<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」

第5話「故国燃ゆ」
「反政府勢力収監施設が

 ガンダムの襲撃をうけたことはまちがいのない事実です」


「彼らはソレスタルビーイングなのでしょうか?

 反軍事組織がガンダムを独自開発したという噂もあります」


「それらは 憶測の域をでていませんが
 
 どちらにせよ 現政権を脅かすテロ行為であることは明白です。

 政府はテロ組織撲滅のため 直轄の治安維持部隊の派遣を

 決定しました」


記者会見の様子をテレビでみていたリジェネとリボンズ。

「ソレスタルビーイングの復活を予見し

 それを逆手にアロウズの権限拡大をはかる・・か。

 これは君の考え?」
 とリジェネ。

「さあ、どっちかな」 とリボンズ。

「ともあれ そろそろ僕たちの出番となりそうですね」

と階段をおりてきたリヴァイヴ。

「リヴァイヴリバイバル」 とリジェネ。

「すでにガデッサもロールアウトしています。
 
 出撃命令をくだされば すぐにでも」
 とリヴァイヴ。

「それにはおよばないよ。リヴァイヴ

 例の作戦はあるものにたのんであるからね」
 とリボンズ。

「あるもの?」 とリジェネ。

「リヴァインですか?それともブリング」 とリヴァイヴ。

「人間だよ。

 ある意味 その枠をこえているけどね」


アリー・アル・サーシェスでした。

トレミー

「あぁ〜あ 留守番なんてつまんないです」とミレイナ。

「そういわないで。

 プトレマイオスの補修に

 アロウズの新型モビルスーツの検証

 ダブルオーのツインドライヴシステムの調整

 やることがいっぱいあるのよ」とフェルト。

「わかってますけどぶ〜ぶ〜です。んん」

ルブアリハル砂漠
カタロンの軍事基地へむかうソレスタルビーイング。

「こんな場所に・・

 よく連邦にみつからないものだ」
 とティエリア。

「連邦は非加盟国の多い中東にGN粒子をまいている。

 建前では 粒子効果で

 テロ組織の情報を遮断するためらしいが

 実際は中東国家の経済活動をまひさせるのが目的さ。

 連邦のいうことをきかない国は

 痛い目をみるってことさ。

 もっとも GN粒子のおかげでカタロンの施設も

 発見されないでいるが」


とロックオン。

「くわしいな」

「そうかい?常識の範疇だよ」

「きこえるか?そちらの機体を確認した。ハッチをあける」

「了解」

カタロンの基地に入るガンダムをみて感激する人々。

「これがガンダムか」

「ああ アザディスタンを救った英雄の機体だ」

「よくきてくれた。ソレスタルビーイング」

「歓迎するよ。顔はみせてくれないのかい?」

「ああ、悪かった」

とヘルメットをはずすロックオン。

「我々には秘匿義務が」とティエリア。

「かたいこというなよ。助太刀してもらっただろ」

『反政府組織 カタロン』とアレルヤ。

「会談に応じてくれて感謝する。

 カタロン中東支部 クラウス・グラードです」

「ソレスタルビーイングです。自己紹介は・・」とスメラギさん。

「事情は承知しています」

「マリナ姫を助けてくださって 感謝しますわ。

 以後は我々が責任をもって保護させてもらいます」

「シーリン・・」

「ソレスタルビーイングにいたいの?」

「あなたこそ 反政府組織に・・」

「いけないこと?」

黙りこむマリナ。

「もう一人 保護を頼みたい。

 沙慈・クロスロード、民間人だ。

 いわれなくアロウズから

 カタロン構成員の疑いをかけられている」
 と刹那。

「それは気の毒なことをした。
 
 責任をもって保護させていただこう」

「ちょっと!勝手に・・」と文句をいう沙慈に

「そうするのが一番よ」とスメラギさん。

そこへ子どもたちがはいってきました。

「ねえ何してるの?」

「こら。勝手に入ってきたらダメだろう?」

「子どもが・・あっ」

昔の自分を思い出す刹那。

「まさか、カタロンの構成員として育てているのか?」

「えっ」とクラウズとシーリン。

「勘違いしないで。

 身寄りのない子どもたちを保護しているだけよ。

 連邦が行った一方的な中東政策

 その実害は このような形でもあらわれている」


「もっとも 資金が限られていて

 すべての子どもたちをうけいれるわけにはいかないが」

「あ!マリナ様だ!!

