<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今日からマ王!第二十二話 「円卓の人々」

第二十二話 「円卓の人々」
帰ってきた有利を待ち構えていたのは十貴族。

ヴォルフは「風呂にするか食事にするか」と
新婚さんみたいなことをいってますが
円卓といわれ驚くギュンターたち。

有利、ひっぱられていきますが
この円卓の真ん中が有利の席なうえ
手足に拘束つき。
前魔王ツェリがあまりにも中座(逃亡)したため
こんなことになったらしい。
ツェリ様は自由を謳歌していましたw

フォングランツ卿の変わりはパンダのぬいぐるみ。

ギュンターの朗読が長すぎて有利居眠り、、、

しかしそんな悠長に寝てる場合ではなく
椅子がぐるぐるまわる。
ツェリ様が美しいモノの顔しかみてくれないため
改造されたらしい・・・。

「はぁぁ・・ツェリ様〜」

円卓での議題は、小シマロンに有利がいったこと。
有利は友達のところに遊びにいっただけといいますが
十貴族の皆さんは人間と交わることをよしとしない。
眞王の御心にかなった考えだと信じているのかときかれ
有利が眞王の話をしようとすると

「ごほん!ごほん、ごほん!」

とグウェンダルがものすごくわざとらしい遮り方。

椅子がぐるぐるまわって有利、酔っちゃった。

昼食時間はいったん会議を中断して
ヴォルフやギュンターたちと食事。

十貴族をあなどるなというヴォルフ。
ヴォルフの過去話はおしりペンペン。
ギュンターとグウェンダルもそれぞれ
十貴族を紹介してくれました。

なぜ眞王の話しを邪魔したかとたずねる有利。

「それが眞王の意志だからだ」

「え?」

「そうだよ」

ムラケンが肩に眞王をのせてはいってきました。
十貴族は何代にもわたり眞王をささえてきた家系で
眞王が意見したとしたら従わざるをえない。

「彼らがささえねばならぬには

 おれではない。おまえだ」


と眞王。

デル・キアソンと話すコンラッド。
リンジーは元気そうです。
彼はジュリアに似ているというキアソン。

「そうか。たぶん真実をみるんだろうな。

 おかれた立場や 付属する物事など関係なく

 そこにあるものをそのままに判断する

 とびこむ 輝く

 それは 今もかわらない」


とコンラッド。

ラドフォード卿とばったりあう有利とヴォルフ。
その近くでアニシナがにわとりを

「狙い撃つ!」

とおいかけてましたが、
それはデンシャムのペット。
マ王陛下の晩餐に・・とたわむれる(?)のをみて
昔の「眞王かくし」という遊びを思い出すヴォルフ。

有利は眞王かくしのことをコンラッドにきくと
地球の缶けりみたいなもので、缶じゃなく
コッヒーの頭を使うそうです。

有利は眞王にいわれた言葉を話し
十貴族が信頼するのが俺なんかでいいのかなと不安をもらします。

「お互いを分かり合うのに

 時間は関係ないと思いますよ。

 俺が証明になりませんか?有利」


有利は午後の会議で眞王かくしを提案。
自分のことを知らないのに従うのなんて
いやだろ?といっても。そんなことないといわれますが

「俺がいやなんだ。

 だから、眞王かくし、やってみたいんだ。

 みんなといっしょにたのしめたら

 少しだけでも

 時間を飛び越せそうな気がするんだ」


いろんな意見がでますが
最後はグウェンダルの

「はじめよう。眞王かくしを」

とむだにまじめな声で決定。

ギュンターの歌、フルコーラスきいてみたかったかも。
頭の提供者のコッヒーは屋根の上で見学。

「眞王か〜くれた!ほほほのほ〜い!」

ゲームスタート。

隠れていたヴァルトナーラの回想。
昔、眞王かくしに
子どもの遊びだとくわわらずにいて
光るくびかざりをみて隠れていたジュリアをみつけました。
ジュリアに言われた言葉を思い出すます。

「私、会議って意味ないと思うの。

 いっしょに笑って
 
 いっしょに走って 

 だからたのしめるんだわ。

 だからわかりあえる」


負けずぎらいなヴァルトラーナを
うまく参加させるジュリア。

「ヴァルトラーナ。あなたって・・」

ジュリアのいたその場所に
有利が隠れていましたが
その胸にはジュリアの首飾り・・。

「みつからないためのお守りだよ」

この場所からはみんなのことがよくみえるという有利。
ずるをしてるやつ、楽しそうなやつ
知恵をはたらかせるやつ、マイペースなやつ・・。

シュトッフェルがコッヒーからはなれたすきに
でていく有利に、ジュリアをみるヴァルトラーナ。

「似てる・・」

コッヒーのそばまでいくものの

「あ!歌おぼえてな〜い!!」

と有利がいうと

ヴァルトラーナが隣にきて

歌を歌ってくれました!


