<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今日からマ王! 第三十三話 「予期せぬ再会」

第三十三話 「予期せぬ再会」
怪我したベリエスの手当てを
ギーゼラにたのむ有利。
サラにもベリエスにも何か事情が
あるかもしれないというと
ヴォルフに

「まだ信じるつもりなのか?」といわれますが

「うん。決めたんだ。

 何百回、何千回裏切られても

 サラを信じるって」


ときっぱりいう有利。
気持ちはしっかりかたまっていました。
ベリエスに知っている事をおしえてほしいといいました。

みんなに無茶をすると言われるコンラッド。

「必ず生きて帰ってくるつもりだったんだ。

 たとえ どんなことをしても

 そう約束したから」


アーダルベルトからの情報によると
大シマロンは混乱していて
しばらくこちらへせめこむこともないだろうとのこと。

有利はサラに手紙をだし、ベリエスが無事だと知らせ
なおったら必ず返すと書いたそう。

ヴォルフは文句をいいますが
コンラッドは一人の剣士として
正々堂々と勝負しただけ、と遺恨はなし。

母が赤ん坊のサラを抱いて歩いている夢を
みていたサラ。
有利からの手紙がとどきました。

血盟城はいつものように平和が戻りました。
サラを本当にかえすのかときかれ

「あの人はサラにとって

 大切な人なんだと思う。

 今もきっと心配しているだろうし」


「だからといって!」

「俺も勝利がさらわれたとき

 ものすごく心配だった。

 自分がされていやなことは

 人にもするなって

 お袋にも言われてるからな」


という有利。

コンラッドと「おかえり」「おかえりなさい」
の会話あり。

有利の言葉を思い出していたベリエスのところへ
コンラッドがやってきました。
あのときサラに矢を放ったのはサラか、
サラのしようとしていることはまちがっているというコンラッド。

サラは有利がおもしろいと言っていて
ベリエスも少しその気持ちがわかるようになってきた、
そして自分はサラに忠誠を誓う気持ちに
嘘偽りはないときっぱり。

サラは一人で眞マ国へやってきました。
丁寧な挨拶をするサラ。
船から落ちてそのまま遭難したかと思っていたと
白々しくいうサラにヴォルフは怒りをみせますが
有利はサラとふたりで馬車にのり
話をきりだします。

「俺は怒っているんだ。

 人をだましたり利用したり

 俺はそういうやり方は大嫌いなんだ

 勝負するなら正々堂々と勝負しろ。

 隠し玉を使うようなまねはするな」


だけどサラは笑いだし

「やっぱりおもしろいな。有利は」

とまじめな会話にならず。

これからも小シマロンと仲良くしていくという有利。


「そりゃあ 今までどおりってわけにはいかないけどさ」


とつけくえてました。

ベリエスにあいにきたサラ。
勝手に眞マ国にいったベリエスをよく思っていないけど
むかえにきたさサラに
ベリエスは「帰れません」と言います。

その夜、城のみんなが次々と眠らされていきます。

サラを信じるという有利にヴォルフ、

「わかった。僕もお前を信じる。

 お前が何度裏切られても

 僕がお前を守ってやる。
 
 だっ、だからお前は心おきなく

 何度でも裏切られてもいいからな!」


最後のセリフがいいですねえ。

そのとき、風が強くなり
城の異変に気付いたヨザックたちがやってきます。
城の中に法術の気配がするらしい。

有利はアラゾンに肩をつかまれ
動けなくなってしまいました。

アラゾンは勝利ではなく
有利をつれていくつもり。
神剣の真の使い手だと思ったようです。
どうか民をお救いくださいと頼むアラゾン。

そこに姿をあらわしたベリエス。
軟禁されていた部屋からでてきて
髪の色もかわっていました。

「ベリエス なぜ、おまえがここに?」

「え?知り合いなの?」

驚く有利。
アラゾンがなぜここにいる目的も知っているのに
有利を渡すわけにはいかないといいます。

「有利陛下なら あの方の心を救うことが

 できるかもしれない。

 あなたは あの方を捨てておいて
 
 その大事なものまで 奪うつもりですか」


そこへサラもやってきました。

「おまえ 有利から手を放せ」

サラをみて驚くアラゾン。

「サラ・・・」

有利、動けるようになりました。
アラゾンは姿を消します。
目をさますグレタ。

「まさか・・そんな・・

 あれは・・母上」



うわー、なんかすごく気になるところで
続いて年越し!

サラは母に捨てられたせいでこんなに
ゆがんじゃったんですかねえ。
たしかに有利といるなら
癒されそうです。
ベリエスは本当にサラのことを
思っているんだなとよくわかりました。


マ王レビューでお世話になった皆さま
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくおねがいします(^.^)


2008.12.26 Friday 09:10 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的113 「電光、再来」 | main | 黒執事 第十三話 「その執事、居候」 >>
JUNKO (2008/12/26 1:59 PM)
>honeyさん、こんにちは

びっくりの展開でしたー!
ベリエスはいきなり美男になるし。
いや、黒髪もいいですが、
この顔なら、金髪のほうが数段好みです(^^)
予告のミニ・サラもかわいかったし、
年明けが楽しみ。

なお、黒執事は、こちらでは夕べは放送なし。
いつ放送するんだー!
調べなきゃいけません・・・。
honey (2008/12/26 5:46 PM)
JUNKOさん、こんばんは。

ここへきてお正月休みの前にびっくりでしたね。
ベリエスは今までサラのパシリ状態だったのに
今回はさからったりもしてたのもよかったかと。

それはお見逃しになりませんよう。
アグニとセバスチャンの対決はみものでしたよ。

(のだめの最終回まんまとみのがしました。。。)









今日からマ王! 第33話 予期せぬ再会
神剣を持って、眞魔国へ行くつもりらしいアラゾン。
| アニメ雑記帳 | 2008/12/26 2:18 PM |
『今日からマ王3nd』#33「予期せぬ再会」
「サラ、俺は怒っているんだ」 自分がされて嫌なことは人にもしないということで、 捕らえたベリエスをサラのもとに返そうと言い出した有...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2008/12/26 4:50 PM |
今日からマ王!第3期 第33話「予期せぬ再会」
決めたんだ。何百回裏切られても、サラを信じるって-----------。今回はタイトルに騙されたって感じだったわ。最後、えらいことになってきましたねぇ・・・ コンラッドとの対決に敗れたベリエスは、自ら眞魔国に囚われの身となった。有利はサラレギーに宛て、ベリ
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2008/12/26 9:32 PM |