<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

七瀬ふたたび 第4話「対決」

第4話「対決」
瑠璃とともに店にやってきた西尾。

『後悔させてやる』

店長のマジックは拍手喝采。

西尾に店を売る件を反故にしたことを謝る店長に
笑顔でこたえる西尾。

『むかついてんだよ。コノヤロー』

それをみていた七瀬に

『盗み聞きすんな』

高村刑事もそちらをみていましたが・・。

翌朝、瑠璃に西尾のことを心配して
あれこれたずねる七瀬。
瑠璃は西尾のことはいい人だと
信用しているようですが
心配してくれる七瀬にも感謝。

お店にいくと、ヘンリーがスプーンを
うかせていました。

「超能力です。俺、どうやら超能力つかえるみたい」

店長は頭から信じてくれません。

「不思議だけど理解できる。
 
 そうじゃなきゃこわいよ」


という店長。

ヘンリーは超能力でマジックを披露。
ラストに、このマジックにはタネがなく
超能力でうごかしたといっても
お客は冗談だと思って笑いだしました。

恒介といっしょにかえる七瀬。
ヘンリーと知り合って半年たつのに
念動力があったなんて気づかなかったという恒介。
研究所でひとりが成功すると
次々成功することがあったそう。

「ほかの能力者に刺激される・・」

「私たちのせいで・・」という七瀬に
気にするなという恒介。
父も忘れさせようといっていたけど
思い出してしまう七瀬。

恒介も未知能力をもつなら
念動力がよかったといいます。

「つかいたくなければ 

 つかわなければいい。

 おれは 知りたくもない未来がみえてしまう。

 君だって しりたくもない

 ひとの心が見えてしまう」


恒介は子連れの女性・さやかにあいました。
昔の仲間のようです。

タケシと雄司には最近あって
百合子と正行はどうしているかわからないというと
ふたりのことは雄司が
知っているというさやか。

あのときの研究がなんだったのか知りたいと
さやかに協力をもとめる恒介。
さやかは今も能力があるけど
折り合いをつけているといい
旦那さんにも子どもにも秘密にしているそうで
協力はできないと断られました。
さやかもテレパス。

「ごめん。もう読まない。

 だから 私のこともほっといて」


七瀬に藤子から電話があり
朗といっしょにこないかと誘われます。

恒介は雄司をたずねていきますが
雄司は留守で、家にいた女性から
反対に居場所をきかれました。
何か事件にまきこまれたんじゃないか心配で
誰かにあわなきゃいけないといっていたらしい。

藤子に挨拶する朗。

「隠し事はしない。だから自由によんで」

という藤子に

『この人、信頼できるんだ』と朗。

ガンツフェルト実験室で
七瀬の実験をはじめます。
藤子のイメージしたものを次々あてていく七瀬。

的中率100%で時間も速いといわれても
七瀬は「喜べません」と発言。

前よりも敏感になった気がするとい七瀬。
自分もやりたいという朗をとめました。
これをやると能力が高まる気がして
この能力はもともともっていたのか
つくりだされたものかはわからないけど
何かのきっかけで飛躍的に能力がたかまることがあると
ヘンリーの話をしますが藤子は、その彼にもあいたいと
心の中で感じます。

「お願いです。

 研究は私たちの力をなくすためにしてください。

 そうじゃないと協力できません」


『みきわめたい。
 
 未知能力がなんなのか』


「藤子さん・・」

「はい」

ふたりがかえったあと、七瀬の言葉を
思いだしていると、いきなり部屋から火がでて
あわてて消しているうちに、不思議な感覚がおこり
時間がさかのぼっていました。
今燃えていたほうへいくと火花がとび
あぶない、とコンセントをぬく藤子。
火事はおこらないまま。
だけど、手にはやけどしたあとが。

ヘンリーに声をかける西尾。
西尾は七瀬の能力をおしえてしまい
七瀬を疑うヘンリー。

七瀬は心を閉じてごまかしました。
ヘンリーはわざとひどいことを考えて
リアクションしなかったから、やっぱり
よめるというのは嘘だとおもってくれたようです。

西尾をたずねても、あってもらえず
外にいると高村がいました。
西尾のことをきかれますが
ごまかす七瀬。
刑事さんの心の声は

『周辺で自殺、悪い噂』

というもの。

部屋に帰ると、瑠璃が美容室のはさみをみせて
いろいろ話しますが、
まだ西尾とつきあいがあるようです。

瑠璃のお店でシャンプーをしてもらう瑠璃。
昨夜話していたはさみがないといわれ
ロッカーにとりにいった瑠璃をよんで
警察が今くるみたいですよ、とはさみをうけとる西尾。

『ひっかかった』

七瀬は朗を前に夕食の準備。
そこへ瑠璃から電話がかかり
でていってくれないかといわれます。
心の声もきこえ、西尾の会社にいて
七瀬をおいださないとまずいようです。

