<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ブラッディ・マンデイ 第10話 「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」

第10話 「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」
藤丸の自宅へと上がりこんでいたJ。

「僕らは・・血の繋がった兄弟なんだ。

 ほんとはね 

 僕も教える気はさらさらなかったんだよ。

 こんな 誰も得をしないような真実はさ。

 でもわかったろ。
 
 真実を知れば知るほど
 
 現実が崩壊していくんだ。

 友達まで失っちゃって たいへんだ。

 守りたいものがたくさんあるってさ。

 じゃあそういうことで」


「待て!」

Jにつかみかかる藤丸に

「あ、そうだ。
 
 さっき妹さんに注射しちゃったから。これ」


とブラッディXをみせます。
遥のところへはしっていって尋ねると
遥は何もされてませんでした。
その間に姿を消したJ。

音弥からの電話にでない藤丸。

あおいと音弥はふたりで英のお通夜へ。

竜之介の車には眠らされている真子が。

サードアイ。
ウィルステロは回避し、テロ対策国家会議への報告を鎌田に、
その間の指揮は霧島に。
教祖の神島を捕まえテロ組織をせん滅しなければと会議中
サード・アイにマヤが出頭。
みんなから銃をむけられます。

「てめえ!何しに来た」と加納さん。

「あら よかった。お元気そう。

 心配しないで。

 あなたたちのお手伝いにきたの。
 
 これ、おみやげ」


というケースの中には「BLOODY-X」

「ブラッディXと 抗ウィルス剤よ」

音弥からの電話にでない藤丸は
霧島から呼び出されサードアイに。

藤丸がくるまで何も話さないといっているマヤ。

「まだなの?高木君は」

そう簡単に藤丸をさらすわけにはいかないというと
サードアイの信用を得るためにもうひとつの証拠があると
神島の死体の場所をおしえたらしい。
工藤の前に落ちてきた血と遺体・・・。

マヤの言葉通り教祖の遺体があったため、
藤丸をマヤにあわせることに。

「やっときてくれたのね」

というマヤ。

教祖の遺体もささやかなプレゼント。

マヤはこの計画のために金でやとわれていただけで
まずいことになったので逃げてきたといい
守ってもらうかわりに、次にやつらが何をするか
話すといいました。
それで藤丸を選んだわけをきかれます。

「まず最初に 

高木君に伝えなきゃいけないことがあるの

 あなたたちに話しても

 きっと秘密にされると思ってね。

 あなたのお父さんが 

 お友達の安斎真子を誘拐した」


「親父が安斎を?」

竜之介の周波数をおしえるから
すぐにおって、というマヤ。
高木の居場所と真子の携帯の居場所が一致し
そちらへむかうサードアイ。

「安斎真子は偶然知ってしまったのよ。

 テロリストたちの重要な秘密をね」


「秘密?」

「Jの奥に隠れている もう一人の人物。

 教祖の神島じゃない」


「誰だ?」

「K。アルファベットの11番目のK」

Jの言っていた言葉を思い出す藤丸。

「何者だ?そのKというのは?」

「Jの兄弟。

 教祖がとらえられ ばらばらになった教団を

 JとKの兄弟が束ねていた。

 表向きのリーダーはJにみえるけど

 教祖の後継者ではない。

 本当の後継者は Jの奥に隠れていた K。

 高木くん、知りたくない?

 Kの正体。

 Jの兄弟がだれなのか?

 Kというのは 高木君の同級生。

 驚いちゃった。

 あなたの高校に赴任した時

 Kとあなたがすごく仲良くしてるんだもの。

 安斎真子は Kの正体を知ってしまった。

 だから口封じのために消されちゃうの。
 
 あなたのお父さんにね。

 早く捕まえてあげて。

 無益な殺生はよくないわ」


 すべてを疑え

藤丸は、霧島に何か知っているのかときかれ
さっきJがあいにきて、同級生にJの兄弟がいると
言っていたと話します。

「名前はきいたのか?

