<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

グイン・サーガ 第5話 「宿命の出会い」

第5話 「宿命の出会い」
明けの空気が音もなく奮え
老獪な戦士の槍が風を裂く
自由を掴まんと抗えど、運命からは逃れられぬ
捉えられた蝶のごとく

アムネリスの偵察隊がパロの双子達一行を発見。
はやるアムネリスを制するように青騎士隊長マルス伯爵が
グインの力試しを願い出る。マルスが剣を通じグインの
底知れぬ力を感じていたその時、リンダとレムスが捕らえられ人質に。
ついにパロの二粒の真珠は両親の仇、
敵国モンゴール大公の娘アムネリスと宿命の出会いを果たそうとしていた。そしてアムネリスが出会うのはその二人だけではなかった。


アムネリスの前にあらわれたビッグマウス。
それを倒し、やってきたのは
青騎士隊長マルス。
アムネリスを姫様と呼ぶマルスは
昔、姫からじいとよばれていたらしい。
マルスたちも援軍として加わることに。

イシュトヴァーンはスニのところへよるのは
嫌なようで、リンダたちの素性もばれてしまいます。
自分の無力さを嘆くリンダを励ますグイン。
イシュトヴァーンも付き合う気になってくれますが
そこをおそってきた魔物をたおしたときに
グインは「ランドック」という言葉を思い出しました。
それを知っていると言うイシュトヴァーン。

イシュトヴァーンがまだ15の時
海賊船ですれちがったそうで
船首には女の胸像がある流線型の船
そして右舷にはランドックという文字。
女の胸像と聞いて、コインみたいなものを
一瞬思い出すグイン。
でもランドックが船の名前なのか
国なのかまではわからず。
みんなはここで仮眠をとることにし
まずイシュトヴァーンが見張り役。

偵察隊がリンダたちを発見しますが
灰色猿さえたおしたというグインの強さに
血が騒ぐというマルスが自分にまかせてほしいと
アムネリスに申し出ます。

イシュトヴァーンと共にスニもついてきました。

マルスはグインたちの前にあらわれ
リンダとレムスを逃がすグインですが
ふたりもあっさりつかまってしまいました。
イシュトヴァーンが裏切ったと思うレムスたち。

イシュトヴァーンとスニはその様子に気づきますが
2人ではどうにもならず。

マルスといい勝負のグイン。
ですが、リンダたちが捕まったので勝負はおあずけ。

3人はアムネリスの前につれれていかれます。
両親の敵ブラドの娘とアムネリスを見つめるリンダ。

アムネリスはグインの豹頭について
たずねますが、本人も記憶がないときき
魔道士ガユスに占わせます。
記憶がないグインがなぜパロにくみする、というアムネリスを
笑うグイン。

水晶に映し出されたのは1頭の巨大な豹のみというガユス。
豹は豹でしかないというガユスにはらをたて
城へ帰るというアムネリス。
パロの双子も縄でひいていけというのを
二人には馬をやってくれというグイン。
しかしリンダはきっぱりとそのとりなしを無用だと
アムネリスにいいます。

レムス、へとへとで弱音をはくと
パロの世継ぎだということを忘れず
死ぬ時も顔をあげてまっすぐにというリンダ。
でも死にたくないというレムス。

「王女よ。誰もがおまえのように

 気高くまっすぐにうまれついたとはかぎらんのだ。

 それに少年よ、お前も立派だぞ。

 世継ぎともあろう身で

 死にたくないとはなかなか口にできぬものだ」


というグイン。

「僕をバカにしているんだね」

「それはおまえのいいところなのだ。

 いいか、おまえはおまえなのだぞ」


「僕は僕・・」

イシュトヴァーンはみんなを救う機会をうかがっていました。
アムネリスを見るイシュトヴァーン。

ついに座り込んでしまうレムス。
リンダまでたおれそうですが
励ますグイン。
測りがたい巨大な運命がおれたちをつかんでいるのだろうと
言うと空にエンゼルヘアーが。

羽根の1つ1つが死んだ者の安らわぬ魂だという言い伝えが
モンゴールにはあるそうですが、
リンダとレムスはその美しさにみほれます。
もしこれが滅びたパロのいく万の人々の姿だったら・・
というリンダ。

北の星ポーラスター、
暁の星ヤーンの目とも呼ばれている星が空に輝きます。

夜営する一行のテントにしのびこみ
サンドワームをおびきよせ
グイン達を助けにきたイシュトヴァーン。

サンドワームはゴーラの赤い獅子アストリアスが倒し
リンダたちをおわせてくれと申し出ます。
アムネリスに忠誠をつかっているようです。

イシュトヴァーンを裏切り者だと思ったことを
あやまるリンダとレムス。

「俺はバカだよ。

 傭兵の鉄則をしってるか?

 情にはながされるなってな」


「ありがとう。イシュトヴァーン」


「フン。初めて名前でよんだな。

 だがな ありがとうなんていうな。

 俺がおまえをたすけたのにはわけがある」


「わけ?」

「俺をとりあげた預言者はこう言ったんだ。

 いつの日か俺はどこかの王になるだろう。
 
 そしていつか 光の公女が

 俺に王国と そして闇とを与えてくれるだろうってな」


「王国と・・そして闇」




リンダの誇り高さには感心するばかりです。
レムスは王家に生まれるには弱すぎますが
双子の方割れがこんなにしっかりしてるから
よけいこういうふうになったのかも。
グインのはげましもなかなかよかった。

イシュトヴァーンもたったひとりで
奪回作戦お見事でした。


グイン:堀内賢雄
リンダ:中原麻衣
レムス:代永翼
イシュトヴァーン:浅沼晋太郎
スニ:矢作紗友里
ナリス:内田夕夜 
アムネリス:渡辺明乃
アストリアス:石井真
マリウス:阿部敦
スカール:岩崎征実
ヴァレリウス:藤原啓治



2009.05.07 Thursday 14:39 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 花咲ける青少年 第5話 出会い〜再会 | main | ETV50 もう一度みたい教育テレビ こどもスペシャル おーい!はに丸 ひとりでできるもん! >>









グイン・サーガ 第5話
グイン・サーガ 第5話「宿命の出会い」 サブタイトルの「宿命の出会い」とは誰と誰の出会いのことをいうのだろう? アムネリスと双子達ですか? 滅ぼしたものと滅ぼされたものではあるのですが,「宿命」なのかなぁ? う〜む・・・ 参考:Yahoo!辞書 - しゅく...
| きゃんずぶろぐ | 2009/05/10 3:21 PM |