 ねえ、マリナ・イスマイール様でしょう?」

「ええ」

「私もしってる!」

「すご〜い!ほんとにマリナ様だ!」

「マリナ様。子どもたちの相手をしていただけるかしら?」とシーリン。

「ええ」

「いいの?!じゃあこっちこっち!」

「私も〜〜うふふ」

子どもたちに手をひかれてマリナは別室へ。

「さすがシンボルといったところね」

「そろそろ本題に入りたいのだが
 
 我々カタロンは 現連邦政権打倒のため・・」

「もうしわけありませんが 私たちは

 あなた方の用に政治的思想で行動しているわけではありません」

とスメラギさん。

「ですが あなた方は連邦と対立している」

「俺たちの敵は 連邦政府ではなく アロウズだ」と刹那。

「政府直轄の独立部隊をたたくことは

 私たちの目的と一致するのではなくて?」

「そうだとも。

 アロウズの悪行を制するためにも

 我々はともに手をとりあい・・」

「残念ながら ここにあるモビルスーツでは

 GNドライヴ搭載型に」

「だとしても 我々はあなたたちに協力したい。

 補給や整備だけでも 力になりたいのです。

ペルシア湾

「トリロバイトを失うとは失態だなぁ、少佐」とグッドマン。

「面目もございません」とリント。

「マネキン大佐。少佐とともに隊の指揮をとれ」

「は」

「我々アロウズは連邦の盾であり鉾となる存在だ。

 失敗は許さん」

グッドマンの映像がきえました。

「くっ・・」

「というわけだ。
 
 今後、私の指示にもしたがってもらう。

 よろしいな?ミスター・ブシドー」


「断固辞退する」

「何?」

「私は司令部より 

 独自行動の免許を与えられている。

 つまりはワンマン・アーミー。

 たった一人の軍隊なのだよ」


「そんな勝手が・・」

「免許があると言った」

別の場所で大佐と電話で会話中のソーマ・ピーリス。

「大佐が出動なさっているのですか?」

「ガンダム探索のための部隊をまかされた。

 よもや正規軍がアロウズの小間使いにされようとは」

「そうでしたか」

「ところで あれは元気かね?」

「あっ・・アンドレイ少尉のことですか。

 任務を忠実にはたしていますが。」

「私への当てつけだな。

 あれは私を恨んでいる」

「え?」

「私は軍人であっても

 人の親ではなかったということだ」

「大佐、

 大佐、あの件おうけしようかと思います」


「あの件?」

「大佐の 養子にさせていただく件です」

「本当かね?」

「詳しくは お会いした時に。では」

通信を切って、

「私は幸せ者だ」

と空をみあげながらつぶやくソーマ・ピーリス。

カタロン基地
子どもたちとマリナ。

「マリナ様 これもこれも」

「でも ちょっと待ってね」

マリナは一人で遊んでいる男の子(モシェ)に話しかけます。

「こっちにこないの?」

「あっ」

「いっしょに遊びましょう」

とモシェに手を差し出すマリナ。
その手をとるモシェがマリナに抱きつきます。
そのようすを影からみつめる刹那は
過去を思いだします。
部屋に背をむけた刹那に沙慈がいいました。

「あの子どもたちも君たちの犠牲者だ。

 君たちがかえた世界の・・」


「ああ、そうだな」

「何も感じないのか?!」

「感じてはいるさ。
  
 俺は二度と あの中に入ることはできない」


「それがわかっていて なぜ戦うんだ?!」

「理由があるからだ。

 わかってもらおうとは思わない。

 恨んでくれてかまわない」


「刹那・・くっ」

刹那をおかけるマリナ。

「刹那、待って。

 行ってしまうの?」

「ああ」

「その前に 一つだけお願いを聞いてほしいの」

シーリンとクラウズ。

「やはりソレスタルビーイングを取り込むのは無理のようね」

「いいや。あの答えで充分だ。

 アロウズとの戦いは熾烈を極めるだろう。

 近い将来 彼らと我々が手をとる機会が訪れるさ。

 そうだろう?ジーン1」

「さあ。どうですかねえ」と室内にいたロックオン。

ガンダムに群がる人々が

「おら!いつまで油売ってやがる。

 持ち場に戻って作業しろ!」

と注意されます。

ソレスタルビーイング側。

「会談はおわったかい?」とアレルヤ。

「ああ、だがひとつやることができた」と刹那。

「やること?」とティエリア。

「マリナ・イスマイールを アザディスタンに送り届ける」

「それって・・」とアレルヤ。

「本当にいいのですか?」とスメラギさん。

「無理をいってすみません」

「ガンダムは使えないわよ。

 万が一発見されれば アザディスタンに危害が及ぶ可能性があるわ」

「この機体をつかわせてもらう。

 ガンダムでトレミーへ」

「わかったわ」

「なんならそのままかえってこなくてもいい」とティエリア。

「バカをいうな」 と刹那。

「この4年間に何があったんだい?

 君が冗談を言うなんて」
 とアレルヤ。

「本気で言ったさ」

「え?」

「冗談だよ」

ふりむいてスメラギさんをみるアレルヤに
手をひろげてみせるスメラギさん。

『ソレスタルビーイングもカタロンも

 戦いをひきおこすやつらじゃないか。

 そんなところにいられるか』
 と沙慈。

「何をしている?」

「ああ、いえ・・あの・・」

「おお。ソレスタルビーイングの」

「町に仲間がいて、連絡を」

「町までは遠い。車をつかいな」

と鍵をなげてくれました。

「あっ・・どうも」と笑顔でこたえる沙慈。

「マリナ姫をみかけなかったかしら?」とシーリン。

「さっきまでソレスタルビーイングの連中といましたが」

「彼らと?」

「ガンダムが母艦に帰投する。

 ハッチをオープンさせろ」と放送。

ガンダムが出ていくのをみるシーリン。

「まさか?

 発進をやめさせて!」

「無理ですよ」

「マリナ・・」

ガンダムは空に。
マリナは刹那とアザディスタンへ。


砂漠を車ですすむ沙慈。

「こいつで超えられるかな 砂漠」

その上空に連邦軍の機体が。

「あぁ・・連邦軍」

沙慈、連邦軍につかまって尋問をうけています。

「あんな軽装でなぜ砂漠を走っていた!」

「うっ・・」

「バイオメトリクスがヒットした。

 こいつはカタロンの構成員だ」

「違う!僕はそんなんじゃない!

「そんな嘘が!」と沙慈は殴られます。

「手荒なまねはよせ!」とそこへセルゲイ。

「大佐」

「さがれ。話は私がきく」

「君は戦士ではないな」

「えっ?」

「長年 軍にいたからわかる。

 君は戦う者の目をしていない。

 つまりカタロンではないということだ。

 一体 何があったのかな?」

「うっ・・」とうつむく沙慈。

「ソレスタルビーイングと行動をともにしていたのではないかな?

