<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

キャットストリート 第4話「運命の再会」

第4話「運命の再会」
ケイトの前にあらわれた奈子。

ケイトがひきこもりの原因になった本人・奈子は
さもケイトと仲良かったかのようにテレビカメラに
むかってしゃべります。
マイクをむけられたケイトは、奈子のことを
おぼえてませんといい「やめて」と力なくいって
その場から逃げ出しました。

エルリストンの屋上にいたケイトのもとへ
仲間たちとスクール長もやってきました。

奈子とのことをきかれて話すケイト。

『それから私は はじめてちゃんとはなした

 奈子とあたしの間にあったことのすべてを』


怒る紅葉だけど、浩一は奈子が特別ひどいとは思わないといいます。

「あいつはさ 

どうしてもケイトに勝ちたかったんだよ」


サッカーでも審判にみえないところで
足をひっかけたりすることもある。

「勝つためにはいろいろあるんだよ。

 フェアプレーばかりじゃない

 だけどそういうのを乗り越えていかないと

 一流とはいえないんだ」


ケイトはまだ子供だったんだよ、と反論する紅葉。

「子どもでも プロだったんだろ?

 だったらプロらしく

 堂々と渡り合えばよかったんだよ」


紅葉は反論してくれますがケイトは黙ったまま。

『あれからの私の7年は 

 闇の中をさまよっているようだった

 もう二度とあの日々には戻りたくない

 光につつまれた奈子の7年
 
 それはどんなだったんだろう

 次の日 奈子はスクールにやってきた』


生徒たちにサインをねだられている奈子は
ケイトに昨日のことをあやまり
ケイトと仲良かったことをみんなに話します。
昨日のテレビスタッフがあとをつけたらしい。
昨日のシーンは放送しないと約束したから
許してくれる?と親しげな奈子。
メルアドも交換しようという奈子をことわれないケイトを
浩一が助けてくれました。

「おまえさ 無理に笑うなよ

 いったい誰のために笑ってんだ。

 ていうかさ 
 
 いやなことはいやってはっきりいえよ
 
 もうそろそろのりこえろよ。
 
 おれたちもいるんだし」


紅葉と剛太は奈子をおいかえしてくれたようです。

ケイトは大洋と彼女をみてももう平気?
紅葉は気にしているけど、大洋のいつもどおりの
明るさに、ケイトはちょっとドキドキしただけ・・と
いいながらも、

「でも、もう私は昔の私じゃないから。

 大洋がんばってるんだね。

 私もがんばらなきゃ。

 っていっても 何がんばらなきゃいけないか

 わからないんだけどね」


学校にもどったケイトをたずねてきた
この間のヘアメイクの人・マーサが、
ときどき練習台になってほしいと頼みます。
しかし撮影中の奈子にケイトの報告。
奈子に頼まれて偵察してたのか、こいつ!!

ケイトはいい顔をしていた、
きっと今の生活が充実してるんですね、ときくと
気むずしかしい顔の奈子。

奈子のでているドラマをみても
気にしないで見て、と家族にいうケイト。

ケイトはサニーのリハのビデオを母にだしてもらい
いっしょにみます。
お母さんはケイトのビデオをみると
いつも泣いてしまうんだそう。
ケイトは自分じゃないみたいで
すごく生き生きしている昔の自分を
才能あったのかな?と母にたずねます。
母は「あったわ」と即答。
だけどもう舞台にはたたなくていいという母。

『私がイヤだったのは

 女優という仕事じゃない

 その仕事のことで

 いやおうなく人と争そわなきゃならないことだった

 勝ちたいなんて思ってないのに』


サニーの劇場へいったケイト。
そこに奈子があらわれました。
今日はすっぴんでテレビもいないから
仕事じゃなく、ひさしぶりに話さないかとさそわれます。

フリースクールのことを弱虫の集まりだという奈子。

「あんたがひきこもってる間

 私はひとりでたたかってきた」


奈子は偉いというケイトに逆ギレする奈子。

「あんたなんかちょっといじわるされたくらいで

 へこんじゃって・・・

 才能もなければやる気もない

 何にもないじゃない!

 なんで私ばっかり・・・
 
 こんな苦しまなきゃなんないのよ・・」


奈子は5000円札をたたきつけ
でていってしまいました。

浩一に奈子の事務所をしらべてもらい
お金をかえしにいくケイト。
浩一は心配していっしょについてきてくれました。

すると、奈子が失踪したらしく事務所はとりこみ中。
ケイトをおいかえそうとした事務所の人が
ケイトを青山ケイトだと気づきます。
奈子は仕事をほっぽりだしていなくなったそう。
そこに奈子から電話。

「もう疲れたのよ、もうどうにでもして」

事務所の人はケイトに電話をもたせ
なんでもいいから説得してとおしつけます。

「あんたってホントバカ

 あのころとちっともかわってない」


仕事に穴をあけないほうがいいというケイトに

「わらわせんじゃないわよ!

