<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ギラギラ 第5話「妻が店にやって来た!」

第5話「妻が店にやって来た!」
「公平、最後に一つだけ忠告してやろう。

 経営、ビジネスというのは

きれいごとじゃつとまらんのだよ」


「昔あなたはよくいってました。

 男がきれいごとをとおせなくなったら

 ただのおやじだと。

 今のあなたは ただのおやじだ」


「言ってくれるじゃないか。

 だが、おやじの本当の恐ろしさがみられるのは

 これからだ」


家での公平。
織江に竹馬をおしえます。

リンク、今月のナンバー1は冬真。
ナンバー2は裕樹。
ナンバー3は秀吉。
入ったばっかりなのにすごい。

堂島と大成。
大成は堂島からはやくリンクをつぶすようにいわれます。

リンクはカップル客ばかりで
常連客は断られて機嫌をそこねてアトラスへ。

そこへ優奈と大成がやってきました。
今日の客は大成のお店のホストとホステスばかりと
気づく公平。
大成の合図でみんなたちあがりました。
常連客をいれずにつぶす作戦。
こんなときにどうするかぜひ教えてほしいという大成に
くってかかる翔児と秀吉。

有希は同伴客と一緒の場合
二時間でお会計にさせてもらうといい
客にひきとってもらうようにいう公平。
大成も帰っていきますが今のはほんの挨拶、
と秀吉の写真を見つめます。

桃子は主婦仲間が、夫が最近浮気をしているんじゃないかと
相談され、自分のこととかさなりながら
絶対違うと慰めます。

ワイン評論家の先生がお客にきて
カクテルをたのまれると
秀吉がフレッシュフルーツのカクテルをつくって出しました。
秀吉、指名客GET。

店のオリジナルカクテルを作って出すのはどうかと
提案する公平。
黒服の前はバーテンダーをしていたらしい秀吉に
協力してもらって、みんなはりきります。

そんなとき、翔児が大成から電話をもらい
秀吉と一緒に食事に誘われます。

ホストのみんなは元気に営業トーク。
秀吉がいい刺激になっているようで
カクテルも好評。
公平スペシャルはきれいなグリーン。

大成の呼び出しに応じた翔児と秀吉。
優奈が出迎えてくれました。
さっそく秀吉を引き抜きする大成に
即答でことわる秀吉。
すると大成がすぐ席をはずし
翔児もトイレに。

優奈と秀吉がふたりになると
優奈は大成から逃げたいと秀吉にいい
翌日あう約束をとりつけます。

話をきくつもりだったのに
手をひっぱられ遊園地につれていかれる秀吉。

何も話す気ないなら帰るぞ、という秀吉。
そのとき、転んだ女の子にちかよると

「自分でたちあがらなきゃだめだよ。
 
 だれかに助けてもらったら

 自分の力でたちあがれなくなる」


と見守るのみ。そして女の子はたちあがりにっこり。
それをみている秀吉。

優奈は秀吉におそろいの貝のストラップをわたし、
自分は大成に借金があって、それをかえすまで
いいなりなの、と秀吉に助けて・・とだきつきます。

しかしそのあと秀吉は2日も無断欠勤。

秀吉は優奈のもとへかよっていました。
借金をはやく返せるように優奈を助けるという秀吉。

そこへ翔児がやってきて、秀吉をひっぱっていきました。
あいつは大成の女だぞという翔児に
優奈は病気の家族のために大成に借金があるという秀吉。
みんなが、それはホステスの常套句だといっても
秀吉はみんなが何といっても優奈を信じる、といいはり
公平は、明日、優奈を店につえてくるようにいいました。

優奈は明日、リンクで尋問だと大成に話し

「おまえ、秀吉に惚れたか?」ときかれると

「惚 れ た〜。

 どんな魚でも つりあげかたは心得てるわ」


と優奈。

リンクにやってきた優奈。
優奈を守ってやりたいという秀吉。
優奈は自分の身の上を話したのは秀吉が初めてで
大成から逃げ出したいと思うから秀吉に相談したと話します。
みんなが疑わしそうななか、公平は、

