<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダー ディケイド 第18話「サボる響鬼」

第18話「サボる響鬼」
山の中を歩く士とユウスケと夏海。

「響鬼の世界・・か」

「ここが士くんの世界なんでしょうか」

「士が旅する世界も ここで9つめだもんな」

「もしそうなら 俺たちの旅も終わるってことだ」

「でも おじいちゃんがこんなことを・・」

「旅のおわりは 旅のはじまりともいいますからなあ」

「栄次郎ちゃんたら〜しぶ〜い チュ」とキバーラ。

「栄ちゃんとよんでください」

「しびれる〜〜」

「じいさんのたわごとだ」

「けど 今回も不思議な格好だな」

「自分でもいやになる。

 どんな服でも 完璧に着こなしてしまうからなあ」

マカモウの声。

「なんか 妖怪でもでてきそうなかんじなんですけど」

とおびえるん夏海。

「この世界はそういうのをマカモウというらしい」

「マカモウ?」

「ああ もうそこにいる」

妙にかわいいマカモウがいました。

「ああ〜〜〜〜〜〜!」

と夏海とユウスケが叫んで士の後ろに隠れます。

「カカカカッパ?」

「危険です!さがってください!!」

とアスムがあらわれてマカモウにむかっていきました。

「ヤー!!はっ!」

アスム、かないません。

「危ない!」ととびだすユウスケ。

「士君」

「わかってる!変身」

「カメンライド ディケイド」

門矢士

「少年。本当の戦い方ってやつを見せてやるよ」

マカモウと戦うディケイド。

「カメンライド カブト」

カブトにかわります。

「アタックライド クロップアップ」

「ファイナルアタックライド カカカブト」


「ターッ!」

マカモウを倒しました。

「すごい・・」

「君が 響鬼なのか?」とユウスケ。

「違います。僕はアスム。
 
 ヒビキさんは僕の師匠です」

「じゃあ案内してもらおう。おまえの師匠とやらのところへ」

河原にはったテントの横でねているヒビキさん。

「起きて下さい。ヒビキさん。お客さんです」

「オレは誰ともあいたくない。おいかえせ」

「もうそこにきてます」

「ああ?」

「おまえがヒビキか・・」

「おお。その薄紅色の胴着・・。

 音撃道 伝説の師匠が着ていたもの」


「あの〜音撃道って」

「清めの音によって マカモウを倒す武道です」

「つまり この世界でのオレは

 その 音撃道の大師匠、というわけか」


「そうそう。そのとおり」 とヒビキさん。

「なんなんだよ?大師匠って」

「師匠の さらに上の師匠だ!」

と天を指さす士。

「だから なんなんだよ。大師匠って」とユウスケ。

アスムにかかってきた電話。

「わかりました。

 ヒビキさん、マカモウがあらわれたそうです」

「ようし。

 ではさっそくおねがいします」


「ヒビキさんはいかないんですか?」

「オレは寝るのに忙しいんだよ」

とまた寝てしまいました。

「ダメライダーってのもいるんだな・・」 と士。

マカモウが人を襲おうとしているところへ

「待て待て待て〜〜!」とザンキ流のひとたち。

「音撃道ザンキ流師範 ザンキさんっす!」とトドロキ。

「鬼だ・・」

音枷を鳴らし、斬鬼に。

「音撃真弦 烈斬!」

「ハッ!」

そこへ今度は