 法務大臣の・・孫。そうか」


「でたらめですよ。

 音弥が Jの兄弟なんて。

 いつものはったりにきまってる。

 こうやって混乱させて

 本当の狙いは別にあるんです!」


英がどうして学校内でウィルスに感染したのか
ずっと疑問に思っていたという霧島。

「ちがいますよ。

 そんなはずない!」


霧島はでていきます。

「あ〜あ かわいそう

 信じていた友達に裏切られるって

 どういう気分かしら」
とマヤ。

音弥について調べるよう霧島は指示。

真子は縛られていました。
目がさめると前には竜之介。

「安斎真子
 
 君には消えてもらわなければならない」


と銃をむけます。
そこへ加納さんたちが到着し突入。

「霧島さん」と声をかける澤北。

ふたりの電波がとだえ電源がきられたもよう。
加納さんたちがふたりをおいます。

竜之介の居場所をおしえないマヤ。

「どこに逃げたかって?」

「ああ」

「そんなの本人にきいてみたら?」

「アジトの場所を知ってるんだろ!」

「あたし せっかちな男は嫌いなの。

 それより、Jの兄弟についてはしらべた?

 先生 
 
 あなたが答えを導き出すのを 待ってるのよ」


真子を車に残し、竜之介はアジトの中へ。
そこにはJがいました。

「みんなはどうした?」

「導師様を探している。

 昨日から見当たらない」


「そうか」

「その顔は何かしってる顔だね」

「導師様から連絡があった」

「どうして僕じゃなく君に?」

「厳密にいえばKを通じて」

「Kが?」

「『時はきた。宝石箱をあけよ』と」

「ふ〜ん。

 それは僕の方程式からはずれてるけど。

 そういえば 君や折原マヤは

 Kに雇われてるんだったよね。

 そういうことか・・」


「『宝石箱』とはなんだ?」

「そんなの、K本人にきけばいいじゃない」

 真実は、宝石箱の中にある

 宝石箱を開けよ


かおるは復元したファイルを宗方に渡します。

音弥の調査結果をきかされる藤丸。

音弥の母・美和子は20年前に教団にいて、
今から2年前、教団のテロ未遂の後に自殺。
音弥が教団と無関係とはいえないと
音弥を尋問する気の霧島。

「時間の猶予はない。

 安斎真子は危険にさらされてるんだ。

 もし本当に九条音弥がJの兄弟Kであるなら

 手段を選んでいる場合ではなくなる。

 いいな」


「なら たのみがあります。
 
 俺をそこに同席させてください。

 俺は信じますよ。音弥のこと。

 俺はあいつを信じる」


 信じる者は 滅びる

音弥もサードアイによばれました。
なぜよばれたのか不思議そうな音弥。
音弥は霧島から話をきかれます。

「君の母親 九条美和子さんは

 かつて神島紫門の教団にいたね。

 まちがいないね」


「はい。まちがいありません。

 母からきかされていました。

 でももう、俺が生まれる前にやめたって」


神島が死んだときかされる音弥の祖父に
美和子の資料をみせる鎌田たち。
美和子は教祖の子どもをみごもり出産、
その子どもがJこと神崎潤。
そして音弥も紫門と美和子の子どもではないかと
たずねます。

音弥も、Jと兄弟で、
音弥=K疑惑を霧島からきかされる音弥。
美和子の自殺はテロ未遂の直後、二年前。
教団をおいこみ、母を死においやったのは
テロ計画をあばいた藤丸やサードアイ。
母親のかたきうちとして、Jといっしょに
今回のテロ計画をたてたのかもしれないという霧島。

