<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー ディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」

第17話「おばあちゃん味の道」
変身のとけたザビー。

「お兄ちゃん」

写真館に戻った夏海たち。

「マユちゃんのお兄さん?!」

「ああ。ZECTのライダーをみて そう言った」

「よかった!生きていたんだ!」とユウスケ。

「生きていても あいつのはずがないんだがな」

とリンゴをかじる士。

「でもどうしておばあちゃんの店に帰って来ないんでしょう?」

「カブトにやられた時のショックで

 記憶喪失・・とか?」

「う〜ん、こりゃ思ったより 入り組んだ話かもしれないなあ」

と栄次郎。

「どういうことですか?」

「これだ。がんばれ!白髪探偵」

本、読んでました、、、

「うん。頑張れ」とユウスケ。

ZECT

「クロックダウンシステム・・

 このシステムが完成すれば

 カブトはクロックアップの世界から

 ひきずりだされることになる」


とソウ。

マユとおばあちゃん。

「あれは絶対お兄ちゃんだった」

「そうかい」

「それだけ?お兄ちゃんが生きてたんだよ」

「だったらそれでいいじゃないか」

「お兄ちゃんにかえってきてほしくないの?」

「あの子が生きていたとして

 それでもここに 帰って来ないとしたら

 その理由はただひとつ」


「何?」

「戻ってこられないわけがあるのさ」

「もう知らない」

夏海とマユ。

「そうですか。お兄さんをさがしてるんですか」

「ええ。でもどこをさがしたらいいのかわからなくて」

「私たちもあたってみたんですけど

 ZECTって組織本当に秘密みたいで

 連絡先もわからないんです」

「まったく・・うぉ〜〜」

ベンチにすわっていた男がワームに変わりました。

「マユちゃん!」

逃げるふたり。

「気がついた事が二つあってね」 と大樹の声。

「海東さん!」

「まず、その子はなぜかワームに狙われている」

ワームがあらわれました。

「助けて!」

「僕の獲物はワームじゃない。

 それと もうひとつ気がついたのは」


カブトがあらわれあっというまにワームを倒しました。

「カブト」と夏海。

「やっぱりねえ。

 なぜかその子を カブトが守っている」


「カメンライド」

「変身」

「ディエンド」

ワームがマユを狙うのをまたカブトが倒します。

「なるほど。みたところ

 あんたのクロックアップが一番はやそうだ。

 どうせ頂戴するなら 性能がいいほうがいい」


「アタックライド バースト」

カブトを攻撃するディエンド。

「狙った獲物は逃がさないよ」

「カメンライド イクサ サイガ」

「どうぞ」

「その命 神に帰しなさい」

「イッツ ショウターイム」

「待ちなさい」

「レッツエンジョ〜イ!ヒアカモン!」

「膝まづきなさい」

そのすきに逃げたマユと夏海を
ワームが待ち伏せ。
マユがワームにつかまります。

「マユちゃん・・」

マユが光り始めました。

「え?」

そこへ士もやってきました。

光を放つマユ。

「夏海!」

マユがシシーラワームになっていました。

「え・・」

「あっ・・マユちゃんが ワーム?」

「イヤー!」と叫んで逃げるシシーラワーム。

「マユ・・」と士。

カブトとディエンド。

「どこだ・・うっ。

 クロックアップが これほどのものとは」

カブト、姿を消しました。

「クソ!どうしても・・手にいれたい」

ビルの屋上にいるマユ。

「私が・・ワーム・・・」

「オレといっしょにこい」とソウ。

「お兄ちゃん」

「さあ おいで・・マユ

 おれならお前を うけいれてやれる。

 俺も・・」

ワームでした。

逃げようとするマユ。

「一緒に行こう」

と手をさしだします。

「その傷・・」

「ああ あの時の傷だ」

カブトにおそわれたときを思い出すふたり。

おばあちゃんをたずねた夏海と士。

「あの・・・マユちゃんが 実は・・」

「知ってたんだな?」

「それがどうかしかい?」

「え?」

「ワームだとわかった以上 オレはあの子を倒す。

 それがこの世界のルールなんだろ」


「ワームだろうがなんだろうが関係ない。

 あの子はわたしの孫だよ。

 うちのおでんと同じさ。

 あの子の体には隅々まで

 うちのおでんのつゆの味が染み込んでるんだよ」


ソウについていくマユ。
ソウがをならすとZECTの隊員がマユをつかまえます。

「お兄ちゃん?」

「弟切さん 何するんですか」とアラタ。

「カブトを捕獲するためだ」

「そんな作戦中止してください。

 カブトは何度も俺たちを助けてくれた。

 あなただってわかってるはずだ!」

「作戦は 決定事項だ」

「弟切さん!」

アラタもボコボコ。

「お兄ちゃん・・。放してよ。放して」

「えさは手に入った。フッ」

街頭ビジョン。

「臨時ニュースです。

 全国のみなさん。

 みなさんはもうカブトの影におびえることはありません。

 カブトは 異なる時間の流れの中にいて

 我々の生活を脅かす存在です。
 