「音撃道 イブキ流師範 イブキさんです」とアキラ。

音笛をふくイブキ、威吹鬼に。

「音撃管 烈風!」

「お願いします」

「音撃斬 雷電斬震!」と斬鬼。

「音撃射 疾風一閃!」と威吹鬼。

そこへやってきた士たち。

「あれが音撃ってやつか」

烈斬と烈風(ギターとラッパ)の攻撃でマカモウを攻撃。

「どけ!こいつは私の獲物だ」

「いいえ!私のです」

「この軟弱ものが!」

「汗くさいんですよ!」とイブキさん。

「イブキさんやめてください!」

「だまれ!」

イブキさんとザンキさんをとめる弟子たち。
そのすきに逃げるマカモウ。

「士」

「しょがねえなあ・・変身」

「カメンライド ディケイド」

「ファイナルアタックライド ディディディケイド」


マカモウをあっさり倒しました。

「おまえか 世界の破壊者 ディケイドというのは」

と斬鬼。

「いや、オレはお前らの大師匠らしいぜ」

と変身をとく士。

斬鬼も幕のうしろでお着替え。

「なんだと?」

「はは。面白い人だ。

 おまけにその美しい顔立ち。

 わがイブキ流にふさわしい」
 とイブキさん。

「イブキ この男を引き込むつもりか」 とザンキさん。

「フン。人聞きの悪い。

 ご招待ですよ。

 どうですか いっしょにティータイムでも」


「悪くないかもな」

「まいりましょう。ご案内して」

「はい」

士を案内するイブキ流の女の子たち。

「あ 士くん」

「士ー!うらやましいぞーー」と叫ぶユウスケ。

「ユウスケ」とにらむ夏海。

「はい・・」

ひとり修行をするアスム。

「僕は・・鬼になる なって みせる!」

そこへヒビキさんがやってきました。

「少年 何やってんだ?」

「何って・・鍛えてるんです」

「やめろやめろ、疲れるだけだ」

「ヒビキさん いったいどうしちゃったんですか?

 最近おかしいですよ。

 まっすぐ僕をみてくれないし
 
 鍛えてもくれないし!」


木のかげから様子をうかがう大樹。

「お宝の巻物は あの中か」

とヒビキさんのリュックをみつめます。
動こうとしたところをヒビキさんがけん制。

「今日はやけに客が多いな」

「誰なんですか?」

「そうだ。ちょうどいい 少年。

 たった今 おまえを破門する」


「え?」

「新しい師匠はあの人だ」

「そんな むちゃくちゃですよ・・」

「よろしくお願いします」

と大樹におじぎしていってしまうヒビキさん。

「おじさんのくせに 隙がないね」

「ヒビキさん・・」

IBUKI LESSON STUDIO

お茶しているイブキと士とアキラ。

「音撃道 秘伝の巻物?」

「はい。これが イブキ流のものです」

「なんだ?暗号か?」

「実は この巻物には 

 音撃道の真の宝が隠されているとか」


「その巻物を 三つの流派がそれぞれ持っています」

「私の夢は イブキ流が音撃道の頂点に立って
 
 その宝を手にいれることです」


「だいたいわかった。

 まずはザンキ流でもつぶすか?」


「え?いきなりですか」

「弟子を助けるのが 大師匠のつとめだろ」

大樹とアスム。

「かつて音撃道は一つでした。

 イブキ流 ザンキ流 ヒビキ流の三つにわかれたとき

 巻物もみっつにわかれたそうです」


「なるほどね」

「巻物なんてどうでもいいんです!