「そんなはずない!」 と叫ぶ藤丸。

霧島は澤北によばれてでていきました。

大臣も音弥も否定はせず
でも演技の可能性もあるので
あとは藤丸にかかっているという霧島。

藤丸と音弥。

「お前は何も関係ない」

「本気でそう思ってんのか」

「ああ」

「だったら・・どうしてここが盗聴されてる?」

「なにいってるんだ?」

「まじで盗聴器があるんだな。

 かまかけて言っただけなのに」


「こんなことききたくない。

 だけどきかなくちゃいけない。

 安斎は今 俺の親父に誘拐されてる

 おまえが何かしってるならおしえてくれ。
 
 もうこれ以上 友達を失いたくない」


「おまえ俺のこと信じてないんだな。

 真子のことは何も知らない。

 これで満足か?」


真実の証明、現実の崩壊

音弥は別室で軟禁・・・。

藤丸は

教会の映像をみる宗方。

「これは・・」と何かに気づきました。

「どうしました?」

 すべては、宝石箱の中にある

真子はまだ竜之介につれまわされていて
竜之介が車からおりたときに携帯に手をのばし
電源をいれどこかに電話をかけようとしましたが
そこへ竜之介が戻ってきました。

 血の月曜日

音弥と藤丸、それぞれ考え込んでいます。

自分を心配してくれ、助けてくれた音弥。

霧島とマヤ。

「私の予想だとあの二人

 もう修復不可能だと思うんだけど。

 まあ 当然よね。

 かたや教団の子ども、かたやサードアイの子ども。

 はじめからうまくいくわけなかった」


「何が狙いだ?」

「私はただKの正体をあかし

 彼らの組織を壊滅してほしいだけ。

 私のためにも 国のためにも」


「国のため?ふざけるな」

「だから霧島さん。

 ここからが本当の取引。

 私を教団に戻すの」


「何?」

「私を戻せば やつらが何かしでかすまえに

 組織を空中分解させてあげる。

 恐ろしい宝石箱のありかも

 安斎真子を拉致した 高木竜之介の行方も

 すべてしらべてあげる」


「ばかなことを言うな。

 我々にお前を信用しろというのか」


「ええ。

 あなたたちが下手に手をだしたら危ない。

 内部を知ってる私でないと

 すべて一瞬で終わってしまう」


「どういう意味だ?」

「宝石箱が開く」

「宝石箱?」

「ウィルスよりもっと恐ろしいこと。

 その中味を知っているのは JとKのみ。

 兄弟は やがてくるこの世の週末を

 特別な言葉で信者たちに伝えていた

 『ブラッディ・マンデイ』」


藤丸はあおいによびだされます。
真子に電話しても電源がきられていたけど
今はコールがなるけどまったくでないというあおい。

藤丸はPCをひらきます。

「これで安斎を助けられる」

「助ける?」

「安斎は おやじに誘拐されてる。

 待ってろ。今居場所を特定してやる」


マヤはアジトへ。
銃をつきつけられながら中へ。

「おかえり マヤ」 とJ。

「どうも」

「僕のプランにそむき

 ウィルスもまかずに

 一体今までどこで何してたんだい?

