<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今日からマ王! 第三十四話 「聖なる王国」

第三十四話 「聖なる王国」
「あの人は私の母なのか?

 答えろ、ベリエス」


「あれは私の姉であり

 聖砂国の王

 そして、陛下の母上です」


その言葉に驚く一同。

眠らされたみんなも目をさましました。

ベリエスから何もしらされていなかったことで
傷つくサラ。

「彼は 私を裏切った」

有利はベリエスにサラに事情を話してくれるよういい
コンラッドも同じく。

18年ほど前、小シマロンの第一王子であった
サラの父・ギルバルトの船が大破し、
聖砂国にながれつき、アラゾンが助け
二人が愛し合いやがて男の子が生まれます。
それがサラ。
神族と人間の間に生まれた子どもであり
一国の王と他国の王位継承者の間にうまれた難しい言葉。
さらに聖砂国は神剣を失い衰退をはじめていて
ギルバルト殿下の存在は国内でも危険だとおもわれ
ほとんど法力のないサラをギルバルトに預け
荒廃する国のため、アラゾンは神剣の捜索にでることに。

神剣捜索の旅は長く過酷なものであり
傷ついたものを捨て去り先を急ぐアラゾンに
意見したベリエスは対立し
姉のもとを離れ、小シマロンのサラのもとへ。

幼いサラをまかされたベリエス。
ギルバルトはいつもサラを気にかけていたけど
どう接していいかわからなかったらしい。

「いまさらそんなことをいわれても何になる」というサラ。

「父にはだきしめられたこともなく

 いつも遠い存在だった。

 私は誓ったのだ。

 父を超える偉大な王となり

 私の存在をあらゆるものに

 認めさせてやると。
 
 ふっ・・滑稽な。

 父もまた 自分を捨てた母を憎んでいたのか」


サラが聖砂国の王の息子だったことを
政治的に利用しようとすることを
有利が納得するはずないと
ちゃんとグウェンダルたちもわかってました。

王としての責任を選んだアラゾンの気もちを
思いやるツェリ様。

「わが子を手放すなんて。
 
 たとえどんな理由があろうとも

 決して平気ではなかったはずよ。

 どんなに離れていても

 いつも気にかけている。

 母親ってそんなものよ」


アラゾンもきっとそうなのかなという有利。
傷ついたサラも有利がそばにいるから大丈夫
というツェリ様。

そこへやってきたグレタをみて
有利はサラに約束した眞マ国の案内をすることに。
あまり乗り気ではないサラにサラを紹介し
城の中を案内してまわります。

サラはメイドたちにも人気。
ダカスコスのつれたアオも紹介され
必要以上にかしこまるダカスコス、
でもアオにひっぱっていかれました。

アニシナは魔動装置を開発。
法力ホイホイとりたろう君。

さっそく機械が反応し爆発する音が。。。。

コッヒーたちもサラを歓迎し
花をふらせます。

ベリエスとコンラッド。
ベリエスも有利ならサラの孤独をいやしてくれるといいますが
それだけではたりないんじゃないかというコンラッド。

城の屋上から夕焼けにそまる国をみる3人。
「この国にすむものをすべて家族だとおもっているんだね」
というサラに、サラだってそうだという有利。

「それに、いつだってそばにいてくれる人がいるだろう」

ベリエスは、サラに秘密をもっていたことを
あやまります。

「しかし、これまでも これからも

 私の忠誠は あなたのものです。

 私はいついかなるときも

 陛下のおそばにおつかえいたします」


サラはベリエスに近づき、
ひざまづいているベリエスにしゃがんで
肩に手をかけます。

ムラケンと眞王。
有利への信頼はあついけど
ムラケンはジェネウスが気になる様子。

ジェネウスが険しい顔をしているところで続く。



アラゾンが国のためしかたないとはいえ
一度はギルバルトと恋に落ちていたんだから
お互いの立場関係なく、サラが幼いころだけでも
仲良し家族をやれていたら、サラの性格も
違っていたんではと思います。
ギルバルトのほうはずっと好きだったようにみえるし
息子に妻へのぶんの愛情もそそいでやってたらなあ。



2009.01.09 Friday 09:31 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< ありふれた奇跡 第1話 | main | 黒執事 特別編タナカのナレーションで振り返る『黒執事』前半戦ダイジェスト」 >>









今日からマ王! 第34話 聖なる王国
ベリエスに、アラゾンが母親なのか確認するサラレギー。
| アニメ雑記帳 | 2009/01/09 3:27 PM |
『今日からマ王3nd』#34「聖なる王国」
「あれは私の姉であり、聖鎖国の王。そして陛下のお母上です」 あっさり暴露しちゃうベリエス!! 髪と瞳の色は法術で変えていたようです...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/01/09 4:15 PM |
今日からマ王!第3期 第34話「聖なる王国」
新年最初のマ王です♪そうそう、サラとアラゾンの意外な関係が判明して驚きの事実に驚愕したんだよねぇ。  サラレギーとベリエスの姿に困惑し、姿を消したアラゾン。サラレギーはベリエスを問い詰める。やがてベリエスは重い口を開き、語られる驚愕の事実。部
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/01/09 10:28 PM |