<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第6話「傷痕」

第6話「傷痕」
「アザディスタンが・・」

「燃えている」

「どうして アザディスタンが・・どうして?!」

「この規模、テロなんかでは・・

 あれは ガンダム。

 しかも あの色は・・まさか!」

こちらをふりむくガンダム。

「そうよ そのまさかよ!」

アリー・アル・サーシェス。

OP

カタロンの基地

「負傷兵はこっちに運んでくれ!」

「ライトの角度かえろ!敵にみつかる」

死体がずらりと並べられている様子をみて
驚くカタロン兵士とシーリン。

「こ、ここまで・・」

「どうしたの〜」と子どもたち。

「子どもたちをこさせないで!

 しばらくシェルターの中に」

「は、はい」

「シーリン」

「クラウス!

 クラウス、無事だったのね」

「どうにかな。

 しかし 基地はごらんのとおりのあり様だ。

 3年以上もの期間を費やして築き上げてきたものが・・

ソレスタルビーイングを責めるカタロンの人たち。

「貴様たちがここの情報をもらしたのか」

「そんな事はしていない」とティエリア。

「貴様らのせいで!貴様らが仲間を殺した!」

と銃を出した男の手をつかみ

「やめろ。こいつらは何もしてねえ」ととめるライル。(ロックオン)

「わかるものか!」

「信じろよ!」

「けどよ 仲間が・・

 さっきまで笑ってたヤツらがよぉ・・」

「わかってる。かたきはとる」

「一体 誰がアロウズに・・」とティエリア。

惨状をまのあたりにした沙慈。

「あっ・・ああ う あっ・・ああ」

沙慈の肩をつかみといつめるティエリア。

「何をした?」

「ぼ、僕は・・」

「したんだな。

 誰だ?君は。アロウズのスパイか?」


「違う!僕は!」

「わけを話してもらうぞ。沙慈・クロスロード」

トレミーから見下ろすスメラギさんたち。

「こいつは・・」とイアン。

「これがやつらのやり方か」とラッセ。

「アロウズめ」

「ミレイナは見ちゃだめ」とつれていくフェルト。

「は、はいです」

「かのために生まれ かのために死す

 それを運命と言うなら・・」


と通信からきこえてきた言葉にはっとするスメラギさん。
過去を思い出します。

「それを運命と言うなら・・抗うことかなわず」

と言っていたエミリオ。
回想。

「友軍の可能性があります」

「かのために生まれ・・かのために死す」とエミリオ。

「それを運命と言うなら 抗うことかなわず」

「敵じゃない?!」

「見えない道を旅し

 行きつく先にあるものは

 命の終焉

 それこそが 神の導き・・・」


江ミリオの手をにぎるスメラギさん。
エミリオ、息をひきとりました。

「エミリオ・・エミリオ〜!!」

「うっ」と倒れてしまうスメラギさん。

「お、おい!

 どうした?スメラギさん。スメラギさん!!」

沙慈をひっぱたくティエリア。

「なんという・・

 なんという愚かなことを」


「こんなことになるなんて 思ってなかった。

 僕は 戦いから離れたかっただけで・・

 こんなことに・・・そんな・・僕・・」


「彼らの命を奪ったのは君だ」

「はっ・・」

「君の愚かな振る舞いだ。

 自分は違う 自分には関係ない
 
 違う世界の出来事だ

 そういう現実から目をそむける行為が

 無自覚な悪意となり このような結果をまねく」


「僕は・・そんなつもりじゃ・・ああ」

その場に座り込んで泣き伏す沙慈。
そこへ刹那がやってきました。

「ティエリア」

「刹那」

「どういうことだ?あれは」

「アロウズの仕業だ。

 そしてその原因は彼にある」

泣いている沙慈。

「沙慈・クロスロード」

マリナのもとにちかづくシーリン。

「アザディスタンには戻らなかったの?」

「シーリン!」

シーリンに抱きついて泣き出すマリナ。

「アザディスタンが!

 私たちの故国が」

「アザディスタンが・・」

アロウズ

「ガンダムの横やりで二機を失ったとはいえ

 反政府組織の秘密基地を叩くことには成功しました。

 これは勲章ものですよ。マネキン大佐」
 とリント。

「黙れ」

「おや?掃討戦はお嫌いですか?

 私は大好きですが」


「人殺しを喜ぶというのか」

「なぜそれほどまでに興奮なさっているのですか。

 あなたも以前 同じような

 ことをやっているではありませんか。

 いやはや。あれはとても不幸な事故でした。

 誤情報による友軍同士の戦い。

 あのときあなたはAEUの戦術予報士だったはず」


「言うな!」

リントの胸元をつかむマネキン。

「また味方に手をかけるのですか?

 あんなことがあれば 

 二度と戦争にかかわりたいと思わないはず。
 
 それがなかなかどうして・・」


「く」

「尊敬させていただきますよ。マネキン大佐」

部屋からでていくリント。

ソレスタルビーイング。

「アザディスタンが攻撃をうけただと?

 連邦のしわざか?」とティエリア。

「わからない。

 だが 攻撃に加わっていたモビルスーツの中に

 ガンダムがいた」と刹那。

「ガンダムが?」

「おそらく あの機体は・・・」

そこへ通信。

「スメラギさんが倒れたらしい」とアレルヤ。

「何?」

「何があった?」

「わからない。

 トレミーへの帰投命令がでている」

「わかった。戻ろう」と刹那。

「君もこい。

 ここにいたら 何をされるかわからないからな」

と沙慈にいうティエリア。

マリナとシーリン。

「都市部の主要施設は

 そのほとんどが破壊されていたわ。

 警察も 軍も 機能していなかった。

 それでも 私はあの国に・・・

 ラサーにたくされた国を・・」

「よく戻ってきたわね」

「刹那が・・強引に」

「彼に感謝しなきゃね」

「何よ!私は死んでもよかった。

 アザディスタンのためなら・・私は!