 もう罰をあたえなきゃいけないね」


テロリストたちから銃をむけられます。

「じゃあいいよ」

「Kが監禁されています」

「監禁?」

「はい。

 もうひとつ ご報告せねばならいことが」


「なんだい?」

「Kが監禁される前から

 直接の指示をうけ

 あることについて調べていました。
 
 導師様が 何者かによって殺害されました。」


驚くJと動揺するテロリスト。

「すでに サードアイがその遺体を回収しています。

 セキュリティコードをおしえます。

 サードアイをハッキングしてみてください」


「ブルーバード!」 と指示するJ。

藤丸は真子の居場所をとらえます。

「いくの?」

「ああ」

ハッキングした安藤は神島の死体検分調書をみせます。
驚くテロリストたち。

「もしかして 君のしわざかな」

「J あなたよ。

 導師様を殺したのは J。

 それをみんなに教えようと思ってきたの。

 あなたたちは だまされてるのよ」


みんながJをみつめます。

「証拠でもあるの?」

「サードアイの捜査資料に続きがあります」 と安藤。

目撃された男としてJの顔写真が。

「予定通り 

 敵が偽の資料にハッキングしました」
 と澤北。

マヤに銃をむけていたテロリストが
マヤから離れます。

「そうか。

 サードアイとぐるになったんだ」
 とマヤにいうJ。

「なんの話?」

「いや。Kか。

 まあいい。

 いずれにせよ 

 僕のプランからはだいぶズレが生じた。

 みんな 僕を信じるも信じないもすべて自由だ。

 動揺している暇はない。

 僕らにはKがいるんだ。
 
 Kの意志なら僕は従う。
 
 宝石箱を開けよう。
 
 それがKの意志だ。

 これでいいんだよね?K」


藤丸とあおいはタクシーで移動。
霧島にマヤが電話。

「すべてうまくいった。

 まもなくJは教団トップから引きずりおとされる」


「それで 宝石箱のありかは?」

「やつらより先に 必ずとりにいってよ」

「ああ」

霧島は現場付近での不審者の目撃情報を調べるよう指示。

復元を終えた映像ファイルのことで
宗方が霧島に話を。

「この クリスマスの虐殺というのは

 ロシアで現実におきた出来事なんですね」


「ええ」

「そうですか」

「どうしたんです?」

「ここに真実がかくされています」

 真実は、そこにある

九条大臣が苑麻をよびます。

「政治家には 秘密がつきものでね」

「お話していただけるのですか」

「ああ 君たちの質問にこたえよう」

「大臣のお孫さんは 

 テロリストのリーダーなのでしょうか?」


「ああ そうだ」

暗い表情の音弥。

真子は工事中の教会へつれてこられました。
後ろから銃をむける竜之介。
そこへ藤丸とあおいもつきました。

あおいを待たせて中へ入っていく藤丸。

真子に銃をつきつけている父を見つけます。

「親父!

 何してんだ?!親父!」


「帰れ!藤丸!おまえはかかわるな!」

「ふざけんな!」

「来るなっ!!」

「藤丸 止まれ!!」

大臣と苑麻。

「やはり あなたの娘さんである

 九条美和子さんは 教祖神島の子どもを産んだ」


「そうだ」

「それが 神崎潤と 九条音弥の兄弟」

「違う。

 音弥は 神島の子どもではない。 

 教団を去った美和子と

 私の秘書との間に出来た子だ。

 テロリストとは何の関係もない」


竜之介たち。

「それ以上近づくな。

 藤丸っ!」


「助けて!高木君!」 と真子。

「今すぐここからでていけ」

「親父!もうこれ以上誰も傷つけるな!

 安斎は 安斎は俺の大事な友達なんだよ」


こちらをふりむいた竜之介。
マヤが発砲し、竜之介の手から銃がおちました。

あおいはたおれていました。

藤丸は父にとびかかります。

「親父・・もう自首してくれ」

「違うんだ。藤丸」

「何が違うんだよっ!

 言い訳はききたくない!」


「藤丸!

 逃げろ」


「はっ?!」

真子がこちらに銃を向けていました。

「ありがとう 高木君。

 また助けてもらっちゃった。

 でもバイバイ」


真子が藤丸を撃とうとしたのをかばい
竜之介が撃たれました。

「何してんだ?

 どういうことだよ 安斎」


「お友達が呼んでますよ。K」 とマヤ。

無表情の真子、目をみひらき驚く藤丸。
倒れている竜之介。笑みをうかべるマヤ。



先週までは検索ワードが
「ブラッディマンデイ kの正体 安斎真子」だったのが
今週ずっと

「ブラッディマンデイ kの正体 安斎真子 なぜ」

と「なぜ」がついていました。

ええ、ほんと「なぜ?!」ですよ・・。

教祖の子どもなのもJのきょうだいなのもわかったけど
こんな小娘(2年前や3年前はもっと幼い)がなぜラスボス?
教祖の娘があがめられるのはわかるけど
その教祖をも操っていられたのはなぜですか。
納得いくような理由を来週みせてもらいたいです。

藤丸のことを恨んでいたにしても
英への態度やあのアルバムをみたときの涙は
なんだったの?!とたぶん藤丸と同じくらいショックです。

藤丸に信じてもらえなくてこちらもショックをうけていた
音弥もかわいそう・・・。

マヤは大嘘ついて二人の仲をかきまわしにきただけのような。
本来の目的は真子を助けることだったけど
マヤにまんまとのせられてまた釈放してしまうサードアイ、
どれだけお人よしなんだろう・・・。
全身麻酔かけて気づかれないように発信機とか盗聴器でも
埋め込んでからにすればいいのに。