 理由はある。

 データをみると 君は数週間前まで

 ガンダムがあらわれたプラウドで

 コロニー開発に従事していた。

 そして昨日、ガンダムと戦闘があったこの地域に君がいる。

 な〜に 簡単な推理だよ」

「僕は・・

 カタロンでもソレスタルビーイングでもありません」

「わかっている。
 
 ただ話をきかせてほしいだけだ。

 悪いようにはしない」

「僕にかかっている嫌疑を 解いてもらえますか」

「尽力しよう」

2人の会話をドアにはりついてきいている部下。

カタロンの司令室。

「第4航宙隊 バラック・ジニン大尉以下5名 

 ただいま到着いたしました」

「ごくろう」とホーマー司令。

「なに?それは本当か?すぐに指令書をおくる。

 あの甘い女では事を仕損じるからなあ。

 朗報です。司令。

 カタロンの軍事基地を発見しました。

 ガンダムもいる公算も大きいかと」とグッドマン。

「ただちに対応したまえ」

「は」

「司令。我々にも出撃許可を」

「無理をするな。休んでいろ」

『くっ・・ガンダムがいるというのに』とルイス。

「なんだこの指令書は?!

 オートマトンをキルモードで使用せよだと?

 バカな。こんな非道な作戦を」
 とマネキン。

「大佐。上層部からの命令は絶対です」とリント。

「この作戦の内容、貴官は何とも思わんのか?」

「もちろん思いません。

 相手は反政府勢力、

 情けをかける必要などありませんよ」

「このような作戦を・・。

 大佐がこの転属に反対していた理由が

 ようやくわかった」


とつぶやくソーマに

「中尉は誤解しています。

 スミルノフ大佐は 任務のためなら

 肉親すら見捨てられる男ですよ」とアンドレイ。

「肉親を?」

「あの男は母を見殺しにしたんです」

王留美。

「そう アロウズが反政府組織の位置を。

 わかりました。

 こちらからティエリアたちに連絡します」

「このバカものが!

 誰がアロウズに連絡しろと言った?!」

と部下を殴り倒すセルゲイ。

「ですが それが我々の任務です!」

「判断するのは私だ」

沙慈のもとへ行くセルゲイ。

「あっ」

「クロスロード君。今すぐここから脱出したまえ」

「どういうことですか?」

「君の存在をアロウズに知られた。

 やつらは超法規的部隊だ。

 私の権限で君をかばいきることはできん」

「そんな!」

「急ぐんだ!」

車で脱出する沙慈。

「僕の存在を知られたって・・

 もしかして・・。ん?あの色・・」

空を飛ぶモビルスーツ隊をみつける沙慈。

トレミーはネーナから連絡をうけました。

「王留美から緊急暗号通信。

 アロウズのモビルスーツ隊が

 カタロンの施設にむかっているそうです。

 どうしますか?」

「救援に向かうわ。

 トレミー 対衛星光学迷彩をはって 緊急浮上。

 ガンダムの発進準備を」

「了解です」

「トレミー 緊急浮上開始しました。

 海上まで あと0043です」

「アロウズにみつかった?」とティエリア。

「あそこには子どもたちもいるというのに」とアレルヤ。

「急げ。急げってんだよ。このヤロウ」とロックオン。

カタロン軍事基地。

「アロウズのモビルスーツ隊だ!」

「ここをたたきにきたのか?!」

「敵の数は?!」

「どこから基地の情報が・・?」

「まさかソレスタルビーイングが?!」

「急いで子どもたちをシェルターに」とシーリン。

「は、はい」

「クラウズ!撃って出よう!」

「戦力差がありすぎる。

 守りを固め ソレスタルビーイングの救援を待つ」

「きてくれるのか?」

「私は信じる」

そのとき衝撃が。

「爆撃か?!」

「うわぁ〜〜」

「敵基地と思われる構造物を視認しました」とアンドレイ。

カタロンのモビルスーツがでてきました。

「ん?敵、モビルスーツです!」

「あんな旧型の モビルスーツで・・」とソーマ。

カタロンのモビルスーツはあっさり倒されます。

「敵基地の掃討作戦を開始する。

 オートマトン射出」

「了解」

「そんな・・」

「オートマトン射出」

「ま、待って!」とソーマ。

しかし次々と投下。

「あ、あれは」とクラウズ。

「うう・・」

「軍用オートマトン!

 総員 退避だ!!」


オートマトンが虐殺開始。
そこへガンダムが到着。

「遅かったか」 とティエリア。

「カタロンの人たちは?」 とアレルヤ。
 
「ここはまかせる!」 と先へいくロックオン。

「急げよ。ガンダム」

「ピーリス機、

 先行するガンダムを迎撃しろ」

「了解」

ロックオンと撃ちあうソーマ。

「あの動き!」

「各機 ガンダムを迎撃する」

「私は抜けさせてもらう」

「ミスター・ブシドー。なぜ?!」

「興が乗らん!」

破壊されたカタロン基地に降り立つロックオン。

「あっ・・これは」とソーマ。

オートマトンが虐殺したあとでした。

「これが・・こいつが

 人間のやることか!!」


「無人兵器による 虐殺行為

 自ら引き金をひこうとしないなんて

 罪の意識すら持つ気がないのか?!」
 とアレルヤ。

「ダブルバズーカ バーストモード!!」 とティエリア。

カタロンを攻撃するガンダム。

「初期目標は完遂した。

 撤退する!」

「あっ・・はっ!」

ロックオンがこちらを狙っているのに気づくソーマ。

「許さねえ 許さねえぞ!アロウズ!!」

「逃げんなよ・・逃げんなよ!!