「マリナ」

「うっうう・・」

シーリンにとりすがってなくマリナ。

クラウスのもとへやってきたロックオン。

「ソレスタルビーイングが

 ここを資材や食料を早急に手配するそうだ。

 ほかの施設への移送が完了するまで

 俺たちが防衛にまわる」

「そうか。助かると彼らに伝えてくれ。

 一体 誰がここの情報を流したんだろうな」

「スパイの俺にそれをきくのか?」

王留美。

「おやさしいことね。

 新生したソレスタルビーイングは。

 いったい誰の影響かしら」


「お嬢様。その手配は私に」 と紅龍。

「ネーナ・トリニティにお願いするわ」

「なぜです?」

「あなたに脳量子波がつかえて?」

「そ、それは・・」

「イノベイターをあざむくためにも
 
 彼女の能力は必要不可欠。

 あなたでは 分不相応なのよ

 紅龍、いえ、お兄様」


アロウズ

「私も・・やつとかわらんか」とひとり呟くマネキン。

トレミー
寝かされているスメラギさん。

「精神的ショックによる

 一時的な意識の混濁のようです。

 時間がたてば目がさめると思いますが」とフェルト。

「一体 スメラギさんに何が」とラッセ。

「わからん。だが 今回の虐殺事件が

 原因であるのはまちがいないな」

夢をみるスメラギさん。

「エミリオ・・」

「俺は 君の戦術予報を信じる」というエミリオ。

「誤った情報から君たちはそれぞれに予報をし

 それによって友軍同士が戦うことになってしまった」
と上官。

「戦争から目をそむけず

 早期終了のために尽力する君を 僕は尊敬する」
とエミリオ。

「優秀すぎたんだよ。君たちは」と上官。

「マネキン」

「私の・・エミリオ」

「クジョウ」

同じことを思い出していたマネキン。

「ガンダムたちの戦術は 

 彼女のやりかたに似ている。

 まさか クジョウが」


カタロンの惨劇を思い出すソーマ。

「あれが・・いいえ あれこそが本当の戦場」

そこへ通信。

「大佐からの暗号文。

 どうして 頂部のみで使用されていたもので・・」


「手の込んだ連絡をしてすまない。

 アロウズに気づかれたくなかったものでな。

 中尉がカタロンせん滅作戦に参加したことをきいた。

 そのことで 私は君に謝罪しなければならない」


「謝罪?あっ。

 大佐が入手した情報で あの掃討作戦が実行された?

 そんな・・・大佐自身もつらいはずなのに

 私をこれほどまでに気遣って・・」


ソーマの回想。

「私を養子にですか?」

「無論 君がよければの話だが」

「わ 私は・・」

「さすがにソーマ・スミルノフという名は語呂が悪いか」

「そんなこと。

 でも ピーリスという名が

 なくなるのは少しさみしく思います」


「気にいっていたのかね?」

「その名でよばれていたことを 忘れたくないのです」

回想おわり。
涙を流すソーマ。
立ちあがります。

「ありがとうございます。大佐。
 
 大佐のおかげで私は 

 自分が超人特務機関の

 超兵1号であることを再認識しました。

 私は兵器です。人を殺すための道具です。

 幸せを 手に入れようなど・・うっ・・」


そのセルゲイのところにやってきたリント。

「失態ですね、スミルノフ大佐。

 カタロンの構成員に逃げられてしまうとは。

 これでは わざわざ足を運んだ意味が ない!」

と大佐の頬をひっぱたくリント!!

「大佐!」「貴様!上官を!」

「我々は 政府直轄の独立治安維持部隊。

 連邦軍の階級と同じにしてもらっては

 困ります」

「申し訳ありません。

 今回の責任はひとえに自分にあります」とセルゲイ。

「上層部からの処分があるまで

 任務を続行してください」

「は」

リント、でていきました。

カタロン基地を見に来たネーナ。

「アザディスタンへの攻撃 連邦が中東再編

 あっ。あ〜あ 派手にやられちゃって」


「しゃあねえな しゃあねえな」とハロ。

「さ〜て お仕事お仕事」

アロウズ。

「バラック・ジニン大尉 以下5名

 補充要員として到着しました」

「カティ・マネキンだ。

 大尉、貴官はどうしてアロウズに?」

「は。

 統一世界発展の礎となるために 自ら志願しました」

「後悔はないか」

「ありません」

「そうか」

そこにはルイスの姿も。

トレミー。

「スメラギさんの容体は?」

「まだ目覚めていない」

「もうしばらく 安静が必要かも」

「カタロン側の状況は?」とミレイナにたずねるロックオン。

「モニターに出します。

 カタロンさんたちの移送開始は

 予定通り1200でおこなわれるです」

「アロウズはくるぜ。まちがいなくな」とロックオン。

「わかっている」とティエリア。

「ガンダムを出す」と刹那。

「しかし 戦術は?

