<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Betsucomi (ベツコミ) 2009年 5月号

Betsucomi (ベツコミ) 2009年 5月号
ネタバレ感想につきご注意

僕等がいた 

ベツコミ7月号(6月12日発売)で連載再開



僕らがいたスペシャルブック
リニューアル7周年おめでとうございます


電撃デイジー

 黒崎が過去に犯した過ちがわかったような
 わからないような。
 照の兄が黒崎のことを大事に思ってるからこそ 
 というのは伝わりました。
 今回、ちょっと煮詰まってしまった照を
 同じように導いてあげられたのも
 過去の自分があってこそ。
 
 知ってて話せない理子さんもつらい。
 
 照がいい子なだけじゃないのも現実だけど
 それを認めて苦しむあたりはやっぱりいい子でしょ。
 弱い部分もあってこその人間。

 さっさとくっつけてあげたい。


チェリーなぼくら

 主人公の女の子のぶりっこ(死語?)目線がちょっと、、

 クールな彼氏は大人なのかと思ったら
 実は中身違ってて、それはいいんだけど
 もともとレンタル店でみかけてて好きだったという
 ことかな?
 ちょっと展開が強引な気が。


全部、実話です。

 パンツってズボンだよねえ、今は。

 でも昔はたしかにパンツだった。


ボーイズ・ガール

 男嫌いだけど美人だから男がよってきても
 豪快になぐりとばすあたりがすごい。
 嫌いになった理由はそれはしょうがないですね。
 女の子みたいにかわいい岬だけOKなんだし
 すでに両思いだからすんなりくっついてください。


ブラックバード特別編

 あのかわいらしい太郎や次郎たちに
 こんな過去があったとは!!
 しかも前後篇だし、、、

 次郎もまだ子どもだから・・・・。
 でも信じてるからね!次郎!!


ソラログ

 こちらも番外編。

 見事に家事のできないおじさんと同居してて
 湊人が料理上手なうえ家事も完璧な主夫なのが発覚。
 いい男でさらに料理も出来るなんて最高。


ダイヤモンド・ビート

 音楽一家でクラシックにはむいてないけど
 ちゃんと才能うけついでるじゃないですか。
 家族もいい人そうだし。
 練習にもこないボーカルは問題外だし
 でもカンナも心底悪い人じゃなくて
 後味も悪くない。

 輝一と紗月、お似合いです。
 

天然くるくるパンダ

 羽根布団に天使という発想が
 ファンタジ〜。
 守屋くん、笹島さんの夢をこわすんじゃない!


Piece

 宮本先生からかたられた意外な真実。
 宮本先生の子ども、子どもなのにできすぎですよ。 
 いい子すぎるよ。
 宮本先生と子どもの話だけで一話できちゃってます。

 折口さんも学校ではういてしまうタイプなのは
 わかるけど、ちゃんと合う人たちもいるし
 普通の感覚をもった子にみえます。
 宮本先生も折口さんも不器用なんだよ。

 矢内先輩はどんどんキャラ崩壊していくような、、、

 折口さんが好きだった人は
 絵を描く人でイニシャルがH・N。
 成海君を思い出す水帆に成海くんは否定だけど
 このふたり、まだ何か隠れた過去があったのかあ。

 91ページと読みごたえたっぷりでしたが
 次が8月号でまた忘れそう。
 やっぱりコミックスで
 まとめて読みたい。
 でもこれだけページ数あると
 関連のある読み切り作品というかんじで
 楽しめます。

 
ちゅーかな。

 かよのの顔がちょっとかわった?

 ネギの青いところは料理によりけり。


キミの隣で青春中

 今度はアメリカからライバルきましたー。
 モデルみたいなプロポーションの美人。
 おまけに性格も気さくでいい子。
 美羽が不安になるのはお約束で 
 そのあと慶太がフォローしてラブラブになるのが
 毎回楽しいです(^.^)


王様の蝶々

 結局好きなのがバレバレなあたりが 
 はずかしすぎる。
 でもあれはホントにバレバレ。
 彼氏の方が上手でしたねえ。


アイラブハイスクール

 大和とメグって純愛・・・。
 大和は元鬼畜っぽいのに
 今も言動はスケモンそのものなのに
 すごくかわいらしいふたりでした。



僕等がいたスペシャルブック

 キャラクター紹介 
 キャラクター相関図
 ストーリーダイジェストスト
 小畑友紀先生メッセージ 
 僕等がいた12巻の続き 第49話第50話第51話

 僕等がいた ベツコミ7月号(6月12日発売)で連載再開

  僕等がいた13巻感想という検索がたいへん多いのですが
  13巻はまだ発売しておりません。
  続きはこのスペシャルブックの3話と 
  7月号からの連載です。

  小畑先生からの直筆メッセージで
  休載の理由は家庭の事情とのことです。

  連載再開を楽しみにしてます。



別冊付録 記念日7 アニバーサリー7

 メロドラマティックライブラリー

  なんとそんなオチだったとは。
  指なめたときえっ!?と思ったけど
そういうことね。
  
  
 君と夏の合図
 
  吉村くんがちょっと切ない。
  しょうがないですが、、

  7年前にベツコミを知らないどころか
  そのあとマンガ家になろうと思って 
  7周年記念本に載っているなんてすごい。

 
 キャンディ・ドール

  あんなバカ男よりこっちのほうがずっといい。
  
  でも好かれようと頑張る姿はかわいいもんです。


 バリバリ乙女ロード

  目つきがすごすぎて、、、
  ちょい無理やりな気が。


 天然くるくるパンダ

  がんばって7つかってました。
  7匹のパンダ、ほんとにでてきそう。


 ここまで5つで、6と7は本誌の読み切りでした。
  
 

 
2009.04.13 Monday 08:09 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話「はじまりの日」 | main | ジャンプ 20号感想 >>
ocharu (2009/04/13 9:34 AM)
こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいています(^-^)

で、私もベツコミを買って読んでいるんですが
毎月思うんですが、どうしていつも発売日より早く
読まれているんですか?
私が住んでいるところでは毎月13日きっかりにならないと
本屋さんなどに並ばないんですが…。
毎月フシギに思っているので、ちょっと質問してみました。。(;´∀`)

僕等がいた やっと再開ですね〜ヾ(≧∇≦*)〃
honey (2009/04/13 1:03 PM)
ocharuさん、はじめまして、こんにちは。

このへんはなぜか雑誌は発売日の一日前に並ぶんですよ。
ジャンプだけは当日なんですが、ベツコミ以外にも
別マとかクッキーとか他のものも前日。
今回は前日の日曜は休みなので土曜に売ってました。
でも感想をアップするのは公式の発売日になってからに
しています。

僕等がいた、楽しみですね(^^)