「我らは誓う・・
 
 しん・・マ王をささえ

 マ王をささえ〜」


と途中からマ王に。

みんなもでてきて
マ王に捧げる歌を歌い始めます。
おお、なんか感動的な場面。

その中で1人ほふく前進するシュトッフェル。

「ああ魔王魔王わが魔王以下略!」

コッヒーをけるヴァルトラーナ。

ひがくれて会議はお開き。
別れ際、有利に話すヴァルトラーナ。

「陛下、私は あるものが言った

 こんな言葉をおぼえています。

 いっしょに笑って、いっしょに走って

 だから楽しいのだと。

 だからわかり合えるんだと」


「へえ。いいこというなあ。その人」

みんながかえるところを上からみているムラケンと眞王。

「俺もともにあそびたかったなあ」

「眞王が眞王隠しやるって

 なかなかカオスだね」


「カオス?」

「いや、なんでもないよ・・」

帰りの馬車でジュリアの言葉を思い出すヴァルトラーナ。

「ヴァルトラーナ。あなたって・・

 意外と子どもなのね」


『子どもに子どもと呼ばれた男が

 子どもの魔王をささえる。

 それも ありかもしれない』



いつも有利といっしょにいる血盟城のみんなは
有利のよさをしっていますが
十貴族はたまにしかあわないので
そうでもないんですねえ。
今回みたいにもっとふれあう機会があれば
みんなの絆も深まりそうな気が。

有利は有利だけどジュリアの面影を
しっかりうけついでますね。
みんなの合唱のシーンはなかなかよかった。



2008.10.10 Friday 11:05 | comments(2) | trackbacks(6) | 
<< 風のガーデン 第1話 | main | 黒執事 第二話 「その執事、最強」 >>
JUNKO (2008/10/10 4:13 PM)
>honeyさん、こんにちは

サラ編が一区切りついて、
謀略モノが苦手な私はちょっと、ほっ。
一方で、しばらくは大筋とは離れたインターバル的なお話が続くようなので、だらけるかなーと不安でもあったのですが・・・

いい話でした!!!(涙)
こういう話、好きです〜。

「いっしょに笑っていっしょに走って、
 だから楽しい。だからわかり合える。」

・・・うんうん、タロスたちもそうですよね(こらっ)

合唱も素敵でしたが、
最後のヴァルトナーラの
いい加減な「以下略!」というシメも好き!(笑)
堅苦しくて何か文句言いで、
口うるさいヤツだと思っていたら、
なあんだ、この人、侑斗タイプかー(こらこら)

最後BGMもなしで
しっとりと終わったのにも好感が持てました。

ところで私、
エルを女の子だと思いこんでおりました・・・
男の子だと予告でつげられ、びっくりです。
honey (2008/10/10 6:31 PM)
JUNKOさん、こんばんは。

十貴族、一話でみせるのはもったいないくらい
個性的な面々ですよね。

みんなで歌うところはよかったです。
ヴァルトラーナ=侑斗になるほど。
そばにデネブみたいな人がいたらよかったけど
ジュリアはいなくなってしまったし。

私もあのかわいさは女の子だと思ってましたよ〜。
マ王はかわいいからといって女とはかぎらないんでした。









『今日からマ王3nd』#22「円卓の人々」
「それが眞王の御心にかなった考えだと信じていらっしゃるのですか?」 魔族にとって、眞王は死んでもなお偉大なのですね〜。 小シマロン...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2008/10/10 11:47 AM |
今日からマ王!(第3シリーズ)#22「円卓の人々」感想
金曜日はやたらアニメ放映が立て込んでしまったので次回からは不定期更新にするつもりの「マ王!」です・・・が!こんな萌える話&豪華キャストでは感想を書かずにはいられない!!!次回から考えますね!小シマロンから戻った有利を待っていたのは「十貴族会議」!!!
| おぼろ二次元日記 | 2008/10/10 1:42 PM |
今日からマ王! 第22話 円卓の人々
ユーリ達が眞魔国に戻ると、十貴族達が待ち構えてました。
| アニメ雑記帳 | 2008/10/10 2:16 PM |
今日からマ王 第3シリーズ #22 「円卓の人々」
モ リ モ リ ☆ キ タ ー  衛星アニメ劇場のゲストに森川智之さんご登場!  ↓  ↓
| マンガに恋する女の ゆるゆるライフ | 2008/10/10 2:42 PM |
今日からマ王!第3期 第22話「円卓の人々」
眞魔国へお帰りユーリ♪でもユーリにはゆっくりする時間もないようです(^^;)今回の放送から「タイタニア」と2本立ての感想になりそうです。こりゃ木曜深夜は寝れないぞ〜〜(><)間一髪大シマロン艦隊を退け、眞魔国に帰還した有利達一行。しかし血盟城で一行を
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/10/10 9:17 PM |
今日からマ王! 第22話「円卓の人々」
「今日から㋮王!第三期シリーズ」第22話。 「置かれた立場や付属する物事など関係なく、そこにあるものをそのままに判断する、飛び込む...
| 李羅の咲く庭で・・・ (旧・怜奈の自己主張) | 2008/10/12 5:32 AM |