの」


その発言をじっときいていた直紀の父。

部屋にはいり、オークションのことを
たずねる直紀の両親に、
自分が悪いんです、とあやまる容子。
しかし慎子はそれは自分が容子にやらせたといいます。
直紀の父が書いたものだと知らず
あまりにすばらしいので
どのくらい価値があるような気がしたので
ためしに出品したといいます。

「私がお母様からあずかったものを

 うったりするわけないじゃないですか。

「容子。チェック ザ プライス!」

なんと30万!!

「まさか!」

「容子、失礼よ」

直紀父は感激して慎子にお礼をいいます。

「いいえ、お父様が好きなことに

打ち込んだことの結果です。

 人間、好きなことをやるのが

 一番幸せですね」


怒りだす姑を叱りつける父。

その後、お父さんの書は
市の広報の題字をかざり
さらに直紀の弟の写真も表紙をかざりました。

「徹すればそこから何かみえてくる」

という書を息子に渡す父。
直紀の父は、息子のやりたいことを
許してくれて、また慎子は正義の味方に。

直紀、洗濯物は干すし、掃除はするし。。。

そして容子宅に訪ねてきた直紀の両親。
両方とも、自分たちと二世帯住宅を
たてると思い込んでいて、
やばそうな会話にまたしても
容子が一人でドキドキ!
 


今日は姑がやりすぎでしょう。
実際慎子が家事さぼってるとしても
勝手にインテリアかえてしまうのは
どうみてもマナー違反です。

にしても、容子、苦労が絶えないなあ。
板挟みになったときのあせる表情とか
ほんとうまいです。

しかし本郷奏多くん、なんて細いの!!
手足はガリガリで頬骨がういてますよ。。。。
志田未来ちゃんも細いはずなのに
並ぶと、、、
本郷奏多くん、もっとなんか食べて。


中田容子 志田未来
中田槇子 山田 優
良川直紀 向井 理
岡本 陸 本郷奏多
山下ミドリ 滝沢沙織
森山知佳 西内まりや
小森太一(ジャンボ) 入江甚儀
堀田亜梨沙 石井美絵子
中田五郎 佐野史郎
中田春子 田中好子


ホントはね(DVD付)
ホントはね(DVD付)
奥村初音

正義の味方 1 (1) (クイーンズコミックス)
正義の味方 1 (1) (クイーンズコミックス)
聖 千秋




ホントはね(DVD付)
ホントはね(DVD付)
奥村初音

正義の味方 1 (1) (クイーンズコミックス)
正義の味方 1 (1) (クイーンズコミックス)
聖 千秋

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)
源孝志,豊川悦司,田口トモロヲ,原田知世,吉川晃司,寺島しのぶ,井川遥,阿部力,本郷奏多,香椎由宇
2008.08.21 Thursday 11:41 | - | trackbacks(10) | 
<< 正義の味方 第7話は23:50から | main | 地獄兄弟 >>
正義の味方 第7回 感想
『渡る世間は鬼ばっかッ!』
| ぐ〜たらにっき | 2008/08/21 12:29 PM |
正義の味方 第7話 「渡る世間は鬼ばっかッ!」
いやいや、何時からやるのよ。 槙子(山田優)が仕事中に買い出しやら掃除をやらされる容子(志田未来)。
| テレビお気楽日記 | 2008/08/21 9:07 PM |
「正義の味方」第7話
第7話里美は息子の直紀・槇子夫妻の留守中に新居に入り、荒れた部屋を見て顔色を変える。克夫に見せようと里美が報告に走る間、槇子に命じられた買い物を終えてやって来た容子は部屋を掃除する。里美の槇子を見る目は厳しくなり、槇子を良川家の嫁としてみっちり仕込む
| 日々“是”精進! | 2008/08/21 9:16 PM |
正義の味方 第7話 嫁姑バトル開幕!!
『渡る世間は鬼ばっかッ!』内容正義の味方の槇子(山田優)の活躍により帰国した夫・直紀(向井理)幸せな新婚生活。。。。それは、容子にとって、幸せな日々のはじまりだったが、、、、やはり、、、こき使われる容子(志田未来)。ある日のこと。義母・里美(山口いづ
| レベル999のマニアな講義 | 2008/08/21 9:19 PM |
ドラマ「正義の味方」第7話
夫をうまく立ててどう協力させるか。槇子はうまくコントロールしてやってるようですが、やっぱり嫁姑争いはかなり熾烈。今後はそれに巻き込まれる容子って構図ですかね。 今回は良川弟登場!!でも唐突な登場でしたね(^^;)この弟もまた容子と同じく優秀な兄を
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/08/21 10:17 PM |
『正義の味方』第7話「渡る世間は鬼ばっかッ!」メモ
約2時間押し。遅すぎ。 ソフトボール長すぎ。 上野さんの根性というか、気合というか。 1日300球。すさまじいにもほどがある。 野球であれだけのものを見せてくれる輩はいないのか?
| つれづれなる・・・日記? | 2008/08/21 11:47 PM |
「正義の味方」悪事女王さま6,7私!姑の趣味には染まりません!嫁姑戦争に容子も巻き込まれ板挟みに・・・
「正義の味方」第7話は帰国した直紀と一緒に暮らし始めてもなお容子を召使いとして扱う槙子が直紀の母親に本性がばれそうになり、さらに嫁姑戦争に容子も巻き込まれ激化していくシーンがメインだった。
| オールマイティにコメンテート | 2008/08/22 12:28 AM |
嫁vs姑は、ポリループ!(正義の味方#7)
ソフトボールがなかなか終わらないから110分押しの23:50スタート(爆)上野は300球以上投げたけど、明日も投げるのか金メダルで有終の美を『正義の味方』政務省勤務の美しい人の皮をかぶった恐ろしい悪魔・良川槇子@山田優がいないから、豚肉ではなく牛カルビにありつ
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2008/08/22 11:29 PM |
「正義の味方」第七話 〜汝、その芸術さ故の世間の価値を聞きたくて〜
 槇子(山田優)が結婚したというのに、容子(志田未来)は相変わらずこき使われていた。その日も一週間分の食料品や日用品などの買い出しを命じられる。早速容子が買いに行っている間に留守の新居にやって来た里美(山口いづみ)は、冷蔵庫やゴミ袋、部屋の中などをチ
| 混沌と勇気日記。 〜乱れし報道を伝えふ、勇ましき者〜 | 2008/08/24 3:41 AM |
「正義の味方」(第7話:「渡る世間は鬼ばっかッ!」)
8月20日に放送された「正義の味方」は、槇子(山田 優)と里美(山口いづみ)の嫁姑戦争が激化する、というエピソードであった。鉄火丼は今回のエピソードを見ていて、槇子と里美を“悪女”という尺度で比較したら、○○のほうが上だった、と思った。
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2008/08/27 1:00 AM |