 アロウズ〜〜〜!!」


そちらの方にむけて撃ちまくるロックオン。

破壊された基地をみて驚くスメラギさんたち。

「ひどい・・。ああ・・」

「これが・・アロウズ」 とアレルヤ。

「そうだ。あれが 我々の敵だ」 とティエリア。

「私は超兵。戦うための存在。

 そんな私が 人並みの幸せを得ようとした。

 これはその罰なのですか?大佐」


と苦しむソーマ。

カタロンの基地の見える場所まで
戻ってきた沙慈。
ショックをうけて、その場に膝をつきます。

「あっ・・ああ・・・

 ぼ・・僕が・・僕が話したせいで

 そんな・・そんな!

 ウソだぁ〜〜〜〜〜!」


ED

アザディスタンにむかう刹那とマリナ。

「まもなく アザディスタンだ」

「もどってこられたのね」

「ああ あんたの国だ」

しかし・・・。

「アザディスタンが・・」

「燃えている」

「どうして アザディスタンが・・どうして?!」

「この規模、テロなんかでは・・

 あれは ガンダム。

 しかも あの色は・・まさか!」


こちらをふりむくガンダム。

「そうよ そのまさかよ!」

アリー・アル・サーシェス!



ちょっとしかでてこないのに
ミスター・ブシドーのなんとおもしろいことかw
刹那がいないから「興が乗らん!」って
どんだけ刹那が好きなの!!
どういう権限で免許までもらえたんだろう。

刹那のことを好きな人がもう一人、アリー。
こちらはリボンズにつかわれていましたが
リヴァイヴ・リバイバルという名前もふざけている
ニューキャラクターがまた登場。
この人たちも謎なまま。

カタロン基地を破壊されて怒り狂うロックオンが
やっぱり気持ち的にソレスタルビーイングよりは
カタロン側。
退避といっていたけど、みんなやられたんでしょうか。
あそこにはシーリンもいたのに。

アロウズのやり方をよしとしないソーマは
セルゲイのもとにいただけあって
まともな人間らしい感情を持っていて
それゆえに苦しい・・・。
息子はよくある理由で父に反発しているだけだったか。
マネキンもあの非道なやり方には嫌悪感を抱いていますが
アロウズの中ではそういう考えは受け入れられそうにもないです。

沙慈は自分の行動がひきおこしたことの結果をみて
悔やんだあと、どちらにすすむのか。





刹那・F・セイエイ 宮野 真守
ロックオン・ストラトス 三木 眞一郎
アレルヤ・ハプティズム 吉野 裕行
ティエリア・アーデ 神谷 浩史

スメラギ・李・ノリエガ   本名陽子
イアン・ヴァスティ 梅津秀行
ラッセ・アイオン 東地宏樹
フェルト・グレイス 高垣彩陽
ミレイナ・ヴァスティ 戸松遥

王留美 真堂圭  
紅龍(ホンロン)  高橋研二
ネーナ・トリニティ 釘宮理恵

セルゲイ・スミルノフ 石塚運昇
ソーマ・ピーリス 小笠原亜里沙  
アンドレイ・スミルノフ(セルゲイの息子)白鳥 哲
ルイス・ハレヴィ 斎藤千和
アーサー・グッドマン准尉 江川央生
リー・ジェジャン大佐 四宮豪
バラック・ジニン隊長 稲田徹
カティ・マネキン  高山みなみ
アーバ・リント 矢尾一樹
ホーマー・カタギリ 大友龍三郎
ミスター・ブシドー 中村悠一
ビリー・カタギリ  うえだゆうじ