(記事アップは10時すぎてからなのに9時台のアクセス数が約700。
 真子がKだとわかっても
 「なぜ」と思う人はたくさんいるんですよ、きっと)




高木藤丸 ファルコン(三浦春馬)
九条音弥 クラスメイト・新聞部部長(佐藤健)
朝田あおい クラスメイト(藤井美菜)
安斎真子 クラスメイト(徳永えり)
立川英 クラスメイト(久野雅弘)死亡

高木家
高木竜之介 藤丸の父(田中哲司)
高木遥   藤丸の妹(川島海荷)

テロリスト
折原マヤ 実行部隊・生物教師(吉瀬美智子)
出門丈一 殺し屋  (TET)
「J」  参謀 (成宮寛貴)
宝生小百合 (片瀬那奈)死亡

THIRD−i(サードアイ)
苑麻局長(中原丈雄)
加納生馬 現場捜査官チーフ(松重豊)
南海かおる 現場捜査官(芦名星)
霧島悟郎 情報分析官チーフ (吉沢悠)
工藤明 情報分析官(久保田将至)
澤北美姫 情報分析官(阿南敦子)
沖田耕一 課長 (工藤俊作)死亡
鎌田(斎藤歩)

敷村壮介 ウィルス学者(神保悟志)死亡

警察庁捜査一課
船木勘助(蛍雪次朗)死亡
伊庭刑事(尾崎右宗)

神島紫門 (嶋田久作)
石川 看守
中川沙織 霧島の婚約者(原田佳奈)死亡


ブラッディ・マンデイ DVD-BOX 1
ブラッディ・マンデイ DVD-BOX 1


BLOODY MONDAY 9 (9) (少年マガジンコミックス)
恵 広史,龍門 諒


unreal
unreal
flumpool

佐藤健写真集『深呼吸。』
ワニブックス



NEO ACTOR(ネオアクター) VOL..4 (廣済堂ベストムック 125号)
NEO ACTOR(ネオアクター) VOL..4 (廣済堂ベストムック 125号)
廣済堂出版

BEST ACTOR 4 (OAK MOOK 255)
BEST ACTOR 4 (OAK MOOK 255)
オークラ出版

Cool-Up (クールアップ) 2009年 01月号 [雑誌]
Cool-Up (クールアップ) 2009年 01月号 [雑誌]
音楽専科社

CAST-PRIX ZERO vol.2
CAST-PRIX ZERO vol.2

GOOD☆COME[グッカム]vol.9 (TVガイドMOOK)
GOOD☆COME[グッカム]vol.9 (TVガイドMOOK)

GyaO Magazine (ギャオマガジン) 2009年 01月号 [雑誌]
GyaO Magazine (ギャオマガジン) 2009年 01月号 [雑誌]
USEN

【BACK NUMBER】ブラッディ・マンディ 箔プリントロンT(ドラマ内着用モデル) メンズ
【BACK NUMBER】ブラッディ・マンディ 箔プリントロンT(ドラマ内着用モデル) メンズ
2008.12.13 Saturday 22:10 | comments(8) | trackbacks(23) | 
<< Betsucomi (ベツコミ) 2009年 1月号 | main | 炎神戦隊ゴーオンジャー 〜GP-43 「年末オソウジ」 >>
sorcerer (2008/12/13 11:00 PM)
honeyさんこんばんは!

私も原作読んでないからよく分からないけど、
モデルになったと思われるあの某教団で、
当時小学校6年生ぐらいの教祖の娘の事とかが、
ワイドショーで話題になってた記憶があるので、そういうのを
モデルにして書いたんじゃないですかね??