 それよりも 僕はずっと

 ヒビキさんの弟子でいたかった」


「あっそう」

「何をやってもダメな僕に

 ヒビキさんだけは 

 才能があるって言ってくれたんです。

 鬼になる才能が・・」


「それはよかったね」

「でも 破門されて それも不可能になりました」

「とりあえず僕は ザンキ流とイブキ流の巻物を

 うばってくるよ」


「え?そんなの無理に決まってるじゃないですか!」

「どうかな。

 やる気さえあれば 不可能なことなんて
 
 この世にはないと思うけど」


「そういえば ヒビキさんも同じようなことを」

「まずは動かないとね。

 動けば何かがはじまるさ 少年くん」


「・・はい」

斬鬼流 弦闘道場

「やめーい!」

「オッス!」

「ザンキ流の立つ日がきた。

 音撃道の頂点に立つ日が」

「オッス」

トドロキがおとしたものをひろうザンキさん。

「こっ、これはイブキ流のアキラ!」

「ご ご ご 誤解っす。

 自分は片思いなだけっす」

「オッス!」

「禁断の 愛っす!」

「オッス!」

「たわけ!!」
 
ザンキさんに怒られてしまいました。

そこへ大樹がはいってきました。

「たのもう〜!」

「なんだ?貴様」

「道場やぶりってやつ。

 ザンキって人は どれ?」

「何ぃ?」

「ザンキさんの出るまでもないっす。

 かる〜くひねりつぶしてやるっすよ」
とトドロキ。

「シェ!ヤ〜!うわっ」

あっさりやられました。

「軽くひねられたっす〜」

「はいそこまで!

 僕の腕を 買ってもらえないかな」


にっこり笑う大樹。

河原にいるヒビキさんのもとへアスムがやってきました。

「ヒビキさん」

「おお 少年」

「もう一度 僕を弟子にしてください!」

「オレは 鬼を引退する。

 ヒビキ流は オレの代でおしまいだ」


「そんなの勝手すぎます!

 僕はヒビキさんと出会って

 初めて真剣に打ち込めるものと出会えたんです」


「鬼なんて真剣に打ち込むもんじゃない」

「なんでそんなこと言うんですか?」

「もっと人生は楽しむもんだ。

 じゃあな」


「待ってください」

そこへマカモウがあらわれました。

「少年はいけ・・ここはオレにまかせろ」

「僕も戦います」

そばを通りかかるユウスケと夏海もそれをみて
ユウスケがとびだします。

「ヒビキさん・・」と夏海。

「ヒビキさん どうして鬼にならないんですか」とアスム。

「逃げるぞ」

アスムをつれて逃げるヒビキさん。
マカモウからアスムをかばいます。

「ヒビキさん!」とユウスケ。

夏海の前には鳴滝があらわれます。

「鳴滝さん・・!」

ヒビキもアスムもやられそう。

「ディケイドはすでに9つめの世界を訪れている。

 ディケイドがすべての旅を終えた時

 世界は破壊される」


「そんな・・!

 私は ディケイドが9つの世界を旅したら
 
 世界は救われるってききました」


「君は何もわかっていない・・何も!」

マカモウにクビをしめられるヒビキさん。

「ヒビキさん!

 変身!」

ユウスケがクウガに変身し、マカモウと戦います。

空我

「大丈夫ですか?ヒビキさん」

「大丈夫だ・・」

「うわっ」

クウガもしめあげられます。

「ううっ・・」と苦しそうなヒビキさん。

たちあがりました。

音角をとりだします。

響鬼に変身。

クウガを助けマカモウをぼこぼこに。

「音撃弾 火炎連打の型!

 はーーっ はっ!」


マカモウを倒しました。

苦しみ出す響鬼。

「どうしたんですか?

 ヒビキさん!」

「うあ〜!!!」

響鬼が牛鬼にかわりました。

「あっユウスケ」

「ヒビキさん!どうしたんですか!」

クウガを攻撃する牛鬼。

イブキと士のところへアキラがはいってきました。

「イブキさん!

 ザンキ流からの果たし状です」

「果たし状?!

