<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

今日からマ王! 第三十七話 「悲しき咆哮」

第三十七話 「悲しき咆哮」
神剣の発動により、城下町へと飛ばされてしまったサラ。
そしてそれを見たアラゾンも姿をけしてしまいました。
サラをさがしにいこうとする有利はみんなにとめられます。
いつまた襲撃を受けるか分からず今は城の守りを、
といわれ、モルギフまで同じ考え。

城下にやってきたベリエスはサラを探します。
サラは苦しそうに身をおこし、とばされていた
サングラスをかけ、神剣を手にしました。
兵士たちからかくれると、神剣が光り出します。
鞘からぬき、剣を地面にむけると
そこから光の筋がのび、そのあとをつけていくサラ。
その先には倒れたジェネウスが。。

城の守りをかためる兵士たち。
メイドたちはのんきに果物とり。

ギュンターをよびにきたアニシナ。
新兵器の準備で、グウェンダルは今回は
見逃してもらえますが、ギュンターは
ひっぱっていかれました、、、

おちつかない有利を
コンラッドとヴォルフは説得。
そのとき勝利がジェネウスの肩をもちました。

「ジェネウスは・・

 ジェネウスはただの人形なんかじゃない。

 たしかにあいつはつくられた命かもしれない。

 だが あいつには心があった。

 それを アラゾンも眞王も

 有利、おまえのお友達も」


「村田がどうかしたの」

「あいつ ジェネウスを消そうとした。
 
 他に助けるすべはないといって

 まるで使い捨てするように。

 そんなことが許されるのか」


有利にはムラケンがそんなことを
するとは信じられない様子。

城下の屋根の上にいるアラゾン。

サラは倒れているジェネウスに近づきます。

「眞王陛下 そんな・・

 私が 必要ないというのですか

 眞王陛下 なぜです なぜ・・」


「お前も捨てられたのか」

と声をかけるサラ。

ジェネウスは神剣をみつめます。

「どうやら 利用されてしまったようだね。

 母上に。アラゾンに」


「あなたが・・神剣の 使い手・・」

「どうやらそうらしい。

 だが あの人は私などいらないそうだ。
 
 君と同じように捨てられたんだ。

 二度もね。
 
 復讐したくないかい?

 お前を利用したものに。
 
 お前を捨てたものに。

 望むなら力を授けよう。
 
 神剣の力を ほしくはないか」


ジェネウスは神剣の力を注ぎ込まれます。
光につつまれたジェネウスは宙に浮かびあがり
叫び暴走。

「そうだ 壊せ!

 すべて壊してしまえ!」


その暴走した力からサラを守るアラゾン。
そこへベリエスもあらわれました。
アラゾンの指示でサラをかばうベリエス。

そばにアラゾンが倒れていました。

「嘘だ おまえが 私を助けるはずがない・・・

 ただ お前は 神剣を守りたかっただけだ」


サラに手を伸ばすアラゾン。

「サラ・・サラ・・・」

サラの髪に手を触れて気を失う(亡くなった?)アラゾン。

「嘘だ 嘘だ・・嘘だ」

町では怪物が大暴れ。
有利をコンラッドとヴォルフにまかせ
でていく勝利。戦う兵士たち。

魔動装置の動力源となっているギュンターw

ギュンター、へとへと。


勝利も魔力をつかって怪物を撃退し

ギュンターもがんばる。

しかし血盟城への容赦ない攻撃。

有利がでていってしまい
それを追うコンラッドとヴォルフ。

有利、魔王モード発動。
魔物と化したジェネウスと向かい合います。

ふたりがぶつかると王都が燃えてしまう、と言うコンラッドたち。

そこへムラケンもやってきました。
そのときみんなにジェネウスの声がきこえます。

「私は 私はいったい何者なのか

 私は・・ただの人形なのか

 私は 何のために生まれてきたんだ

 私の生きた日々に
 
 何の意味もなかったというのか」


「眞王陛下・・・」とよぶジェネウスの声。

ジェネウスの攻撃をうける有利。

光となってうかびあがる眞王!!



予告、有利のシリーズ最大の見せ場を
邪魔にしに来たと言われていた眞王。
ほんと、いいところもっていくなあ。
でも眞王とともに散るのはやめてーーーー。

アラゾン、結局はサラを大事に
思うが故に人間の国にかえしていたのですか。
母に捨てられたと思うあまり
すっかりひねくれっ子に育ってしまったので
もう少し他にやり方があったのでは・・・。
ここでもしアラゾンがなくなってしまったら
サラはまた後悔、後悔ですよ。

来週は放送お休みです。


そのあとの監督のインタビュー。

手のり眞王は素晴らしいと思います(^O^)




2009.01.30 Friday 09:14 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的117 「嵐の逆襲」 | main | 黒執事 第十六話 「その執事、孤城」 >>
JUNKO (2009/01/30 10:51 AM)
>honeyさん、こんにちは

みーんな秘密主義ですねー。
前シリーズの、真王と村田もそうだし、アラゾンも。
一言言えよ!て思っちゃいます。
サラもジェネウスも気の毒。

ところで・・・
http://animeanime.jp/news/archives/2009/01/post_649.html

王子つながりということで、
この記事、ごらんになりました?

いやもう・・・さすがに絶句しました・・・・
honey (2009/01/30 11:13 AM)
JUNKOさん、こんにちは〜。

有利の素直さを見習ったらいいのにね、ほんと。
でもジェネウスへの仕打ちはふたりとも
ひどいと思いました。勝利と同じく。

みましたみました。
今撮影中ってことは佐藤健くんはでないのでしょうね。
でもまさかまたやるとは!!
よっぽど東映の稼ぎ頭なんですね。









『今日からマ王3nd』#37「悲しき咆哮」
「お前も捨てられたのか…」 神剣の力で城下町に飛ばされてしまったサラレギー。 有利はすぐに追いかけたかったが、ジェネウスの襲撃に備...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/01/30 11:03 AM |
今日からマ王! 第37話 悲しき咆哮
姿を消してしまったサラレギー達。
| アニメ雑記帳 | 2009/01/30 2:55 PM |
今日からマ王!第3期 第37話「悲しき咆哮」
神剣を手にしたサラ。どうして自分ではダメなのか。「私こそがこの剣にふさわしい。私こそが、この剣の真の使い手!!」剣にも、母親にも「いらない」と言われたようで・・・そう自棄になっても仕方ない気がするけどね・・・サラも可哀想な子なんだよなぁ。 神剣の
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/01/30 8:35 PM |