 しかし当局はついに カブト捕獲作戦を実行します」

おでん屋さんでもそのニュースが。

「カブトは我々の手の届くところに引きずり出されるのです。

 謎につつまれたカブトの正体も遂に明るみにでます。

 クロックアップで高速移動を続けるカブトを

 断固として許さないという当局の姿勢に

 市民からは安堵の声があがっています」

光写真館でもニュースをみていました。

「カブトをつかまえる?!」とユウスケ。

そこへ血まみれのアラタが。

「・・あんた!」

「ディケイドは 弟切さんをとめてくれ。

 あいつは普通じゃない。

 カブトをつかまえるために

 女の子まで利用して」


「まさか・・マユちゃんを」

「どうやってカブトをつかまえる?」

「システムが稼働すれば

 カブトは クロックアップ能力を失う」


「そういうことか。

 カブトの動きが止まる。

 そして、おまえたちライダーの動きも」


「何・・?」

「やつはどこにいる?」

士はバイクで移動。


ZECT

「準備完了しました」

「よ〜し」

「カブトは 本当にくるんでしょうか?」

「餌がある限り

 やつはかならずくる!」


マユが捕らわれの身。

アラームがなり、扉をたたく音。

「カ〜ブト〜!

 システムを作動させろ!」


「はい!」

クロックダウンシステム作動。
東京じゅうにひろがります。

そこへカブトがはいってきました。

「うっ!ああ・・」

「カブト!」とマユ。

「ようやくあえたな カブト。

 あっははは ははは ついにとらえたぞ!カブト!!

 オレの勝ちだ。ハハハハ」


ZECTの隊員たちもみんなワームでした。

「フフン。

 全てのライダーのクロックアップは無力化された。

 クロックアップできないおまえなど
 
 我々の敵ではない」


カブトをけとばす弟切。

「あっうう」

カブトの変身がとけました。

「お兄ちゃん!どうして?」 とマユ。

「どうして?」

「ひさしぶり〜」

とマユの兄のソウを足でふみつける弟切。

「うあ・・ああ」

「この世に二人のオレはいらない。

 はははは」


「消えるのはおまえのほうだ」

士がやってきました。

「貴様・・」

「士さん」

「おばあちゃんが言っていた。

 つゆの味は目でみただけではわからない

 ってな。

 みかけにだまされるな」


「私 見たの。

 お兄ちゃんがカブトに殺されるのを」


「マユが見たのは兄さんに擬態したワームだ。

 カブトは自分に擬態したワームを

 倒そうとしたんだろう」


「その戦いのあと

 オレはクロックアップの世界から戻れなくなった。

 マユ・・おまえは戻れる。

 おばあちゃんのところへ」


「フッ・・こいつはワームだぞ。

 いまさら帰る場所などない。フフ」
と弟切。

「違うなあ」 と士。

「何?」

「この世に一か所だけ

 たとえ世界のすべてを敵にまわしても
 
 家族の帰りを待ってる場所がある。
 
 そしてこの世にひとりだけ

 たとえ世界のすべてを敵にまわしても

 家族のために戦う男がいる」


「お兄ちゃん」

「くだらん!

 身を寄せ合うのは弱い者同士だ!」


「この男は

 誰にも声は届かない世界で

 孤独にたえながら

 みんなを守ってきた

 誰より強い男だ。

 同じ顔をしているが
 
 おまえはこの男の足元にも及ばない・・

 虫けらだ」


「黙れ!!

 もはやクロックアップは無力化された!

 この世界はオレのものだ!はっはっはっは」


弟切がフィロキセラワームに。

「どうかな?

 オレは全てを破壊する」


「貴様 いったい何者だ!」

「通りすがりの仮面ライダーだ。

 おぼえておけ」


ワームがおそってきました。戦う士。

マユをたすけるソウ。

「何で私を守ってくれるの?

 だって私は・・」


「お前はオレの妹だ。

 そしておれは」


「お兄ちゃん」

「大切な真実はそれだけだ。

 これからもおまえを守る」


マユ、笑顔に。

「あっちいっとけ」

とマユを安全な場所に避難させます。

「いくぞ」

カブトゼクターもとんできました。

「変身!!」

「カメンライド ディケイド」

「変身」

「キャストオフ」

「キャストオフ」

カブトとディケイドがワームと戦います。

「クロックアップを封じられた貴様らが

 オレに勝てるか!てい!」


ワームをよけるカブトとディケイド。

「残念だったなあ。

 どんなに早く動いても お前の動きは見きった!」


「アタックライド イリュージョン」

「おのれー!ていっ!」

ワームが羽をだし上へとんでいきました。

「ファイナルフォームライド カカカブト」

「ちょっとくすぐったいぞ」

「ん?」

カブトが大きいカブトゼクターになってとびます。
カブトのあけた穴のあとにつづいて
屋上にでるディケイド。

「もうシステムはとめられない」とワーム。

「システムを破壊すれば

 あんたはまた永遠の孤独に戻ることになる

 いいのか?」


天を指さすカブト。

「いつでも帰れる場所がある。

 だから俺は 離れていられるんだ」


「それがあんたたちの絆か」

「この世界は オレが支配する!