 スメラギさんが倒れたこの状況では」とアレルヤ。

「それでもやるしかないだろ。

 トレミーを海岸線にむける。

 敵さんにみつけてもらわなきゃな」とラッセ。

「了解です」

「プトレマイオス 発進」

砂漠からうかびあがるトレミー。

「あっ」

「あっ・・」

それをみあげるマリナや子どもたち。

部屋でニュースを見る沙慈。

「独立治安維持部隊の反政府勢力鎮圧作戦に対し

 報復かと思われるテロが各地で発生しています」

「僕のしたことでここまで・・僕は・・

 どうしたら・・

 姉さん・・ルイス」

「光学迷彩 解除します」

「監視衛星による 捕捉予定時間は約0037です」

「総員 第一種戦闘態勢!」

「了解」

ソーマ。

「私は超兵。

 どんな任務でも忠実に実行する。

 そのためにうみだされた存在」


そこへルイスがやってきました。

「おじゃましてしまいましたか」

「いえ」

「失礼しました」

「あなたは?」

「補充要員として着任した ルイス・ハレヴィ准尉です」

「モビルスーツ部隊所属の ソーマ・ピーリス中尉です」

「申し訳ありません。中尉殿。

 軽々しく口をきいてしまい・・」

「かまわない。

 あなた 無理をしている」


「えっ?」

「私の脳量子波がそう感じる。

 あなたは心で泣いている」


「そんなこと・・」

「誰かをずっと思っている」

「中尉、ここにいらっしゃいましたか。

 ブリーフィングの時間です」とアンドレイがやってきました。

「あっ、君は・・」

「ルイス・ハレヴィ准尉です」

ルイスにみとれてだまったままのアンドレイを

「少尉、返名を」とうながすソーマ。

「ああ、アンドレイ・スミルノフ少尉です」

『乙女だ・・』

アンドレイ、一目ぼれ?

戦術を話し合うマネキンたち。

「監視衛星がソレスタルビーイングの所在をつかんだ。

 モビルスーツ隊はプランE3の戦術を・・」

「肩に動力がある 二個つきのガンダムは

 私が相まみえる。

 干渉 手助け 一切無用」


「なんだと?」

「いいではありませんか、大佐。

 ライセンスを持つ 噂のミスター・ブシドー。

 その実力 拝見したいものです」


「ご期待にはお答えしよう。

 しからば・・」


「作戦を開始する」

トレミー。

「そろそろ こっちに気づいた敵さんがやってくるころだ。

 ガンダムを出すぞ」

「第1 第2デッキ ハッチオープンです」

「セラヴィー アリオス 発進準備。

 リニアカタパルト ボルテージ上昇。

 射出タイミングを セラヴィーへ譲渡します」

「了解 セラヴィー ティエリア・アーデ いきます」

セラヴィー発進。

『脳量子波がなくても・・』とメットをかぶアレルヤ。

「ユー ハブ コントロールです」

「アイ ハブ コントロール

 アリオス アレルヤ・ハプティズム

 迎撃行動に入る」


アリオス発進。

「続いて ケルディム、ダブルオー スタンバイ」 

「ハロ。今日は本気モードでいくぜ」

「了解 了解」

「リニアシステムクリア

 射出タイミング 譲渡します」

「ケルディム 

 ロックオン・ストラトス 狙い撃つ!」


ケルディム発進。

「刹那 トランザムは使うなよ」

「了解」

『あの ガンダム・・

 いや 今はこの戦いを・・』

「ダブルオー 刹那・F・セイエイ 出る!」

 
ダブルオー発進。

「カタロンの人たちを守るんですよね?

 僕にも何か手伝わせてください!」


とラッセに頼む沙慈。

「気持ちだけうけとっておくよ」

「アロウズと思われる モビルスーツの編隊を

 確認しました」

「まもなく 戦闘空域にはいるです」

こぶしをにぎりしめる沙慈。

「何かしなきゃ・・」

アロウズ

「ガンダム4機を捕捉した。
 
 これより各小隊に分かれ

 ガンダムを 各個撃破する。

 ドライヴ2つのガンダムはまかせますよ、

 ミスター・ブシドー」

「望むところだといわせてもらおう」

「我が隊の目的は羽根つきだ!」とソーマ。

「了解です。中尉」とアンドレイ。

「ついにこのときがきたよ、ママ、パパ・・」とルイス。

「ガンダムを視認。全機 攻撃開始!」とジニン。

戦闘がはじまります。

「命中 命中」とハロ。

「言ったろ 本気モードだって」 とロックオン。

「この感覚!?」 とアレルヤ。

「被検体E-57!」 とソーマ。

「まさか?うっ・・マリーなのか?!」

「中尉!」 とルイス。

トレミーからの砲撃がきます。

「邪魔をして!」 とルイス。

「ハレヴィ准尉!」とアンドレイ。

トレミー。

「オートでの砲撃だと 相手に当たらないです」とミレイナ。

「くそ!リヒティがいてくれれば!」とラッセ。

「俺がサブブリッジにいって 砲撃を担当する」とイアン。

「おやっさん!」

「操艦に集中しろ」

「了解」

部屋をでる沙慈。

「監視衛星に艦をさらし力押しでくる?!」

「モビルスーツ 二機大破!」

「戦術をプランCに移行せよ!」

「了解!」

「クジョウではないのか・・」

「大佐!ブシドー機が!」

「ダブルオーにむけて

 突進してくる機体があるです!

