<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

赤マルジャンプ 2009WINTER 感想

赤マルジャンプ 2009WINTER 感想
リボーンの「サザンクロス」×CCGのSPコラボカード
さらに本誌にカードの遊び方のマンガつき。
といわれてもたぶんこの先もカードゲームはしない、、


アニメ銀魂なんちゃって劇場版ポスター

 ジャンプ本誌でさんざん宣伝していたポスター。
 白夜叉降誕と絵柄もたいへんかっこいいんですが

「あの人気TVアニメ銀魂が夢の映画化!!

 でも本当に
 夢!!」
 
 に爆笑。
 テーマ曲が小西さんなのも。

新妻エイジのクロウポスター

 新妻エイジ・クロウというと「ギャース」という言葉が
 うかんできます。

初恋限定。 そあこちゃんポスター

 大人気のそあこちゃん。

 みえそうでみえません。

巻頭カラー
 
 新妻エイジにかわり、麻生先生の三上少年探偵ファイル
 
 赤マルジャンプをよんでいるのは
 「漫画家志望の人か身内か
  新人を青田買いする玄人の漫画読みくらい」

 というセリフに笑った。身内がほんとにリアル。
 さらに「居るよ子供も!!間違えて買ったとか・・・」
 そんな正直な。 
 でも表紙のトリコにだまされたちびっこいるかもね。
 お金払う時点で気付きそうだけど。赤マル高いし。

 でもバクマン。を読んでたら
 赤マルにも興味わいてくるようになりました。

 性的に興奮多すぎ。
 無理に下ネタにもってかなくっても。
 ところでいまどきパンティって単語
 つかうんですか?
 (自分の気のせいかと思って
  念のためWikiでみたらやっぱ使わないような)


ウォータードライブ

 あっさり死んでしまったお母さんが残念。
 だからこそ息子が活躍するんだけど。

 いまいち競技の内容がわからなかったかな。
 シアンにもうちょっとラブリーさがあると
 なおよし。


幻想妖怪譚 ハオリセンコウ

 妖怪の見えるちょっとかわった男の子が
 妖怪当番に。
 ちびっこの妖怪ハオリがかわいい。
 そして真の姿の強いこと。
 ハオリとヒカルの友情の勝利。


鍵人
 
 なかなかおもしろい設定でした。
 鍵人が鍵をひらいた先にどんな強力兵器が
 あるのかと思ったら闘争本能。
 鍵をどうつかうのかも人間次第ですねえ。

 悪魔と謳われるというけど
 あの見開きページは正義の味方に見えます。


アグリ

 農業に対する深い愛を感じました。

 利益があがっても死んだら本末転倒。
 偽装はよくないです。


グランドスラム

 青春野球ストーリーとかいてあったけど
 登場人物がかわりものすぎなのに
 けっこう重いもの背負ってたりして。
 どうせならとことんシリアスにしちゃうとか。


袋とじ番外編

 ぬらりひょんの孫
  ゆらちゃんかわいいよゆらちゃん。
  カキピーで妄想は無理がある。

 トリコ
  ぼったくりバーな気が。

 サイレン
  アゲハってほんとに好きなんだねえ・・。
  いじらしい。

 スケットダンス

  やば沢さん萌え!(嘘)

  でもお誕生日おめでとう。


 とらぶる
  この校長、ほんとになんとかしないと。

 いぬまるだしっ
  袋とじにお色気シーン・・
  発想がいぬまるくんらしい。
 

惑星オートマトン
 
 現実にありそうな未来。
 ハイテクな未来のはずなのに
 「ネコアラシ団にゃあ」がかわいすぎます。
 しかもみんないいメンバーだし。

 コフィンのパパの博士も最後にいいことしました。
 コフィンに心をもたせながらも
 強力な戦闘能力ももたせているところが正解でした。


死にかけ戦士!痩身マン
 
 史上最弱ヒーローという言葉がうかびました。
 痩せた体を最大限に武器にするあたり根性。


罪を知れ

 おもしろかったです。
 女の子の特殊な力も法律にくわしい伊治地くんも。
 先生をかばって自首をすすめるところも
 ラストのちょっとだけ恋愛風味も。



アソビバ。

 表紙がすでに恐ろしい。
 妖怪?ばけもの?
 だけど正義の主人公。
 正義感強いし作者太助への信頼厚いし
 アソビバの登場人物なのに
 いいやつなんだなあ。


サクリファイス

 主人公大活躍・・ではなく
 パパがナイス活躍でした。
 
 しかし水と酸素はただといわれてて
 水がすでに売ってる世の中ですから
 酸素も将来どうなるかわからないですね。

 シオラとトマとの昔の生活がもうちょっと
 あったら、最後のお父さんお母さん発言も
 もっときいてきたかも。


かきまる

 神の与えた試練、ファンタジーすぎます。
 かきまるなしで、よくあのあと殿が
 立派に育ったことだと。




おそるべし、赤マルジャンプ。
さらっと流すつもりだったのに
作者様からのコメントから「一生懸命さ」が
つたわってきて、つい全部に感想書いてしまいました。

 
 
2009.01.10 Saturday 15:30 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ナルトのハッピーセット 2009冬 | main | コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命− 新春スペシャル >>









赤マルジャンプ2009冬!「To LOVEる」エロ校長のエロエロな日常生活とは?
 赤マルジャンプ2009冬号が発売されました。 もちろん我々「To LOVEる -とらぶる-」ファンにしてみますれば、見所は 番外編であります。しか...
| To LOVEる -とらぶる- 考察 | 2009/01/11 10:36 AM |