<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

七瀬ふたたび 第7話「再会、そして…」

第7話「再会、そして…」
父の声をきいた七瀬は心ここにあらず。
瑠璃のいうこともまったくきいてない。

『明後日 お父さんに会える』

逃げているのは高村。

「そんなに怖いの?私が。
 
 そうあなたにはわからないわ。

 誰も助けてくれない」


七瀬のほかに恒介に朗たちもいて

高村、抹殺。

という夢
をみてうなされました^^;

江藤からはいいかげん忘れたほうがいいと
いわれます。
だけど高村はそんな夢をみたことを
藤子のところにいって話します。
自分でも驚いているけど
彼らがこわいという高村。
彼らのまわりで事件がおこることが
どうしてもひっかかるそう。
藤子も同じだといい
火田先生の未知能力の研究をしらべている、と話す藤子。
未知能力は超能力じゃなく
もともと持っている能力。
背後からみられていることを感じるのも
未知能力の一種ではないかとのこと。

七瀬は朗が学校から帰るまで
考え込んだままでした。
七瀬は父にあいにいく話をします。

高村は藤子の研究室で能力の話を
ひきつづききいていました。
能力をもっている人はそれを
隠さなくちゃならないから苦しんでいるという藤子。

店長は、七瀬にも朗といっしょに
うちで暮らさないかとさそい
そこへ高村がたずねてきましたが
七瀬を奥にやって七瀬をかばう店長。

両親を亡くしても一生懸命前向きにいきていて
悪いことができる子じゃない、と
もう出入り禁止を言い渡します。

「これ以上 あの子を苦しめたら
 
 承知しないよ」


高村と藤子はいっしょに食事する中に?
高村は未知能力について理解あるようですが
この目でみないかぎり信じられないそうで
もしみたらあの子たちの味方になってもらえますか?
という藤子。
目の前で戻ってみせました。
高村が文字を書いた10分後の未来から
かえってきたと話します。

恒介は父のところにいくべきじゃないといいました。
七瀬の父はだれかから逃げている、という恒介に
父が嘘をついていたらわかるのよ?と
恒介に怒りだす七瀬。

恒介には、七瀬によくないことがおこるのを
見えているようで、藤子はふたりなら
なんとかできるかも、と恒介に。
七瀬のいく場所をおしえない朗に
七瀬が苦しむ姿をみせると、朗は協力してくれました。

お店に恒介をたずねてきた女性。
昔の仲間=火田先生のクラスという言葉に
不思議に思う七瀬。

高村が七瀬を待っていました。
父にあうこともご存じ。

『今はそっとしといてやろう』

「あの。一日だけ待ってもらえますか。
 
 そしたら お話できるかもしれません」


「わかった」

七瀬は電車に乗って約束の場所へ。
駅でおりてタクシーに乗ろうとすると
恒介と藤子が待っていました。
邪魔はしない、そばで待っているからとふたり。
七瀬はふたりに笑顔を。

朗を待っていた高村。
高村の心をよむ朗。
ヘンリーがそこへあらわれました。

父の約束の場所の山小屋にいく七瀬。

「七瀬」

「父さん」

「長かった。

 今 振り返れば・・ようやく

 私の七瀬に・・会える」


「お父さん・・」

父がふりむきました。

「七瀬・・・」

「お父さん・・」

涙をながして父に抱きつく七瀬。

高村とヘンリーと朗。
突風がふき、看板がとんできたのを
ヘンリーがとめ、高村と朗を助けます。

「今のは君が?君がこの子を助けたんだな

 ありがとう。
 
 おかげで僕も助かったよ」


七瀬と父。
藤子と恒介にも話したいことがあるという父に
よんでくるという七瀬。
七瀬のことを母さんにそっくりだとほほ笑む父。

七瀬は人の考えていることが聞こえるようになって
どうしたらいいかわからなくなって
お父さんがいてくれたら、と何度も考えたというと
あやまる父。

七瀬を守るためにはこうするしかなかった、と言う父。

「どういうこと?」

「ふたりをよんできてくれるか?

