<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

太陽と海の教室 第10話(最終話)「涙のラストメッセージ」

第10話(最終話)「涙のラストメッセージ」
単位未履修問題発覚。
世界史や保健体育の単位がたりずに
受験できなくなりました。
朔太郎は補習を受ければ大丈夫といいますが
生徒たちはいらだち、英二が声をあらげます。

理事長は何も心配はないとおちついた態度。
朔太郎の作った補習計画を理事長に提出する校長。
しかし理事長は受験終了後、未履修教科のレポートを
だすことで了解してもらうことにしたそう。
それに対して朔太郎は、それは生徒を不正に巻き込む行為だと反論。
理事長は

「生徒たちは私を選ぶでしょう」

と自信満々。
普通はそうでしょうとも。

理事長は生徒に説明しました。
その場で数学と世界史の教科書をとりだして
みくらべる朔太郎。
数学の教科書はつかいこまれているけど
世界史はまっしろ。
いきなりシュメール人が60進法を考え出した話をしだしました。

シュメール人がなぜそんなことを考え出したのか
考えることは教室から飛び出してワクワクドキドキすること・・
っていわれても。

受験しなくていいなら楽しいでしょうけど。

朔太郎は今度は野球の話をもちだし
不正で合格しても心から喜べるか?とたずねます。
今この不正をみすごしてしまったら
一生胸をはれなくなってしまうかもしれない、
この今の時を一生思い出したくない思い出に
するかもしれない、と演説。
あとでレポートだしてすむならいいんじゃ、と思うんだけど、、、
不正ですか、それ。

シュメール人がどんな人たちか知りたいという灯里と
不正はよくないという羽菜と洋貴が賛成で
多数決により3年1組は補習なしに決定。

凛久は洋貴と同じ大学にいくために
受験勉強にがんばります。

朔太郎は他の先生たちに補習をするよう説得。
若葉は文科省に直談判とかマスコミに訴えるとか提案。
それをきいて朔太郎はできることをやるつもり。

生徒たちはグラウンドを走る朔太郎をみつけます。
朔太郎一人で体育の補習をしているそうです。
その姿をながめる洋貴たち。
体育教師も帰ってしまいます。

「あんなことして 俺たちが

 ついてくるって思ってんのかなあ」


と他の生徒たちは冷たい視線。

英二も

「俺はあの人に助けられたし 尊敬もしてる。

 でも それとこれは別」


と帰ってしまいます。
凛久も

「わかるよ。櫻井先生の言ってること。

 でも、今さら補習しろっていわれても」


と反対派。

柴草先生、いきなり朔太郎の味方。
シュメール人についての論文まで書いた過去があるとは。
受験のために、タイムマシンに乗るのをやめて
理系の道を選んだそうですが

「これをみて、何を失ったのかって俺は思うよ」

失いはしたけど得たもの(大学合格&教員資格)もあるでしょう。
 
さらに世界史の資格をもってるから
補習も手伝えるといいました。
この人、先週からいきなりかわりすぎたんだけど
いったい何があったんだっけ・・。

羽菜は大学受験をやめて介護士の専門学校に
いくことにしたそうです。
いろんなことを勉強してきたからこそ
自分には介護だと思えたのだそう。
灯里も教育学部に言って先生になると言いだし
びっくりする凛久。
洋貴は広島の大学で造船の勉強をしようと思うと言いだします。
それを聞いて驚く凛久。
同じ大学に行く約束をしていたのに、ショックをうけます。

「何で勝手にきめちゃうの?わかんないよ」

「わかんないかな?

 ハチのことがあったからだよ」


もう決めたという洋貴に、無理に笑って
応援しなきゃ、という凛久。
洋貴は ハチがやりたがってた日輪祭を
ぱーっと派手にやろうといって行ってしまいます。

ひとり体育の補習をつづける(走る)朔太郎。
数学の授業にきた芝草先生は、世界史の授業をするといい
生徒が反論すると

「おまえたちは素晴らしい生徒にであえたんだぞ」

と朔太郎擁護をする芝草先生。
ほかにも家庭科の補習ができると申し出る先生も。

朔太郎、理事長に呼び出されました。
理事長は、朔太郎にやめてもらうと言いだしました。

「うちの生徒たちは 

 あなたを必要としていないのだから」


若葉はクラスのみんなを説得するようがんばります。
みんなが走ればほかのクラスの生徒の気持ちもかわるという
若葉に、やはり反発するみんな。

朔太郎はやめないと答え、
理事長は、必要悪の話をしはじめます。
必要悪を今日でやめてしまったら
そのときに必要悪は必要だったかどうか知る、
学歴なんていらない、だけど自分一人が
思い描いても、世の中はそうならないという理事長。
親も生徒も、理事長を選んだのはそういうこと。
朔太郎は理事長のすべきことは、理事長の心のうちを
うちあけることだといい、学校は教師と生徒が共に迷うことが
許されてもいい場じゃないかと説得。