 とんでも速いです!」


「あの新型は!」 と刹那。

「射撃もうまくなった」

「うぉぉ〜〜!」

「それでこそだ!少年!」

「くっ」

「小隊長、ハレヴィ准尉が敵母艦に!」 とアンドレイ。

「何っ?!」とジニン。

「自分がサポートします」

イアンをおいかける沙慈。

「イアンさん。僕にも手伝わせてください」

「覚悟はあるのか?」

「あの人たちを守りたいんです!」

「くっ・・。わかった。ついてこい!」

「はいっ!」

スメラギさんが目をあけました。

「甘い!」とジニン。

「さすがアロウズ 手だれが多い」とティエリア。

沙慈も席につきます。

「操作方法はわかったな!」

「はい!」

「敵機が二機 本艦に接近中です!」

「突破されたか!撃て!攻撃だ!」

「ああ・・」

ためらう沙慈。

「何してる?!撃て!!」

『人を殺せば・・君たちと同じになる』

「どうした?!はやく!」

『戦えば また 罪のない人たちを傷つける』

「く、くるな!」

『君たちは 憎まれてあたりまえのことをしたんだ』

「こないでくれ!!」

『あの子どもたちは君たちの犠牲者だ』

「僕は!」


「ソレスタルビーイング!!」

つっこんでくるのはルイス。

「僕は〜〜〜〜!!」

砲撃を撃とうとする沙慈。

ED

刹那とミスターブシドー

「うおおお〜〜!!」

「手を抜くか それとも私を侮辱するか!」

「このままでは!」

アレルヤとソーマ。

「やめてくれ!マリー!

 僕だ!アレルヤだ!」


「私は 超兵だ!」

「ガンダム!引導を渡す!」 とミスター・ブシドー。

「はあぁぁ〜〜〜!」

とアレルヤに斬りかかるソーマ。

「ぐわっ!マ・・マリー!」




お互いそれと知らず、沙慈とルイスが
早くも対決とは。
沙慈は砲弾を撃ったのか
撃ったとしたら、ルイスが逃れられたのか
(逃れたとしたらアンドレイが助けたのか)
おもしろくて目がはなせません。

散々ティエリアに怒られた沙慈だけど
一般人なんてあんなものかも。
自分の行動がどんなことをひきおこすか
わかっていないからやってしまうんだし。

ほか、気になる順番にいうと
ソーマが来週の予告で不吉なかんじだったこと。
せん滅作戦に心をいためるくらい普通の感覚を
もちあわせているのに、大佐の娘になって
幸せになったっていいではないですか。

スメラギさんの過去話も明らかに。
マネキン大佐と同じ機関で戦術予報をしていたとは。
そして前にいっていた失敗とはこのことだったのか。
今回たまたまスメラギさんが寝込んでたから
マネキンには気付かれなかったけど
もう知ってる人(ビリー)もいるしな〜。

それから紅龍が王留美の兄だったとは。
妹がどうみても偉そうなので
正当な兄じゃないとか?
王留美はひとりでいろんな計画を実行しているんですかね?
あんな少女のころから。

ルイスに一目ぼれなアンドレイもおかしい。
「乙女だ」はないでしょう、「乙女だ」は!

ワンマンアーミー ミスター・ブシドー語録は
毎週ふえていきますね。


刹那・F・セイエイ 宮野 真守
ロックオン・ストラトス 三木 眞一郎
アレルヤ・ハプティズム 吉野 裕行
ティエリア・アーデ 神谷 浩史

スメラギ・李・ノリエガ   本名陽子
イアン・ヴァスティ 梅津秀行
ラッセ・アイオン 東地宏樹
フェルト・グレイス 高垣彩陽
ミレイナ・ヴァスティ 戸松遥

王留美 真堂圭  
紅龍(ホンロン)  高橋研二
ネーナ・トリニティ 釘宮理恵

セルゲイ・スミルノフ 石塚運昇
ソーマ・ピーリス 小笠原亜里沙  
アンドレイ・スミルノフ(セルゲイの息子)白鳥 哲
ルイス・ハレヴィ 斎藤千和
アーサー・グッドマン准尉 江川央生
リー・ジェジャン大佐 四宮豪
バラック・ジニン隊長 稲田徹
カティ・マネキン  高山みなみ
アーバ・リント 矢尾一樹
ホーマー・カタギリ 大友龍三郎
ミスター・ブシドー 中村悠一
ビリー・カタギリ  うえだゆうじ

リボンズ・アルマーク  蒼月 昇
リジェネ・レジェッタ 朴 ロミ
リヴァイヴ・リバイバル 斎賀みつき
アリー・アル・サーシェス 藤原啓治

クラウス・グラード(カタロン幹部)川島得愛
シーリン・バフティヤール 根谷美智子

沙慈・クロスロード 入野自由
マリナ・イスマイール 恒松あゆみ



CD ラジオ 機動戦士ガンダム00 ソレスタルステーション00 GN粒子最大散布 スペシャルCD Vol.2


CD ラジオ 機動戦士ガンダム00 ソレスタルステーション00 GN粒子最大散布 スペシャルCD Vol.3


ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season (BOX)
バンダイ

(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
(専用バインダー付き) 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
講談社 編



儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
UVERworld,TAKUYA∞,平出悟

Prototype
Prototype
石川智晶




2008.11.09 Sunday 20:23 | comments(0) | trackbacks(73) | 
<< 仮面ライダーキバ 第39話「シャウト・狙われた兄弟」 | main | ジャンプ 50号 感想 >>









ガンダム00 2ndシーズン 第6話「傷痕」
電波な会話で終わった先週。サーシェスVS刹那か!?と思ったら、さすがにあそこで戦闘はしなかったようで。
| 見ていて悪いか! | 2008/11/09 8:27 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第06話「傷痕」
「干渉、手助け、一切無用!」 前回はアロウズの残酷さをこれでもかと見せつけられ、最後にそのまさか!なサーシェス登場となりました。...
| 日常と紙一重のせかい | 2008/11/09 8:28 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン  #06 「傷跡」
アローズの襲撃を受けたカタロンは、壊滅状態に。早速、ティエリアの沙慈への尋問で国連軍に情報が漏れたことを突き止めるが。沙慈へお仕置きは、ティエリアの平手打ちのみですか。しかも刹那は、聞いただけ。腑に落ちませんね。
| ゼロから | 2008/11/09 8:36 PM |
「機動戦士ガンダム00」セカンドミッション6傷痕の先にみた因縁の運命の対決にそれぞれが立ち向かった
「機動戦士ガンダム00」セカンドステージ第6話はカタロンの秘密基地が強襲され、多くの犠牲者を出した。その原因が沙滋にある事をティエリアが突き止め沙滋をプトレマイオスへ連行する。一方アロウズはルイスが合流し再びソレスタルビーイングと交える体制を準備して
| オールマイティにコメンテート | 2008/11/09 8:39 PM |
TBS「機動戦士ガンダム00(ダブルオー) セカンドシーズン」第6話:傷痕(きずあと)
マネキンとスメラギ、沙慈とルイス、王留美と紅龍、ソーマとセルゲイ親子にハレルヤなどなど。毎度情報量の多いセカンドシーズンですが、その一方で、違和感も増して……。
| 伊達でございます! | 2008/11/09 8:45 PM |
第6話 傷痕
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第6話「傷痕」に関する トラックバックを受け付けています。 みなさんの感想お待ちしています。 ・...
| 機動戦士ガンダムOO TBC[トラックバックセンター] | 2008/11/09 8:46 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd 第6話 「傷痕」
あれ、前回の引きで存在感出しまくってたアリーはスルーなのか。 まぁ〜刹那もガンダムに乗ってたわけじゃないから、戦闘とかは期待しては ...
| うるるん漫遊記 | 2008/11/09 8:48 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第6話「傷痕」
『貴方は心で泣いている…誰かを想って泣いている……』簡易感想(のつもりがやっぱり長くなってしまった…)。オフのこともあって、最近アニメを見れてないです。。・留美と紅龍は兄妹!?…今回一番の衝撃かも。うああ主従関係に悶えていたんですけど…!! でも血の
| ある休日のティータイム | 2008/11/09 8:53 PM |
「機動戦士ガンダム002ndseason」第6話
#06「傷痕」アロウズの攻撃で倒れたカタロンの兵士の、いまわの際の言葉にスメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。そのころリントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰な作戦に表情を曇らせていた。攻撃の惨事を目の当たりにし、消沈するピーリ
| 日々“是”精進! | 2008/11/09 9:17 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第6話『傷痕』感想
ひろしてめぇぇぇぇぇ!!!!! …子供達が無事でヨカッタヨ…(´Д⊂ヽ
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/11/09 9:23 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第6話 戦いの傷
『傷痕』内容アザディスタンは燃えていたそこにいた、ガンダム。。。それは、、サーシェス。刹那は、マリナを連れプトレマイオスへ帰還する。一方、アロウズの非道なる攻撃により壊滅した、カタロン基地。その映像を見ていたスメラギは、、言葉を飲む。。。死ぬ間際のひ
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/09 9:24 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン・第6話
「傷痕」 マリナとともに、アザディスタンに向かった刹那の目に映るのは、炎上する街。そして、サーシェスの駆るガンダムの姿…。その頃、...
| 新・たこの感想文 | 2008/11/09 9:27 PM |
ガンダム00 セカンドシーズン ♯06 傷痕
 前回の戦闘に心を痛めていたピーリスと沙慈にもっとスポットが当たるのかと思っていたら、前半は相変わらずの群像劇ですね。後半は驚きの展開です。相変わらず、ネーナの出番は中途半端ですね。
| つれづれ | 2008/11/09 9:29 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第6話 「傷痕」
アザディスタンが燃えている!! 一体どうして!? ホントにどうしてだろう・・・
| 空色きゃんでぃ | 2008/11/09 9:30 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第6話 「傷痕」
「乙女だ・・・」 アンドレイ何言ってんだwww ルイスとは知り合いなのかと思ってたら、いきなり「乙女」とか言い出すから吹いちゃった...
| リリカルマジカルS | 2008/11/09 9:32 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第6話
「傷痕」 「乙女だ……」 アロウズによるカタロン殲滅。 疑いをもたれるソレスタルビーイングでしたが、ライルのとりなしもあって、最悪...
| ラブアニメ。 | 2008/11/09 9:34 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd 第6話「傷痕」