2〜3年前といっても、中学生ですからねー、
全くの子供とも言えないかな?と思います。

最終回楽しみだねー!
どんな終わり方するのかなー?
honey (2008/12/13 11:11 PM)
sorcererさん、こんばんはー。

アー●●●って人ですね。
それにしても教祖よりカリスマ性あるのかな。
警察も教祖の子どもの消息くらい
つかんどけばいいのに。

宝石箱その他楽しみです。
今日のサブタイトル炎上になってたけど
炎上してなかったね。
けろりん (2008/12/14 5:25 AM)
honeyさん、こんにちは!

Kが真子だっていうのは、本当、検索ワードでバレバレだったんだけど(笑)。

それより何で「K」なのか気になりますよ!!
「J」が潤だから、なのはわかるのに(笑)。

私もなぜあんな…といっては何ですが、小娘がそんな大物なのー?と聞きたいです。
意外性を狙い過ぎじゃないですかね…納得のいく理由じゃなかったら怒りますわ。
教団の人達から崇められるならわかるけれど、教祖よりも上っぽかったですものね??

しかも、何だか全くオーラもないし(笑)。
オーラという点では、亡き教祖様はすごかったです!!

Kの正体はわかってしまっていましたが、別に問題なく、楽しく観られていますよね〜^^
honey (2008/12/14 2:11 PM)
けろりんさん、こんにちは。

ほんとにねえ・・。
ちなみに今日の検索ワード1位は

ブラッディマンデイ 宝石箱とは ネタバレ

でした。ここまできたならネタバレじゃなくてドラマで
知る方が絶対楽しいと思うけど。

Kのイニシャルの人でまわりをかためておいて
Kじゃない安斎真子がKだっていうのは
ひっかけすぎですよ。
そのへんもふくめ、なぜ真子がラスボスなのか
最終回でしっかりみせてもらいたいですよね。

るんるん (2008/12/19 10:00 PM)
なんか・・
神崎じゅんをローマ字にして
Kを抜いたら
<安斎>になりますよ!!
偶然ではない気がするのですが・・
honey (2008/12/20 8:19 AM)
るんるんさん、こんにちは。

TB先のブログ様でそれ知りました。
よくありますよね。
アスミタ (2008/12/20 2:08 PM)
初めまして。
このドラマとJとKを深く知りたくていろいろ当っていたらこちらに辿り着きました。

コメントで、
> 意外性を狙い過ぎじゃないですかね…納得のいく理由じゃなかったら怒りますわ。
> 教団の人達から崇められるならわかるけれど、教祖よりも上っぽかったですものね??
というのがありましたが、
私も、なぜ高校生程度がという疑問と、この謎の意外性が、逆に一気にファンになりました。

考えるに、殺害された神島教祖は、何年か知りませんけど、犯罪で拘置されていたんですよね。
とすれば、その間カルト教団で教祖の子供で才能ある高校生が、動けない教祖よりも優位に動いたり特別な秘密があったりで支配的な立場になっていったのではないかと推測します。

でも、ほんと恐ろしいことです。
アフガニスタンやアジアや中近東など、義務教育の代わりに国際テロ組織にテロ教育されて育つ子供がここ十年増えているようです。
日本ではまだまだ対岸の火事ですが、このドラマでも参考にされたに違いない(教祖に言われて各繁華街に散って行く信者の行動−まさにあの事件そのものでしたね)、オウムを教訓に、様々なタイプのテロを日本でも警戒し意識する必要のある時代になってきたのではと考えされられます。
honey (2008/12/20 5:17 PM)
アスミタさん、こんばんは。

Kがそれほどのカリスマ性があるというのを
最終回でみせてもらいたいですよね。
神島が塀の中にいる間あがめられていたのにしても
Jもいるうえに、そこまで教団を操る存在として
君臨しているんならサードアイがKについても
(というか教祖の娘についても)把握していても
いいような気がするんですが。