電話をきった七瀬は西尾のところへ。

「許せない!西尾! マンション 瑠璃!」

という心の声が朗にきこえました。

瑠璃の役目がすみ、
警察に連絡したかったらしろと脅す西尾。

西尾のマンションへいく七瀬。

「透視されてる」

「待ってるよ。七瀬ちゃん」

瑠璃がいるかどうかたしかめに
中にはいってしまう七瀬。
鍵をかける西尾。

「やっとふたりきりになれたね。七瀬ちゃん」

いっしょに組む話をうけろとせまる西尾。
まわりの人間が不幸になっていくぞと脅す西尾は
俺たちは同類だといいますが、七瀬は反論。

「あなたは愛されたことがないんです。

 他人に認めてほしい。愛されたい。

 ずっとそう思ってた。

 透視能力があるとわかり もてはやされた。

 でもそれは愛じゃない。単なる好奇心。

 でもそれでもあなたは愛されたくて

 いんちきしてまで」


「おれの心を読んだか。

 やっぱり俺と同類じゃないか。

 俺が透視で裸にするのは肉体だ。
 
 おまえは人間の一番かくしたい心まで

 裸にするんだ。
 
 裸にして楽しんでる」


「楽しんでなんか・・」

「いや 笑ってる」

「笑ってなんか」

そこへ朗からきいたヘンリーがやってきます。
七瀬がしゃべれないようにおさえつけ
首をしめる西尾。

ヘンリーは念動力で鍵をあけてはいってきました。

「殺して・・・・」

七瀬の言葉をきいて、西尾のもっていたナイフをとばし
西尾にむかうヘンリー。

西尾の体をもちあげ窓からとばしてしまいます。

「そんな・・」

力をつかって苦しそうなヘンリー。
下へいくと西尾は車のボンネットの上におちていました。

警察で事情をきかれる七瀬。
西尾は命をとりとめました。
ヘンリーは自分がやったといいますが
七瀬は自分がやったと刑事さんに。
だけどベランダの柵は高いので
女の力じゃ無理だといわれます。

意識をとりもどした西尾は
自分でとびおりたと証言し
七瀬たちは解放されました。

高村の心の声を聞いて苦しむ七瀬。

ベッドの上で、七瀬の名をつぶやきほほ笑む西尾。

警察からでたふたり。
ヘンリーに本当のことを話す七瀬。
ヘンリーが能力にめざめたのは
私たちのせいかもしれないとあやまります。

ヘンリーは七瀬のいるところでしか
力がだせないらしい。
それは七瀬のために力をつかえってことでしょ、
と笑顔のヘンリー。

また水族館にやってきた七瀬。
恒介と待ち合わせ?

「私・・西尾さんと同類だった。

 ううん。それ以上・・。

 私、『殺して』って・・

 西尾さんのいうとおりだった。

 私の中に悪魔がいる。

 もう何もかも捨てたい。

 自分が怖い。

 もう怖くて怖くて・・」


取り乱した七瀬にキスする恒介。

恒介は藤子をたずね、
これ以上、彼女を苦しめたくないと
昔の仲間にあったことを話します。
ノートをとりだす藤子。

S 須藤タケシ サイコキネシス、今は能力がきえている。
T 武田雄司 予知能力、金もうけにつかっている。
K 小山さやか テレパス 今は折り合いをつけている。
G 五味百合子
N 成瀬正明

百合子と正明は雄司が居場所をしっていると
いっていたが行方不明。

マジックをするヘンリー。

『七瀬ちゃん。僕の心の声がきこえるよね。
 
 ちゃんとみてて』


お店に恒介から電話が入ります。
行方不明だった昔の仲間の居場所がわかったので
俺たちの秘密がわかるかもしれないと
しばらく東京を離れるという恒介。

マジックをつづけるヘンリー。

『七瀬ちゃん 見てて。ちゃんとみてて』



藤子は相談相手のまま行くのかと思ったら
やっぱり能力がうまれるんですか。
潜在的に持っていたにしても
七瀬とかかわることで次々エスパー誕生だと
七瀬の影響力ははかりしれないですね。

金もうけにつかうやつもいれば
ひたかくしにして普通に幸せをくらす
さやかみたいな人もいる。
いずれにしてもこの世の中じゃ
かくすほうが賢そうです。



火田七瀬  蓮佛美沙子
岩瀬恒介  塩谷瞬
広瀬 朗  宮坂健太
ヘンリー  郭智博
漁 藤子  水野美紀
火田精一郎 小日向文世
真弓瑠璃  柳原可奈子
江藤亮太  載寧龍二
高村健一  市川亀治郎
増田店長  北村総一朗

主題歌 君想い GReeeen

あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
GReeeeN,2BACKKA,ユナイトバス

NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック
川井憲次

NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
多岐川裕美,新垣嘉啓,堀内正美,筒井康隆

家族八景 (新潮文庫)
家族八景 (新潮文庫)
筒井 康隆

七瀬ふたたび (新潮文庫)
七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆

エディプスの恋人 (新潮文庫)
エディプスの恋人 (新潮文庫)
筒井 康隆
2008.10.30 Thursday 21:28 | comments(2) | trackbacks(13) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的105 「後悔」 | main | 今日からマ王! 第二十五話 「荒野の追跡」 >>
mari (2008/11/01 5:15 AM)
おはようございます。
だんだん不気味さが増して来ました。

