<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

流星の絆 第6話「本当の兄と妹じゃない」

第6話「本当の兄と妹じゃない」
功一にあいに「ジョージクルーニー」 にやってきた秀子。

その頃、秀子の夫(静奈の父)矢崎信郎は、
柏原にあっていました。
この14年間、妻がすべてしっていて、
自分を疑っていたと、事件の記事のスクラップをみせます。

1993年11月18日。
塔子から電話があって金が必要だとたのまれた信郎。
お金をはらわないと妻にふたりの関係をばらすと、
と夫がおどされていた・・
というのは妻の妄想だといいますが。

信郎は塔子はそんな女じゃない、といいつつ
自分は、塔子が結婚していたことも知らず
金をはらわされつづけていた、と
柏原には犯人っぽく疑われました。
さらにアリバイもない?

妻は子どもをほしがっていたけど、かなわなかった、
だからほかの女に子どもをうませたなんて
死ぬまで言えないという信郎。
秀子は静奈に会って夫の代わりに詫びたいと言うが、
功一は、静奈は矢崎の娘だということをしらないと
ことわります。

時効まであと1カ月。
泰輔は、父・幸博がかつて通っていた
横浜の喫茶店「ニューフロンテ」を訪れ、
幸博と戸神政行の接点を探ろうとしますが
店主の 寺西 (半海一晃) は、常連客の幸博は記憶にあるけど
戸神政行のことは記憶にないそうです。

矢崎の奥さんは自分の夫が犯人だと思い込んでいて
静奈にあいたいといっていることから
今夜静奈にちゃんと話すという功一。

静奈は 行成がとがみ亭麻布店の
名物にする予定だったハヤシライスの復刻を
父・政行に止められたと聞かされます。
さらに「子どもの頃に食べたハヤシライスの味と似ている」 と
言われたと話したら、政行の顔色が変わったこともききました。

静奈は親に甘えることは悪いことじゃなく
お父さんだってだれかにおそわったのかもしれないのに
というと、行成はひとりでやろうとするからいきづまるんだ
といって静奈をつれてジョージクルーニーへ。

ハヤシライスの味を変えさせたということは、
やはり政行が怪しいと功一と泰輔は思い、
いっそのこと警察にという泰輔に
静奈は守らなくちゃいけないという功一。
さらに警察にいくには
もっと決定的な証拠が必要。

そのとき、下から行成の声が。
ハヤシライスを試食する静奈と功一。
魚介スープのがよかったといわれても
静奈が泣いてない、とやりなおす行成。

最後は嘘泣きしたらしい。

うっかり静奈が「戸神さん」とよんだことで
びっくりする兄ふたり。

その夜、功一と泰輔は静奈に本当の父親の事を
切り出そうと決意。
下の店で、どうやって話すか練習していると
店長まで乱入してきました。

泣き真似&死んだふりまで。
なぜここでハムレット。
サギまでいました。

「誰なんだよ」

ほんとに。。。

両親が結婚したときは3歳か4歳だから
なんとなく覚えているという店長。
自分も寝るといって上にあがっていきました。

功一は兄として妹が好きだけど
泰輔はその関係を壊そうとしてるといいだし
泰輔は兄貴もシーが好きなんだよ、といいかえし
ふたりはけんかに。

功一は信郎のこともみとめないらしい。
だけど、そこに静奈がいて話をきいていました。
ちゃんと説明して、という静奈に

「おれらはおまえの本当の兄貴じゃない」

と話します。
本当の親は矢崎という人だということもおしえ
その奥さんが静奈にあいたいといったことも話します。

「なんで黙ってたの?なんでいまさら。
 
 ねえなんで?もっとはやくいってほしかった。

 でなきゃずっと黙っててほしかった」


あやまる功一に、またかわいそうな顔してるという静奈。
静奈はいってしまいました。

「最悪だよ」 と泰輔。

「ああ。最悪だよ」

静奈をおいかける泰輔。

ちょっとひとりで考えたいの、と
ついてこないでといってしまいました。

挿入歌がそのまま、
店の中でサギがそのまま歌を歌っていることに。

功一は「きいてたのか?今の話」というと
サギは「うたってたから」といい

「あんたと私じゃ 悲しみのキーが違いすぎる。

 1オクターブ違うよ」


と笑顔で肩に手をおくとでていってしまいました。

矢崎は柏原と萩原から事情聴取。
最後にアリアケをたずねたときに
持って行った傘のことなどをたずねられますが
外へでてきた矢崎の顔を泰輔が車の中から
みていました。
柏原は、殺しをやるタイプじゃないといい
萩村はビニール傘だけ否定するなんて
かえってあやしいと疑いをもちました。