 『秘伝の巻物を賭け 勝負されたし』・・。

 のぞむところです」

果たし状をみる士。

「これは・・。なんで海東が・・」

ザンキ流でもイブキさんから果たし状をみていました。
大樹の仕業のようです。

「イブキめ。

 かえりうちにしてくれるわ」

イブキ流とザンキ流の果たしあい。

「こんなことになって 残念っす」とトドロキ。

「うちわもめをくりかえしていては

 音撃道に未来はありません」とアキラ。

「自分も同感っす」
 
「ついにけりをつける時がきましたね」 とイブキさん。

「この戦いに勝った方が音撃道を制覇するのだ」

とザンキさん。

「いいでしょう。

 おねがいしま〜す」


と笑顔でふりむいて士にたのむイブキさん。

「いきなり出番か。

 大師匠も 楽じゃないなあ」


「フン。助っ人ならこっちもいるぞ」 とザンキさん。

大樹がでてきました。

「士。いいかげん 僕の邪魔はやめたまえ」

「海東・・おまえこそ 何が狙いだ?」

「変身」

「カメンライド ディケイド」

「変身」

「ディエンド」

「アタックライド インビジブル」


「消えた!?」とイブキさん。

「ザンキさん!たいへんです!巻物がありません!」

「なんだと?」

「イブキさん!私たちの巻物も」

「なんだって?!」

「フン それがお前の狙いだったのか」とディケイド。

「武道家のくせに わきがあまいんだよね」

「巻物をかえせ!」

ザンキさんが斬鬼に、イブキさんが威吹鬼に。

「かわりに僕からのプレゼント」

「カメンライド デンオウ」

電王ソードフォームがあらわれました。

「ファイナルフォームライド」

「痛みは一瞬だ」

「オレ、さんじょ・・うぐあっ!」

モモタロスになりました。



「つ〜〜!」

「おお」とびびる一同。

「この野郎!

 最後まで言わせろよ!」


「ほら いけって」

「え?何?

 なんだなんだ。鬼だらけじゃねえか!

 あ〜気色悪っ!」


「鬼合戦の始まりだ、じゃあね」

「よくわかんねえけど

 まとめて相手してやる!

 行くぜ行くぜ行くぜーー!!

 どうしたどうした?うらー!」


楽しそうにあばれるモモタロス。

ヒビキさんをさがすアスム。

「ヒビキさん!

 ヒビキさんのディスクアニマルだ」

モモタロスが戦っているのをみるアスム。

「この・・この野郎!

 やっぱりおれが最強だぜ!」


「なんだ貴様 なんだ貴様」 と斬鬼。

「うお〜!どわ!」

爆発からのがれようとして自分で木に激突。

「いて〜」

モモタロス消えました。

そこへ牛鬼が。

「なんだ?あれは?」とトドロキ。

「あれはたしか・・」とアキラ。

「伝説のマカモウ・・・牛鬼です」 とアスム。

「牛鬼だと?」とディケイド。

牛鬼が斬鬼をぶっとばします。

「ザンキさん!」とかけよるトドロキ。

「はやくこい」と部下をよびます。

「ザンキさん!大丈夫ですか?ザンキさん」

威吹鬼もぶっとばされました。

「イブキさん!早く!」

「はい!」

「大丈夫ですか」

イブキさんも幕の中へ。

牛鬼と戦うディケイド。

「牛には闘牛士だ」

「カメンライド 龍騎」

赤い旗をふりまわす龍騎。

「さあ こい!」



ザンキさんたちのでてくる響鬼の世界、楽しい〜。
でもディケイドとディエンドに戦わせて
音撃道の頂点もないでしょうに。
タイトルの「サボる響鬼」って、もうそのまんま。。。

アスムの話を軽くながしている大樹は
相談するのにはまったくむかないタイプだなと
思ってみていましたが、めずらしくまともな
発言をしていましたね。
いつもの態度が態度なのであんまり
心にはひびかなかったけど。

モモタロス、決めゼリフもいわせてもらえず
またまた笑わせてくれました。
ケンカ好きなのであばれられたのが楽しそう。
自分で木にぶつかって消えるってモモタロスらしすぎる・・。
あの様子をデンライナーの中でみんながみていたら
あとでさんざんダメ出しされたことでしょう。

門矢 士 井上正大
光 夏海 森カンナ
小野寺ユウスケ 村井良大
光栄次郎 石橋蓮二
鳴滝   奥田達士
キバーラの声 沢城みゆき
ナレーション 鈴木英一郎
ディケイドライバー マーク・大喜多