 仕事に穴、あけんのはあんたが得意でしょ。

 そんなにいうなら あんたがやればいいのよ!」


と電話をきってしまいました。

奈子はネットでたたかれていました。
それをみせる浩一。

事務所の人は、奈子のかわりに
PVにでてくれないかと頼みます。

「お願い。奈子をたすけると思って」

「人助けだと思うなら やめとけよ。

 自分のためだと思うなら やればいい」


奈子のかわりにケイトが撮影現場に。
過去を思い出し動悸がするケイト。
着替えてでてきました。

「いま どこにいこうとしてた?

 逃げんのか?そうやって一生」


と浩一。

仕事はロックバンドのPV。
監督に挨拶するケイト。

歌の内容は新生活だから女の子の一人暮らし・・と
コンセプトを説明されます。
泣いてほしいシーンがあるから目薬を用意して、
と言われても目薬はいらないというケイト。

演技の内容によっては撮影中止もありうるといわれ
スタッフからは、最初からケイトに期待していない会話が。

撮影開始。
曲は「四月一日」

撮影をみまもる浩一。
カーテンを開けて光に手をかざすケイトの目から涙が。。

そのPV(マーサがおくった)を見ている奈子。
発売は2週間先だけど・・というマーサの電話をきり
怒りだす奈子。

その歌を鼻歌でうたう紅葉。
PVは評判がいいらしい。

「ケイトは女優になるの?」という紅葉に
アレは事務所の人が困ってたからというケイト。
ケイトが遠くにいっちゃうような気がしてたから
安心したと紅葉が、「ここがなくなったら生きていけない」というと

「それじゃ困るんだけどな」

というスクール長。

「ここはいずれでていく場所。

 どんどん巣立って

 自分の居場所をみつけてもらわないと」


先生は授業へ、浩一も帰ってしまいました。

最近、スクール長は経営問題とか
いろいろたいへんらしいときくケイト。

『その日が 最後だった

 浩一は スクールに姿をみせなくなった

 はじめはただの気まぐれだと思ってたけど

 1日 2日 1週間・・・
 
 そして2週間

 まるで野良猫がいなくなるみたいに

 ぷっつりと姿を消してしまった

 そして私のまわりの空気も少しずつ

 かわりはじめた』


フリースクールは卒業していく人も
多く、2週間くらいで生徒がいれかわるという紅葉。

就職がきまって卒業するという子に
いっしょに写真をとらせてとたのまれるケイト。

授業中もケイトの写真をとるギャラリー。
ケイトがいるとまわりがさわいで集中できないと
文句をいわれてしまいました。

ケイトは買い物をして浩一をたずねていきました。
スクールにこないから、ごはんとか食べてるかなと思って・・
というと「食べてるよ」と浩一。
だけどインスタントもの。
親はドバイで浩一ひとり。

浩一はパソコンでソフトをつくっていました。
うまくいくとこれで巨万の冨が築けるそうで
なんで急にはじめたの?という問いにははぐらかします。

ケイトはご飯をつくってあげようと台所へ。
お米をさがしボウルにいれ

「次はどうするんだ?あらうんだ」

と洗剤に手をのばしたところで
浩一にとめられました。

「洗剤で米は洗わない 俺がやるから」

自分が何にもできないというケイトに

「そういうこと いうのやめろよ もう

 ダメじゃないっていって

 私をはげましてって言ってるようにきこえる。

 俺もさ ずっとあんたのそばについてるってわけにも

 いかないから」


というケイト。

『わかってる 

 浩一の言ってることは
 
 立ち止まるな 甘えるな

 一人でも耐え抜け』


街角に流れるPVをみあげるケイト。
 
『でも 今の私にはあるだろうか
 
 それだけの覚悟が
 
 それだけの力が・・・』



あのPVを撮ったことで
どんどんケイトの道がひらけてきそう。
まだまだ自信をもてないでいるケイトのそばに
浩一がいてくれるといいんだけど
浩一もそこまで甘やかしてはくれないし。
きっとエルリストンの資金のためにやってくれてるんだろうなあ。

すでにたたかれまくってる奈子だけど
仕事に穴をあけてどうなったのか
そのへんは描かれてなかったですね。
少しずつだけどたちなおっていくケイトと対照的だけど
あの幼さであれだけ裏表のある女優だったんだから
このまま消えるとも思えません。


