<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

グイン・サーガ 第3話 「紅の傭兵」 

第3話 「紅の傭兵」 
スタフォロス砦で、リンダはグイン、レムスとは
別の牢に入れられていたが、そこで猿人セム族の少女スニと出会う。
一方グイン達が隣牢のイシュトヴァーンと言葉を交わしている最中、
猿人カロイ族がスタフォロス砦を奇襲、砦は炎に包まれる。
グイン達はモンゴール兵士オロに窮地を助けられ牢獄から脱出、
黒伯爵ヴァーノンとの対決を迎える。
そこで見たヴァーノンの正体とは、カロイ奇襲の真の理由とは、、、。



イシュトヴァーンとグインが戦うことに。

「おまえ 伯爵の格闘剣士か?」

「俺の剣は 今のところ俺以外の誰のものでもない」

とかっこいいグイン。

しかしヴァーノンがなにやら苦しそうで
勝負は延期に。
やる気満々だったイシュトヴァーンは拍子抜け。

牢へ連行される時、こちらもつながれていくオロと
すれ違うグインたち。

「トーラスのオロと言ったか

 おまえの行為は忘れんぞ」


グインを見殺しにしたら
長剣を腰に帯びる資格はなかったというオロ。

リンダだけ別の場所につれていかれレムスが
心配しますが、今は我慢するんだというグイン。
生まれてから一度も別々になったことがない双子。

リンダの入った牢には
猿みたいな子がいました。
セム族の女の子。
リンダはにこやかに話しかけます。

どこからかきこえる悲鳴。

レムスとグインの部屋の横にはイシュトヴァーンが
いました。

紅の傭兵 イシュトヴァーンは
生まれた時に玉を握っていて
土地の予言者に

「この者はいずれ、掌にの上に

 王国を乗せて支配するだろう」


といったらしい。

「たったそれだけのことで?」

というレムスも失礼だな。。。

将来王になるはずのイシュトヴァーンは
ここから脱走するつもりで、レムスたちの
毛布をかせと要求。

イシュトヴァーンにアウラという言葉を
知っているかと尋ねるグイン。
女の名みたいだというイシュトヴァーン。

看守がきたので穴をふさぎます。

女の子をおそっていたネズミみたいなのから
リンダがたすけてあげたので
なつかれました。

イシュトヴァーンはあの川におりるのだそうです。
リンダのことをちゃんと助けてやるんだろうな
とグインにいいます。
いつでも動けるように飯はちゃんとくっておけ、と
傭兵の鉄則だとおしえてくれました。

リンダとスニは名前をおしえあってすっかり仲良し。

その夜 族カロイが夜襲をかけてきました。
そのすきに壁を破壊して
自分だけ逃げるイシュトヴァーン。

「待って!僕たちも助けて!」
「あまえてんじゃねえ。あばよ」

「やつのいうとおりだ。

 俺たちは俺たちの力でどうにかするしかない」


扉があかずでられないところ
解放されたオロが扉をあけてくれました。

「さあ。これを」

と剣を渡します。

「これで おまえには二度助けられたな。

 トーラスの若者よ」


「あんたは こんなところで死ぬ人じゃない」

グインとレムスとオロはリンダを助けに。

しかしそこへネムがあらわれ、
オロがやられてしまいます。

「あんたは・・こんなところで・・死ぬ人じゃ ない」

「わかった。

 オロよ。お前とともに戦おう」


ネムにむかって剣をぬくグイン。
ネムは自信ありそうな顔ですが
グインに心臓を手でつかれ
沈んでいきました。

イシュトヴァーンも逃走中。

瀕死のオロ。
この春でつとめをおえトーラスの都に
帰れることになっていたそうです。

「何か 俺にしてほしいことはないか?」

もしトーラスで助けが必要になったら
父をたずねてほしいというオロ。

「おまえが立派な戦士として戦ったと

 伝えよう」


「あんたは・・すごい戦士・・だ」

オロ、死亡。

「おまえは勇者だ。

 トーラスのオロよ」


スニはラク族、せめてきたのはカロイ族
とスニからきくリンダ。
ふたりのいた牢がそのまませりあがり
ヴァーノン伯爵の前に也ttきました。

「蛮族の血はあきた。

 次は王族の血を味あわせてもらおう」


伯爵、黒い霧のような姿になり
スニともどもとらわれます。

それ以上近づけば舌をかむというリンダ。
その危機を感じるレムス。

「伝えろ。

 息絶えるまでは希望しろ。

 そして戦え。

 それが本当の誇りというものだ」


「グイン・・本当の誇り・・」

スニと共に剣のある場所まで走ります。

「私は決して屈しない」

「王女の血はさぞや高貴な味がすることだろう」

城がおちてもかまわないという伯爵。
そこへグインが!