いろいろと面白い回でした(個人的に) ★沙慈★ ティエリアに怒られる沙慈たん(´・ω・`) 刹那 「沙慈… クロスロード ←」 出 た フ ル ネ ー ム ヽ ( ゜ ∀ ゜ ) ノ てか、戦ってる沙慈が「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ」の人に見えた。★フ
|  はちみつ水。 | 2008/11/09 9:36 PM |
「機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 」6話 傷痕
先週の引きのままのアバンだったけどサーシェスとはあれ以上の会話はなし…。会話も成立してたのに。サーシェスは振り返ってたしあの人が見...
| 蒼碧白闇 | 2008/11/09 9:38 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd #6
サジが原因で起きたカタロンの情報漏洩は、思わぬ波紋を次々と巻き起こしています。そんな中、自らの行いを悔いたサジは、とうとう自らも戦う決意をしたのでした。しかし、その相手は...
| 日々の記録 | 2008/11/09 9:38 PM |
悪婦破国(あくふくにをやぶる) 00様万々歳第6話
 カタロンについて語ろうん。  先ず使ってる兵器が脈絡とかなさすぎ。背後の関係とかそういうのが読めない時点でダウト。フラッグ・リア...
| 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2008/11/09 9:43 PM |
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第6話「傷痕」
機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第6話を見ました。第6話 傷痕アザディスタンに戻った刹那とマリナはスローネがアザディスタンを燃やしている現場に遭遇する。「あの機体はまさか…!?」「そうよ、そのまさかよ!!」アロウズの襲撃を受けたカタロンの基地は壊滅的で、ソ
| MAGI☆の日記 | 2008/11/09 9:43 PM |
ガンダム00 2nd 第6話
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #6 「傷痕」 因縁話いろいろ。 人はみな心に傷を持っていると描きたいのかどうなのか。 よく分からないながら,物語に奥行きを与えるのであれば歓迎したい。 ルイスの動機はどうやら両親の敵討ちということらしい。 ソレスタ...
| Kyan's BLOG III | 2008/11/09 9:43 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷痕」
前回の終わり方からして、今回サーシェスと刹那の因縁の対決があるとおもったのですが、いつの間にか戻ってましたね。サーシェスの口調からして、明らかに見つかっていると思うのですが・・・・・・「そのまさかよ!」とは、刹那へ言ったのではなく視聴者へのメッセー
| よう来なさった! | 2008/11/09 9:44 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第6話 「傷痕」
燃えさかるアザディスタンでサーシェスと再会した刹那はマリナの事もあり一時撤退することに。またカタロンに追い討ちをかけにきたアロウズ...
| ムメイサの隠れ家 | 2008/11/09 9:44 PM |
ガンダム00 セカンドシーズン 6話
6話 「傷痕」
| ハルジオンデイズ | 2008/11/09 9:51 PM |
ガンダム002nd 6話 傷痕
ハムの性格が3割増で悪くなった気がするんだが。あ、違ったね。ミスターブシドーだったね
| 日常のぼやき | 2008/11/09 9:54 PM |
とある魔術の禁書目録 #6「幻想殺し(イマジンブレイカー)」感想
インデックスの記憶の消去をなんとしても食い止める戦いが始まった 上条の右手に10万3千冊が襲い掛かる なーんかこの作品の戦いって体術で戦うというより 言論で戦うみたいな印象w 話が長すぎなきがしますね 2週に渡っての問題が右手で触れただけに見えて
| サブカルなんて言わせない! | 2008/11/09 9:56 PM |
『機動戦士ガンダム00 2nd』#6「傷痕」
「アロウズは来るぜ、間違いなくな」 カタロンをほぼ殲滅させたものの、最後の止めを刺すためにアロウズはやってくる。 その前に移送を進...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2008/11/09 10:01 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第6話「傷痕」
博士「千鶴さん、懐かしいなぁ・・・」 助手「最早適当の領域www」
| 電撃JAP | 2008/11/09 10:01 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第6話「傷痕」
あれ?大事件があったのに、 マリナの影が相変わらず薄いゾΣ( ̄ロ ̄lll)
| 明善的な見方 | 2008/11/09 10:08 PM |
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第6話「傷痕」 感想
 前回沙慈の過ちにより、壊滅してしまったカタロン基地。今回はその後の様子が描かれていき、またアロウズとの戦いへと流れていきます。仲間を失ったアロウズの人々の姿が痛々しかったです。そしてそれを受けて沙慈はどうするのか気になります。  今回は引きが今まで
| コツコツ一直線 | 2008/11/09 10:12 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯06 傷痕の感想
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ♯06 傷痕の感想 今週は戦闘シーンよりも、 アンドレイ「乙女だ」→場面変わって乙女座のブシドー登場流れがどうしても印象的!
| スポーツ&ネットウォッチングブログ | 2008/11/09 10:13 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン 第6話 「傷痕」
アバンは前回の続き・・・ って!この件これだけ?・・・中々思い切ったことやるな〜〜 前回で、かなりウザい(軽率な)行動を起こしたサジ さすがにそのことに動揺するサジ しかし、それに気づいたティエリアの一喝 あ〜〜〜サジ修正されてるよ〜〜(←わかる?
| 「ミギーの右手」のアニメと映画 | 2008/11/09 10:15 PM |
機動戦士ガンダムOO ダブルオー 2nd season 第6話「傷痕」
ニコニコ動画で中島愛イベント生中継を見ながらの更新です(え おお、子ども達も無事だったか! メインキャラだけ生き残る展開になら...
| おもちやさん | 2008/11/09 10:21 PM |
機動戦士ガンダム00 第六話「ティエリア、絶望する・・・そして、ミスターブシドー、相見える!!」
