<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

銀魂 第146話 「昼間に飲む酒は一味違う」

第146話 「昼間に飲む酒は一味違う」
倒れた鳳仙のそばにやってきた日輪。

「やっと 見せてあげられた。

 ずっと 見せてあげたかった。
 
 この空を あなたに。

 言ったでしょ。

 きっとお日様と 

仲直りをさせてあげるって。

 私、知ってたのよ。

 どんなにいばりくさったって

 どんなにひどいことをしたって

 あなたは夜王なんて

大層なものじゃないってことくらい。

 あなたはただ、こうしたかったのよね。
 
 こうして日なたで居眠りしたかっただけの
 
 普通のお爺ちゃんなのよね。

 ただそれだけなのに 

 こんなバカげた街まで作って

 みんなを敵に回し

 バカな人。

 本当に・・・バカな人」


振り返って光のほうへきえていく鳳仙は
笑顔。。。

それをみまもるみんな。
そんなとき神威が拍手しはじめました。

「よっ。お見事。

 じつにあざやかなお手前・・

 とは言い難いなりだが 

 いやはやおそれいったよ。

 小さき灯が集いに集い

 夜王の鎖を焼き切り

 とうとう吉原をてらす太陽にまでなったか」


久しぶりにおもしろいものをみせてもらったけど
吉原はかわらない、
春雨や幕府中央暗部など、吉原をねらう闇は多く
その闇をはらい、吉原を変えられると
本当におもっているのかという神威。

「変わるさ。

 人が変わりゃあ街も変わる。
 
 これからお天道さんも機嫌を損ねて

 雲から面ァ出さなくなっちまう日もあるだろうが

 こいつらの光は もう消えねえよ」


神威は早速第二の夜王と対戦を、と
銀さんににっこり笑いますが
そこへとびだしてきた神楽ちゃんをみてびっくり。
その神楽ちゃんをとめる新八。

「こいつは驚いた。まだ生きてたんだ。

 少しは丈夫になったようだ。

 出来の悪い妹だけど よろしく頼むよ。

 あと君ももっと修行しておいてよね」


神威そのまま行こうとします。

「おい おまえ!」

「好物のおかずはとっておいて 

 最後に食べるタイプなんだ。

 つまり気に入ったんだよ、君が。

 ちゃんとケガ治しておいてね

 まあ色々あると思うけど 

 死んじゃダメだよ。
 
 俺に殺されるまで。
 
 じゃあね。お侍さん」


神威、消えました。

阿伏兎のところへやってきた神威。

阿伏兎は夜兎の血をめでるあまり
加減して戦って負けたらしい。
神楽ちゃんを見て神威とあったときを
思い出したという阿伏兎。

「嬉しいねえ。有望な新人が続々と。

 俺たちの未来は明るいぜ。

 これからはお前たちの時代だ。

 俺たち古い兎は 夜王とともに

 月に帰るとするか」


阿伏兎にとどめをさす・・のではなく
肩を貸す神威。

「ありゃあ?どういう風のふきまわしだ?」

「阿伏兎。俺もおまえと同じだ。

 先が気になって

 ひとりやれなかった男がいる。

 真の強者とは 

 強き肉体と強き魂を兼ね備えたもの。

 そんなものとは程遠い

 脆い肉体と

 くだらないしがらみに捉われる

 脆弱な精神を持つ男だ。

 だがそれでもあの男は夜王に勝った 

 何度潰されても立ち上がり 

 圧倒的実力差を覆し

 最後に戦場に生き残った。

 面白いだろ?

 っぱり宇宙は広いねえ。

 俺たちが最強を証するのはまだ早かった。

 まだ宇宙にはいたんだよ。

 俺たちとは全く別の形の強さを持った連中が。

 侍という 夜兎に匹敵する力を持つ修羅。

 ワクワクするじゃないか。

 あの獲物はおれのものだよ。

 誰にも手出しはさせない」


世渡り苦手な自分のかわりに上を納得させるため
阿伏兎を助けたらしい。

「何で俺が同属でもない

 こんな偏狭の蛮族のために

 ここまでしなきゃなんねえんだ?」


「だって阿伏兎言ってただろ。

 宇宙の海賊王への道を切り拓いてくれるって」


「それとこれとは別だろぉ。

 おい 聞いてんのか?