秀子はまた功一をたずね、家に警察がきたといい
時効まであと一カ月だから夫がつかまるといって
かえっていきました。

ここで妄想劇

黒革のハンドバッグ

 宝石商 春日井 有明泰輔
 人妻  矢崎秀子
 
 演出 有明泰輔(新人)


今回は有明泰輔の単独行動。
シナリオも泰輔。
秀子のせいで兄とも妹とも気まずくなったので
その報復で必ず秀子に宝石をうりつけてやる、と行動。

飲み物をこぼして知り合いになる計画だったのに

なぜかラブホテルに。

しかもいやじゃない泰輔。


ここは本能のままにケダモノでいこうとしたら・・

秀子、大金を渡します。

「妹さんに渡してください。

 功一君にはうけとってもらえなかったけど。

 やっぱりあなた泰輔くんでしょ」


とばれてました。

静奈は行成にあってまたハヤシライスを食べていました。
子どものころ食べたお店の名前をおしえてくれという行成に
場所は横須賀だけど、店の名前はおぼえていないといい
その友達の名前は矢崎静奈ちゃんだといいます。

泰輔に静奈ちゃんてどんな子?という秀子。
泰輔は普通の子だといい、静奈を守るためには
自分たちが大人になるしかなかったと泰輔。

静奈も行成に、静奈の話を。
静奈は二人の兄と本当のきょうだいじゃなくて
ずいぶんショックをうけたけど
はじめてお店につれてこられたときのことを
なんとなく覚えてた、と回想シーンへ。

「なんだか恥ずかしかったけど

 嬉しかったのを

 なんとなくおぼえてるって。

 お兄ちゃんの手があたたかかったのも

 なんとなく おぼえてるって。

 だから・・私にとって二人は

 お兄ちゃんなんだって。

 ほんとのお兄ちゃんより

 ずっとお兄ちゃんなんだって

 静奈ちゃん、そう話してくれました」


「そうですか。いやあ、いい話だ。」

「ずいぶん親身になって きいてくれるんですね。

 私の話じゃないのに」


「いや、あなたの話ですよ。

 たとえ静奈ちゃんの話でも

 あなたの心に残っている大事なエピソードですから

 それはもう 僕にとっては
 
 大事なあなたの話なんです。

 素敵なお話 ありがとうございました」


また涙する静奈。

「ごめんなさい。また泣かせてしまった」

「ちがいます。

 ハヤシライスがおいしくて泣いてるんです」


泰輔はお金をかえして
秀子にあやまりホテルをでます。

泰輔が帰ると功一と静奈が
屋上で星をみあげていました。

静奈はいつのまにか寝ていました。

「こいつさ。俺らがおもってたより

 全然大人だったな」


静奈、寝たふりをして起きてました。

「あ〜あ。もう見れねえのかな。流れ星」

「見れるよ。

 いつかは 見れるよ」


3人でまた空をみあげます。

開店当時のことを母にたずねる行成。
お父さんはその頃出前までしていたらしく
ある日かえってこないからみにいくと
ハヤシライスをまずいといわれた、と
やけ酒を飲んでいました。

次の日から別人のようになって
厨房にこもり元祖ハヤシライスをつくったそう。

そのハヤシライスをまずいといわれた場所は喫茶店。

その喫茶店によびだされている功一と泰輔。
そこにとがみ亭の出前メニューがありました。

お皿をさげにきた政行に、
まずいといったのは父でした。
しかも犬の餌にもならないというひどい言葉。

その話を三人でする功一、泰輔、静奈。

戸神は父にハヤシライスのレシピをおそわりにいったけど
おしえてもらうための約束の金がはらえないから殺した?
と推理する功一。

行成のハヤシライスにOKをだす政行。

功一が政行の車のそばにおいておいた
時計を拾ってまたおいていく政行。
政行の指紋をつけさせる計画でした。



なんか感想かきにくい・・・。
どこへ焦点をあてていいものか。

静奈の兄への想いはよかったし
それをきいてくれてあんなふうにいってくれる行成に
どんどんひかれていくのもよくわかります。

功一は政行を犯人にしたてあげようとしてますか。
もういっそのこと犯人なんかいなくてもいいのに
という気になってきました。
でも現実にはあんな悲惨な殺人現場なんですよねえ。
あんなひどい殺し方をしておいて
何食わぬ顔で暮らしているなんて恐ろしい。

矢崎の妻はカウンセリングに
かよったほうがいいんでは。
夫は隠しているつもりでも
妻はなんでも知っているというよくある話でした。


有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
コウイチ … 斎藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
戸神政行 … 柄本 明
サギ   … 中島美嘉
高山久伸 … 桐谷健太
桂木美和 … 池津祥子
一矢 … 杉浦太陽