いきなり、ダイノボットが登場しましたね!!! 「やぁ〜皆、久しぶりだぜ!!なんだか、俺がいない 間に、四年も経ってたけど、俺も新し...
| AQUAを照らす月光 | 2008/11/09 10:21 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第6話「傷痕」
「私は兵器です、人を殺す為の道具です! 幸せを手に入れようなど…」 ソーマの決意が切なかったです…(涙) スメラギさんの過去も明らかに!! ...
| WONDER TIME | 2008/11/09 10:31 PM |
ガンダム00 2nd #06 傷跡
テレビ版の 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 を見ました。 (以下セカンドシーズンのネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2008/11/09 10:43 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd Season 第6話
サーシェスの件、本当にスルーしやがりましたよ。 予想通り、スメラギとマネキンの過
| WORLDS BLOG | 2008/11/09 10:43 PM |
とある魔術の禁書目録 第6話 「幻想殺し(イマジンブレーカー)」
▼ 第6話「幻想殺し(イマジンブレーカー)」 手を伸ばせば届くんだ! いい加減に始めようぜ、魔術師――!! 全ては禁書目録を守るための偽...
| SERA@らくblog 3.0 | 2008/11/09 11:00 PM |
機動戦士ガンダムOO 2nd season 第6話 『傷痕』
▼ 第6話「傷痕」  それが運命というなら、抗うことはできない――。 凄惨な虐殺の爪痕…。 それはスメラギとカティに忌むべき過去を思い...
| SERA@らくblog 3.0 | 2008/11/09 11:03 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 6話「傷痕」
『アロウズの攻撃により倒されるカタロンの兵士。今際の際につぶやかれた言葉にスメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を...
| Spare Time | 2008/11/09 11:14 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第06話 「傷痕」
機動戦士ガンダム00 2nd Season 第6話感想です。 ブシドー面白いよブシドー♪
| 紅蓮の煌き | 2008/11/09 11:15 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話 傷痕
仲間達を殺されたカタロンの兵士は、ティエリア達が情報をもらしたのではないかと疑う。
| アニメ日和 | 2008/11/09 11:17 PM |
【機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン】 第6話 "傷痕"
「うわぁぁぁぁ!!!!」 人を殺すことに抵抗がある沙慈。 彼は引き金を引くことができるんでしょうか? 「ガンハザードを極...
| ヤングの行く夏、来る夏 | 2008/11/09 11:22 PM |
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン第6話「傷痕」
皮肉な運命。 とりあえず子供達が生きてて良かったと思いつつも せっさんが無事帰ってこれたことに「???」となった OOSS(ダブルオー...
| せーにんの冒険記 | 2008/11/09 11:28 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話「傷痕」
罪と選択。
| ミナモノカガミ | 2008/11/09 11:30 PM |
(アニメ感想) 機動戦士ガンダムOO 第6話 「傷痕」
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 アロウズの攻撃により倒れるカタロンの兵士。今わの際につぶやかれた言葉に、スメラギは忌むべき過去を思い返し、気を失ってしまう。時を同じくして、リントから戦果報告を受けていたカティもまた、過剰ともいえた作戦に表情
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2008/11/09 11:32 PM |
機動戦士ガンダムOO 第06話 「傷痕」
機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン   お勧め度:   []   TBS系 : 10/05 17:00   監督 : 水島精二   シリーズ構成・脚本 : 黒田洋介   メカデザ : 大河原邦男・海老川兼武・柳瀬敬之、中谷誠一   キャラデザ : 高河ゆん、千葉道徳   アニメ
| アニメって本当に面白いですね。 | 2008/11/09 11:32 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話「傷痕」
シーリン「何があったの?」 マリナ「刹那が・・強引に・・・///」 刹那(誤解を招く言い方するなよ)
| はじまりの渓谷 | 2008/11/09 11:36 PM |
傷痕
御期待にはお応えしよう
| オザワstyle | 2008/11/10 12:10 AM |
【ガンダム00】Counteroffensive.06「傷痕」
今週の『機動戦士ガンダム00』第6話(通算で第31話)「傷痕」の感想記事です。※小説版第3巻「フォーリンエンジェルス」のネタバレがあります。記事閲覧の際は十分ご注意ください。
| 彩賀の徒然なるままに… | 2008/11/10 1:07 AM |
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第6話「傷痕」
「乙女だ……」 ルイスに出会った時のスミルノフ少尉のこの台詞に吹いた。(爆) 昔、「カリ城」で五右衛門が「可憐だ……」と呟いたのを思い出してしまいました。(古っ!)  サーシェスの出番はアレだけだったんかいっ!! 「そうよ、そのマサカよ!!」の台詞
| たらればブログ | 2008/11/10 1:19 AM |
ガンダム002nd 感想 第6話「傷痕」
沙慈とソーマたんはどうなっちゃうの… もうねマリナ様じゃなくって、「ソーマたん」が、「ヒロイン」でイイんじゃねーか!?まずは、本編。燃えるアザディスタンに浮かぶ機体はガンダムスローネ。サーシェスが出てくる度に1期のロックオン兄貴の死が…(ノД`)く
| 灰色の月と白色の太陽 | 2008/11/10 1:30 AM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第06話 お色気・考察記事
 機動戦士ガンダム00 2nd season   第06話 『傷痕』 お色気・考察記事  前期と違い話事態がややこしくなってる性でサービスやギャグ...
