<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

鋼の錬金術師 20巻

鋼の錬金術師 20巻&テレビアニメ新シリーズ制作決定

ネタばれ感想につきご注意。


鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師 20 (ガンガンコミックス)
荒川 弘



カバーをはずすと尻の錬金術師
これはまじめなシーンだと決まらないかも。。。。

そして北海道おそるべし。


本編

来るべきその日、約束の日にむかって
どんどんすすんでいます。

ドクターマルコーを狙いにいったエンヴィーは
返り討ち。
エンヴィーは無敵な強さのイメージがあったんだけど
知恵と仲間の絆の勝利とでもいいますか
うまくアルやメイやスカー、しばらく前なら
絶対に手を組みそうになかったひとたちの
すべての協力もあって、しかもメインがマルコーとは
おみごとでした。
それも昔は逃げてしまったマルコーが
ウィンリィにあったからこそ。
こんなに頼れるおじさんだったとは
思いませんでした。かなり見直した。

エンヴィーは手でつまめるような
ちっぽけな化け物みたいな姿になってしまって
でもヨキをのっとったのに、だ〜れも助けてくれようとせず・・
ヨキ、哀れ・・・・。
元に戻ったヨキに

「知り合いだけど友達じゃないよ」

とさらりというアルがほんとにクール。

せっかくスカーからエンヴィーをもって
帰るようにいわれたのに、うまく乗せられて
セントラルへいってしまうメイ・・・・。
エンヴィーの口車になんか乗せられちゃダメなのに
メイはここで退場してしまうようなキャラではないから
しょうがないか。

中央に入り込んだアームストロング少将は
大量の人型兵器をみせられます。
そこにこれから魂を定着させ最強の軍団になる予定のもの。
キメラだのこういうのだの、ろくなことやってませんね、軍は。
上と戦う決意をいっそう固めた少将は
家族を安全な場へのがしますが、
あの弟は姉には一生かなうまい。。。

アルたちはリオールへいって
ロゼ、そしてホーエンハイムと再会。
リオールの町の人たちもロゼも元気になっててよかった。

父からすべてをきいたアル。

「奴隷が父さんで賢者の石?」

まあ、一言で言ってしまえばそうなんだけど
前の巻まるまるこの一行であらわしてしまうとは
素晴らしいまとめ方^^;

やっぱり情報は共有しなきゃと思うので
アルとホーエンハイムがつながったのは
有益ですね。いままでパパは秘密にしすぎだったし。

錬成陣はもう完成しているかもしれないけど
「来るべきその日」までは動かないというホーエンハイム。

一方エドは元気そうでした。
こころなしか男っぽくなったような。
「小さい子」を人質にとって逃げるダリウスたちもおかしいけど
軍人さんの足にだきついて止める医者夫婦、グッジョブ。
そのあとのエドのセンスは前衛的過ぎます。

グリードをさがしてセントラルにいったビドーの
忠誠心には感心。
その心あればこそ、新生グリードの気持ちも
動いたのでしょうか。
動揺した心のすきに、久々にリンが顔をだし
揺れるグリード。
リンはあいかわらずいいこと言うなあ。
でも昔の記憶にひきずられたグリードが
まさかブラッドレイにはむかうとは。
ホムンクルスたちも、ちょっとずつ
崩れておりますね。

アルの居場所をあんなにまじめな顔で
考えていたのに・・いなかった。。。
でもおかげでグリードにあいました。
リンの意識がまだあるうちに
エドもまた「来るべきその日」のことを
きくことができました。
しかもそこにとびこめば、元の体にもどれるかも?

しかしこのシリアスな場面で

グリードとリンをあわせてグリリン。

一昨日、アニメの銀魂119話をみたばっかりなので
グリリンを生き返らせようとがんばっている
小林と土方さんを思い出してしばらく爆笑しました。

エドたちはお父様から離れたグリードの手下になり
上に気付かれないよう、うまく裏でつながっている
素晴らしい連絡ルートで大佐たちにも情報は伝わりました。
(イズミさんはあのまま何か月でも潜伏してられそうだ)

みんながその日にむけてセントラルに集結。
続きが早く読みたい!