「おれは、優奈さんと秀吉を応援するつもりだ。

 あなたが本気なら」


といいました。

帰る優奈をおいかけて

「信じてるからな!」

と声をかける秀吉。

竹馬の練習は続行中。

優奈に電話した秀吉に
もうあえないからお店にはこないで、と言う優奈。
そのそばには大成が。

「おしたりひいたり

 そのかけひきが

 色恋営業のイロハのイだ」


すっかり恋の虜な秀吉は店にいっても仕事もせず
みんなに優奈にだまされたんじゃないかといわれても
きかず、優奈にあいにいきますが
お店からは長期休暇だといわれます。

秀吉の様子をきいて楽しそうな大成は優奈と乾杯。

その大成に公平から電話がはいりました。
優奈と秀吉の件は大成が仕組んだんですねと言う公平。
公平が自分より仲間を傷つけられる方が弱いのを
よ〜く知ってました。
傷ついた秀吉のことをゲームの駒扱いする大成に
怒りをみせる公平。

秀吉は、ようやく優奈にだまされてたのかもしれないと
気づきます。優奈は大成の命令で秀吉に近づいたときかされ
ショックをうける秀吉。

「それでもさ 俺にはあいつが

 嘘を言っているようには思えないんだ・。

 あいつの目、さびしそうでさ 悲しそうでさ」


優奈を信じたいという秀吉。

「公平さん。俺 どうしたらいいかな

 苦しいよ・・」


「人を愛するってことは

 自分の弱さとむきあうということなのかもしれない。

 だからこそ 

 心から愛したことのある人間は強くなれる。

 秀吉。おまえはなさけなくなんかない」


「公平さん。俺・・」

泣く秀吉をだきしめてやる公平。

桃子の主婦友の旦那浮気疑惑は間違いでした。
もっと自分の旦那さん信じなくちゃね、と言われて
笑顔になる桃子。

織江は竹馬になかなか乗れず、投げだしそうに。
それをパパも昔はできなくて泣きながら練習したという
思い出を話し、織江を励ましやる気にさせました。
織江、竹馬ができて大喜び。
その様子を見ている桃子。

優奈の携帯には秀吉からの着信だらけ。
公平は優奈にあい、秀吉がまっすぐな男で
誰に何をいわれても優奈を信じているといい
もし優奈に秀吉を少しでも思いやる気持ちがあるのなら
もうふりまわすのはやめてくれないかとたのみました。

織江の寝顔をみてから出勤する公平。
桃子の気持ちも元にもどったみたいですが
テーブルの上にホストの雑誌があって
公平どっきり。

今度ママ友と行こうという話になってて
しかもその行先は

「六本木アトラス?!」

と公平、心底びっくり!!

大成がホストを辞めて経営者になったのは
公平のせいだという麗奈ママ。
真夜中の太陽のようだった公平に
ナンバー1からひきずりおろされるまえに
やめたとあっさり認める公平。
公平は天性のホストらしい。
大成は徹底的に公平をつぶすつもり・・・。

ママ友たちとホストクラブにいく桃子たち。
アトラスへいくのにわくわく。

秀吉はあいかわらず優奈に電話をし
優奈がやっとでてくれました。
優奈は秀吉をだましてた、とあやまり
もう電話しないで、ときってしまいますが
その携帯にはあのストラップ・・。

秀吉は落ち込み、ちょっとでてくる、と
外へでてしまいます。
翔児からそれをきいた公平は心配して探しに。

今でちゃやばい・・・!!

「公ちゃん?」

「桃子・・・」

「どうしたの、そのかっこう。

 どうしてこんなところにいるの?

 どうして?公ちゃん」


「ああ、仕事抜け出してあとつけてたんだ。
 
 ホストクラブいくとかいうから心配で」


公平の苦しい言い訳を桃子は信じたみたいで
仕事に戻って、と背中をおします。

影でみていた有希と秀吉。

公平は有希に黙っていたことをあやまりました。

ホストは独身であることが条件?!

そうなの?

有希は目をつぶるといってくれますが
心配なのは奥さんで、離婚されてもおかしくない
というと、とたんに凍りつく公平・・・。

桃子の疑惑もふくらみ、家に帰ってからも
眠れません。
ホストというより有希といたのが気になるらしい。

秀吉は奥さんがいた公平にだまされたことを怒り
店をやめるといいます。

「何が女を癒すだ?!
 