 おい!スットコドッコイ」


阿伏兎、いい味だしてます。

夜王の言葉を思い出す神威。

「旦那 俺はそれでけっこうだ。

 欲しいものなど何もない。

 ふりかえることなどない。

 前しかみえない。

 眼前にひろがるあらたな戦場

 それこそが俺の求めしもの。

 誰よりも強くなるため行く。

 何よりも強くなるため進む。
 
 たとえそこに

 護るものなど何もなくとも」


夜王の墓参りにきた星海坊主。
海をのぞむひあたりのいい場所でした。
そこへ銀さんが。

お前の墓参りにいくことになるといいながら
なんか変な(そのうえくだらない)争いに。

「次は星海坊主さまとやってみるか?」

「冗談じゃねえ。

 あんなもんただの袋叩きだ。

 一人じゃどうにもならなかった」


「お前はそう思っていても 

 俺のガキはそう思っていないようだ。

 やつめ、鳳仙は自分が殺したとのたまっているらしい」


神威は吉原の全権を任せらますが
吉原に手をだそうとせず、野放し。

「やつは吉原などに興味はない。

 やつが興味があるのは おまえだ。
 
 よけいな連中がおまえたちに手を出せぬよう

 吉原を手にいれた。

 結果、吉原は救われた。

 おまえ 殺されるぞ」


「そうかい。

 今度会ったら助かったと言っといてくれ」


「神楽はやつを救いたいと思っている。

 憎まれ口を叩いても
 
 やつが以前のような兄に戻ることを望んでいる。

 お前がやつと対峙するときがきても きっと。

 お前ならどうする?

 神楽の前でやつに命を狙われたとき

 おまえなら どうする?」


憎しみがあっても同じだけ愛情がある地球人
夜兎は愛情があっても一度にくめば黒く染まる・・

「もしかしたらおまえなら

 俺と違う答えが・・」

「忠告はしたぞ。親の責任として

 じゃあな。死ぬんじゃねえぞ」


星海坊主はいってしまいました。

平和になったと笑う新八をぶっ飛ばす神楽ちゃん。
なんでむこうが手をだしてこないか怒りまくってます。

「心配いらねえよ。

 俺が生きてる限り 
 
 やつはここには手を出さねえ」


「それ。どういうことですか?」

「ま。そういうことだ」

とにかく安全だという銀さん。

日輪もこの街をでていかず
ここを子どもたちにみせても恥ずかしくない
立派な街にしていくつもり。

ですが、ピー音をかぶせないとだめな店とか・・。

今までは強制されてたのが問題で
今は選択の自由があるからという銀さん。

鎖につながれたおじさんもちょっと、、、、

晴太がバイトするおもちゃ屋は
モザイクだらけ。

しかも手にモザイクかかったおもちゃもってました!!

にぎやかな街をながめる銀さん。

「どうだい?私たちの街は」 と日輪。

「どっかで見た街アル」

「そうだなあ。

 俺たちの街と何も変わらねえ。

 下品で凶暴で 優しくて冷たくて  

 笑顔も涙も 

 お天道様もある ただの普通の街だ」


にっこり笑う日輪。

「素敵でしょ」

EDがあいかわらず素敵です。
歌も二番まであって予想を裏切らない素晴らしさ。

吉原炎上篇 完

これがまたかっこいい。
これがさっきのモザイクと同じ話だなんて。

日輪にお酌してもらう銀さん。
空にかがやく太陽をみつめながら

「うめぇ」



そのあとは銀八先生。

神威が前に出てきたとき
髪の毛が黒かったのは気のせいでしょうかという質問に

「気のせいじゃありません」

とはがきをボツボックスへ。
まちがえたってこと?

吉原炎上篇の炎上って
どのへんが炎上していたんでしょうか・・・

こちらはだまってボツにされました。


吉原炎上篇はかっこいいバージョンの銀さんですが
神威は侍がときどきサムラーイになるとは
夢にも思わないだろうなあ。
今のままの危ない神威だと勝ち目はみえないけど
阿伏兎をたすけるあたり、見どころはあります。
星海坊主ほどくだけなくてもいいけど
かわってくれるといいのに。
阿伏兎もまたでてきてもらいたい(^^)



銀魂BEST
銀魂BEST
TVサントラ


輝いた
輝いた
シギ,上田健司

銀魂 シーズン 其ノ参 08 【完全生産限定版】 [DVD]
銀魂 シーズン 其ノ参 08 【完全生産限定版】 [DVD]

銀魂 シーズン其ノ参 09 [DVD]

(仮)銀魂カードガム~いつも心に1本のドライバー~ BOX (食玩)
(仮)銀魂カードガム~いつも心に1本のドライバー~ BOX (食玩)
バンダイ


ちびボイス 銀魂その1 ~きらめきVer.~ (BOX)
バンダイ

(仮)銀魂ますこっと~布の服を着ています~ BOX (食玩)
(仮)銀魂ますこっと~布の服を着ています~ BOX (食玩)
バンダイ
2009.03.04 Wednesday 19:37 | comments(0) | trackbacks(14) | 
<< チャットモンチー 告白 | main | キイナ〜不可能犯罪捜査官〜第7話「偽りの記憶」 >>