キャスト
青山恵都…谷村美月 子ども時代 美山加恋
峰浩一…勝地涼
野田紅葉…黒川智花
鈴木剛太…木村了
原沢大洋…石黒英雄
園田奈子…高部あい 子ども時代 鈴木理子
小沢雅信(マーサ)…田中圭
青山知佳(恵都の妹)…荒井萌
青山隆一(恵都の父)…高橋ジョージ
森口健太郎(スクール長)…生瀬勝久
青山由美子(恵都の母)…賀来千香子

プラネタリウム
プラネタリウム
いきものがかり



キャットストリート (1) (マーガレットコミックス (3847))
キャットストリート (1) (マーガレットコミックス (3847))
神尾 葉子

2008.09.18 Thursday 21:04 | comments(0) | trackbacks(9) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的99 「最終試練」 | main | 未来志向 Captain Tea >>









キャットストリート 04「運命の再会」
恵都(谷村美月)の代役PV出演はちょっとありがちなトントン拍子だったかなぁ…(笑)。とはいえ、昔の演技力は健在! やはり恵都の進む道は女優なのでしょうか。 いつも側にいて助けてくれた浩一(勝地涼)も、これを機にソフト作りに専念しているようです。女優モード
| はざまの欠片 | 2008/09/18 9:45 PM |
NHKドラマ8 キャットストリート 第4話 よみがえる輝き
『運命の再会』内容園田奈子(高部あい)と再会してしまった恵都(谷村美月)だが、恵都は、、、覚えていないと、、、言うツライ過去を思い出してしまった恵都には、、逃げるしかなかった。浩一(勝地涼)。。。剛太(木村了)、紅葉(黒川智花)そして森口(生瀬勝久)
| レベル999のマニアな講義 | 2008/09/18 11:26 PM |
【キャットストリート】第4話
あいつは、どうしても恵都に勝ちたかったんだよ。勝つためには色々あるんだよ。フェアプレーばかりじゃないんだ。それを乗り越えて行かなくては一流とは言えないんだ。子どもでもプロだったんだろ?だったら、プロらしく、堂々と乗り越えなくてはならなかったんだ。友達
| 見取り八段・実0段 | 2008/09/19 12:29 AM |
キャットストリート 第四話「運命の再会」
「久しぶり恵都、園田奈子です」奈子(高部あい)との突然の再会に、立ち尽くす恵都(谷村美月)親友気取りの奈子と、質問をするテレビのインタビューに、たまらず恵都はその場から、逃げ出してしまうエル・リストンの屋
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/09/19 2:03 AM |
キャットストリート 第4話:運命の再会
さすが元・名子役!\(☆▽☆)/キラキラ 歌の内容は新生活。イメージは女の子の一人暮らし。 寂しい、でもほんの少しの期待。新しい土地で、友達はベランダの鉢植えだけ。 それだけ聞いて、見事にイメージ通りの世界を再現しちゃった{/ee_3/}{/kirakira/} そして、
| あるがまま・・・ | 2008/09/19 11:11 AM |
キャットストリート 第4話 「運命の再会」
奈子(高部あい)「こんにちは、子ヤギさん。私はサニー。久し振り恵都。園田奈子です。」テレビクルーを連れてきた奈子はかつて恵都(谷村美月)が引きこもる原因になった子だった。
| テレビお気楽日記 | 2008/09/19 5:38 PM |
キャットストリート 第4話 「運命の再会」
今回は録画で見ることになっちゃいました!! 裏番組のアメトークに夢中になっちゃいまして〜♪ だって大好きなスラムダンクだったんだもん...
| shaberiba | 2008/09/19 11:38 PM |
《キャットストリート》☆04
「コンニチワ、子山羊さん。私はサニー。」赤い服を着た奈子が上のフロアーから声をかけた。心が後退し、腰が引けた恵都は、風船を放してしまった。黄色い風船は空高く上った。 引きこもりの原因を作った奈子が何で今更。「久し振り、恵都。園田奈子です。」恵都の全身
| まぁ、お茶でも | 2008/09/20 1:59 PM |
キャットストリート「運命の再会」
 前からずっと思ってるんだけどさ、子役時代の奈子って誰かに似てるんだよな。例によって特撮関係だとは思うんだけど。  で、現在の奈子、本格登場。  失踪して、恵都にぶちきれるときの表情がすごかったねぇ。  その前、出番待ちのとき、実は台本を読んではいなか
| blog mr | 2008/09/21 2:34 PM |