海東大樹 戸谷公人

ヒビキ デビット伊東
アスム 小清水一揮
イブキ 渋江譲二
ザンキ 松田賢二
トドロキ 川口真五
アキラ  秋山奈々
牛鬼の声 酒井敬幸
モモタロスの声 関 俊彦

TB先 Hybrid-Hills 仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」

ZANKI 斬鬼(仮面ライダー響鬼 キャラクターブック外伝)
ZANKI 斬鬼(仮面ライダー響鬼 キャラクターブック外伝)
朝日ソノラマ


仮面ライダーディケイド VOL.1 [DVD]

仮面ライダー電王 特写写真集 第2集
仮面ライダー電王 特写写真集 第2集
ホビージャパン


メイキング 劇場版 仮面ライダーディケイド(仮) [DVD]

Masked Rider series Theme song Re-Product CD SONG ATTACK RIDE First featuring KUUGA KIVA RYUKI
テレビ主題歌,TVサントラ
2009.05.24 Sunday 11:11 | comments(14) | trackbacks(25) | 
<< 侍戦隊 シンケンジャー〜第十五幕「偽物本物大捕物(にせものほんものおおとりもの)」 | main | Special Thanks >>
sorcerer (2009/05/24 1:29 PM)
honeyさんまたまたこんにちはー!

コント仕様の所は面白かったです!
イケパラの3寮対決みたいでしたw

今回で各世界を廻る旅も終わりっぽいんですが、
あと1回ずつ各世界を廻ったりはしないのかなw?

響鬼世界、どういう結論に辿り着きますかねー?
honey (2009/05/24 2:24 PM)
sorcererさん、こんにちは。

ザンキさんたちたのしかったですね。
ちょうど胴着もきてたし。

全部めぐってもまだしばらく残ってるし
次は誰とたたかうんでしょうね。


ゎぃぇむ (2009/05/24 3:31 PM)
こんにちは
皆道着ですし響鬼さんの炎に威吹鬼君の風に斬鬼さんの雷と、今回は妙にシンケンジャーっぽさが
サボったのは響鬼だけでなく助っ人頼りの他の師匠もでしたね(笑)

ディケイドは開始当初からゲームのロックマンぽいな〜と
九つのステージクリアして新たな武器手に入れて、いよいよ本番大ボスのステージへ・・・と
honey (2009/05/24 3:57 PM)
ゎぃぇむさん、こんにちは。

半分くらい(以上?)コメディでしたね。
一応たたかってましたけど。

大ボス誰でしょうねえ。
鳴滝ってかんじもしませんが。
ここまでかなり楽しいので、
最後までそのままいってもらいたいです。
真紀 (2009/05/24 7:34 PM)
honeyさん、こんばんは

とうとう最後の世界にやってきたツカサ達ですが、来週以降どうなるのか気になります。

ザンキさんとトドロキさんが相変わらずで面白かったです。
鬼には鬼でモモが出てきたのには一気に脱力しました^^

>あの様子をデンライナーの中でみんながみていたら
あとでさんざんダメ出しされたことでしょう。

頭の中でみんなにダメ出しされて凹む姿が浮かびます^^


そして本日お誕生日おめでとうございます♪
今年1年素敵な日々がたくさん訪れますように・・・


honey (2009/05/24 8:37 PM)
真紀さん、こんばんは。

全部の世界をまわってもちっとも鳴滝の狙いが
みえてこないし、ラスボスらしき人もみえないし
どうなるんでしょうね。

モモはやっぱり鬼だからよばれたんでしょうかね〜。
実はそのあたりの感想、真紀さんちでいつも
くりひろげられるデンライナー劇場を思い出したから
なんですよ〜。
絶対リュウタにからかわれてますよね。

