<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

妄想姉妹〜文學という名のもとに〜 第4話「外科室」

第4話「外科室」
秘密の書庫の本の中に、自分たちの母親についての
ヒントが隠されているとにらむ晶子(吉瀬美智子)、
藤尾(紺野まひる)、節子(高橋真唯)の三姉妹。
4冊目の本が、一瞬と永遠についての愛の物語、
泉鏡花の『外科室』だと知った晶子は、
さっそくその本を手にとって読み始めた。

 物語の主人公は、入院中の貴船伯爵夫人。
主人公は、医学士・高峰(山中聡)の執刀による
胸の手術を受ける必要があるのだが、
心の奥底の秘密を口走ることを恐れ、麻酔を一切拒んでいた。
手術に立ち会う婦長は、たとえ何かを話しても
決して口外しない、と約束するが、夫人は納得しない。
夫人の意思が固いと知った高峰は、婦長ら看護師たちを
手術室から出し、ひとりだけでメスを執った。

 実は、9年前、夫人と高峰は、すれ違った際、
お互いに目を奪われ、永遠の恋に落ちた。
激痛に耐えながら話をした夫人は、
自分が忘れられていると思い込み、
高峰の手を掴んでメスを自分の胸に突き立てる。
その後、高峰は、虫の息の夫人を抱きかかえながら、
未だに忘れえぬ恋心を告白するのだった――。




伯爵夫人を「ドM女」という次女!!

麻酔をすると心にひめたことを
うわごとでしゃべってしまう・・というのは
昔どっかできいたことがあるけど
ほんとなんですか。
麻酔なしで切るとかありえないでしょう。。。
麻酔なしでも痛みで失神できる自信があります。

外科医が

「いたみますか?」

ときいたときは
「あたりまえじゃー!」
と叫んだワタクシですが
美しい伯爵夫人は

「いえ・・」

でしたわ(-_-;)

一瞬を永遠にするために
その場で死を選ぶ伯爵夫人。
結局死ぬなら手術うけなくても・・。

その話が
自分のお父様とお母様の話しじゃないかと
思うという晶子。
父は自分の母に飽きて藤尾の母を迎え入れ
節子は亡くなったため、
晶子の母だけが父から捨てられたんじゃないかと
感じていたと話します。

物語の高峰は自殺している、
もしかして父親は自殺したんじゃないか・・と
言い争ううち、節子が発作を・・・!

ストーリーの行方がほんとに楽しみです。


妄想姉妹公式サイト


VAMPIRE
VAMPIRE
9mm Parabellum Bullet

妄想姉妹 文学という名のもとに [DVD]
妄想姉妹 文学という名のもとに [DVD]
2009.02.12 Thursday 08:44 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< キイナ〜不可能犯罪捜査官〜第4話「死を鑑る占い」 | main | 「絶対彼氏」今春復活! >>









この長女、かなりマゾ。(妄想姉妹〜文學という名のもとに#4)
『妄想姉妹〜文學という名のもとに』自分の母親の事を覚えていない晶子と節子は、似た者同士。言葉は人の魂を笑わす。目で見る物よりも、言葉で表す物の方が本当に大切な物を映し出す。そんな2人に、藤尾はついていけず・・・20年前に謎の死を遂げた昭和の文豪である父
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/02/12 10:07 PM |