 ふ〜っはっはっは」


「この一家がいる限り それは不可能だ」

「ファイナルアタックライド カカカブト」

ワームを攻撃。

「うわー」

「1 2 3 ライダーキック」
「ターッ!」

ディケイドとカブトではさみうちでキック。

ワーム撃破。

変身をとくふたり。

「何か ばあちゃんに伝えることは?」

「フフ・・ないな。

 おばあちゃんは全部わかってる」


「そうだな」

マユがやってきました。

笑顔で消える兄。
マユ、涙ぐみます。
一瞬カブトの姿になってきえました。
マユを見つめる士。

かえってきたマユたち。

「ただいま」

「おかえり」

おでんをだしてくれるおばあちゃん。
笑顔。

「うん」

おでんをたべるマユ。

「お兄ちゃんも いつか帰ってこれるかな」

「ソウジは いつだってここにいるよ。

 あたしたちがかわらないかぎりはね」


その二人を写真に撮る士。

「うん なかなかいい写真じゃないか」と栄次郎。

笑っている士をみて不思議そう。

「ん?」

「結局 お宝は手にはいらなかった」

「落ち込むな。

 そんなおまえに・・これをやろう」


「なんだい?」

「大航海時代 かのバスコ・ダ・ガマが

 命がけで捜し求め

 金と同じ値段でとりひきされたという

 伝説のスパイスだ」


「・・いいのか?」

「もっていけ」

大樹、嬉しそう。

「伝説って、それ胡椒じゃない・・」

「シー!」とユウスケ。

「イエス!」

と小さくガッツポーズしてかえっていきました。

キバーラが二匹。

「あんたが偽物でしょう」

「あんたこそ」

「まさか またワームの擬態?」

「どっちが本物なんですか?」

「どっちでもいい。

 真実は それだけだ」


と士。

「あたしのほうがきれいよね」

「あたしよ あたし」

「まあまあまあ ご両人

 ふたりとも とてもきれいですよ ね」

ととめる栄次郎にぶつかるキバーラ。

「はっきりきめてよ」

ぶつかったときにスクリーンがおりて
次は響鬼の世界。

鳴滝。

「残る世界は あと一つとなってしまった

 だがディケイド

 そこがお前の死に場所となるだろう」


鳴滝のそばをとぶキバーラ。



ワームはそのまま世界にいつづけて
カブトは孤独な戦いを続けるんですね
ZECTも全部のっとられてそうだし
先行ききびしいかも、カブトの世界。

イクサのセリフはすごく楽しかったけど
サイガってあんなキャラだっけ。

他のキャストがそれぞれのキャラをやっても
いつも似ても似つかないのですが
士が「おばあちゃんが言っていた」をいうのは
妙にはまってました。
りんごをかじる姿も絵になるし
胡椒を出した時のポーズも無駄にかっこいいしw

胡椒で喜ぶ大樹。
あんな単純キャラなら
これからいくらでもだませそうです。
伝説の鬼がつかっていたハチマキだ、とかいって
そのへんのハチマキをわたすとかしても喜びそう。

キバーラはどうみても鳴滝側なのに
みんななんでそばにおいておくんだろう。

次回予告にモモがいたのはやっぱり鬼だから?笑



門矢 士 井上正大
光 夏海 森カンナ
小野寺ユウスケ 村井良大
光栄次郎 石橋蓮二
鳴滝   奥田達士
キバーラの声 沢城みゆき
ナレーション 鈴木英一郎
ディケイドライバー マーク・大喜多

海東大樹 戸谷公人

弟切ソウ  川岡大次郎
ソウジ   川岡大次郎
アラタ 牧田哲也
マユ  管野莉央
おばあちゃん 佐々木すみ江
アナウンサー 前田有紀
フィロキセラワームの声 望月健一

tb先 Hybrid-Hills 
   仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」



プロジェクトBM 限定 天道総司 仮面ライダーカブト
プロジェクトBM 限定 天道総司 仮面ライダーカブト
メディコム


仮面ライダー電王 特写写真集 第2集
ホビージャパン

仮面ライダーカブト CLOCK UP (キャラクターブック 02)
仮面ライダーカブト CLOCK UP (キャラクターブック 02)
朝日ソノラマ

メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE First featuring KUUGA KIVA RYUKI
テレビ主題歌,TVサントラ
2009.05.17 Sunday 10:31 | comments(11) | trackbacks(25) | 
<< 侍戦隊 シンケンジャー〜第十四幕「異国侍(いこくのさむらい)」 | main | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第7話「隠された真実」 >>
ミチコ (2009/05/17 6:19 PM)
honeyさん こんばんは、カブトの世界編を終え次回は響鬼の世界ですね。なんか予告には再びモモタロス登場します。
sorcerer (2009/05/17 8:58 PM)
honeyさんこんばんはー!