七瀬と恒介のキスシーンは、とても幻想的で綺麗でしたね。
恒介の旅で、彼らが変われるのでしょうか?
honey (2008/11/01 8:19 AM)
mariさん、こんにちは。

エスパーがどんどん増えてきましたね。
ついに念動力で人をふきとばすくらいに。

キスシーンはびっくりしました。
恒介は心をよまれると知っていても
それ抜きで七瀬のことが好きなんですねえ。

次の展開も楽しみです。









「七瀬ふたたび」第4話
西尾が七瀬の生活を壊し始め、 七瀬はまた彼との対峙を余儀なくされる。 そしてヘンリーと藤子が新たな力に目覚め始めた! 前回に引き続き、消臭殿様がスゴいぞう。 NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI JUGEMテーマ:エンターテイメント
| fool's aspirin | 2008/10/30 9:34 PM |
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第4話 私の中にも悪魔がいる
『対決』内容西尾(今井朋彦)が、瑠璃(柳原可奈子)を伴って七瀬の働く店にやってくる。ビジネスの話をしたという瑠璃。そんなとき、ヘンリー(郭智博)の念動力が、飛躍的に伸び始める。その事をマジックとして使い、『超能力者』だと名乗るヘンリーだが誰も分かって
| レベル999のマニアな講義 | 2008/10/30 9:41 PM |
七瀬ふたたび 第4回「対決」
自分以外の人間はみんな敵だと思ってる。 そんな西尾(今井朋彦)が再び七瀬(蓮佛美沙子)の前に現れました! 「後悔させてやる!」 ...
| 空色きゃんでぃ | 2008/10/30 9:49 PM |
【七瀬ふたたび】第4話
お願いです。研究は私たちの力を無くすためにして下さい。漁は、未知能力の研究をもっと追求したいと願うようになっていた。しかし、七瀬には漁から与えられる実験が不安だった。自分の能力が、もっと高められてしまうような気がするのだ。瑠璃が人質に取られ、七瀬は西
| 見取り八段・実0段 | 2008/10/30 9:55 PM |
七瀬ふたたび 第4話 対決
西尾と一緒にマジックバーに現れた瑠璃を七瀬は心配するものの、今のところは何事もない模様。
| アニメ日和 | 2008/10/30 10:08 PM |
七瀬ふたたび 第4回
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第4回「対決」 七瀬を追いつめる透視能力者・西尾。 しかし,あわやというとき,ヘンリーが現れ念動力で西尾をビルの外に突き飛ばし七瀬を救う。 大怪我を負うも一命を取り留めた西尾は警察の聴取に自ら飛び降りたと,七瀬とヘンリーの関与...
| きゃんずぶろぐ | 2008/10/30 10:22 PM |
七瀬ふたたび 第4話 「対決」
七瀬(蓮仏美沙子)は実験する度に能力が高まってしまうらしい。藤子(水野美紀)にも予知能力が芽生えてしまうのでした。
| テレビお気楽日記 | 2008/10/31 12:18 AM |
NHKドラマ8「七瀬ふたたび」第4回…コンプレックス西尾!!
2008年10月30日放送『七瀬ふたたび』第4回「対決」  七瀬ふたたび改版 ┃ ワクワク感  筒井康隆や小松左京、半村良などを中学、高校時代から読みあさったSFファンの小生にとって『七瀬ふたたび』は旧友に出逢えたような喜びを与えてくれます。  SFがもた
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8 | 2008/10/31 11:11 AM |
「七瀬ふたたび」第4話
自分の力への戸惑いと嫌悪と恐怖。 第4話『対決』
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) | 2008/10/31 7:34 PM |
七瀬ふたたび#04対決
後悔させてやる・・・西尾の悪意が広がっていくそしてヘンリーに異変が?第4回「対決」七瀬が「不幸を呼び込む女」になってます。もし彼女がもっと明るい前向きな性格だったら防げそうな事柄も多いような気もするのですが・・(^^;ヘンリー!!!いい奴じゃないか!!!
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2008/10/31 7:49 PM |
《七瀬ふたたび》☆04
西尾と接触するなと 恒介に言われた。 瑠璃は、西尾に、いろいろ言いくるめられていた。 西尾をマークしていたのは、刑事もだった。
| まぁ、お茶でも | 2008/11/01 5:43 AM |
【ドラマ】七瀬ふたたび 第04話 「対決」の感想。
七瀬ふたたび 第04話 「対決」 評価: ── お前は俺の同類なんかじゃない 俺以上の悪だ・・・ 監督 伴一彦 脚...
| いーじすの前途洋洋。 | 2008/11/01 9:37 PM |
七瀬ふたたび「対決」
 収録が進んで余裕が出てきたのか、遊びがあったね。  漁の研究室に会った機材の OZORA って、「ハゲタカ」のだよね?  その漁がついに覚醒、能力は身近に能力者がいることで覚醒するということを自分で証明してしまう。  なにより今回の覚醒者はヘンリー。口には
| blog mr | 2008/11/02 9:48 PM |