<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ガラスの仮面 43巻

ガラスの仮面 43巻
ネタばれ感想につきご注意

ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
美内 すずえ
梅の谷から帰ってきて
それぞれの稽古にはげむマヤと亜弓。

桜小路くんは彼女ときっぱりわかれて
マヤに気持ちを告げ
むくわれないのにマヤを見守るその姿は
いじらしい・・・。

梅の谷であれだけ月影先生にしごかれたのに
マヤはまた迷っていて
同じ事をくりかえしているような気もしますが、
黒沼先生や速水さんの言葉もあって
どんどん阿古夜の本質に近づきつつあります。
いただきます、と手をあわせる顔が
すでに菩薩のよう・・・・。
本人は自覚せずとも役をつかんでいるようにみえます。

一方見た目は美しい紅天女そのものな亜弓さんは
マスコミでもさわがれ世間の評価も高し。

マヤもコンプレックスからのがれられないけど
でも月影先生は今のままでは
亜弓さんはマヤには勝てないと世間とは反対の見方。
さすが師匠です。
でも今のままではという言葉に
亜弓さんにも巻き返しのチャンスがありますね。

亜弓さんが阿古夜を演じようとしているのにくらべ
マヤは阿古夜そのものということかなあ。
紅天女のリアリティを感じさせるのは
舞台の上のマヤにはお手の物な気がします。

マヤの速水さん=紫のバラの人への恋心を知り
とまどう速水さん・・。
とっくに両想いのふたりなのに
世間体やらいろいろあってじれったい・・・・!!

紫織さんもそろそろほんとのことに気づきそうで
嫉妬の鬼にならないのを祈るばかり。

稽古場へやってきた月影先生の前で
どんな演技を見せるのか楽しみです。



雑誌掲載時とは少々違っているようです。
雑誌はすでに手元にないのですが
当時の感想を読んでみると
ハミルさんとかでてきてないし
ラストでマヤの恋心にきづくあたりとか
細かいところも描き直しされています。


関連記事

別冊 花とゆめ 2008年 09月号 
別冊 花とゆめ 2008年 10月号 ガラスの仮面 感想
別冊 花とゆめ 2008年 11月号 ガラスの仮面感想
別冊 花とゆめ 2008年 12月号  ガラスの仮面の感想


別冊 花とゆめ 2009年 03月号 [雑誌]
別冊 花とゆめ 2009年 03月号 [雑誌]
2009.01.26 Monday 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第16話「悲劇への序章」 | main | ジャンプ 9号 感想 >>