おまけマンガ かもしれない

 エドの妄想は果てしない・・・。




ガンガンの付録のアルマウスパッドを
本屋でみてほしいな〜とおもいつつ
あの分厚さを手に取るのを躊躇していますが
応募者全員サービスでエドマウスもあると知り
やっぱり買おうかな。→買った(^^)

少年ガンガン 2008年 09月号 [雑誌]
少年ガンガン 2008年 09月号 [雑誌]
スクウェア・エニックス


そして祝!アニメ化決定


<鋼の錬金術師>テレビアニメ新シリーズ制作決定

03年にMBS・TBS系で放送され、劇場版も公開されたアニメ「鋼の錬金術師」
の新シリーズが制作されることが22日、分かった。
放送時期や内容などは未定。

 「鋼の錬金術師」は、荒川弘さんが月刊マンガ誌「少年ガンガン」
(スクウェア・エニックス)で01年から連載しているマンガが原作。
錬金術が科学として発達した世界で、禁断の「人体錬成」に挑んで失敗し、
体を奪われたエドとアルの兄弟が、失った体を取り戻すために「賢者の石」
を探す冒険に出るというファンタジー。原作のコミックス(1〜19巻)は
累計3000万部を突破、20巻が22日発売された。

 テレビアニメは、03年10月から1年間、MBS・TBS系の土曜日午後6時、
通称「土6」枠で放送され、人気を集めた。05年7月にはアニメの続編となる
劇場版が公開され、オリジナルのラストが描かれている。
Yahooニュース



コミックスペシャルカレンダー2009 鋼の錬金術師
コミックスペシャルカレンダー2009 鋼の錬金術師
荒川 弘


鋼の錬金術師 BOX SET -ARCHIVES-
鋼の錬金術師 BOX SET -ARCHIVES-

2008.08.22 Friday 11:35 | comments(6) | trackbacks(3) | 
<< 今日からマ王! 第十七話  「小シマロンへの招待」 | main | 魔王 第8話「許されぬ愛の終わり・・復讐、再び」 >>
sorcerer (2008/08/22 11:59 AM)
honeyさんおはよー!

私は誘惑に負けて今、アルのマウスパットを
使っています(w

ガンガンは半分も読まなかったワ(w
ソウルイーターとハガレンだけ。

あ、でも本置いて来たので、マメのマウスは
買えないけど(汗

実はこの休みに、19巻まで読破しました(笑)
アニメは観てたけど、原作読んでなかったので。

アニメ、楽しみです!
honey (2008/08/22 12:21 PM)
sorcererさん、こちらもこんにちは。

え!もうおつかいなのですか。
やっぱ買いにいこうかな。
今つかってるのは劇場版ハガレンのアニメコミックスに
ついてきたやつで、エドです。

アルのマウスパッドにはエドマウスでしょー。
応募券だけおくってもらうとか。

アニメもおもしろいけどマンガもそれ以上だよね(^^)
せりざわはな (2008/08/23 4:45 PM)
こんにちは〜♪だいぶだいぶ!!お久しぶりデス(^^)
波に乗り遅れずに感想書けたので久々にTBさせて頂きましたぁ。

アニメは私はほとんど観ていないんですけども、次回作は原作沿いだとか?時間さえあればゆっくりとゼヒ視聴したいなぁってわくわくしとります☆

>アニメの銀魂119話をみたばっかりなので
私も同じく〜(≧ω≦)b
これもそうなんですけども、「かもしれない」ってのもついでに銀魂を妄想しちゃいました。
honey (2008/08/23 4:56 PM)
せりざわはなさん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰してます。

アニメもものすご〜くおもしろいですよ。
機会がありましたら、ぜひ!

やっぱりグリリン、ふきだしますよね!!
タイムリーすぎる。
かもしれないも、書いてないけど桂さんがうかびましたよ〜。
トトロ (2008/10/17 6:13 PM)
ハガレン、20巻っていつ出たんですか?
さっき19巻買ったばかりで・・・
honey (2008/10/17 6:45 PM)
トトロさん、こんばんは。

20巻はこの記事を書いた8月22日に発売していますね。









鋼の錬金術師,再アニメ化
鋼の錬金術師:テレビアニメ新シリーズ制作決定(まんたんウェブ) - 毎日jp03年にMBS・TBS系で放送され、劇場版も公開されたアニメ「鋼の錬金術師」の新シリーズが制作されることが22日、分かった。放送時期や内容などは未定。 ちょっとビックリ。 200...
| きゃんずぶろぐ | 2008/08/22 11:58 AM |
【感想】 鋼の錬金術師 第20巻 【作者】 荒川弘
                        蟻のひと噛み/瞼の父/バリバリの全開/魂の家族/約束の日 表紙点―★★★★★★  各話...
| りりっぴーの気まぐれアニメ・マンガ感想 | 2008/08/22 11:42 PM |
『鋼の錬金術師』荒川弘 20巻  感想
ハガレンは有難いですね、毎度毎度行きつけの本屋さんのポイント倍増の日に発売して下さる(笑)ハイ、月刊少年ガンガン2008年2〜6月号掲載の、20巻デス。過ちを作らずに生きていけたなら、後ろなど振り向かないのか?罪は巡り、自らを立ち止まらせる。再び!!
| まったり感想日記 | 2008/08/23 4:45 PM |