伯爵の正体は死霊。
グインが伯爵をおいつめます。
剣に火をともし

「火はすべての清めだ」

とその剣でつきさします。

「さらばだ ヴァーノン」

伯爵は倒したものの
火の手があがり逃げ場がない。

「子どもたちよ 俺は行く

 ついてくるか」


「ここからとびおりれば死ぬかもしれない。

 だが ここにいれば 確実に死ぬ」


3人ともグインにしがみついて
共に川へ・・・。

それをみていたイシュトヴァーン。
 


展開早いです。
先がながいですからどんどん行かねば、です。
グインに本当の誇りをおしえてもらうリンダ
あいかわらずよわよわしいレムスも
成長しなくては。
あいかわらずグインの戦闘シーンはかっこいい。



グイン:堀内賢雄
リンダ:中原麻衣
レムス:代永翼
イシュトヴァーン:浅沼晋太郎
スニ:矢作紗友里
ナリス:内田夕夜 
アムネリス:渡辺明乃
アストリアス:石井真
マリウス:阿部敦
スカール:岩崎征実
ヴァレリウス:藤原啓治



2009.04.20 Monday 15:52 | comments(0) | trackbacks(9) | 
<< 花咲ける青少年 第3話 眠れぬ夜 | main | 婚カツ!第1話「草食男子が就活で婚活!?」 >>









アニメ「グイン・サーガ」 第3話 紅の傭兵
グイン・サーガ 1 豹頭(2009/03/06)栗本 薫商品詳細を見る お前は勇者だ。トーラスのオロよ。 「グイン・サーガ」第3話のあらすじと感想です。 最...
| 渡り鳥ロディ | 2009/04/20 4:52 PM |
グイン・サーガ #3
黒伯爵の砦に捕らわれてしまったグインとリンダ&レムス。その砦の闘技場で、グインは灰色猿と戦わされました。その戦いに勝ち抜いたグインの前に、今度は紅の傭兵・イシュトヴァーン...
| 日々の記録 | 2009/04/20 7:44 PM |
グイン・サーガ 第3話
サブタイトル 「紅の傭兵」 グイン・サーガ I  [DVD]***********
| まだまだハマる☆現代アニメ | 2009/04/20 7:52 PM |
グイン・サーガ 第3話「紅の傭兵」
日曜夜は、なかなか両極端な感想を書くことになりそうですね(^^;)瘴気に満ちた砦に異形の影が迫りくる彼(か)を引き寄せしは赤き星か、闇を纏(まと)いし砦の主か恐怖に怯える小さき真珠を昏き闇が包みこむスタフォロス砦で、リンダはグイン、レムスとは別の牢に
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/04/20 8:16 PM |
グイン・サーガ 第3話 「紅の傭兵」
あらすじ 捕まったグイン、リンダ、レムスの3人はスタフォロス砦へ連行される、 余興として灰色猿と戦わされ苦戦していたグインに青...
| オタクな車椅子生活者の日々 | 2009/04/20 10:35 PM |
グイン・サーガ 第3話 紅の傭兵
グインはイシュトヴァーンと対峙。
| アニメ雑記帳 | 2009/04/20 11:49 PM |
【アニメ】グイン・サーガ 第3話【感想】
「紅の傭兵」 スニスニサブタイサギクサイ
| あにぎり(仮) | 2009/04/21 6:16 AM |
グイン・サーガ 第03話「紅の傭兵」の感想。
グイン・サーガ 第03話 「紅の傭兵」 評価: ── 息絶えるまでは希望しろ そして戦え、それが本当の誇りというものだ 脚...
| いーじすの前途洋洋。 | 2009/04/21 7:24 PM |
グイン・サーガ 第3話
グイン・サーガ 第3話 「紅の傭兵」 要するに,前回と今回はグインのカリスマ性(あるいは神性)を描きたかったお話なのですかね? そうでなければ,兵役ではあっても黒伯爵に従っていたモンゴール兵士オロがグインを助けた動機は説明が難しいと思うのですが。 オロが死.
| きゃんずぶろぐ | 2009/04/26 1:56 PM |