井上クンは、無駄に格好いいのでホントw
何をやっても格好いいですよねー(笑)

大樹の目的がワカンナイー!
胡椒でもいいんなら、何でもいいじゃんー!
ホントw

モモ出てたねー!
今度は何をやってくれるんだろ!?

楽しみ!
honey (2009/05/17 9:17 PM)
>ミチコさん

 こちらもこんばんは。

 モモタロスがでてましたね。楽しみです(^O^)

>sorcererさん

 こちらもこんばんは。

 井上君を主役に選んだえらい人、ほんと見る目あるな〜
 と思います。存在感もばっちりだし各世界のライダーにも
 モモたちにさえ負けてません。

 大樹、だんだんテキトーになってきたよね。
 あのデンライナーの中にあった
 オーナーのスプーンだ!とかいっても
 騙されそう・・・。

 モモ、鬼世界だからオファーがきたんでしょうね^^;
摩天楼 (2009/05/17 11:22 PM)
honeyさんこんばんは。
変身を解いたソウジが、またクロックアップの世界に
引き戻されるのは解せないです。
ZECTに頼んで修理してもらえばいいのにと思う。
honey (2009/05/18 8:28 AM)
摩天楼さん、こんにちは。

ZECTも全部乗っ取られてそうな気がしますが
カブトひとりでずっと戦い続けるのは気の毒ですね。
風水 (2009/05/18 11:52 PM)
honeyさん、こんばんは。
カブトの世界、よかったです。
ラストのおばあちゃんのセリフが泣けました。
そして、カブトがちゃんと2話におさまっていることが驚きです。
いや、なぜマユがワームなのかとか、ソウジがなぜカブトになったのかとか、オリジナル顔負けの謎が残ってはおりますが。
それでも良いと思えるくらいでした。

クロックアップの世界にいるソウジ…食事はどうなってるんだろう…と一瞬思った私をお許し下さい(苦笑)。
honey (2009/05/19 9:55 AM)
風水さん、こんにちは。

謎を放置したからこそのまとまりのよさ・・だったりして。
いい話でしたよねえ。おばあちゃんと孫たちとの。
士もあいかわらずかっこいいし。

食事まで気がつきませんでしたがお風呂とかも問題ですよねえ。
はたからみたら超高速にみえてもあの時間の中では
本人にとってはゆっくりなのだとしたら
しっかりどっかで睡眠とったりしてるのかも。
気が付いたらごはんが消えてた、というのは
カブトのしわざです。(違う)
向日葵 (2009/05/19 11:39 PM)
こんばんは。

カブトの世界、確かにヤバそうな感じはしますねぇ。
まぁ、クロックアップの世界にいるソウジがなんとかしてくれるかもしれませんが(笑)。
でも、彼、一人でクロックアップの世界に取り残されて孤独なのは可哀想だよな〜。原因わからないから戻れないし・・・・。

士、本家のソウジのマネしてましたけど、確かによく似合っていたと思いますよ。
やっぱり、水嶋君には負けると思いますがね(笑)。

大樹ですけどもお宝マニアのくせに知識なさそうだけど、あんなことでいいんでしょうかねぇ。
まさか、胡椒を掴まされて大喜びとは大爆笑でした。
いや〜、こんなんではマジで簡単に騙されちゃいますよ〜。
こんな可愛い一面も見せてくれましたが、夏海さんとマユちゃんが襲われているのに助けなかったのはちょっと酷いんじゃないかと思ったり。

では、またよろしくです。
honey (2009/05/20 8:13 AM)
向日葵さん、こんにちは。

謎はあまり追求しない方向でうまくまとまってましたね。
ソウジもはやくおばあちゃんと妹のもとへ
戻れるといいいのですが。

井上くんがかなり見た目いいので
天道のセリフいってもきまってました。
もともとキャラ似てますし。

海東はどんどんおバカキャラになってきているような・・。
でもあそこは助けてもらいたいですね。
syou (2009/05/20 6:41 PM)
honeyさん、約2週間のお久しぶりです!!!中間が終わったsyouです。
今回は15話から17話までの感想を一気に載せます。長いですよ。―約3倍かな?(ヴォォォィ、ちょったぁ短くすること考えろ!といわれるでしょうから少し簡潔に書きました。ホントか?)
なお、15話、16話の次回予告、は省きます。