洋貴は、朔太郎にいわれた言葉

「何があっても絶対にゆずっちゃいけないことがある

 何があってもまもんなきゃいけないことがある。

 それが誇りだよ」

という言葉を話し、自分は胸をはって受験したい、と
みんなに訴えます。

灯里は「心にこたえられるのは心だけ」
茂市は「絶対に逃げちゃいけないものがある。
    それは自分自身の可能性だよ」
大和は「勉強は宝探しだ」
羽菜は「先生からもっと胸をはれとかもっと自由になれという
リレーのバトンをうけとったんだと思う、
そしていつかまた先生にわたしたい」と次々話し
反対していた英二も
「俺たちは一人じゃないんだ
 一人一人離れててもけっして一人じゃない」
という言葉を話します。
凛久はクラスのみんなをみわたしてたちあがり
「もう一回みんなできめよう」と提案。

補習の決議をとることになり
今度は賛成者多数。

彼らはひとが思うよりずっと毎日を必死で
一生懸命生きている、と
生徒を信じるという朔太郎がやめないというと
理事長が、自分がやめるといいました。
教育委員会への隠ぺい工作が悪かったようです。
何が正しかったかどうか
答えは10年後の生徒の姿でわかるという朔太郎。

今日もひとりはしろうとしていた朔太郎は
すでに走っていた生徒たちの姿をみつけます。
自分たちで話し合って自分たちできめたという若葉。
朔太郎、嬉しそう。
それをみる若葉も笑顔。

洋貴を先頭にみんな楽しそうに走ります。
英二もちゃんと参加。
家庭科の補習では雑巾をぬい
日輪祭の準備にも精を出します。
音楽も補習?先生ノリノリ。
日輪祭の準備、楽しそう。
グラウンドじゃなく砂浜を走ったりも。

夕日をみつめる凛久の横にすわりこむ朔太郎。
来年の夏の夢をみたという凛久。
海辺でみんながいて高校三年生。
来年なのに高3なのは、その方が楽しいから。
夢の中では自分と凛久が同じ大学をめざしてて
灯里とハチももとどおりで、花火をしたり・・。

「来年も再来年もず〜っとこの夢が続けばいいのに。

 みんなと離れるのが怖い。

 さびしくてしょうがない」


洋貴や、羽菜たちに
がんばってといわなきゃしょうがないのかなあという凛久。

理事長に保釈金の準備もばっちり。

補習をしている生徒たちは順調で
下位の生徒は成績がかえってあがっているらしく
このままいくと卒業までに履修をおえることができるそう。

朔太郎、3年1組の担任に復帰。

教室はいるなりピアノ王子と英二に

声をかけるあたりは評価したい。(超個人的意見)


10年後の自分に手紙をかいたというみんな。
でも大人にいいイメージがないらしく
つまんない大人の話ばっかり。

「ひとの目ばっかり気にしてる」とか
それ、大人にかぎったことかなあ?

大人になったら、かつて自分が子どもだったことを忘れて
子どものころに思い描いていた夢も簡単にわすれ
壁にぶつかってのりこえられなかったとき

「しょうがない 社会が悪い みんなしてる」

という魔法の言葉をつかってしまい
それをつかった瞬間に
君たちは君たちの嫌いな大人になるという朔太郎。

「じゃあ どうすればいいんですか?