リボンズ・アルマーク  蒼月 昇
リジェネ・レジェッタ 朴 ロミ
リヴァイヴ・リバイバル 斎賀みつき
アリー・アル・サーシェス 藤原啓治

クラウス・グラード(カタロン幹部)川島得愛
シーリン・バフティヤール 根谷美智子

沙慈・クロスロード 入野自由
マリナ・イスマイール 恒松あゆみ



CD ラジオ 機動戦士ガンダム00 ソレスタルステーション00 GN粒子最大散布 スペシャルCD Vol.2


CD ラジオ 機動戦士ガンダム00 ソレスタルステーション00 GN粒子最大散布 スペシャルCD Vol.3


ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season (BOX)
バンダイ

(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
講談社 編



儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
UVERworld,TAKUYA∞,平出悟


Prototype
石川智晶


2008.11.02 Sunday 20:15 | comments(0) | trackbacks(79) | 
<< 10月分アクセス解析 | main | ルームオブキング 第5話 >>









機動戦士ガンダム00 2nd Season 第05話「故国燃ゆ」
これが…アロウズ。 CBがそこに見たのは、予想をはるかに超えた、惨状。これはその罰、なのですか? 沙慈はただ、orzするばかり… ア...
| 日常と紙一重のせかい | 2008/11/02 8:20 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第5話
「故国燃ゆ」 サーシェス、相変わらずだな。 カタロン基地にやってきたソレスタルビーイング。 マリナと沙慈の保護を求め、カタロンもそ...
| ラブアニメ。 | 2008/11/02 8:22 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第5話
ブシドーだけに免許皆伝ってことですか?ブシドーはガンダム愛というよりは、刹那愛っ
| WORLDS BLOG | 2008/11/02 8:26 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」 そろそろ秋も深く冬の入り口みたいな気温になってきましたね。天気がいい日はまだ...
| blue's home blog | 2008/11/02 8:28 PM |
第5話 故国燃ゆ
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第5話「故国燃ゆ」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 ...
| 機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 2008/11/02 8:30 PM |
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン」第5話:故国燃ゆ
前話「戦う理由」に続くエピソードでした。皮肉にも、戦いを否定する沙慈とマリナの行動が、アロウズの虐殺の手引きとなりました。打ちのめされる沙慈、そしてマリナは…。
| 伊達でございます! | 2008/11/02 8:46 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd 第5話「故国燃ゆ」
今更ですが、高山みなみが超真面目な声で「ミスターブシドー」と言った瞬間 ミスターブシドーって どう考えても違和感 あるよなっと思いました。 さ、そんな違和感を発見したところで、今回の簡単感想行きます!!! ★今回のティエリア★ 「何なら、そのまま帰っ
|  はちみつ水。 | 2008/11/02 8:47 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第5話 「故国燃ゆ」
新キャラが出たー! 髪がなびいてますw そしてサーシェスも出た! アロウズにいるんですね。
| 空色きゃんでぃ | 2008/11/02 8:56 PM |
機動戦士ガンダム00 第五話「ミスターブシドー、断固辞退する。」
「俺だよぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!」 セリフ違うけど、ダイノボット風に・・・ やっぱり、あれだね。 サーシェスは、藤原...
| AQUAを照らす月光 | 2008/11/02 9:02 PM |
ガンダム00 セカンドシーズン ♯05 故国燃ゆ
 Mr.ブシドーの身勝手さとマリナの身勝手さが見所でしょうか。そしてアロウズとサーシェスの残酷さ。ラストは少し気分が悪くなりました。
| つれづれ | 2008/11/02 9:05 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd #5
今回は、アバンからサーシェスが復活していました。またリボンズたちは、まだ手の内を見せていませんが、何を企んでいるのでしょうか!?ソレスタルビーイングが復活したことにより、ア...
| 日々の記録 | 2008/11/02 9:07 PM |
働いたら負けだと思っている マリナ・イスマイール00第5話
 第3話でアレルヤが収容されていた施設を考える。刹那の00が突っ込んだ時にピーリス達がいた所までえらい揺れてるんですよね。その癖壁...
| 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/11/02 9:07 PM |
「機動戦士ガンダム002ndseason」第5話
#05「故国燃ゆ」ソレスタルビーイングの出現を逆手に取り、アロウズの重要性を説く連邦政府。それはリボンズによる情報操作の指示でもあった。リボンズはイノベイターだけでなく、ある人物を使いさらに世界に波紋を広げ、統合計画を推進しようと試みる。一方、カタロ
| 日々“是”精進! | 2008/11/02 9:08 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season「故国燃ゆ」
アニメガンダム00感想。 あらすじを読むと、リボンズが統合計画を推進しようと試みる、らしい……。 何を統合するんだ?国?組織?人間と強化人間?教えて、キャシャーン様! (リボンズよりキャシャーンのほうが苦悩に満ちた活躍を披露しているぞ) 統
| 獄ツナBlog5927 | 2008/11/02 9:09 PM |
機動戦士ガンダムOO 第05話 「故国燃ゆ」
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2008/11/02 9:11 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
ガンダム出現を利用して、政府はアロウズの重要性を説く。 それは、ある計画を進める人物リボンズによる指示だった。 Prototype石川智...
| 機動戦士ガンダムOO トラックバックセンター | 2008/11/02 9:12 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第5話『故国燃ゆ』感想
リボンズのお仲間イノベイダーキタ━━(゚∀゚)━━!! OOガンダムのツインドライヴシステムがメンテ中だからって、せっちゃんとティエりんが並んで座ってますよ。 いやぁ時が経つのはホント早いな。
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/11/02 9:12 PM |
『機動戦士ガンダム00』#05『故国燃ゆ』
字幕つきで観ていたら、ライルの名前表記は、『ロックオン』ではなく、『ライル』でした。 やはりスタッフ的にもまだ、ライルを『ロックオン』として一人立ちさせるべきではないと云う、認識があるのでしょうか。