有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進
 
柏原康孝 … 三浦友和


ORION
ORION
中島美嘉,中島美嘉,百田留衣,田中義人

流星の絆
流星の絆
東野 圭吾

2008.11.21 Friday 23:18 | comments(0) | trackbacks(24) | 
<< 夢をかなえるゾウ 第8話 | main | ギラギラ 第6話「家庭崩壊ホストの墓場」 >>









流星の絆 第6話
ドラマ「流星の絆」第6話 「本当の兄妹じゃない」 静奈が血の繋がった兄妹でないことを 隠し通してきた功一・泰輔だが ある日、実の父・矢崎の現在の妻と名乗る女性が「ジョージクルーニー」に来ます。 っと言うのも 「あの事件」の犯人は夫で、今までの事を夫.
| annyの日記 | 2008/11/21 11:35 PM |
流星の絆 第6話 『本当の兄妹じゃない』 感想
。゚( ゚^∀^゚)゚。ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \。゚泰輔アンタって子は! やっぱ脚本はおにいが書かないとダメなのね!!
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/11/21 11:53 PM |
流星の絆 第6回 感想
『本当の兄妹じゃない』
| ぐ〜たらにっき | 2008/11/21 11:55 PM |
流星の絆 第6話 つながる関係
『本当の兄妹じゃない』内容戸神政行(柄本明)が、犯人であると確信する功一(二宮和也)たち。そんななか静奈(戸田恵梨香)の本当の父・矢崎信郎(国広富之)の妻・秀子がやってくる。両親を殺したのは、夫であるという秀子(麻生祐未)。そして、まるで2時間ドラマ
| レベル999のマニアな講義 | 2008/11/21 11:58 PM |
ドラマ「流星の絆」第6話
兄妹の真実。新たな展開----------!! 14年間、有明の両親を殺したのは夫だと疑いつつ、一緒に暮らしてきたという矢崎夫婦。静菜のことを盾に取り、お金を15万も巻き上げた・・・という塔子の姿があったのは、矢崎の妻の妄想。この妻、かなり思い込みが激しくて
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/11/22 12:02 AM |
流星の絆 第6話「本当の兄妹じゃない」
「あんたが死んだら、あたしどうすればいいのさ!」 今日も中島美嘉が出ました! いつのまにか厨房にいるしw 「誰だよ!」 ホントに誰...
| 空色きゃんでぃ | 2008/11/22 12:03 AM |
【流星の絆】第6話
戸籍の上ではお前は俺の妹だ。何で黙ってた?何で今さら?もっと早く言って欲しかったよ。じゃなきゃ、黙ってて欲しかった。矢崎の妻・秀子は、夫が有明夫妻殺人の犯人だと思っている。矢崎は、塔子と付き合っていたことも、子供が出来た事も隠していたが、秀子は全て知
| 見取り八段・実0段 | 2008/11/22 12:15 AM |
流星の絆 第6話:本当の兄妹じゃない
犯人は誰?( ̄〜 ̄;)ウーン・・・ 矢崎信郎 @国広富之が殺したというのは、妻・秀子@麻生祐未の妄想っぽいけど ビニール傘という単語を口に出したのは、ちょっと怪しいぞ{/ase/} 泰輔演出の『黒革のハンドバッグ』は思った通り大失敗{/ee_3/}(笑) 功一やしーに実力
| あるがまま・・・ | 2008/11/22 12:37 AM |
流星の絆 第6話
突然ジョージクルーニーに現われた矢崎の妻でしたが… 矢崎本人の話によると、どうやら妻の妄想が突っ走っているらしく それゆえ自首してく...
| 日々緩々。 | 2008/11/22 12:38 AM |
流星の絆 trap6
流星の絆東野 圭吾講談社このアイテムの詳細を見る 『さらにその夜、功一と泰輔は静奈に本当の父親の事を切り出そうと決意する。ところが、話をする前に、泰輔のある一言が原因で二人は取っ組みあいの喧嘩を始めてしまう。しかもそこに静奈が現れて…。兄妹3人の関係が
| ブルー・カフェ | 2008/11/22 1:06 AM |
流星の絆 第六話「本当の兄妹じゃない」
功一(二宮和也)の働くカレー店に突然訊ねてきた女性は、 静奈(戸田恵梨香)の実の父親である矢崎(国広富之)の 妻の秀子(麻生祐未)だった。秀子は夫の矢崎が功一達の 両親を殺害したと、功一に言う。事件のあった日に矢崎が 塔子(りょう)の口座にお金を振り込んでい
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2008/11/22 1:18 AM |
「流星の絆」第6話
流星の絆第6話功一が働くカレー店「ジョージクルーニー」に、ひとりの女性がやって来た。その女性は、静奈の実の父親、矢崎信郎の妻・秀子で、14年前に功一たちの両親を殺したのは夫だと告げに来たのだ。そして、静奈に会って夫の代わりに詫びたいと言うが、功一はそ