 どうすればその壁を乗り越えられるんですか?」

「壁はホントは壁じゃなんかじゃないんだよ。

 鏡なんだ。

 君自身をうつす鏡なんだ。

 君の敵は 君なんだ。

 夢を失う君。嘘をつく君。
  
 人の目ばかり気にする君。
 
 人の上にたちたがる君。

 人の下につきたがる君。

 人の不幸を願う君。

 好きだって言えなくなる君。

 嫌だと 言えなくなる君。

 すぐに 無理だってあきらめてしまう君。

 人を信じられない君。

 自分を信じられない君。

 君の中にそんな君たちがいる。

 鏡をみると そんな君たちを指さして笑う君がいる。

 これは 僕からのおねがいです。

 君は 君が思うように変わる

 君は 思い描いた分だけ 君たちは大きくなれる

 どんな時代にあっても

 世界中のどこにいても
 
 どうか 目の前にある鏡をしっかりとみてほしい。

 そして問いかけてほしい

 君は 君らしくあるか

 君は生きてるか

 今を 生きてるかと

 じゃあここで君たちに問題をだします。

 これから10年かけてこの問題を解いてほしい。

 君たちがどんな答えをだすのか楽しみにしてる。

 名前ではなく 学歴や職業でもなく

 性別や 国籍でもなく

 君たちは誰か」


ホームルームおわり。

凛久はみんなから置いて行かれる気がしてた、といいます。
洋貴は、まだ凛久にまだ告白してない。
真だ好きだって言ってない、
明日のことが知りたい、
来年の夏、凛久がどうなってるか知りたいといい
凛久と洋貴はラブラブに。

その二人をみつめる朔太郎と若葉。
生徒のことばかり考えてる先生のことを
半分尊敬、もう半分は嫉妬というか
そばにいる人のこと・・というけど
朔太郎、きいてない。

そして日輪祭のキャンプファイヤー。
朔太郎が雪乃をつれてきました。
灯里が雪乃を歓迎。

名前をよばれた生徒がふたりずつ
10年後の自分への手紙をかけていきます。

ピアノ王子、世界のピアニストになってください!

田幡八朗・・は朔太郎が
「ハチ ありがとう」の文字のまわりに
みんなが寄せ書きした色紙をかざります。

カウントダウンで火がつき燃えはじめました。
歓声をあげ、そのあと静かに火を見つめる生徒たち。

みんなは朔太郎を胴上げ。

そして卒業証書を手に海辺を歩くみんな。
浜辺にいた朔太郎を卒業パーティーに誘います。

先にいっててくれという朔太郎。

「おい!今を生きてるか?」

「はーい!」

と元気に返事をする生徒たちを
嬉しそうにみつめる先生でした。




「涙の」ラストメッセージってほどではなかったような。
ハチはほぼスルーに近く
履修問題と理事長もなんとなく消えていったし
朔太郎を戦場からよばなきゃいけないほど
ここの生徒たちがわるかったようにも思えなかったですが
朔太郎のメッセージをうけて
みんなが変わったということでいいんでしょうか。

明るい夏ドラマかとおもってたのとは
違う方向にいってしまいましたが
(サイモンとガーファンクルより
 ビーチボーイズなイメージだったのに)
生徒役の皆さんは堪能しました。
みなさん、それぞれ魅せてくれました。

最後に一言。
番宣であおってた
「英二と若葉の禁断の恋」はどこへ・・?!



キャスト

櫻井朔太郎 … 織田 裕二
榎戸 若葉 … 北川 景子

根岸 洋貴 … 岡田 将生
白崎 凛久 … 北乃 きい
田幡 八朗 … 濱田 岳
屋嶋 灯里 … 吉高由里子
楠木 大和 … 冨浦 智嗣
日垣茂市 … 鍵本 輝(Lead)
澤水 羽菜 … 谷村 美月
川辺 英二 … 山本 裕典

貴林 優奈 … 黒瀬真奈美
三崎 雅行 … 中村 優一 (D-BOYS)
次原 雪乃 … 大政 絢
伴野 圭吾 … 賀来 賢人
船木 真由 … 前田敦子 (AKB48)
藤沢理紗 … 忽那汐里

赤木 保則 … 池田 鉄洋
真山 春佳 … 吉瀬美智子
与田 典人 … 今井ゆうぞう
槇村 肇 … 小林すすむ

柴草 修平 … 八嶋 智人
長谷部杏花 … 戸田恵子
神谷龍之介 … 小日向文世

山本裕典写真集Secret Vacation
山本裕典写真集Secret Vacation

山本裕典 2009年カレンダー
山本裕典 2009年カレンダー
エトワール (株式会社 ハゴロモ)

