<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アイシテル〜海容〜 第4話

第4話

さつき(稲森いずみ)は担当の調査官・富田(田中美佐子)の
励ましで、母親として智也(嘉数一星)と向き合う決心をする。
さつきは富田から事件当日、智也が困っていた清貴(佐藤詩音)を
自宅のトイレに案内したと聞かされる。
「やさしい気持ちでその子に声をかけていた…」
許されることではないと知りつつ、わずかに
救われた気分になるさつき。だが、
そんなさつきの様子を清貴の姉・美帆子(川島海荷)が
偶然目撃してしまう。

その後智也は富田に事件の日の出来事を徐々に話し始める。
清貴に「お兄ちゃんの家、ヘン」といわれて
ムカついたと言う智也。しかし富田は智也が
何か重要なことを隠していることに気づく。


いっぽう聖子(板谷由夏)と夫・秀昭(佐野史郎)は
美帆子に「パパもママも自分よりキヨタンを可愛がっていた」
と言われショックを受ける。娘の苦しみに
気づかなかったことを反省し美帆子にあやまる2人。
そして美帆子もまた自分が愛されていたことを知り、
家族の絆は強まる。そんななか小沢家にさつきから
お詫びの手紙が届く。
「なぜ自分の子どもが人の命を奪ったかわからない」
という内容に激昂する秀昭。だが聖子は
悲しみにくれながらも同じ母親として、
さつきの気持ちがわかる気がしていた。

そしてある日の面談中、富田からあるものを
見せられた智也は驚いて立ち上がり、
制止しようとした宮本(山崎画大)を突き飛ばしてしまう。
一体智也に何があったのか――?



感想のみです。


まずは美帆子。
ずっとがんばってたのがついに限界。
担任にまでしっかりした子だと思われていては
まわりじゅう、逃げ場がないですね。
しっかりしてみえても、こういうときこそ
今どきどこの学校にも配置されている
スクールカウンセラーに紹介するとか
してあげるべきでした。
でも爆発したことでようやくキヨタン一筋だった
母がきづいてくれてよかった。
ここでのお父さんの役割はほんとにいいです。
悲しみにくれる妻にかわって毎日買い物したり
(仕事は大丈夫なのかと思うくらい早い帰宅)
ふだんから、まめまめしい夫ですが
どうしようという妻に、「愛してる」と伝えるしかないと
実にシンプルかつ正強い答えをさらっといってあげられる
なんてほんとにすごい。
まだ美帆子は生きてそばにいるんだから
遅いことはないという言葉に賛成です。
愛情を求めている子に愛を伝えるのに
おそすぎることなんてない。
目の前にいる子をいくらでもこの先
抱きしめてあげるといいと思います。

それを思うと、抱きしめたくても抱きしめられられなく
なってしまったキヨタン・・
やはり智也のしてしまったことは取り返しが
つかないことです。
その父が、社会は俺たちを許さないといっていましたが
実際にそのとおりかも。
でもビール飲んでよっぱらってたのが
せっかく会社にいってやる気になったのに
ちょっとだけ気の毒な気がしました。
男の人はやりがいに思っていた仕事を
とりあげられるといっそうがっくりきそう。

加害者母からの謝罪の手紙をまったくうけいれられない
秀昭に対して、子どもの心がわからなかったという点で、
少し理解ができるという聖子。
今はそんな心境じゃないでしょうが、もし反対の
子どもの親の立場だったら・・と思うと
やっぱり被害者母に共感するかもしれません。

智也の反抗の動機は、街にみえるあの看板に
関係しているようですが、どんなむかつくことが
あったにしても、やっぱりそれで殺してしまうというのは
ありえない・・。
最後にカッとなって思わずつきとばしていた行動から
ふだんはおとなしくて繊細で思いやりのあるいい子でも
いきなりあんなふうになってしまう面もあるというのを
みせるためでしょうか。
ムカついたから殺した、小学生でそれは通じないですよ。
箱庭での精神分析では大きな孤独を抱えているとの
ことでしたが、次はそのへんがちょっとわかるかな。

ところであの髪どめってシュシュかと思ってました。
おしゃれそうな母だから知ってそうなのに。


野口さつき 稲森いずみ
小沢聖子 板谷由夏
野口和彦 山本太郎
小沢美帆子 川島海荷
野口智也 嘉数一星
小沢清貴 佐藤詩音
森田彩乃 田畑智子
小沢秀昭 佐野史郎
富田葉子 田中美佐子


