<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ダイヤのA 13巻

[ マンガ ]
ダイヤのA 13巻
ネタばれ感想につきご注意

ダイヤのA 13 (13) (少年マガジンコミックス)
ダイヤのA 13 (13) (少年マガジンコミックス)
寺嶋 裕二
引き続き青道と薬師の試合。

いきなりゲーセンからはじまったので
何事かと思ったら薬師に負けた市大のみんなでした。
野球にかけていた思いが強いぶんだけ
負けたあと前にすすむのもたいへんそう。

沢村くんは絶好調。
御幸先輩の絶妙なリードで轟雷市をねじ伏せ
調子にのりまくり。
前の巻で静かに燃えていた哲も(ルパンがよく似合うw)
堂々の長打。

対して向こうは真のエース 真田が登板。
三野くんに対しても気配りを忘れない
なかなかできた男です。
そして真田へのみんなの信頼も厚い。

いきなりデッドボールだったけど
チャンスに強い御幸先輩を打ち取るあたり
ただものではありません。
その球はカットボール、沢村君のクセ球の
さらに完成形のムービングボールときいて
沢村くんが思わず涙を流してくやしがっていたら
先輩たちが次々フォローしてくれて・・
前とはあきらかに違う仲間意識を感じました。

でも沢村君にバッターの才能なし?
口だけ男と化してました。
そのぶん、ピッチングは自信も手伝って
ますます好調。
継投を考えていたのが迷うくらいの調子の良さだけど
むこうも反撃開始。
鼻をつまんで何をやるのかと思ったらバントでランナーをすすめ
またまた轟君との対決。
ここで監督はなんと、この回は沢村くんにまかせる、
との指示を・・。
監督の信頼にこたえるべくはりきる沢村くん。
ピッチャーのみならず全員気迫十分なのに
轟君の力が上まわってホームラン。

先輩たちの慰めの言葉がまるっきり耳に入らない・・・。
動揺をおさえきれず、交代させられてしまいました。
めったに落ち込まない沢村君の落ち込む姿・・、
でもクリス先輩と監督が絶妙の言葉かけ。
こうやっていいピッチャーに成長していくんですねえ。

のってきた薬師を相手に
緊張のかくせない川上君。
そしてブルペンには丹波さんが。
さっきの長打につづいて
今度はホームランを叩きこむ哲さん。
黙ってきっちり仕事をこなす熱い男です。

そのホームランをうたれたあとの真田の様子をみて
沢村君がまた勉強。
がんばってエースをめざしてもらいましょう。

轟は歩かせ、川上君の調子はいまひとつ。
降谷くん再登板か、ここはようやくエース丹波さんか。
待ち遠しい!
2008.11.17 Monday 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ 51号 感想 | main | イノセント・ラヴ 第5話「救いの手」 >>