<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Cookie (クッキー) 2009年 06月号 NANAの感想

Cookie (クッキー) 2009年 06月号 NANAの感想
ネタバレ感想につきご注意

Cookie (クッキー) 2009年 06月号 [雑誌]
Cookie (クッキー) 2009年 06月号 [雑誌]
集英社
抱き合って泣くノブとハチ。
隣室ではシンちゃんがギターを弾いていて
ナナはあいかわらず。
シンちゃんの一言に怒ってライターを投げつけるナナを
きつい目でにらむシンちゃん。

タクミは浮気相手とハチからのメールを眺め
電話したのは気晴らしに呼んでといってた浮気相手?
ノブとハチにきこえた呼び出し音はゆりちゃんからだし。
その電話にでずハチをいっそう強くだきしめるノブ。

ゆりちゃんははやくハチをおいだしてよというけど
ガイアはどうもブラスト全体をお荷物扱いみたいで
となるとノブも・・と百合ちゃん蒼白。

そしてタクミが電話したのは浮気相手でもなく
マリちゃんでした。
トラネスがつぶれても会社はつぶさないと言うタクミ。

ノブの彼女(百合ちゃん)を気にして
ノブからキスされそうになったのをこばむハチ。

落ち込んだままのナナに携帯をなげつけ
「ナナさんなんか庇うんじゃなかった」というシンちゃん。
「レンに対しても周りに対しても何のおもいやりもないよ
 あんな事(レイラに言った言葉)言うんじゃなかった・・」
と目には涙が。
ノブを拒否したハチにノブが切れて
「嫌なら上がってくんなよ
 何考えてんだよ・・・
 もういいかげんにしてくれ・・」
とノブにしてはきつい言葉。
彼女を傷つけたくなかっただけで
ノブを傷つけるつもりじゃなかったのにと
また泣いてしまうハチの泣き声をきいたナナが
ドアをあけ、ハチの泣き顔をみたら
ノブの胸元をつかんで怒った!
ナナが「しゃべった」と喜ぶノブとハチ。

その内容は18禁みたいなものだったけど、、
そんなにハチ子が好きかときかれ
「違うの」と止めようとしたハチにまたキレて

「違わねえよ 好きに決まってんだろ!」

と言ったらナナにゲンコで殴られました。

「告んならケジメつけてからにしろ!

 ハンパなことして泣かせてんじゃねえよ!」

と怒ってくれますが・・これだと
百合ちゃんがかわいそうだなあ。。

ナナにだきついて泣くハチをよしよしするハチ。
ようやく元のナナにもどったことを
よろこぶシンちゃんたち。

ミュウさんからはタクミとノブの
どっちが好きなの?ときかれ
「それがわからないからこんなに苦悩してきたのに・・」
とこたえるハチ。
まだそんなこといってたとは。
このままじゃノブにかたむきそうなのに
タクミからは放っておかれるし・・と愚痴ると
レイラが入院したことをおしえてもらいました。
それをきいてシンちゃんをお見舞いにつれていってあげられるかも
ととっさに思うけどそれもタクミからは知らせてもらえないし
レイラにもシンちゃんは必要ないのかと考えるハチ。

きちんと話をしたらきっと別れ話になるから
このまま放っておきたいと、タクミと自分が
やることはどこまでもお互い様だと思いつつ
結局話しあう気はないようです。

ヤスの実家には詩音がいて
ヤスの養母のお世話までしてくれていました。
お母さんは詩音を恋人だと思い込んでいるようですが
ヤスも詩音もその気なし。
でも詩音はヤスが彼女にふられる日をいつまでも
待ってると言ってますけど。

ナナの母 美鈴さんがようやくナナに会いたいと
いってくれたのだとか。
初期のころからのファンの子は
ナナに感情移入していて
ライブにもきてたアキコたちは手紙を託。

ノブの脚元で眠るナナをみながら
シンちゃんも笑顔。



絶望的な喪失感の中で取り戻したものがあったと
本当にちょっとだけ救いのある内容になってはいますが
ナナを待ち受けるつらいこと(失踪するくらいの)は
これからなんですよねえ。

ノブとハチはいまさら・・とちょっとびっくり。
ノブが百合ちゃんを大事にしてたのは
そう自分にいいきかせてただけだったのか
ハチは臨月も近いのに、以前にタクミを選んだ時に
きっぱり心を決めたはずなのに。
それでも迷うのが人間ですけども。



2009.04.25 Saturday 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 別冊 花とゆめ 2009年 06月号 ガラスの仮面の感想 | main | 恋メン Vol.4 >>