洗脳されてしまうと恐ろしいですね。
目的のために自爆テロとか
素晴らしいことのように思っているくらいですから。









ブラッディ・マンデイ 第10話
音弥はJの弟!? 堂々と高木藤丸(三浦春馬)の家にあがりこんできたJ・神崎潤(成宮寛貴)は、九条音弥(佐藤健)が自分と血の繋がった...
| 空色きゃんでぃ | 2008/12/13 10:17 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話 感想
僕らは血の繋がった兄弟なんだ…。 Jと音弥は兄弟という衝撃の告白! コレはねぇ原作でも超〜オドロキだったのですよ! Kの正体についてネタバレってますので、録画組の方はお気を付けて!
| メガネ男子は別腹☆ | 2008/12/13 10:18 PM |
ドラマ「ブラッディ・マンデイ」第10話
Kの正体----------!!クライマックス近いってことで、どんどん明かされる事実。でも二転三転する展開に、ますます目が離せない(><)高木に連れ去られた安斎。テロリスト拉致逮捕。だが彼らは信心深く、何も話そうとしない。だが、そこへ堂々とマヤがサードアイに乗
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/12/13 10:20 PM |
「ブラッディ・マンデイ」第10話 時は来た、宝石箱を開けよ
兄妹はやがて来るこの世の終末を特別な言葉で信者たちに伝えていた
| バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る) | 2008/12/13 10:28 PM |
ブラッディ・マンデイ 第十話「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」
J(成宮寛貴)から、僕と音弥(佐藤健)は血の繋がった兄弟だと聞かされた藤丸(三浦春馬)。その上、Jは遥(川島海荷)に注射をしたと言い出し慌てる藤丸。幸い何もされてないと言う遥。音弥から電話が来るが、藤丸は出る
| 掃き溜め日記-てれびな日々- | 2008/12/13 10:40 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10回 感想
『東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ』
| ぐ〜たらにっき | 2008/12/13 10:47 PM |
ブラッディ・マンデイ 10話
あー!これでやっとKの正体書けるよー! ちょうどwikiでUPされた時に見ちゃって、その後は消されてたけど、 yahoo知恵袋とかには載ってたからねー。知ってる人は知ってると思うけど。 しかし、検索ワードで、Kの正体知りたがってる人がいっぱいいるんだなぁ。 って
| ふしぎなことだま | 2008/12/13 10:50 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話:東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ
やっぱ安斎がKだった!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!! 前回の記事内でも書いたように、HN:Jさんのコメント通りになっちゃった! そそ!前回は、急に身内の不幸があったせいで、コメントのお返事やTBのお返しも お出掛けコメントする時間が無くて、ごめんなさいでした{/do
| あるがまま・・・ | 2008/12/13 11:03 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話 新たな展開
『東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ』内容J(成宮寛貴)から、音也(佐藤健)が兄弟であると告白された藤丸(三浦春馬)そして、妹・遥(川島海荷)に注射をしたと言い残し立ち去ってしまう。そのころサードアイに、抗ウイルス剤を持ちマヤ(吉瀬
| レベル999のマニアな講義 | 2008/12/13 11:11 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話
10話「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」 やっぱKは音也かぁ・・(涙)と思わせておいてのこの展開はなんです...
| shaberiba | 2008/12/13 11:13 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話
THIRD-iにトランク持参で訪れたマヤ。 中身は抗ウイルス剤。 金で雇われていただけというマヤは、THIRD-iに力を借りるために取引を持ちかけます...