15話の本編。(超モモタロス参上)
ワー、いきなり電王(withモモタロス)はリンチ。可愛そうに。ディエンドさん、相変わらず面白い戦い方です。
デンライナーでは士たちのお話。イマジンたちの会話、おもしろ。
そこで、お笑いの一点目、士の「バカ(この場合、モモ)は目立つ」。次のシーンで、「うん。目立つ。」と思わずつぶやいたのは僕だけか。
バトルシーン。なんか最近弱くなったねぇ、ディケイド。がんばってもらわないと、即死ですよ。大戦中。途中、ギャグにも見えたり見えなかったり。(笑)
そして、二人ともやられかけのところに、ディエンド!さっきのシーンで、乗ったのね。そして、…555の映画で出てきたライトオルパー!!(確かそんな名前)映画の人も出すんだ。じゃあ、…王蛇(イン龍騎)出してよ!オーガ(イン555)も。
「こいつは、ただのイマジンじゃない…バカだ」バカか。あとのほうもシリアスながら、結構コント。
で、ライトオルパー、死亡。爆発で。ちょっとしょんぼり。
その後、ファイナルフォームライド。やっとユウスケ出れた。落ちたの痛そう。…ドンマイ。
で、モモタロス、デカッ。で、ちょっとコワッ。小さい子は見れたんでしょうか。(笑)と思ったら、同じサイズか。と思うと、チイサ。
で、ディケイド界の最終バトル、おもしろ!やっと出番が回ってきたクウガは、モモに一撃。で、その仕返しにファイナルアタックライドで使われてました。爆発に巻き込まれちゃったね。かわいそうに。(笑)
で、なんかいきなり良太郎、幸太郎(?)登場。…いいのか?
続きが気になる終わり方ですね。結局解決せずに、電王の世界を出ましたが、…テレビ派としては、あまり納得いかないのでは?
―でも、電王の世界はいままでで一番おもしろかったです!!

電王、映画も始まりましたし、OPやED、CMは映画の予告一色ですね。はやくyoutubeで見たいです。
本編も、14話と同様、いやそれ以上に楽しませてくれました。

16話本編(警告、カブト暴走中)
今回のカブトの世界での士のお仕事は、えっと、自衛隊?ちょっとかっこいい。

最初の戦闘。キャストオフって、かっこいいけど、少し迷惑ですね。あれで住宅地壊したことないんでしょうか(笑)
なんか、ハイスピード名戦闘みたいですねぇ。大戦で相当有利じゃん。みんな統一させないと、勝負にならないよ。そして、カブトが最速だったら、勝負なしです。
しばらくして、イン食堂。ここに、ここに、がばいばあちゃんがいますよ!!
そして、何故か、写真撮影。かわいいやらなんやら。士は頼まれたからわかりますけど、ユウスケはいていいんでしょうか。
そして、士は才能もち!!……いやいや、えっと、ないでしょう。
お兄ちゃんと真由の話はいいですね。心温まります。
で、再び戦闘。虫相手なのでとクウガvsワーム。で、そのあとゼクトvsデイケイド。電王に変身し、「おれは参上」発言!…シラケタだけ。(笑)で、続いてのガンフォームの変身コードは「答えは聞いてない」。わかりやすいけど、そんなことも聞いてない。(大笑)結局、ゼクトのライダーには飽きられましたが、おもしろい。(あとで、クロックアップした二人にやられるのも、なんですけど、おもしろく感じました)電王シリーズはそれぞれの性格や行動が一瞬でてしまうみたいですね。次回の変身に期待します。
そこにディエンドが参戦し、またもライトオルパーが参戦。約1,2秒で消滅しましたが。
そして、また場面はディケイドに。ここで555に変身し、さらにアクセルモードで高速戦闘。ああ、この手があったか。これで555、クウガ、オーディン(龍騎のライダー)は通常参戦できますね。他はきつそう。
と、そんなことを考えている最中に真由襲われてる!いや、ここまで逃げられただけでたいしたものです。さらにクロックアップ中のゼクトの戦士の攻撃が真由を襲う!!とおもったら、今度はカブトが守り、ワームを倒しましたね。すごい。強いです。
この戦闘、内容盛りだくさんでしたね。
最後でディエンドが「おれが(そのお宝を)もらう」ってところが唯一お笑いでした。

17話本編(おばあちゃん味の道)
まず少し飛ばして、ディエンドvsカブト。真由をわざと(?)ワームに襲わせ、カブトと対戦。いきなり、イクサとサイガ(こっちは555の映画で出てきたライダーで、空の戦士だと言われています)が参戦。サイガはちょっと英語使いすぎですね。原作の映画は日本語も使ってたし。結構な戦闘でした。
そして、真由がワームだと発覚!!!でも、子供でしかも女の子が敵側のモンスターというのは初じゃないでしょうか。少なくとも僕の知ってる限りではないですね。大人の女性の方がモンスターってのはいくつかありましたが。555ではラッキークローバーにもいましたし。それを考えると、なんとなく、かわいそうだなぁ。
しかも、カブト捕獲に利用ですと!!許せん!(とか何とか言っときながら、前から似たようなのは何度かありましたけど)
そういえば、ライダーのことはかなり知られていますねぇ。びっくり。(いまごろだなぁ)クロックアップとかは皆さん、詳しいんでしょうか。
そして、終盤。ワームだけど味方とは、555のときと同じです。オルフェノクと555たちが協力していたので。
「士の言葉」と「真由とカブトの兄妹愛」が、ジーンと効きます。
クロックアップなしのカブトとディケイドの共闘。「もう攻撃パターンは見破った」って、ハヤッ!
カブトのファイナルフォームライド。あれは、…ドリルだ!モグラだ!いや、カブトムシだ!って、そう見えません!!(笑)ファイナルアタックライドはダブルキックならぬハサミキックですね。
そして終わりがけ。真由におでんをあげるおばあちゃん。やっぱり、ここのがばいばあちゃんは偉大です。
最後に海東さんがお宝がなかったと渋っているところに、士が「金と同格といわれる伝説のスパイス」こと「こしょう」をもらって、よし、としっかり喜んでいたところに大爆笑でした。

