<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今日からマ王! 第三十六話 「真の力」

第三十六話 「真の力」
ジェネウスは消え失せましたが
消滅したわけではないようです。
ジェネウスを救うすべはないのかという勝利に
同情する必要はないという眞王。
ジェネウスは法力でつくられた人形
感情を持つその魂さえもつくりものだといわれますが
勝利は納得いかず。
ムラケンは

「今の僕にできることは これしかないんだ」

と勝利に。

城下にあらわれたばけものも次々消えました。
ダカスコス、危機一髪だったのに
化けものが消えたとたん

「逃げやがって」

と都合のいい発言。

城ではこのままおわるとは思えないと相談中。
城下で騒ぎをおこしそのすきにアラゾンが
くるのではないかとグウェンたちが心配していました。

アニシナの魔動装置が完成。
法力ホイホイとりタロウくん最新版。

有利はサラのところへいきますが
アラゾンがきても、眞マ国と聖砂国のことに
立ち入る気はないというサラと
姉とまたむきあうときがきたのかもというベリエス。

勝利は血盟城へ。
そして法力を感知する魔動装置。
アラゾンが近くにいました。

有利は、勝利をみて安全を喜び
眞王廟でのこともききました。

有利はアラゾンを正式な客人として迎えたいと
言いだします。
ここで逃げても同じ事のくりかえし
それなら正面からむきあっていけば
何かがかわるかもという有利。

「目の前の問題がどうしても避けられない事なら

 とにかく立ち向かうしかないだろ」


有利の覚悟にみなも賛同。
そこへサラが入ってきました。
母だからといって気遣いは無用、
そして王の出迎えに同席させてほしいと頼みます。

城へやってきたアラゾンを迎える有利たち。
アラゾンの願いは神剣をつかって
有利に聖砂国を救ってもらうこと。
しかしそうすると有利の命が危ないかもという勝利に
力づくでもというアラゾン。
法力をつかおうとするアラゾンと
剣を抜こうとするコンラッドたちをとめる有利。

国を思う気持ちは同じ。
自分に救えるかもしれないなら
協力するという有利に
グウェンたちは「やっぱり・・」とあきらめ顔。

神剣を有利にわたそうとするアラゾンの前に

「有利は渡さない」

と、とび出し神剣を奪うサラ。
剣を抜くとまた植物が大繁殖。

メイドさんたちは驚きながらも

「でも なんだか」「おいしそうかも」

とあんまりあわててない。

モルギフの声をききとめて
そちらにいくヨザック。

サラも神族と人間の間の子なので
神剣の使い手でした。

「ひにくだな。

 法力が少ないために捨てられた私に

 こんな力があるとは。

 これこそが あなたの求める力なのでしょう?」


サラは神剣の力でアラゾンとふたりの空間をつくりだし
有利たちは手出しできません。

「あなたは国を守るためなら

 いかなる手も使うと言った。

 ならば 私に膝を折る事ができますか?

 助力を乞う事ができるのですか?

 誇り高き女王

 さあ、どうします?!」


「神剣を返しなさい。

 そなたの力は必要ない。

 有利陛下の力だけが聖砂国を救うのです」


「なぜ私ではダメなんだ?!」

「民のために最良の方法を選ぶだけです」

母に拒絶されショックをうけたサラは
神剣をかかげます。
アラゾンも法力を。
ヴォルフが魔力をつかい
そこへヨザックがモルギフをもってきて
有利に渡します。
有利がモルギフで二人の結界をときますが
サラは邪魔をするなと有利にきりかかってきました。

「邪魔をするなーー!」

モルギフで神剣をとめる有利。

「私が この手で決着をつける」

「なんだよ!それ!

 こんなんじゃないだろ!
 
 サラが望みは!

 もっとちゃんと向かい合いたかったんじゃないのか?

 母親と!」


「何がわかる・・・

 母親の愛をうけ 守られて育った有利に
 
 私の気持ちなど

 わかるはずがない!
 
 私の邪魔をするな!」


「だめだよ サラ。

 暗示にはかからない。

 俺は俺の意志を手放したりしない」


サラは有利から離れます。

もうやめようという有利、
神剣を返すいうアラゾン。

「私こそ この剣にふさわしい。

 私こそが 真の使い手」


というとサラの体が金色の光に包まれ
消えそうに。駆け寄ったベリエスともども
きえてしまいました。

別の場所に姿をあらしたサラ。




予告によるとサラはジェネウスに力を
与えて世界に復讐・・?
母の愛がほしかっただけなのに・・・。

でもアラゾン、息子が大事だから
息子を守るためにサラじゃなく
有利の力をつかおうとしてるとか
そういうことではないのかな。

アラゾンがただサラをだきしめてやったら
すべて解決しそうなことなのに。







2009.01.23 Friday 09:05 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ありふれた奇跡 第3話 | main | 黒執事 第十五話 「その執事、競争」 >>









今日からマ王! 第36話 真の力
ジェネウスは消滅した訳ではなく、姿を消しただけのようで。
| アニメ雑記帳 | 2009/01/23 2:08 PM |
『今日からマ王3nd』#36「真の力」
「聖砂国王を客として丁重に出迎える」 この期に及んでもアラゾンを客として向かえると言ってのける有利…。 サラのことで学んだと思った...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/01/23 11:11 PM |