| なまけもののひとりごと | 2008/11/02 9:12 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯05 故国燃ゆの感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯05 故国燃ゆの感想 沙慈絶望 「嘘だ〜!!」 視聴者 「いいえ本当です」 全部お前のせいです。 そしてサーシェスキター!
| スポーツ&ネットウォッチングブログ | 2008/11/02 9:14 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
博士「バーニング・ハンマー!」 助手「小橋建太かお前はwww」
| 電撃JAP | 2008/11/02 9:16 PM |
今日のガンダム00 #5
「故国燃ゆ」今回は、アロウズのやり方を鮮明にする事と、マリナ姫と沙慈が否応なく戦いに巻き込まれるという事でしょうか。砂漠にあるカタロンの軍事基地にガンダムもろとも訪問するソレスタルビーイング一行。マリナ姫と沙慈の保護をカタロンに依頼したり、それぞれの
| 地下室で手記 | 2008/11/02 9:17 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第5話 アロウズのやり方
『故国燃ゆ』内容『反政府勢力収監施設がガンダムの襲撃を受けた』そう宣伝する連邦政府は、アロウズの強化を推し進める。すべて、リボンズによる指示でもあった。そんななか、カタロン中東支部と接触をしたソレスタルビーイング。クラウス・グラードから、支援の申し出
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/02 9:23 PM |
「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」5話 故国燃ゆ
沙慈が原因でカタロンの基地が襲われてしまったけども、これがキッカケでカタロンに協力していくことになるのかな?普通に暮らすことももう...
| 蒼碧白闇 | 2008/11/02 9:26 PM |
Guiltymoment
それは、絶対的な被害者だった青年が初めて、罪という名の消えない傷を知った瞬間だった。カタロンもソレスタルビーイングも戦争を助長する組織だと一人脱出を図る沙慈君は自分が話したせいで、カタロンの大量虐殺につながり…これが戦争の被害者としてソレスタル
| MARGARETの徒然草〜DiamondDiva〜 | 2008/11/02 9:28 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第5話 「故国燃ゆ」
「今後、私の指示にも従ってもらう。よろしいな?ミスター・ブシドー」 「断固辞退する」 「何?」 「私は、司令部より独自行動の免許を与...
| リリカルマジカルS | 2008/11/02 9:29 PM |
今週の機動戦士ガンダム00 SS「第5話 故国燃ゆ」
とりあえず重い話・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2008/11/02 9:30 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第05話 感想
 機動戦士ガンダム00 2nd season   第05話 『故国燃ゆ』 感想  そう、これが敵!  そしてあの男がついに・・・  −キャスト− ...
| 荒野の出来事 | 2008/11/02 9:31 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 5話「故国燃ゆ」感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc) 『正義』が大地を焼く 戦いへの嫌悪感と、巻き込まれる事への恐怖から大きな罪を背負う事になった沙慈。大きく変わる世界の流れの中で、国を纏めきれず焼土と化すのを止めれなかったマリナさん。 頑なに戦
| 月の砂漠のあしあと | 2008/11/02 9:38 PM |
ガンダム002nd 5話 故国燃ゆ
サブタイで故国燃ゆなのに燃えてたのはラスト3秒くらい
| 日常のぼやき | 2008/11/02 9:40 PM |
ガンダム00 2nd #05 故国燃ゆ
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2008/11/02 9:41 PM |
「故国燃ゆ」 機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話
機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話「故国燃ゆ」 これが、アロウズ… なんと残虐非道な! フルボッコもいいところです。 これは非常に典...
| Welcome to our adolescence. | 2008/11/02 9:43 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
第5話「故国燃ゆ」
| 赤い彗星3号館 | 2008/11/02 9:45 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
粗末な服を着ているマリナ姫様がよかったのになぁ。あの儚く薄幸そうな雰囲気が、守ってあげたいという男心とでもいいますか、刺激して非常に惹かれるものがあったんですけどね。刹那だって、そんなマリナに惹かれていたと思いますよw 前回もマリナの涙に少し戸惑っ
| よう来なさった! | 2008/11/02 9:47 PM |
ガンダム00 セカンドシーズン5話
5話「故国燃ゆ」
| ハルジオンデイズ | 2008/11/02 9:51 PM |
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第5話「故国燃ゆ」
イノベイターたちがついに動く。リボンズが指令を下した者は・・・。ささやかな平和を望んでいただけの沙慈を、ソーマを容赦なく巻き込んでいく悲劇。あぁ、どんどん辛い話になって行くよ・・・連邦はGN粒子を砂漠に設置し、従わないものに容赦ない。そんな場所にカタロ
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/11/02 9:54 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #05 「故国燃ゆ」
やはり、マリナ・イスマイールは子供達のアイドル。彼女の微笑で凍りついた心も解けるが大人には、効かないようだ。
| ゼロから | 2008/11/02 9:54 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd ♯05「故国燃ゆ」
ダブルオーは沙慈とマリナに容赦ないですね。戦いを否定してるっていうのに、そのきっかけを与える存在にしてしまうとは…。カタロンの気のいい人や保護された子を見たあとだったので、少々見るのが辛かったです。 ソレスタルビーイングとカタロンが初対面。おおよその
| はざまの欠片 | 2008/11/02 9:58 PM |
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第5話「故国燃ゆ」 感想
 今回はソレスタルビーイングとカタロンの面々が顔合わせをする回。目的が似ている2つの組織ですが、どうなるんでしょうか。今回はティエリアの冗談が良かったです。また最後が重くのしかかってきました…。今後の沙慈の行方が気になります。
| コツコツ一直線 | 2008/11/02 10:02 PM |
ガンダム00 2ndシーズン 第5話「故国燃ゆ」