カブトの世界。キャストオフやクロックアップは、派手ですねぇ。その分、大戦の時には楽しませてくれそう。
真由=ワームは意外と驚きませんでした。(まぁ、さっき述べたように女の子が、ってのはおどろきましたが)555の世界だって、タクミがオルフェノクだったし。もしかして、士も…でも、もしそうならどこの世界のモンスターなんでしょう。オリジナル?まぁ、まずモンスターっていうのが確率低いですが。
一応、円満で終わったように見えますが、555のときのように問題は山積みでしょうね。がんばって乗り切ってほしいです。

次回は響鬼。
鬼やらモモタロスやらなぜか龍騎も参戦。どんな理由があったんでしょう。モモタロスは……鬼だから、ですね(爆笑)
こちらも電王、カブトと同じく未見ですので、早いうちにちょっとチェックしときます。

前回のコメントの感想
いやぁ、久しぶりにかけます。ここ。(うれしい)では、感想。
>文芸部の〜楽しそう。
 楽しかったです。トランプは作品を見せ合った(どこかの)休憩場所でやりました。誰が買ったかは知らず、実際詳しくどこと聞かれる

と、正直地図が全く思い浮かばない高1。(あ、断っておきますが、事実です)
親密度、アップしたと思います。あれから、メンバーと話す機会が相当増えましたし。おもしろY君とも小説家希望のA君ともBさんとも。

>自分の心の中に〜いいでようか。
 そうですね。ホント、心は揺れますね。ひばりさんみたいな性格なら、苦労しないんだろうな。まぁ、それなりに大変でしょうが。
はい。よかったです。(というのでいいのかなぁ)アドバイスありがとうございます。
前のナルトで出会った言葉で「自分の信じるものを信じたい」です。
最近倫理の授業が始まっておもしろいなぁと思っている僕ですが、心理学でも学んでみたいものです。

>体育祭の〜バンザイですね。
 はい。もうあのときのことを思い出すと、比喩ではなく天に昇りそうです。(昇るなーーーー!)また、心臓は爆発しそうです。(比喩

でないのなら、死にますね)
また、この前から約一週間毎日、朝や帰りがけにKさんを見かけられたんですよ!よしっ!7:50ごろに来るのは中2の頃に父に早く来さ

せられて朝の図書館に行ったときに判明。だから、中3のときも狙っていたんですが、なかなか。それで会えたのが、相当うれしいです。
文芸部に入ってくれとはいいませんが、親睦を深めたいものです。……そのまえに僕が通常でも話せるようになるのが先ですが。
話せるようになって、僕のほうが「言う」ことができたら、この運動会のことも出会ったときのことも思い出して話してみたいです。僕が

どれだけドキドキしてて固まったりしていたかについてなど。(笑)
そして、中高一貫校万歳の前に、ギリギリで今いる学校に受かって今も振り落とされずにいる僕に万歳!(自分本位)
ホント、自由研究の授賞式で(僕は努力賞ですが)一緒に入賞してそのときにあえたことから万歳です。

>原作に追いついた〜楽しみです。
 ブリーチはもうこっちはバラガンの従属士4人衆の戦闘は終わり、ようやく隊長たちvs十刃and従属士少々です。
もしかして、戦闘開始直前でオリジナルいくのかなぁ。それぐらいしないと、というほど追いつきましたが。
ヒサギと吉良、弓近の戦闘のアレンジはおもしろかったです。フィンドール戦は特にでした。
アルコバレーノの話は僕も楽しみです。とはいえ、youtubeでしか見られないでしょうね。

いろいろ
コミックス:今度、ようやくバクマン。のコミックス発売ですね。よっしゃ、と思ったら、ブリーチ、ディーグレも発売ですと!
ディーグレは妹が買うでしょうが、ドッチを買おう。
ジャンプ:リボーン・ようやくチョイス。ヒバリサンは相変わらずで楽しい人です。どんな戦闘かとんでもなく楽しみです!
ブリーチ:砕蜂は腕が骨になり大前田に切らせ、危機的状況。日番谷くんもハリベルの一撃は回避できましたが、勝てるかは無理かも。早

く、仮面の軍勢や一心・竜玄ペア、浦原・夜一ペアでの増員を早くしないと!というか、山じい、戦おうや!浮竹もがんばってさぁ。
バクマン。:連載前の話。いろいろ楽しい人たちばっかりです。見吉も協力してくれそうですし、ちょっと期待できるのか。
中間は…うまくいったかな???
今度の日曜日にもう一度文芸部の集まりがあります!BさんとM君が来ませんが、楽しんできますね。作品もしっかり書いときます!