アイシテル
アイシテル
MONKEY MAJIK


うつし絵
うつし絵
新垣結衣

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
伊藤 実

アイシテル~海容 後編 (2)
アイシテル~海容 後編 (2)
伊藤 実
2009.05.06 Wednesday 23:24 | comments(0) | trackbacks(10) | 
<< 銀魂 第155話 「裏の裏の裏は裏」 | main | 花咲ける青少年 第5話 出会い〜再会 >>









アイシテル−海容−:第4話
「私、見たんだ。犯人の母親。  その人、、笑ってた。」 やっぱりそう受け取っちゃったか。 富田としては、さつきを励ますのも仕事のうちだろうから致し方ない。 見られたタイミン...
| 日常の穴 | 2009/05/06 11:34 PM |
アイシテル−海容− 第4話 やっと、少しバランスよく。。
『被害者家族への手紙』内容”優しい気持ちで声をかけたことに救われた”と。。。葉子(田中美佐子)とさつき(稲森いずみ)の笑顔の会話を、そして“清貴”という言葉を偶然聞いてしまった美帆子(川島海荷)美帆子は、父・秀昭(佐野史郎)母・聖子(板谷由夏)に“私
| レベル999のマニアな講義 | 2009/05/06 11:39 PM |
アイシテル〜海容〜4話「被害者家族への手紙」
    「しっかりしてるから・・」「美帆子は強いな。救われるよ・・」 何気ない一言が美帆子をを追い詰め・・ついに爆発した・。 「パ...
| shaberiba | 2009/05/07 12:11 AM |
日本テレビ「アイシテル −海容−」第4話:被害者家族への手紙
これまで、ずっとさつきを主軸に描かれて来ているのには、少々引っ掛かりを感じていました。そう感じていたところでの、野口家にフォーカスが当てられた今回でした。
| 伊達でございます! | 2009/05/07 12:38 AM |
「アイシテル-海容-」愛してるゆえの結論は?4見つからない謝罪の言葉・・・届かぬ子供の想い・・・動機の先にある愛のカギはどこにあるのか?
「アイシテル-海容-」第4話は加害者の母親さつきを見てしまった美帆子はその場で動揺しわずかに微笑んでいたさつきに涙が止まらない。謝罪の手紙を書き始めたさつきだったが、原因もわからず、どうしてこうなったのかも理解に苦しみながら手紙を書いていた。進路相談で
| オールマイティにコメンテート | 2009/05/07 12:48 AM |
アイシテル〜海容〜 第4話
ズン!と重い。。。今回はいつになく重くて。。。重くて。。。 明日、、、、仕事始めだと思ったからか?(笑)
| アンナdiary | 2009/05/07 7:12 AM |
『アイシテル〜海容〜』 第4話
親は無意識のうちに子供を差別してしまっているのかもしれません。それは、お姉ちゃんがしっかりしてると思ってたから。「美帆子。お前は強いな。救われるよ」父親までもが自然に娘を頼ってしまってたんですね。娘はどれだけ両親のことを思いやり、気遣っているのか…美
| 美容師は見た… | 2009/05/07 2:32 PM |
「アイシテル〜海容〜」 第4回
 さて、ファミレスでさつき(稲森いずみ)と富田(田中美佐子)の会話を小耳にはさみ・・・ さつきが加害者の母親であると気づいた美帆子(川島海荷)は、勇気を出して振り返り顔を確認・・  そして、さつきが微笑んでいるところを見てしまう・・・  これね〜稲
| トリ猫家族 | 2009/05/07 5:22 PM |
アイシテル〜海容〜 第4回 感想
『被害者家族への手紙』
| ぐ〜たらにっき | 2009/05/07 7:42 PM |
《アイシテル〜海容〜》#04
富田が、智也が話し始めたと、さつきは知らされた。 それを隣席で聞いていたのは、キヨタンの姉美帆子だった。加害者の親が、笑っている!胸が張り裂けそうだった。 さつきは、智也が、優しさで、キヨタンに声をかけ、家のトイレを貸したことを知り、わけがわからないま
| まぁ、お茶でも | 2009/05/09 5:01 AM |