政府はガンダムの存在をはっきりと世間に公表。これでアロウズももっと表立って色々やれるんでしょう。そして、その事に関して何やらまた画策しているっぽいリボンズ。 つか、仲間の名前が微妙に変なんだけども…。「リヴァイブ・リバイバル」とか「リバイン」「ブリン
| 見ていて悪いか! | 2008/11/02 10:03 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第5話「故国燃ゆ」
「アザディスタンが燃えている――」 マリナを連れて国に戻った刹那達が見たものは赤く燃えるアザディスタン!! あの男がついに動き出しまし...
| WONDER TIME | 2008/11/02 10:05 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」
さすが、自由の国アメリカ出身。 ↑誰のこと?^^;; リヴァイバル 「リヴァインですか?それともブリング?」 新キャラリヴァイヴリヴ...
| なんちゃら劇場 | 2008/11/02 10:13 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season #05「故国燃ゆ」
先週は、リアルのほうが忙しかった(文化祭等)ので休ませていただきましたが、今回からまたよろしくお願いします。 今回も一応、TB用に先...
| O/bo/roΞRevival | 2008/11/02 10:16 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
それが人間のやることか! それは外道の証明か、正義の制裁か? 機動戦士ガンダム00 7(2008/07/25)宮野真守三木眞一郎商品詳細を見る
| せーにんの冒険記 | 2008/11/02 10:19 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd  第5話「故国燃ゆ」
「興が乗らん!」 良いなぁ、ミスター・ブシドー。 私もその一言で戦線から離脱したくなる時が多いよ。 「断固辞退する。 私は司令部より独自行動の免許を与えられている。 つまりはワンマンアーミー。一人の軍隊なのだよ」 ワンマンアーミーか・・。良いなぁ。 ア
| いとちゃん徒然草 | 2008/11/02 10:29 PM |
機動戦士ガンダム00 第5話「故国燃ゆ」
今回の敵、アロウズは完全な悪ですな(´Д`)
| 明善的な見方 | 2008/11/02 10:34 PM |
(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話 「故国燃ゆ」
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 ソレスタルビーイングとカタロンの代表による対話が始まった。ソレスタルビーイングに協力を求めるカタロン・・しかし、戦うべき敵の対象が違うことで、話し合いは平行線を辿る。そして・・・。
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2008/11/02 10:54 PM |
ガンダム00 2nd 第5話
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン#5「故国燃ゆ」 正直なところ何がいいたかったのかよく分からないお話でした。 4年前に恋人を失い今はアロウズに追われる沙慈・クロスロード氏にさらに罪の意識を背負わせてどうしようというのか。
| Kyan's BLOG III | 2008/11/02 10:56 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第05話 「故国燃ゆ」
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第5話感想です。 サーシェス復活
| 紅蓮の煌き | 2008/11/02 11:00 PM |
ガンダム002nd 感想 第5話「故国燃ゆ」
ヒドい… まずは本編。ガンダム復活に合わせてアロウズは勢力拡大を図っているようです。リボンズが次ぎの一手として投入した人物はあのサーシェスです。生きてたんかよ!こいつ!!よくもロックオン兄貴を!!(怒)一方のトレミーは、ミレイナは留守番でご不満
| 灰色の月と白色の太陽 | 2008/11/02 11:01 PM |
ガンダム00第5話
「故国燃ゆ」サブタイと内容があってないような気がするなあ。第1期の時から、どうも違和感あるサブタイが多い。今回も、故国燃ゆ、ってタイトルなら、アザディスタンがメインだと思うよねえ。実際には、Cパートだけ、しかも、なんの説明もなしだし。カタロンにマリナ
| くろまるブログ | 2008/11/02 11:05 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 5話「故国燃ゆ」
『ソレスタルビーイングの出現を逆手に取り、アロウズの重要性を説く連邦政府。それはリボンズによる情報操作の指示でもあった。また、リボ...
| Spare Time | 2008/11/02 11:23 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話「故国燃ゆ」
虐殺。
| ミナモノカガミ | 2008/11/02 11:41 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第5話 『故国燃ゆ』 感想
■機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 『人間だよ・・・ ある意味、その枠を越えているけどね。』 ヒロシキタ━━━━ヽノハ ゚ー゚)ノ...
| PRINCESS-Noteξ青空だいあり〜ξ | 2008/11/02 11:54 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第5話
「故国燃ゆ」 マリナを伴ってアザディスタンへと赴くソレスタルビーイング。反政府組織・カタロンにより、マリナ、そして沙慈を保護するよ...
| 新・たこの感想文 | 2008/11/02 11:59 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話「故国燃ゆ」
アレルヤ「撃っていいのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ!」 ティエリア「惜しい!なんか違う!」
| はじまりの渓谷 | 2008/11/03 12:44 AM |
機動戦士ガンダム00 2ndSeason #05『故国燃ゆ』
あの戦争大好き男が遂に来た!! 『人間だよ、ある意味その枠を超えているけどね』 何でお前は無傷なんだよ!それともサイボーグ化されてるのか?! まぁサーシェスが属す組織=リボンズサイドってのは納得。
| 風庫~カゼクラ~ | 2008/11/03 1:25 AM |
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」
 ソレスタルビーイングを取り込もうとするカタロン。しかし交渉は決裂。ソレスタルビーイングはマリナと沙慈の保護をカタロンに頼んだものの、マリナはアザディスタンに戻ることを希望し、沙慈は密にカタロンの基地を脱出。  沙慈のこの考えなしの行動が悲劇を起こす
| たらればブログ | 2008/11/03 1:46 AM |
【ガンダム00】Counteroffensive.05「故国燃ゆ」
今週の『機動戦士ガンダム00』第5話(通算で第30話)「故国燃ゆ」の感想記事です。
| 彩賀の徒然なるままに… | 2008/11/03 2:33 AM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」感想(暫定版)
※画像有り。ネタバレ注意 ???「そうよ!そのまさかよ!」 ついに来ましたアリー・アル・サーシェス。00で1、2を争う外道である...
| 天の光はすべて星 | 2008/11/03 6:03 AM |