| 日々緩々。 | 2008/12/13 11:15 PM |
裏切り・・・嘘だと言ってくんちぇ〜!!!(ブラッディ・マンデイ#10)
『ブラッディ・マンデイ』数学者・神崎潤ことテロリスト参謀・アルファベット10番目のJ@“悠仁とメロンソーダを愛する男”成宮寛貴の奥に隠れていた、アルファベット11番目のK・九条音弥@“仮面ライダー電王”佐藤健こそが、導師様=レクター博士&麻原みたいな神島
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2008/12/13 11:33 PM |
ブラッディマンデイ10 真子は20世紀少年の「ともだち」か!?
家庭用アイスメーカーくるりんアイスクリン 今日はマヤ(吉瀬美智子)大活躍です! しかも吉瀬美智子の唇アップがやたら多い!!この人何でこんなにエロいんだ? 特に唇右のほくろがたまらなくエロイ! それに めちゃ悪女! あいつに取り込まれるな と言
| ぱるぷんて海の家 | 2008/12/14 12:03 AM |
「ブラッディ・マンデイ」第10回
 やはりKは、真子様でしたか・・・ 藤丸父(田中哲司)は、教団のリアル指導者であるKを始末して、教団の解体させようとしていたんだね・・ 私は、最後まで信じてましたよ・・ 藤丸よ・・・父を信じてやって欲しかった・・・ 音弥(加藤健)のことは疑っていたの
| トリ猫家族 | 2008/12/14 12:33 AM |
ブラッディ・マンデイ 10話 感想
とうとう! 今週「K」の正体が明らかになりました!!
| けろりん的ひとりごと | 2008/12/14 5:36 AM |
「ブラッディ・マンデイ」第10話
10藤丸の家に上がり込んでいたJは、自分と音弥は血のつながった兄弟だと打ち明け、さらに藤丸の妹の遥に注射を打ったと言い残して去っていく。信じていた音弥にも裏切り者の可能性が浮上したことで藤丸は動揺し、2人の関係はぎくしゃくしてしまう。一方、サードアイ
| 日々“是”精進! | 2008/12/14 6:53 AM |
BLOODY MONDAY 第10話
ブラッディ・マンデイの第10話を見ました。第10話藤丸が帰宅すると、そこには遥と遊ぶJ。「お邪魔してます、高木藤丸くん。君の方程式を崩してあげるよ。THIRD-iに連絡する前にさ、知りたくないかい?九条音弥のこと、君の大切な友達と僕の関係だよ?」「お前と音弥が
| MAGI☆の日記 | 2008/12/14 11:34 AM |
三浦春馬の「ブラッディ・マンデイ」第10話…Kの正体
三浦春馬の「ブラッディ・マンデイ」第10話  機嫌良くご覧の皆さんには申し訳ないけど、「ブラッディ・マンデイ」を見ているとついついツッコミを入れたくなってしまうのです・・・ゴメンなさい。(マヤ風に) ┃ Jが家庭訪問  藤丸(三浦春馬)の自宅に来
| 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ | 2008/12/14 12:01 PM |
《ブラッディ・マンデイ》★10
「僕らは、血のつながった兄弟なんだ。」そう言って、Jは藤丸を見た。 「ほんとはね、僕も君に教える気はさらさらなかったんだよ。 こんな・・誰も得をしないような真実はさ。 でも、解ったろう。真実を知れば知るほど、現実が崩壊していくんだ。 友達まで失っちゃって
| まぁ、お茶でも | 2008/12/14 12:08 PM |
ドラマ『ブラッディ・マンデイ』第10話
やっぱり。『K』は・・・
| 頑張る!独身女!! | 2008/12/14 10:12 PM |
ブラッディ・マンデイ その10
第10回目Jから音弥の秘密を聞いた藤丸は音弥に不信を抱く一方マヤはブラッディーXと抗ウィルス剤と教祖の死体を手土産にTHIRDiに投降マヤからも音弥(正確には藤丸のクラスメート)がJの兄弟にして組織のリーダーだという話を聞かされ、音弥を取り調べるマヤは再び組織
| 酔生夢死 | 2008/12/15 10:32 PM |
ブラッディ・マンデイ 第10話
「東京炎上!?死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」 マヤ…恐ろしい子…!!(by : ガラスの仮面) マヤはホントに頭のキレる女性...
| *うわのそらブログ* | 2008/12/16 5:38 PM |
「ブラッディ・マンデイ」(第10話:「東京炎上!? 死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」)
12月13日に放送された「ブラッディ・マンデイ」(第10話)は、J(成宮寛貴)が、音弥(佐藤 健)と血のつながった兄弟である事を藤丸(三浦春馬)に明かす、というところからストーリーは展開していく。鉄火丼は今回のエピソードを見ていて、「最終回への前フリかな…
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2008/12/18 1:08 AM |