| 荒野の出来事 | 2008/11/10 1:43 AM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第6話「傷痕」
今回は“引き”が絶妙だった気がします。 くそぉ、こんなモヤモヤした気持ちで1週間過ごさなきゃいけないなんて・・・。やってくれるなぁ、ガンダム!w 儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)UVERworld TAKUYA∞ 平出悟 SMR(SME)(M) 2008-11-19売り上げランキング : 2
| ぷらすまいなす研究所 〜in the azure〜 | 2008/11/10 1:54 AM |
ガンダム00 2nd 第6話「傷痕」
アバンが前回のCパートそのままだったので
| ゆぐどらしる えくすぷれす | 2008/11/10 3:10 AM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話「傷痕」
説教マイスター、ティエリア
| 深・翠蛇の沼 | 2008/11/10 6:16 AM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話 「傷痕」 感想
★★★★★★★★☆☆(8) ぶつかり合う因縁 やはり2期は人間ドラマに比重が置かれてる感じですかね。 ちょっと出来過ぎな感もあります...
| サボテンロボット | 2008/11/10 8:13 AM |
機動戦士ガンダム00 2nd season 第6話 感想
「傷痕」
| 黒猫コミック館 | 2008/11/10 9:21 AM |
機動戦士ガンダムOO 2ndseason #6「傷痕」感想
燃えるアザディスタン。そしてカタロンのアジト。何故、こんな事に・・・。戦いを否定する者が目の当たりにした現実。「傷痕」燃えるアザディスタンから結局、マリナと刹那はそのまま戻って来た。襲撃を受けたカタロンの基地では退避作戦が始まろうとしていた。襲撃の原
| おぼろ二次元日記 | 2008/11/10 12:31 PM |
機動戦士ガンダム00セカンドシーズン第6話『傷痕』の感想レビュー
『謝った情報から君たちはそれぞれに予報をし、それによって友軍同士が戦うことになってしまった。・・・優秀すぎたんだよ、君たちは。マネキン、クジョウ。』 今回はサーシェスがアルケーガンダムでひと暴れしてくれるのかと思って期待していましたが、刹那の判断で逃
| gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2008/11/10 2:06 PM |
『沙慈よ、ルイスを撃って罪を重ねて〜』って展開は、たぶんないだろうな!! ガンダムOO 2nd 第6話『傷痕』
 今回のネタは、ちょっと抑えた感じにしておりますので、前話のブログ みたいなフリーダムはありませんので、ご安心を!!!  まあ、昨日放送...
| シュージローのマイルーム2号店 | 2008/11/10 7:11 PM |
機動戦士ガンダムOO #06
『傷痕』
| ぐ〜たらにっき | 2008/11/10 7:53 PM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #6
沙慈が原因とカタロンにバレたら即刻リンチされそうですな。 しかしアザディスタンを破壊して何の得があるんかね? リボンズは単に嫌がらせでやったのかな〜。 刹那はよくアリーから逃げられたな? 確実にアリーは刹那を認識してたのに簡単に逃がすとはね。 中東再編っ
| オイラの妄想感想日記 | 2008/11/10 8:01 PM |
『機動戦士ガンダム00』#06『傷痕』
最近のちょっとした心配事は、EDのキャストで、アレルヤがシンみたいに、サラリと降格されまいかという事です。 なんか、二期になってから、4番手扱いになってない……?
| なまけもののひとりごと | 2008/11/10 8:32 PM |
今週の機動戦士ガンダム00 SS「第6話 傷痕」
これ以上ないぐらい追い詰められるサジ。ソーマは悪い方向へ・・・。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2008/11/10 10:14 PM |
機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン 第6話 「傷痕」
この2頭、やっぱり親子だ。 ↑熊だから頭^^; この話、ある意味今までのセカンドシーズンで1番おもしろかったかも・・・^^; 前回サ...
| なんちゃら劇場 | 2008/11/10 10:31 PM |
機動戦士ガンダム00 2nd Season 6話「傷痕」
今回も簡潔に。 燃え上がるアザディスタン。そこに浮かんでいた機体は・・・ガンダムスローネ。サーシェスが復活しました。 刹那との再戦...
| 新しい世界へ・・・ | 2008/11/10 11:08 PM |
機動戦士ガンダム00 2ndSeason #06『傷痕』
絶望した!! 何に絶望したかってーと次回予告でもかろうじてボカされてたのに 携帯待受で盛大に次回のネタバレをされた事っすよ(号泣) ...
| 風庫F〜カゼクラF〜 | 2008/11/11 1:14 AM |
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #06 「傷痕」
そーま・すみるのふの語呂が悪い? フェイト・テスタロッサ・ハラオウン以上に語呂の悪い名前なんか見たことねーよw
| らしんばん@うぇーぶ | 2008/11/11 4:43 PM |
ガンダム00『傷痕』
 「アイツ(沙慈)・・・死ねばいいのに」 「アイツ(アレルヤ)・・・死ねばいいのに」 「どしたのどしたの〜 2人して、なんの話〜?」 「マリーマリーマリーマリーマリーマリー、言って      機体を毎回壊してくるE57が、死ねばいいのに。という、話を
| 烏飛兎走 | 2008/11/11 5:10 PM |
『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』 第6話 「傷痕」
日曜日にイベントに行った挙句、テストやらなんやらが立て続けにあって、 今日まできちんと見ることができませんでした(;−;) スーパー焦らしプレイ{/face_naki/} スメラギさんの過去… なんだか意味深なシーンが繰り広げられてましたね{/ase/} しかしながら私
| ★一喜一遊★ | 2008/11/12 1:50 AM |
機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) #06
「傷痕」 脚本:黒田洋介 キャラクター作画監督:松川哲也 メカニック作画監督:阿部邦博 絵コンテ:北村真咲 演出:名取孝浩 「マ、マリーィイ!」 燃えさかるアザディスタンから帰還した刹那とマリナ。だが、彼らを待ち受けていたのは壊滅状態のカタロンのアジト
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2008/11/12 11:12 PM |