どうもありがとうございます(^O^)
ミチコ (2009/05/24 10:27 PM)
honeyさん またまたこんばんは、最後の世界 響鬼の世界編 キャストを見てみたら中には4年前に響鬼に出演していた人もいましたね。まさかモモタロスがディエンド側に来るとはビックリしましたよ。
honey (2009/05/24 10:44 PM)
ミチコさん、こんばんは。

オリジナルキャストの方が多かったですね。

モモタロス、よばれてでてきたのに
中身はモモのまんまでした。
風水 (2009/05/24 11:17 PM)
honeyさん、こちらにもこんばんは。
モモがいきなり登場して「桃」と出たときはもう転げて笑いました。
ディエンドが召還するのはオリジナルじゃないと思ってたけど道なんでしょうか???
どう見てもあれはオリジナルのモモタロスですよね!

響鬼では変身解除すると素っ裸!という設定だったのが、響鬼の世界ではちゃんと幕が登場して着替えまで出てくるのに転げて笑いましたよ!
上手いですねえ、こういうコントの使い方。
でも、どうやって収めるのかが心配です。

アスムに珍しくカイトーがいいこといってましたねえ。
心には響かなくても、アスムが何かを感じたのは嬉しかったです。
ちょっとだけカイトーも悪くないかもと思いました。
honey (2009/05/24 11:35 PM)
風水さん、こんばんは〜。

ディケイドによばれたライダーはただの人形みたいで
最後は特攻隊のように捨て駒にされるのに
モモだけ破格の扱いでしたね。
さすが東映の宣伝大使。

あの幕、シンケンの黒子を思い出しました。
おもしろいですよねえ、あれ。

アスムにとっては大樹はヒビキさんなみに
人生の師になったかもしれませんね。
まあ大樹はお宝GETという目的にむかって
ひたすら一生懸命という点では評価できるかも。
摩天楼 (2009/05/25 1:34 AM)
honeyさん、こんばんは。
アスムが着ていたスーツがブカブカに見えたのは、
俺だけじゃないはず・・・。
honey (2009/05/25 8:24 AM)
摩天楼さん、こんにちは。

アスムも子どもになっててかわいかったですね。
向日葵 (2009/05/26 11:51 PM)
こんばんは。

ザンキさん、良かったですよねぇ。
本家ではかなり固いキャラでしたけど、あの変貌っぷりはキバで磨いたものじゃないかと。
まぁ、イブキさんはかなり変わっちゃってましかけども、この世界ではあのキャラの方が断然よかったと思います。

大樹、珍しくいいこと言ってましたよね。
まぁ、教えるという立場には向かないと思うので、真に受けてしまうのは危険でしょうけども(笑)。

でも、モモを召喚してくれたのはいい仕事してくれたと思います。
彼の声聞いただけでも、テンション上がりまくりでしたから。
暴れた挙句、勝手に気にぶつかって消えていくとか、いかにも彼らしくてホントに面白かったですよねぇ〜。
ぜひ、またのご登場をお願いしたい(笑)。