ガンダムOO 2ndシーズン 第5話
ガンダムOO セカンドシーズン 第5話「故国燃ゆ」イノべータがついに動きだす!紅く燃え上がるアザディスタンその中にあの男が立つ!そして悲しみの連鎖が広がろうとしているマリナと沙慈を乗せてカタロンの基地に向かうソレスタルビーイング。その砂漠一帯は連邦によ
| SOLILOQUY | 2008/11/03 6:51 AM |
「機動戦士ガンダム00」セカンドミッション5沙滋の言葉で多くの命を失い戦争の現実を突きつけられアザディスタンは刹那の敵に滅亡した
「機動戦士ガンダム00」セカンドステージ第5話は保護していたマリナと沙滋をカタロンとの接触で2人を保護してもらったが、マリナはアザディスタンへ戻る事を希望し、沙滋はここから抜け出す事を目論んだが、沙滋は連邦に捕まり、セルゲイに事情を話してしまった事で
| オールマイティにコメンテート | 2008/11/03 7:22 AM |
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #05
「故国燃ゆ」 脚本:黒田洋介 キャラクター作画監督:森下博光 メカニック作画監督:松田寛 絵コンテ、演出:うえだしげる 「そうよォ、そのまさかよォ!」 マリナと沙慈を連れ、カタロンとの会談に赴くガンダムマイスター四人とスメラギ。ソレスタルビーイングとの
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2008/11/03 8:20 AM |
ガンダム00 2nd 第5話「故国燃ゆ」
あのタイトルからどんな惨劇を見せられるの
| ゆぐどらしる えくすぷれす | 2008/11/03 10:24 AM |
ついに野○ひろし再臨!! 再臨のご挨拶は、炎と虐殺の大祭りっす(≧▽≦) ガンダムOO 2nd 第5話『故国燃ゆ』
 ついに、あの男が動き出した!!!  リボンズらイノベイター側が放った刺客。  それは、なぜか生きてたアリーでした( ̄口 ̄;)!!  あのリボ...
| シュージローのマイルーム2号店 | 2008/11/03 11:42 AM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第5話 感想
「故国燃ゆ」
| 黒猫コミック館 | 2008/11/03 11:51 AM |
ガンダム00 2nd 「故国燃ゆ」
やっちゃった状態の沙慈君だな
| 自由で気ままに | 2008/11/03 12:35 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第5話『故国燃ゆ』の感想レビュー
『自ら引き金を引こうとしないなんて、罪の意識すら持つ気がないのか!?』 アロウズの凶行を再確認させられるマイスター達。 カタロンとの合流がもたらしたものとは?というお話でした。 カタロンのアジトには、オートマトンがキルモードで投下され、戦闘員と非戦闘員
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2008/11/03 1:14 PM |
巨人、千両役者だラミレス、サヨナラ弾☆光った西村、越智!(日本シリーズ第2戦)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 5話「故国燃ゆ」  相変わらず、刹那と沙慈
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)Q2.8 | 2008/11/03 4:18 PM |
『機動戦士ガンダム00 2nd』#5「祖国燃ゆ」
「俺達の敵は、連邦政府ではなくアロウズだ」 やっちまったよ、沙慈・クロスロード!! マリナをカタロンまで送り届けた刹那たち。 カタロ...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2008/11/03 4:31 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンド #5 故国燃ゆ
免許って何だよ、免許って。どんな免許だ、言ってみろMrブシドー!「興が乗らん」とか言って帰っちゃうし。「ワガママ免許」で、Wポイント使ってやり放題だとか言うのか。それじゃまるで 世界はあたしでまわってる 出版社/メーカー: グローバル・A・エンタテインメン
| 奇譚報道 | 2008/11/03 4:43 PM |
ガンダム00『故国燃ゆ』
 「沙慈め・・くそ、アイツ・・やってくれたな」 「イライライライライライライラ・・・・・」 「万死に値する・・ どれ・・  ダブルバズーカ セット・・・して・・と」 「待って待って;; ちょ;キケンだから、ソレ・・ちょっと、こっち向けないでよ;;;」
| 烏飛兎走 | 2008/11/03 7:52 PM |
機動戦士ガンダムOO #05
『故国燃ゆ』
| ぐ〜たらにっき | 2008/11/03 8:27 PM |
#05 故国燃ゆ
リボンズ「人間だよ。ある意味、その枠の超えてるけどね」 新たなイノベイター「リヴァイブ・リバイバル」が登場した今回。その専用モビルスーツであることが予想される「ガデッサ」が完成しているにも関わらず、リボンズはある作戦を一人の人間に依頼していた・
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2008/11/03 9:46 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第05話 「故国燃ゆ」
■本日は番組の予定を変更し、Mr.ブシドー特集から始まります、ご了承ください 武士「断固辞退する」 今回もブシドー節は絶好調の...
| アバトーンの理想郷 | 2008/11/03 11:31 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第5話「故国燃ゆ」
『これが…こいつが……人間のやることか!!』ソレスタルビーイングの、刹那たちの敵のやり方。今回は痛い話でした><; 精神的にクるというか。彼らに安寧の日がやって来るのでしょうか。。以下、キャラ中心語り。イノベーターには、新キャラ登場。リバイブ…?リー
| ある休日のティータイム | 2008/11/03 11:33 PM |
ガンダム00第2期5話「砂漠のソーマ」
「まあアロウズはああいうやり方をしたんですけど」 「戦争なんてあんなもんです。 所詮は勝ったモン勝ちですから」 以上、ソレステ00での神谷ピロCとみゆみゆの会話♪ さすがに大人の声優さん方は、「アロウズ絶対悪」とか単純に判断しませんね。 そんでもっ
| 空想野郎の孤独語り | 2008/11/04 12:13 AM |
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第5話 「故国燃ゆ」
こっちも凄い簡単に感想書きます{/hiyo_do/} サーシェスだ!!!! とうとうヤツが帰ってきちゃいましたか…{/kaminari/}{/kaminari/} 刹那にとってももちろん影響がありそうですが、 それよりもサーシェスと大きなかかわりが出てきそうな気がしてならないのが… ティ
| ★一喜一遊★ | 2008/11/04 12:30 AM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第5話「故国燃ゆ」
カタロンから共同戦線を持ちかけられたんだけど、まあ手を組むことはなく。 沙慈君もカタロンで保護してもらうことになったんだけど、本...
| いいとこドリップ。 | 2008/11/04 12:32 AM |
機動戦士ガンダムOO 2ndseason #5「故国燃ゆ」感想
カタロンと接触したソレスタル・ビーイング。それぞれの道を歩みだすマリナと沙慈。しかし、事態は思わぬ方向へ!?「故国燃ゆ」収監施設を攻撃したことからソレスタル・ビーイングによる反政府活動が活発化したことを理由に権限を拡大していくアロウズ。カタロンと接触
| おぼろ二次元日記 | 2008/11/05 2:39 PM |