| 日々“是”精進! | 2008/11/22 6:53 AM |
《流星の絆》☆06
(静奈)「”アリアケ”のハヤシライスと、まったく同じ味だったの。」 (泰輔「ウソだろう。」 (功一)「”とがみ亭”」は有明の味をパクッた14年前に。それで大成功した。     あの夜裏口から出てきた男は間違いなく…それを証明する指紋も、遺留品も残っ  
| まぁ、お茶でも | 2008/11/22 7:36 AM |
『流星の絆』第6話…悲しみのキーが違う
二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香主演『流星の絆』 第6話  物語も佳境に入り、徐々にギアチェンジし始めた感じです。 ┃中島美嘉・・・  中島美嘉の使い方が粋ですねぇ。  「ジョージクルーニー」で何故かジョージ (尾美としのり)と芝居してるサギ(中島美嘉)
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ | 2008/11/22 10:01 AM |
流星の絆#6
流星の絆、見ました。 全体の事件の流れとしては、 ハヤシライスのレシピを盗んだ戸神を犯人と思い定め、 時効前に彼を犯人として警察に捕まえさせること…に向かいます。 客観的な「証拠」を、警察に「つかませる」。 自分で見つけた証拠は信じようとする…確かに!!
| ほどほどの人生 | 2008/11/22 10:12 AM |
『流星の絆』第6話「本当の兄妹じゃない」memo
素直にはいかないんだろうなぁ。と思いつつも。 犯人は今出てきてる2人のどっちかか?
| つれづれなる・・・日記? | 2008/11/22 11:14 AM |
流星の絆 第6話 「本当の兄妹じゃない」
矢崎(国広富之)は秀子(麻生祐未)から自首しろと迫られていることを柏原(三浦友和)に告白するのでした。秀子は事件のことを全てスクラップして調べ上げ、矢崎を疑っていた。静奈(熊田聖亜)のことをネタにお金を定期的にゆすっていた塔子(りょう)。事件、当日も15万円も
| テレビお気楽日記 | 2008/11/22 11:53 AM |
『流星の絆』6話感想とクイズの答え
11/21(金)放送の『流星の絆』第6話、「本当の兄妹じゃない」まるで、サギ(中島美嘉)さんの挿入歌「ORION」のプロモーションビデオみたいでした。まさか、ドラマの中で歌っちゃうとはね。ちゃんとその後、セリフがあって、話繋がってたし・・・すごいよ、クド
| ショコラの日記帳 | 2008/11/22 4:56 PM |
「流星の絆」第6回
 さて、矢崎(国広富行)と柏原(三浦友和)、功一(二宮和也)と矢崎の妻秀子 (麻生祐未) の会話が平行して描かれる。 矢崎は、秀子から「自首してください」と言われてるそうで、彼女のたんすの下から発見した事件に関する記事のスクラップ帳を柏原に渡すのでした。
| トリ猫家族 | 2008/11/22 5:59 PM |
俺たちは餃子じゃない(錦戸亮)兄妹じゃない的流星の絆(二宮和也)・・・最初から知ってたよ(戸田恵梨香)
コンプレックスをどう訳すかということはこれまでにも何度か書いた。コンプレックスと
| キッドのブログinココログ | 2008/11/22 8:58 PM |
『流星の絆』 第6話
殺害事件のことを14年間ずっと知ってて黙っていたと言う矢崎の妻・秀子(麻生祐未)。今回だけでは不可解な行動は分かり難かったですね。でも重要な何かが隠されてそうな気がします。1993年11月18日 事件当日。。。矢崎は、お金に困ってると言う有明塔子(りょう)と会
| 美容師は見た… | 2008/11/22 9:12 PM |
流星の絆 第6話
あなたの心に残っている大事なエピソードですから、それはもう僕にとっては大事なあなたの話なんです。行成の言葉にホロっ。いよいよ犯人が見えてくるか!?原作を読んでしまった私はどう感想を書けばいいのやら(汗)
| アンナdiary | 2008/11/22 9:32 PM |
流星の絆 (中島美嘉さん)
◆中島美嘉さん(のつもり)中島美嘉さんは、毎週金曜よる10時TBSテレビ系列にて放送されている金曜ドラマ『流星の絆』にサギ 役で出演しています。一昨日は第6話が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2008/11/23 12:41 PM |
流星の絆 #6
夫が犯人だと言いに来た秀子 (麻生祐未) ですが、自分が思い込んでいるだけのようです・・・。ひょっとしたら、真犯人だったりして? それはないか。 夫である矢崎信郎 (国広富之) の方はというと、柏原に妻が疑ってるという告白をしていた模様・・・。そこで、自宅で
| たっくんママのひとりごと | 2008/11/23 5:41 PM |