 女房子どもだまし続けるやつが

 偉そうなこと言うなよ!」


秀吉がやめたときき驚く翔児。
みんなは大成のところにいったんじゃないかと
おしかけようとしますが
公平が全部俺のせいなんだ、と告白。

桃子は心が重そうで、娘にまで心配されるくらい。

ぶらぶら歩く秀吉に声をかける大成。

「最初から人なんか信じるからバカを見るんだよ。

 俺は最初から人を信じたことなんかない」


自分で堂々と悪人を名乗るという大成に
気持ちがうごく秀吉。

リンクオリジナルカクテルのイベント。
秀吉がいなくてもなんとかうまくいきますが
責任を感じる公平。

「おれが秀吉をとりもどします。

 必ず取り戻します」




前半、優奈が秀吉をだましてるのは
素人でもわかるのに、なんであんなに
あっさりだまされちゃうかなあ、秀吉!!
それができるからナンバー1ホステスなのか。

公平にいわれてちゃんとほんとのことを
話したところも、優奈の表情からも真の悪女という
かんじはつたわってこなくて、優奈も最後はこちら側に
つくのかと思わされましたが。

ホストって結婚してたらだめなんだ?
完璧にオンとオフをわけてたら
奥さんのほうはともかくお客さんには関係ないと
思うけどなあ。
秀吉はほんとに純真なんですね。。。



キャスト

七瀬公平(伝説のホスト) 佐々木蔵之介
七瀬桃子(公平の妻)   原沙知絵
七瀬織江(公平の娘)   山田萌々江

園部有希(リンクオーナー)真矢みき
深見久明(リンクマネージャー)田中要次
翔児(リンク新人ホスト)  三浦翔平
市河健太(翔児の親友) 佐藤智仁
神宮寺麗奈(銀座クラブママ)古手川祐子

葛城大成(銀座の将軍・実業家)石橋凌
美波優奈(銀座クラブホステス)芦名星
堂島文治(アトラスグループ会長)平泉成


仮面ライダーカブト CLOCK UP (キャラクターブック 02)
仮面ライダーカブト CLOCK UP (キャラクターブック 02)
小林 ばく


情熱の代償 / ESCAPE(DVD付)
情熱の代償 / ESCAPE(DVD付)
GIRL NEXT DOOR

ギラギラ 1 (1) (ビッグコミックス)
土田 世紀
2008.11.15 Saturday 09:04 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 流星の絆 第5話「仇の息子と盗まれた味」 | main | DVD 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 豪華版 >>









「ギラギラ」第5話
急に秀吉が悪い子に! これもすべて大成の策略。 しかも桃子に六本木にいる所を見られてしまった公平。 どーする?! ギラギラ 5 (5) (ビッグコミックス) 土田 世紀 JUGEMテーマ:エンターテイメント
| fool's aspirin | 2008/11/15 12:26 PM |
「ギラギラ」第5話 この世でいちばん醜悪なのは悪人よりも偽善者だよ
世の中は都合のいい嘘を重ねながら自分を正当化して生きている人間ばかりだ この世でいちばん醜悪なのは悪人よりも偽善者だよ オレなんか自信を持って自分を悪人と名乗るよ
| バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) | 2008/11/15 1:44 PM |
ギラギラ 第五話「妻が店にやって来た!」
Rinkの月売り上げが発表され、ナンバー1は冬真(夕輝壽太)僅差でナンバー2は祐樹(崎本大海)だった。そしてナンバー3が、入店間もない秀吉(佐藤智仁)だった。秀吉が客の要望に応えカクテルを作り、それが好評だ
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/11/15 3:09 PM |
ギラギラ 第5話 嘘
『妻が店にやってきた!』内容大成(石橋凌)から宣戦布告された公平(佐々木蔵之介)とリンク。そんななか、翔児(三浦翔平)と秀吉(佐藤智仁)が、大成から呼び出される。『琥珀』にやって来た2人、そこには大成の店・銀座『牡丹』ナンバーワン優奈(芦名星)がいた
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/15 6:10 PM |
ギラギラ 第5話+風のガーデン 第6話 感想
今週のギラギラと風のガーデンは久々に書きたい内容だったのでちらっとですが感想をば。
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/11/15 10:55 PM |
《ギラギラ》☆05
大成が公平に言った。 「経営…ビジネスと言うものは、きれいごとでは勤まらんのだよ。」 「昔。あなたはよく言ってました。 男は、キレイ事を通せなくなったときはただの・・オヤジだ。」 「今のあなたは、ただのオヤジだ。」 「言ってくれるじゃないか。だが、オヤジ
| まぁ、お茶でも | 2008/11/17 5:05 AM |