中村優一ファースト写真集優一
中村優一ファースト写真集優一

カドカワムック  ザテレビジョンHOMME Vol.4 (カドカワムック 283 月刊ザテレビジョン別冊)
カドカワムック ザテレビジョンHOMME Vol.4 (カドカワムック 283 月刊ザテレビジョン別冊)
角川ザテレビジョン(角川グループパブリッシング)


2008.09.22 Monday 22:33 | comments(2) | trackbacks(20) | 
<< ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2008年 10月号 | main | 崖の上のポニョ   フィルムコミック >>
けろりん (2008/09/23 2:42 AM)
honeyさん、こちらにもこんばんは。

本当に…どうも開始当初のイメージとずいぶん違うよなあ、などと思ってしまいました。
夏だし、織田裕二だし、もっと爽やかで笑えるコメディっぽい話かな、と思ったんだけど、意外に重かったですよね。

このテのは好きでも嫌いでもないのですが、やはり人が死ぬ話はどうしても好きになれません。

ラストも爽やかなんだけどなあ…何となく「本当にこれでいいのかなあ」という気がしないでもなかったり…(笑)。

だけど、ピアノ王子と英二が見られたからいいか…(笑)。
honey (2008/09/23 7:56 AM)
けろりんさん、こちらもこんにちは。

あんまり文句はいいたくないんですが
内容は微妙だったなあ・・。

はい。当初の目的がぼっちゃまとピアノ王子だったから
(岡田君も)いいんですけど。
吉高由里子さんもかわいかった。









太陽と海の教室 最終回
これ以上はない終わり方だと思います。 この番組を見て勇気をもらう人,自分の生き方を見つめ直す人が出るのだとしたら,とても意味のあることだとも思います。
| きゃんずぶろぐ | 2008/09/22 10:40 PM |
太陽と海の教室 最終話 「最終回75分SP・涙のラストメッセージ」
履修不足問題はレポートを提出することで卒業を認めてくれることになったと報告する神谷理事長(小日向文世)。ズルするのは反対だと、無理やり補修授業をやらそうとする朔太郎(織田裕二)。
| テレビお気楽日記 | 2008/09/22 10:46 PM |
「太陽と海の教室」夏期講習最終授業受験にない授業も人生に必要だ!自分の答えを自分で探す上で・・・
「太陽と海の教室」最終話は履修問題が発覚し、生徒たちは補習しなければならない状況になったが、それぞれの考えで補習は必要か否か?という是非が飛び交っていた。その中で朔太郎は補習の必要性を説き、それが次第に周りに浸透し、理事長との対決でもその理念を押し切
| オールマイティにコメンテート | 2008/09/22 10:59 PM |
太陽と海の教室 第十話「最終回75分SP・涙のラストメッセージ」
履修不足問題が公けになってしまった湘南学館。朔太郎(織田裕二)と長谷部校長(戸田恵子)は、補習計画表を作成し神谷理事長(小日向文世)に提出するのだが、神谷は必要ないと却下する。受験終了後に未履修教科のレポー
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/09/22 11:01 PM |
太陽と海の教室 最終回 感想
今宵は「太陽と海の教室」の最終回でした! 簡単なあらすじは 学園の履修不足が発覚!!! しかし 理事長は受験終了後にレポート提出でOK! と言いますが もちろん朔太郎は補習を受けさせることを提言! 理事長は聞く耳もたず・・・ 不安なのは生徒! そ..
| annyの日記 | 2008/09/22 11:13 PM |
太陽と海の教室 最終回 感想
『最終回75分SP・涙のラストメッセージ』
| ぐ〜たらにっき | 2008/09/22 11:34 PM |
UZに残された道は殉職!?w(太陽と海の教室#10最終回)
『太陽と海の教室』レポートを提出させ、全てなかったことにしてそのまま卒業させようとするワンマン理事長・神谷龍之介@“ダークサイドに堕ちた喜多善男”小日向文世 vs 「シュメール人は素晴らしい!」補習をさせたい櫻井朔太郎@“ドラマも映画もコケて後がないけど
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2008/09/22 11:45 PM |
太陽と海の教室 最終回(第10話)感想
うぉーい、やっとこさこの究極のダメドラマ\(^o^)/オワタ! 褒め言葉は殆ど書いていないので、読んでも良い方のみ続きをお読み下さい。