 いっしょにきいてもらったほうがいいだろ」



朗とヘンリー。
七瀬がいなくても力をつかえたヘンリー。
高村はみんなの味方になったという朗。

会社が未知能力を二次利用することにきめ
七瀬父の研究をすべて提供するように求めたので
父は自殺をよそおって姿をけしたのだそう。
でも父をせめる恒介。
自分の娘が能力をもって、能力を持つ人間が
どれだけ苦しむのかわかったんだろうというと
そのとおりだとあやまる父。
恒介はききたいことは聞いたと外へ。

藤子は、ノートを残したわけをたずね、
それは未来への希望だという父。
未知能力が存在するからには意味があるという考え。

藤子も外へでて、七瀬と父はふたりに。
外にあやしい影が。。。

七瀬の能力はとても高かったので
コントロールができるまで封印するしかなかったのと
娘を心配して能力を忘れさせるようにした父に
一緒に暮らしたいという七瀬。
父はまだやらなきゃならないことがあるので
それがおわったらいっしょに暮らそうと約束。
来週、母のお墓参りに行く約束もし
再会の記念にとつくったペンダントを
七瀬にプレゼント。

外で待つふたりのところへ七瀬と父がでてきました。
挨拶をしてわかれます。

3人を見送る父。
そのあと、部屋に戻ってPCデータを消去し
家族写真をみつめて微笑む父。

部屋に誰かがいました。

佐倉でした。

周辺はかためたので逃げられないという佐倉。
いっしょにきて協力してくださいと頭をさげました。

バスに乗り込む3人。

佐倉の申し出を断る七瀬父。
子どもたちが飛躍的な成果をみせた日に
何かみつけたんじゃないかと言う佐倉は
銃でおどします。

恒介にまた七瀬が叫ぶ映像がみえました。

「ここだ」

とたちあがります。

銃をつきつける佐倉。
その手をもって心臓にあて
引き金を引く父。
七瀬に衝撃がつたわり、声がきこえます。

「七瀬・・すまない

 おまえをまもれない。

 目目立たないように 能力をつかうな。

 能力者に近づくな。」


「どうして?」

「戻れ。普通の暮らしに。

 全部忘れて・・」


「何があったの?!」

「七瀬・・

 もう一度 抱きしめたい」


「お父さん・・」

「七瀬・・」

「お父さん?」

「もう一度 抱きしめ・・」

「お父さん?

 いや〜〜!お父さん!お父さん!

 藤子さん、お父さんが死んじゃう!

 私を戻らせて!お父さんと会う前に!」


「だけど私の力じゃ」

「でも藤子さん以外ない

 たくさん戻って!お願い!お願い!」


「わかったわ。戻りましょう」

バスに乗ったところにもどっていました。
藤子が倒れそうに。。

「七瀬さん。ごめんなさい。これが精いっぱい」

バスからおりて走る七瀬。

藤子から、七瀬父に何かあったことをきくと
恒介に映像がみえました。

「お父さん!」

父がうたれました。

「七瀬、すまない」

「お父さん 嫌だ!」

「私は お前を守れない・・」

「お父さん、一緒に暮らそうっていったじゃない!

 もうやめて!

 お父さん、待って!」


川にはいっていく七瀬。

「嫌だーー!!

 お父さん!!嫌!お父さん!

 嫌ーーー!!」


川で絶叫する七瀬をだきとめる恒介。

「七瀬!」


せっかく会えた父には死亡フラグがバシバシ。
だいたい、あの3人がまとめて移動してたら
(七瀬ひとりだけでも)
あとをつけてくれというようなもんでは。

敵は電機会社のくせになんで野望を抱くように
なったんでしょう。

高村が味方になってくれるのはいいけど
あの突風は唐突わざとらしすぎました。
だれか能力者の刺客でもおそってきたのかと
思いました。



火田七瀬  蓮佛美沙子
岩瀬恒介  塩谷瞬
広瀬 朗  宮坂健太
ヘンリー  郭智博
漁 藤子  水野美紀
火田精一郎 小日向文世
真弓瑠璃  柳原可奈子
江藤亮太  載寧龍二
高村健一  市川亀治郎
増田店長  北村総一朗
佐倉尚吾  光石研

主題歌 君想い GReeeen

あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
GReeeeN,2BACKKA,ユナイトバス

NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック
川井憲次

NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
多岐川裕美,新垣嘉啓,堀内正美,筒井康隆

家族八景 (新潮文庫)
家族八景 (新潮文庫)
筒井 康隆

七瀬ふたたび (新潮文庫)
七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆

エディプスの恋人 (新潮文庫)
エディプスの恋人 (新潮文庫)
筒井 康隆


2008.11.20 Thursday 21:16 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン標的108 「漢(おとこ)の匣(ボックス)兵器」 | main | 今日からマ王! 第二十八話 「発動」 >>









