<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

妄想姉妹〜文學という名のもとに〜 第3話「風立ちぬ」

第3話「風立ちぬ」
父親・草太郎(田中哲司)が娘たちに残した3冊目の本は、
堀辰雄の『風立ちぬ』だった。
その内容は、作家(眞島秀和)の男と、
結核にかかった女との純愛を描いたもの。
節子(高橋真唯)は、自分の性格と似ている小説の主人公
“節子”に自分を重ねあわせ妄想する。

 作家が愛し、プロポーズした相手は、
不治の病ともいわれた結核に侵された女・節子。
サナトリウムに入院した節子の肺は、
病魔に大きく蝕まれていたのだ。
医師(ヨシダ朝)から、節子の余命が少ないと
告げられた作家は、迫り来る別れの恐怖と闘いながら、
最後まで愛し抜こうと心に決める。
一方、自分の死期を感じた節子も、作家の愛に
応えようと精一杯生きるのだ。

 晶子(吉瀬美智子)、藤尾(紺野まひる)、
節子の3人は、自分たちの名前の由来となった女性が、
どうして全く違う性格なのか、と話し合った。
その結果、浮かび上がった推理は、
自分たちの母親が3人とも違う、ということ。
晶子は、『みだれ髪』『虞美人草』『風立ちぬ』の
3冊の本に書かれた主人公たちが、
自分たちの母親の姿ではないか、と言い出した。

 晶子は、節子の母親は、何か重い病気をしており、
いつも薬の臭いがする離れで寝たきりだった、
と思い出す。
そして、節子の母親が突然逝ってから、草太郎は、
書斎に篭り切りになり、まもなく亡くなって発見された。
晶子たちは、草太郎の死が、自分たちの母親に
関係があるのではないか、と考えて――。



「風立ちぬ」をヤンデレとばっさりきりすてる次女!!

サナトリウムとか結核とか
どこまでも昭和初期の香り。
死ぬとわかってても好きになるものは
しょうがないですねえ。

三女さんの官能シーンはお姉さまたちほどでは
ありませんでしたが、ただ診察して息をすったり
はいたりしているだけなのに・・
みつめさせてしまうところがすごい。

長女は家庭的で情熱的
次女はわがままで奔放
三女は病弱
とそれぞれの母親をさしているのではという長女。
では4話目以降はどうなっていくのか
興味深々。



今回も第2日本テレビでみました。

妄想姉妹公式サイト


VAMPIRE
VAMPIRE
9mm Parabellum Bullet

妄想姉妹 文学という名のもとに (吉瀬美智子、紺野まひる、高橋真唯 出演) [DVD]
2009.02.05 Thursday 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< テガミバチ 6巻 | main | 家庭教師ヒットマンリボーン 標的118 「姫の決意」 >>