今日中間が終わりましたが、図書館には明日行ってみます。
月曜には何かしら報告できるかな。
木曜金曜も早く帰れるのでもしかしたら何か書くかもです。(その前に勉強せい)

ちょっと執筆してきます。人生相談、受けてくださり、ありがとうございます。
では、また月曜の「ディケイド」ででも。
honey (2009/05/20 8:23 PM)
syouさん、こんばんは。

中間テストお疲れさまでした。

ディケイド、電王編もカブトもおもしろかったですね。
バカは目立つのあとすぐにそのバカのシーンになったもので
爆笑しました。
電王の世界はキャラそのものが楽しいですから
ギャグ編みたいなものですが、モモタロスにかけた
士の言葉なんかはとてもよかったと思います。

カブトはキャストオフなしでもすごく強いイメージ
だったんですけどとにかく超高速でしたね。
カブトでもひよりがワームでしたし
ZECTの中にもワームいっぱいいましたね。
海東はどんどんお笑いキャラになっているようです。
本当にお宝にしか興味ないみたいなうえ
あんな簡単にひっかかるとは。

学校生活、お楽しみ中ですね。
恋をしていたらそれだけで人生楽しいので
(苦しい事もあるでしょうが)
毎日はりあいがありますね。

ブリーチはこちらはBSで週遅れなんですが
昨日、修兵が戦おうとしていました。
もうすぐおいつきますね、というか
本編がさっぱりすすまないので・・・。
他のみんなは何をしているのかと。

中間おわってももしかして
期末まで一ヶ月くらいじゃないですか。
インフルエンザ、関東はおちついているけど
このまま終息するといいですね。
学校休みだと、あえなくなりますし。









仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
栄次郎 「これは思ったより入り組んだ話かもしれないなぁ」 推理小説のことだった 頑張れ、白髪探偵
| 深・翠蛇の沼 | 2009/05/17 10:57 AM |
仮面ライダーディケイド 第17話
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」。その姿形がどうであっても,たとえ目に見えなくても,そこに確かな絆があればそれが家族なんだという良いお話。 以下読みたい方だけどうぞ。
| きゃんずぶろぐ | 2009/05/17 11:15 AM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
仮面ライダーディケイドの第17話を見ました。第17話 おばあちゃん味の道ザビーの放った流れ弾がマユに向かって飛んでいくも、現れたカブトがマユを助けてザビーを倒す。そして、変身解除されたザビーの正体であるソウの姿を目撃したマユは驚く。「お兄ちゃん…!?」ゼク
| MAGI☆の日記 | 2009/05/17 11:20 AM |
今日のディケイド 第17話
「おばあちゃん味の道」カブト後編という事で。ザビーのソウを見てマユがお兄ちゃんと呼んで驚いた前回のラストでしたが、カブトの世界ですからワームだったんですね。ZECTにワームが入り込んでいるという視点を失っていたので、言われればそういう事もあり得ると納
| 地下室で手記 | 2009/05/17 11:33 AM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
その命、神に返しなさい。 仮面ライダーカブト VOL.12 [DVD](2007/07/21)特撮(映像)水嶋ヒロ商品詳細を見る
| せーにんの冒険記 | 2009/05/17 11:38 AM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
ザビーに変身していた弟切ソウはマユのお兄ちゃんだった!? えぇぇぇ〜って感じで先週は終わったわけですが、 やっぱり違いましたね。ソウに擬態したワームでしたぁ〜。ま、そんなとこでしょうか・・・。 クロックアップの世界(!?)に住んでいるというカブト・・・
| むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜 | 2009/05/17 12:14 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話 クロックダウン!
『おばあちゃん味の道』内容ゼクトのザビーの装着者ソウ(川岡大次郎)を見てお兄ちゃんだというマユ(菅野莉央)。行方不明の兄が見つかったことに、素直に喜ぶ夏海(森カンナ)ユウスケ(村井良大)であったが、だが、何かオカシイと感じる士(井上正大)そんなマユと
| レベル999のマニアな講義 | 2009/05/17 1:02 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
カブトの世界、完結。色々と疑問に思うところは多いし、想像以上に悲劇的なラストであるとは思うのだが、オリジナルのエッセンスは抽出されていたと思う。 天道の超然とした雰囲気は士に託し、どちらかというと雰囲気は加賀美っぽいソウは異次元の住人。かなり物語を
| 不惑にして特撮に惑う | 2009/05/17 2:28 PM |
今週の仮面ライダーディケイド「第17話 おばあちゃん味の道」
カブト世界後半。こちらもファンサービス爆現。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2009/05/17 2:46 PM |
『仮面ライダーディケイド』第17話『おばあちゃん味の道』
3、4話前辺りからでしょうか、士の髪がちょっとサッパリしたのは。こちらの方がいいですね〜。
| なまけもののひとりごと | 2009/05/17 2:56 PM |
★仮面ライダーディケイド(第17話)
「仮面ライダーディケイド(第17話:おばあちゃん味の道)」   カブトの世界。 ZECTのライダーを兄と思うマユ。 そのマユを狙うワーム。 狙われたマユは、夏海の前で、ワームに変身してしまう。 自分がワームだったことに、ショックを受けるマユ。 そのマユに
| 特撮ヒーロー追っかけ隊ブログ | 2009/05/17 3:09 PM |
第17話おばあちゃん味の道
「その命、神に帰しなさいっ!!」「仮面ライダーディケイド第17話おばあちゃん味の道」「555の劇場版ライダー、サイガにキバの名護さんのイクサ降臨です…」「久々に聞いわ…名護さんの神に帰しなさいって言葉」「普通に凄いですね!素晴らしき青空の会の技術は。ク
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2009/05/17 3:12 PM |
『仮面ライダーディケイド』、第17話「おばあちゃん味の道」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーディケイド』、第17話「おばあちゃん味の道」の感想です!! 狂気のソウに川岡くんの開眼を見た(笑)?
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2009/05/17 5:15 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
ZECTの仮面ライダーザビー・弟切ソウ(川岡大次郎)を「お兄ちゃん」と呼んだマユ
| 無限回廊幻想記譚 別宅 | 2009/05/17 6:47 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
今回は第17話「おばあちゃん味の道」。 ストーリーは仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」で! カブトの世界の2回目。 前回は弟切ソウがマユの兄というところで終わりました。 でも結局、弟切ソウは兄ソウジの擬態…ということでした。 まぁ、
| OPUS MAGNUM | 2009/05/17 7:46 PM |
193降臨
仮面ライダーディケイド FFR10 ゼクターカブトバンダイこのアイテムの詳細を見る  「仮面ライダーディケイド」第17話『おばあちゃん味の道』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  『ディケイド』の中ではナンバー1・エピソードじゃなかったかな{/hiyo_en2/}
| ガヴァドンなボログ | 2009/05/17 8:25 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話
・・・・うーん、コレはカブト世界を救ったことになるんだろうか(ーдー;)? ワタクシ的には、ちょっと釈然としませんでした。 それより!!トレイラー見ましたか!? 次回から、響鬼の世界、鬼の世界なのは分かるけど! なんか違う「赤鬼っぽいの」が出てたよね!?(
| ふしぎなことだま | 2009/05/17 8:55 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
 今回もOPに超電王の映像が! いい加減今回までかなぁ? 「おばあちゃんは言っていた…」  懐かしいフレーズですねぇ。今回は総司じゃなくて士が言ってましたけどネ!  ザビーの装着者はマユの兄だった!? 生きていたのに帰って来ない兄を不思議に思うマ
| たらればブログ | 2009/05/18 1:20 AM |
仮面ライダーディケイド 第17話
「おばあちゃん味の道」 脚本:古怒田健志 監督:田村直己 アクション監督:宮崎剛 フィロキセラワームデザイン:韮沢靖 「おばあちゃんが言ってた。汁の味は目で見ただけではわからない、てな」 ザビーの資格者弟切ソウは、カブトに殺されたはずのマユの兄だった。
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2009/05/18 8:03 AM |
仮面ライダーディケイド #17
『おばあちゃん味の道』
| ぐ〜たらにっき | 2009/05/18 7:51 PM |
ディケイド 第17話印象
カブト完結編、見事にカブトのエッセンスをまとめ上げてくれました。よかったです、カブトの世界。で、もしかしてカイトーはお目当てではなかったものの一応お宝を手にした…のかな(苦笑)。
| All's Right with the World! | 2009/05/18 11:53 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃん味の道」
◆TBさせて頂きます◆前回、死んだと思われていた兄と対面するコトとなったマユでしたが、その兄こと弟切ソウの正体はワーム。そしてマユの兄を殺したと思われていたカブトこそが本当の兄だった。“カブトは妹の為に戦う”というのは原典から貫かれている戦う動機付けで
| 『真・南海大決戦』 | 2009/05/19 9:44 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話
「クロックダウンシステム」って(笑) つか、クロックアップシステム開発するほうがスゴクね? しかし激しくアイパッチ似合ってないよね。 イクサとサイガ・・・共通点は白地にブルーのラインってことか? 声は名護さんだったねぇ。 さすがにサイガは無理だっ
| SISTER'S SHIP | 2009/05/19 10:01 PM |
仮面ライダーディケイド 第17話「おばあちゃんの味の道」
今回は、カブト抹殺を企んでいたソウを撃破するってなお話でした。 本家を彷彿とさせる展開でしたねぇ。 ワームに関しては、仲間に擬態するということでホントの手こずったもの。 おまけに、マユちゃんがワームであるという設定も本家と同じものでしたね。 多少、伏
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2009/05/19 11:28 PM |
ディケイド「おばあちゃん味の道」
 クロックアップの世界から帰って来れなくなった、って設定はいいな。  クロックダウン システムも面白い。装置はしょぼいけど。  先輩ライダーの変形だけど、ひねりのないのが出てくるようになったなぁ。やっぱアイディア切れなのか?  帰ってきたマユにおでんを
| blog mr | 2009/05/20 6:52 AM |