では、またよろしくです。
honey (2009/05/27 9:21 AM)
向日葵さん、こんにちは。

ザンキさんもイブキさんもすっかりギャグ要員に
みえました。

大樹も信念をもってお宝集めにはげんでいるようですね。
アスムにはすっかりいい人のイメージになっちゃったみたいです。

モモは何をしても楽しいですねえ。









仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
待ってました!響鬼の世界!! 「少年!」って響きも久しぶりでワクワク!! しょっぱなから明日夢の変身体を見れて嬉しい限りです。 オリジナルでは変身することがなかっただけに、その喜びはMAX!! そんでそんで!斬鬼さん、轟鬼、威吹鬼さん、そしてアキラ
| むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜 | 2009/05/24 11:27 AM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
まぁ・・・なんというか、 ネタ回臭、強すぎ ですな(汗 リ・イマジネーションの「落としどころ」が見えません。 これは、ブレイドの世界でも同様でしたが・・・。 同じ米村さん・・・。 とりあえず、魔化モウほったらかしで内輪もめ
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2009/05/24 11:29 AM |
仮面ライダーディケイド 第18話
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」。 テラカオス(苦笑) しかし次回が楽しみです(笑) 以下読みたい方だけどうぞ。 ...
| きゃんずぶろぐ | 2009/05/24 11:32 AM |
仮面ライダーディケイド #18 サボる響鬼 感想
ぼくたちには、ヒーローがいる 今回から最後の世界、響鬼の世界。 いきなり河童の魔化魍が襲い掛かってくる。 そこにバトルスーツっぽ...
| あっ!やせいのブログがとびだしてきた! | 2009/05/24 11:33 AM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
仮面ライダーディケイドの第18話を見ました。第18話 サボる響鬼「響鬼の世界…」「此処は士くんの世界なんでしょうか?」「士が旅する世界もここで9つ目だもんな」「もし、そうなら俺達の旅も終わるってわけだ」響鬼の世界を訪れた士、夏海、ユウスケの前にいきなり河
| MAGI☆の日記 | 2009/05/24 11:35 AM |
仮面ライダーディケイド 第18話 サボる響鬼
『サボる響鬼』内容“響鬼の世界”にやって来た士(井上正大)達バケモノ“マカモウ”に襲われる少年アスム(小清水一揮)と遭遇し、ディケイドへ変身し撃退するどうやら、音撃道という武術によりマカモウと退治しているようだった。ヒビキ流、イブキ流、ザンキ流に別れ
| レベル999のマニアな講義 | 2009/05/24 12:24 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話
響鬼の世界ですよー! ってヲイー!何かアレ思いだしたよw ・・・・イケパラの3寮対決をさ(笑) 斬鬼さん、威吹鬼さん、轟鬼さん、みんなキャラ崩壊してましたなw 松田賢二サン好きなので、彼が出てただけでも嬉しいです♪ アキラは別人だよねぇ?・・・え?本人!
| ふしぎなことだま | 2009/05/24 1:27 PM |
鬼祭。桃から牛から…
仮面ライダーディケイド FFR00 仮面ライダーディケイドバンダイこのアイテムの詳細を見る  「仮面ライダーディケイド」第18話『サボる響鬼』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  キャア!次狼さん!…と思ったら、ザンキさん…{/hiyo_shock2/} 松田賢二さん
| ガヴァドンなボログ | 2009/05/24 1:43 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
栄次郎 「旅の終わりは旅の始まりと言いますからな」 ある意味核心を突いた台詞。 響鬼の世界
| 深・翠蛇の沼 | 2009/05/24 1:48 PM |
今週の仮面ライダー響鬼「第18話 サボる響鬼」
意外と面白かった響鬼世界。モモの尋常ならざる溶け込み方。
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2009/05/24 2:50 PM |
『仮面ライダーディケイド』、第18話「サボる響鬼」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダーディケイド』、第18話「サボる響鬼」の感想ですっ!! BD宣伝部長のモモさん、アンタよー働きますね(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2009/05/24 2:57 PM |
『仮面ライダーディケイド』第18話『サボる響鬼』
士達は9つの世界の最後、響鬼の世界へやって来ました。 光写真館のおじいちゃんは、「旅の終わりは旅の始まり」と言っていますが……。
