<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ここはグリーン・ウッド〜青春男子寮日誌〜 第8話「春はあけぼの」

第8話「春はあけぼの」
第7話「蓮川家の一族」

は、録画が最初の5分しか録れてなかったのでパス。
何かが延長したらしい・・。


第8話「春はあけぼの」

卒業生を送り出し、進級を迎えた一也たち。
光流の指名で新寮長に就任した一也は、不安と重圧を感じつつ、
新入生の世話に追われる。
一也の隣室にも、関西人の野山知道と留学生のフレッドが入室し、
緑林寮を賑やかな空気が包む。
そして始まった新学期、古典の立山先生の厳しさに反発した野山が
授業をサボりはじめ、一也は寮長として心配するが…。



いきなり春になってました。
古沢先輩、卒業&寮からもサヨナラ。
みんなで見送るシーンがいいですね。

さみしがる暇もなく、一也が新寮長になりました。
それだけで鼻血、、、、
寮長の引き継ぎで渡される書類は山積み。

さっそく新入生を受け入れ。
「先輩」といわれて嬉しくなったりびびったりの
新2年生。
また鼻血、、、

一也は何で自分が寮長なんだろうと
わからないようだけど、光流先輩は
ちゃんとスカちゃんのこと、かってるんだよ、
とはげます瞬。

ぎりぎりにやってきた野山は、その名のとおり
野山をかけまわってそうな野生児?

新入生歓迎会で緊張しながら挨拶し
歌を歌う一也。
堂々と歌って拍手喝采でした。

歌を歌うのが恒例というのはウソでした。
だまされたと知った一也は光流先輩を
殴り飛ばしてしまいました。
さらに賭けの対象にもなっていて
忍のことも殴っちゃった。
賭け金は没収するという一也の怖い顔に
みんな逆らえず。
忍も光流も楽しそうだなあ・・・。

新学期。
光流ファンの女子高生たちもあいかわらず。

野山は古典の立山先生が気にくわず反発。
堂々と授業中に意見し、先生と対立。

光流先輩も1年の時に同じ事をやったそう。
野山を心配する一也ですが、先輩たちは
放っておけ、とクール。
野山はもう古典の授業はもう出ないと宣言。
立山先生は心臓が悪いらしいという話を
きいてしまいますが、やっぱり授業をさぼる野山。

3回サボったら留年。
一也が心配してくれても
野山はまるっきり気にしてない。

野山は階段で苦しそうに倒れている立山先生を
みつけます。
救急車ではこばれていく立山先生。
付き添いは一也の兄。

ここの生徒はすぐ自分の授業についてこられるように
なってしまうからつまらんよ、という立山先生を
先生はこの学校には必要な人だから早く元気になってくださいと
励ます蓮川先生。

翌日、早くも授業に復帰。
野山は三回目さぼってしまいました。

「生徒のサボリを許さない代わりに

 自分も決して授業を休まない。

 そういう信念の人なんだ」
と光流。

「嘘がないから誰より強い」と忍。

「先輩たち、なんやかんやいうて

 ほんまは立山先生のこと、好きなんでしょう」


「なんだ。知らなかった?」と瞬。

一也は寮長として
今からでも遅くないから、おがみ倒せ、
と野山にアドバイス。

忍と光流の所持金が132円と放送で流す一也。
みんな警戒して隠れてしまいました。
忍たちは感心しておりましたが。

そんなとき、寮をたずねてきたのは
光流の彼女?
寮長は、いろいろたいへんそうです。



一年たつの早いなあ。。。
光流先輩たち、まだ3年でよかった。
(てことは去年は2年にしてあの権力、 
 忍先輩すごーい)

立山先生側の気持ちももうちょっと
ゆっくりみてみたかったな。
野山が拝みたおしてるところとか。





蓮川一也 井澤勇貴
池田光流 三浦力
手塚忍 佐藤雄一
如月瞬 鈴木拡樹

蓮川一弘 大口兼悟
蓮川すみれ 福井裕佳梨

Dream Runner
access

ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
那州 雪絵
2008.08.23 Saturday 10:03 | comments(1) | trackbacks(0) | 
<< 魔王 第8話「許されぬ愛の終わり・・復讐、再び」 | main | デスノート リライト2〜Lを継ぐ者 >>
もちぃ (2008/08/23 9:45 PM)
久しぶりにドラマCDを聞きました♪ラジオジャックのやつ〜楽しかった♪