七瀬ふたたび 第7回
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第7回「再会、そして…」 策士&ギャンブラー漁藤子だった萌え回(笑) 淡々と真実を語り「七瀬たちのことが気に掛かる」という共感を利用し高村刑事を引き込み,ついには居酒屋で差しつ差されつで美女を側に置いた高村が心を開いているとき...
| きゃんずぶろぐ | 2008/11/20 9:26 PM |
NHKドラマ8 七瀬ふたたび 第7話 変わらない悲劇
『再会、そして…』内容突然、父・精一郎(小日向文世)の声が七瀬(蓮佛美沙子)の心に届いた。そして、再会の約束。そのことを、恒介(塩谷瞬)と藤子(水野美紀)に相談した七瀬。話を聞いた恒介はある未来を見たために、、反対するのだった。だが、七瀬は、父に会う
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/20 9:29 PM |
【七瀬ふたたび】第7話
能力のある人間も、それは解っています。だから、それを隠そうとします。それは自分を偽る事になります。だから苦しんでいるんです。まだ、未知能力を信じて受け入れる事は難しい、と言う高村刑事に、漁は言う。高村は、次第に未知能力者を理解し、味方になろうと言う気
| 見取り八段・実0段 | 2008/11/20 9:36 PM |
七瀬ふたたび 第7回「再会、そして…」
「あたし一晩で、20キロも痩せちゃったの」 おいおい ゞ( ̄∇ ̄;) それはどんな超能力ですかw 七瀬(蓮佛美沙子)があまりにも上の...
| 空色きゃんでぃ | 2008/11/20 9:42 PM |
「七瀬ふたたび」第7話
七瀬、ついに父と再会! でもそれは悲しい別れへの始まりだった。 一方、高村刑事は藤子から未知能力の話を聞き、 彼らを信じ始める。 あっ、ども。おひさしぶりです。(期間限定盤)(DVD付) GReeeeN,GReeeeN,2BACKKA,ユナイトバス,高見優 JUGEMテーマ:エンタ
| fool's aspirin | 2008/11/20 9:42 PM |
七瀬ふたたび 第7話 再会、そして…
精一郎と会える事で、頭がいっぱいの七瀬。
| アニメ日和 | 2008/11/20 10:15 PM |
七瀬ふたたび 第7話 「再会、そして…」
自分の能力を高村(市川亀治郎)に見せ、納得させる藤子(水野美紀)。居酒屋でどうやって危機的状況を作ったの?しかしこの雰囲気は惚れてまうやろ。
| テレビお気楽日記 | 2008/11/21 12:22 AM |
《七瀬ふたたび》☆07
お父さんに会える!七瀬は心が弾むのを抑えられなかった。 朗は全開になっていた七瀬を読んだ。 北品川署の高村は、どうにも七瀬たちが気になってしょうがなく、大学の藤子にまで聞いた。未知能力は本来だれでも持っている能力なんだと思う。そういう能力をを持つ人た
| まぁ、お茶でも | 2008/11/21 6:09 AM |
「七瀬ふたたび」第7回
第7回「再会、そして・・・」七瀬は父・精一郎と心で会話して再会を約束し、その日が来ることを心待ちにしていた。七瀬が精一郎と会うことに恒介は反対した。恒介には七瀬が悲しみに泣き叫ぶ未来の映像が見えていたのだ。七瀬の決意は変わらず、恒介は七瀬に付き添って
| 日々“是”精進! | 2008/11/21 12:39 PM |
NHKドラマ8「七瀬ふたたび」第7回…蓮佛美沙子熱演!!
2008年11月6日放送『七瀬ふたたび』第7回「再会、そして…」  今回は、蓮佛美沙子の熱演にシビレました!!  七瀬ふたたび改版 ┃ 蓮佛美沙子熱演  父・精一郎(小日向文世)と再会を果たした七瀬(蓮佛美沙子)の、嬉しさを溢れさせながらも少しはにかんだ
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ | 2008/11/21 1:29 PM |
黒木メイサVS中井貴一、小西真奈美VS大杉漣、蓮佛美沙子VS小日向文世・・・娘と父の木曜日かっ!
「イノセント・ラヴ」が父と娘の間違った愛の形を匂わせているのに対し・・・木曜日は
| キッドのブログinココログ | 2008/11/21 7:35 PM |
「七瀬ふたたび」第7話
父の失踪の真相と再会と・・・別れと。 第7話『再会、そして…』
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮) | 2008/11/21 8:54 PM |
【ドラマ】七瀬ふたたび 第07話 「再会、そして…」の感想。
七瀬ふたたび 第07話 「再会、そして…」 評価: ── 七瀬、、、もう一度抱きしめたい、、、 脚本 真柴あずき ...
| いーじすの前途洋洋。 | 2008/11/24 4:27 PM |
七瀬ふたたび「再会、そして…」
 正直、レビューがしづらくなってきた。  展開が順当なんだもの。  高村が味方につく。  恒介との会話でも思うけど、漁のポジションって微妙だよな。研究者としては外にいるけど、実際には自分も未知能力を持っている。そして最年長。  ヘンリーの力はさらに強化
| blog mr | 2008/11/24 10:40 PM |