銀魂146話 
146話 「昼間に飲む酒は一味違う」
| ハルジオンデイズ | 2009/03/04 7:51 PM |
アニメ銀魂-ぎんたま-第146話「昼間に飲む酒は一味違う」
今回の『アニメ銀魂・第146話』は、吉原炎上篇の第八話。ついに、今回が最終回です!(>▽<)アナタMAGIC/monobright(モノブライト)新オープニング曲は、monobright(モノブライト)の『アナタMAGIC』です。発売日は、2009年1月14日。-Aパート-夜王・鳳仙。初めの内
| BLEACHFan-ブリーチファン-プチ | 2009/03/04 7:54 PM |
銀魂 #146
長かった吉原炎上篇も、ついに完結です!・・・とはいうものの、基本的なお話は先週で終わっちゃって、今回はその後が描かれました。夜王・鳳仙を倒したことで、神威は銀さんをライバ...
| 日々の記録 | 2009/03/04 7:57 PM |
アニメ銀魂第146話「昼間に飲む酒は一味違う」
アニメ銀魂146、神威の髪の色。 発言者:→宵里、→春女です。 「
| 獄ツナBlog5927 | 2009/03/04 7:59 PM |
銀魂 第146話「昼間に飲む酒は一味違う」(簡易版)
銀魂の第146話を見ました。第146話 昼間に飲む酒は一味違う常夜の街・吉原桃源郷についに太陽が昇った。激闘の末、最期に日輪への想いを吐き出しながら朽ち果てる鳳仙。そして、戦いの一部始終を傍観していた神威の前に神楽と新八が駆けつける。再会した兄・神威に怒り
| MAGI☆の日記 | 2009/03/04 8:34 PM |
銀魂#146
終わったーーーー!!これがアニ銀の最後の長編だと思ってたから、感慨もひとしおです。四年目突入ありがとう!あらすじは公式からです。「昼間に飲む酒は一味違う」常夜の街・吉原桃源郷についに太陽が昇った。激闘の末、最期に日輪への想いを吐き出しながら朽ち果てる
| 無菌室育ち | 2009/03/04 9:39 PM |
『銀魂』#146「昼間に飲む酒は一味違う」
「やっと見せてあげられた――この空をあなたに」 銀さんたちによって、太陽の下にさらされた鳳仙。 長年太陽の光を浴びてこなかった反動...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/03/04 9:40 PM |
銀魂 146話「昼間に飲む酒は一味違う」
吉原炎上篇終了!! 最後まで本当に楽しませてもらいました♪ 「やっと…見せてあげられた…ずっと見せてあげたかった… この空を あなたに...
| Spare Time | 2009/03/04 9:47 PM |
銀魂 「昼間に飲む酒は一味違う」
吉原炎上編終了 ハッピーエンドですが銀さんはバッドエンド?
| 自由で気ままに | 2009/03/05 12:44 AM |
銀魂 #146 昼間に飲む酒は一味違う
テレビ版の 『銀魂(ぎんたま)』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 夜王墜つ ...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2009/03/05 1:12 AM |
【銀魂】夜兎親子illustと146話『昼間に飲む酒は一味違う』感想
『銀魂』146話『昼間に飲む酒は一味違う』。星海坊主さんは本当に難しい問題を銀さんに提示するなぁ。かつて自分が出来なかった事。星海坊主さんも神楽ちゃんも、銀さんに信頼と期待を抱いているのでしょうね。そして彼は、其れに応えて仕舞う人。人との繋がりに対して
| くろぬこillust自由帳【KuroNukoMatryoshka】 | 2009/03/05 12:42 PM |
「銀魂」146話 昼間に飲む酒は一味違う
鳳仙はあのまま死んでしまうんだな。話の都合上そうならないといろいろマズイとは思うけど。 でも日輪のおかげで最後は日に包まれて逝けたの...
| 蒼碧白闇 | 2009/03/05 8:43 PM |
銀魂 第146話 昼間に飲む酒は一味違う
日輪に看取られ、鳳仙は息を引き取る。
| アニメ日和 | 2009/03/07 2:15 PM |
◎銀魂第146話「昼間に飲む酒は一味違う」
常夜の街・吉原桃源郷についに太陽が昇った。激闘の末、最期に日輪への想いを吐き出しながら朽ち果てる鳳仙。そして、戦いの一部始終を傍観していた神威の前に神楽と新八が駆けつけ...
| ぺろぺろキャンディー | 2011/04/18 9:32 PM |