| なまけもののひとりごと | 2009/05/24 3:02 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
叩きこめ、清めの音! 仮面ライダー響鬼 VOL.1 [DVD](2005/08/05)細川茂樹栩原楽人商品詳細を見る
| せーにんの冒険記 | 2009/05/24 4:35 PM |
第18話サボる響鬼
「クスクス働きたくないでゴザル」「仮面ライダーディケイド第18話サボる響鬼」「オリジナルキャスト盛りだくさんの響鬼の世界…」「斬鬼さんに轟鬼にアキラでしたっけ?」「オンドゥル姫かオンドゥル姫…」「オ、オンドゥル姫ってそれは屍姫の話でしょっ」「アニメじゃ
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2009/05/24 4:51 PM |
仮面ライダーディケイド #17.
「サボる響鬼」 響鬼の世界です。そもそも本編自体が「大人の事情」で後半パラレル化
| 色・彩(いろ・いろ) | 2009/05/24 5:13 PM |
仮面ライダーディケイド 18話【感想】
最後は響鬼編。 前回でも書いたが、響鬼は29話で高寺プロデューサーが更迭され 白倉P+井上敏樹脚本になり、それ以前とそれ以降の作風の激...
| 失われた何か | 2009/05/24 5:14 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
HERO CLUB 仮面ライダーディケイド Vol.1 クウガの世界を救え!! [DVD](2009/05/21)特撮(映像)商品詳細を見る いきなり魔化魍・カッパが登場。妖怪という親...
| 破滅の闇日記 | 2009/05/24 9:42 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
響鬼の世界、前半。大きく設定を変えつつも、メイン役者にかなりオリジナルを揃えてみたり、挿入される筆文字の演出、BGMも響鬼の音撃シーンにオリジナルが使われたりと、歩み寄りも大きかった。 「仮面ライダー響鬼」は、平成ライダーシリーズとしてはかなりの異端
| 不惑にして特撮に惑う | 2009/05/24 10:10 PM |
ディケイド 第18話印象
今日は不安マックスの響鬼の世界…パラレルなのは間違いありませんが…いろんな意味で泣き笑いかも(苦笑)。ザンキさんとイブキさんがいきなり弟子を引き連れて現れ、変身解除では幕と着替え要の駕籠が登場するのに転げて笑いました。こう来たか!! いや、オリジナル
| All's Right with the World! | 2009/05/24 11:23 PM |
仮面ライダーディケイド #18
『サボる響鬼』
| ぐ〜たらにっき | 2009/05/25 8:11 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
◆TBさせて頂きます◆「仮面ライダーディケイド」は全30話の放送予定だそうですね。一年間を基本とする例年のシリーズに比べると短いですが…平成ライダーの中には、さらに短くして終わったシリーズもあったと聞く…。ま、ちょっとした都市伝説ですよ…ふぅ(おい)。清
| 『真・南海大決戦』 | 2009/05/25 8:46 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
 最後の世界は「響鬼」の世界。響鬼も視聴していないので、ディケイド版を素直に受け入れたいと思います。 電王ほどじゃないけど、お笑い要素が多いっスね。  この世界の士はピンクの胴着に黒帯という変な格好!!(笑)  この世界のライダーはアクションとい
| たらればブログ | 2009/05/25 10:48 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話
ピンクの胴着(?)はありえねぇ。 ポンパドールもな…。 いや人を選べば有なのかもしれんが。 主人公的にはナシだよな。 せっかくの”モデル体型の無駄遣い”だと思うのは私だけなのか? ファンフィルターを掛ければ無問題? アスム…鼻声なのは花粉症?←好
| SISTER'S SHIP | 2009/05/26 10:24 PM |
仮面ライダーディケイド 第18話「サボる響鬼」
響鬼の世界。 私、実はこの響鬼という作品、意外と好きだったんですよねぇ。 確かに、ライダーとしては明らかに異色なものでしたし、ストーリーも全体をおかしな点がいくつもあったと思います。 最後の中途半端な終わり方とか、その代表的な例だったんじゃないかと。
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2009/05/26 11:28 PM |
ディケイド「サボる響鬼」
 ほぉぉ、なかなか。  暴走する響鬼というのは面白い。  流派対決というのも面白い翻案だと思う。  そういや、カブトの第一エピソードが「カブト暴走中」だったけど、あれって暴走だった?  サブタイトルが引っかかるシリーズなんだよな、これ。今回のはいいけど。
| blog mr | 2009/05/28 6:54 AM |