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/09/22 11:53 PM |
熱いドラマでした 太陽と海の教室#10
なぜ走る?織田先生 最終回で蒸し返してきた履修科目不足問題 『反則してまで勝って嬉しいか?』的なことを言ってたけど、むしろ『反則を受けながらも勝つ』って感じだと思う。 生徒は被害者であって、反則をしたほうじゃない。 だから織田先生の言うことは、気に
| カネハトキナリ〜勝手に予想とランキング〜 | 2008/09/23 12:01 AM |
太陽と海の教室(終) 強引なハッピーエンドにもホドがある!
なぁーんかスッキリしねぇー終わり方ですなぁ。 75分拡大版と云うから、もっとキチンと説明した上でのハッピーエンドと言う予想は大ハズレと言うか、期待ハズレと言うか とにかく 中途半端な!! ハッピーエンドでした。 まあ、途中でテーマすら変えてしま
| ぱるぷんて海の家 | 2008/09/23 12:09 AM |
太陽と海の教室☆最終回
履修不足問題が表沙汰になり、動揺する生徒たち。 しかし、理事長は今までのカリキュ
| せるふぉん☆こだわりの日記 | 2008/09/23 12:23 AM |
【太陽と海の教室】第10話 最終回と総括感想
ハチは、どこへ行った日輪祭で。。。田幡八朗の名前が呼ばれたときだけ、目が潤んだ。ハチ効果だよ。汚いな。     ここから下には、ハッキリ言って文句しか書いてません。え〜。。。最終回に何の疑問も無く感動した方は、読まない方が良いですよ。トラバも、こちら
| 見取り八段・実0段 | 2008/09/23 12:59 AM |
『太陽と海の教室』 最終回
最終回をまとめるための”履修問題”って感じでしたね。卓袱台なんて全く必要なく(笑)満足でした。生徒や先生達が変わって行くのもスッキリしました。理事長の本心も見えましたし。。。受験資格がない。。。不正だと分かってて、カリキュラムが組まれてた。補習を受けれ
| 美容師は見た… | 2008/09/23 1:01 AM |
フジテレビ「太陽と海の教室」第10話(最終回):最終回75分スペシャル・涙のラストメッセージ
神谷理事長も、根っこの部分は櫻井と同じ。別れ道で、櫻井とは別の選択をした“もうひとりの櫻井”のようであり、「自らの理念に挫折した櫻井」という印象を受けます。
| 伊達でございます! | 2008/09/23 4:01 AM |
「太陽と海の教室」最終話
●服部隆之“「太陽と海の教室」オリジナル・サウンドトラック”CD(2008/9/3)最終話履修不足問題が表面化し、朔太郎と校長の長谷部は、あらかじめ作成しておいた補習計画表を理事長の神谷に提出。だが神谷は、受験終了後に未履修教科のリポートを提出することで生徒た
| 日々“是”精進! | 2008/09/23 9:24 AM |
太陽と海の教室 最終回
終わってみたら、履修不足問題も、補修のことも、理事長のことも どうでも良くなってたような。。。 先週で私の中では、夏ドラマ終わってしまったので(え!?) 今回、感想どうしようかなぁ。。。って思ったんだけど 一応最後なので、感じたことをツラツラと。。。
| アンナdiary | 2008/09/23 9:26 AM |
太陽と海の教室
最終回の感想 
| Akira's VOICE | 2008/09/23 10:39 AM |
《太陽と海の教室》最終話
記事を「保存」したら、跡形もなく消えていました。すっかり脱力です。2回目なので、詳細は少しずつ省きたいと思います。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
| まぁ、お茶でも | 2008/09/24 1:29 AM |
太陽と海の教室 (最終回)
◆織田裕二さん(のつもり)織田裕二さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されていた連続ドラマ『太陽と海の教室』に櫻井朔太郎 役で出演しました。一昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2008/09/24 7:30 PM |
「太陽と海の教室」(最終話:「最後の授業…涙のラストメッセージ」)
9月22日の「太陽と海の教室」(最終話)は、未履修問題がバレてしまう、というところから話は始まる。この問題が発覚してしまい、朔太郎(織田裕二)は放課後に補習をやることにするのだが、誰も補習を受けなかったのを見ていて鉄火丼は[?]というドラマを思い出してしま
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2008/09/30 12:35 AM |