<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アタシんちの男子 第7話「急接近にドキッ!」

第7話「急接近にドキッ!」
千里(堀北真希)は、『ミラクル』の社長秘書
・時田(山本耕史)から、大蔵家の6兄弟が
全員トリックハート城から出て行ったと教えられる。
原因は、新造(草刈正雄)が6兄弟ひとりひとりに残した
巻物にあるようだった。巻物には、それぞれの秘密が
記されているらしい。時田によれば、新造は、
兄弟たちがつらい過去と向き合うきっかけを作るために
その巻物を用意したのだという。

あくる朝、千里が食事の準備をしていると、
次男の猛(岡田義徳)と三男の翔(向井理)が帰ってくる。
ふたりは単に仕事で家を空けていただけだった。
そこで千里は、翔たちから、長男の風(要潤)が
実は養子ではなく、新造の本当の息子だったことを聞かされる。
翔は、風が養子だと嘘をついていたのは、新造に
実の息子だと認めてもらえなかったからではないかと推測する。
同じころ、四男の優(山本裕典)は、妹に会うために、
生まれ故郷へと向かっていた。新造が優に残した巻物には、
火災で亡くなった彼の両親のことが書かれていた。
そのとき7歳だった優は、当時のことを断片的にしか
覚えていなかった。だが、優の妹は何故両親が亡くなったかを
知っている、と書かれていたのだ。

そんななか、五男の智(瀬戸康史)と六男の明(岡山智樹)も
トリックハート城に戻ってくる。その際、明は、
メイドの井上(江口のりこ)がいなくなっていることに気づく。
井上は、腕相撲で千里に負けてしまったことにショックを受け、
修行に出ていた。その井上が、自分の代役として呼び寄せたのは
国土(つるの剛士)だった。千里に思いを寄せる国土は、
彼女を守るつもりでいた。
国土は、千里は渡さない、と言ってさっそく翔に
つっかかっていった。その騒ぎの中、猛は、
明が封筒を持っていることに気づく。それは、
多くの芸能人を輩出しているコンテストの応募用紙だった。
兄弟たちは、明が突然コンテスト出場を決意したのは
巻物を見たせいではないかと勘ぐるが…。



千里がトリックハート城に戻ると、時田から
みんなが出て行ってしまったと教えらえました。

「これが 社長がのぞんでいたことです」

朝、お味噌汁をつくってリビングへいく千里。
でも誰の姿もみえず・・。

「ほんとにでていっちゃったんだ・・」

なのにそこへ猛と翔が帰ってきました。
仕事へいっていただけらしい。
でていったのかとおもったという千里に
親父に縁をきられても居座るような連中が
でていくわけないという翔。
いつもどおり口げんかするふたりをみて
何もかわってないなと嬉しそうな千里。

一方、自分が養子じゃなかったと知り考え込む風。

井上さんと腕相撲をしながら話す猛、翔、
そして千里。

風が実の息子だと聞いて驚く千里。

「もしかしたら 親父に

 実の息子だって認められなかったんじゃないかな」


「あいつ言ってたんだよ。

 自分の存在を全否定されたって」

 
「それがあいつがじじいを恨んでる理由」

そこへ智もかえってきて
気をそらしたすきに

千里に負けて井上さん、ショック!!

智はそば屋へいっていただけ。

ショックな井上さんは

ちびまる子ちゃんみたいに縦線はいってます!!


優はどこかへでかけていました。
巻物に書いてあったのは両親のこと。
優の両親が自宅で亡くなったのは優が7歳のときのこと。
優は記憶がないけど妹は全てを知っている、

「なぜご両親が亡くなったか君はそろそろ知るべきだ」

と書いてあり、妹が住んでいるという故郷へ。

明は外で巻物をよんでいました。
すると猛の声が。

井上さんがおらず額縁に置手紙が。

「たびにでる 井上さん」

「井上さん 日本語かけたんだ」

「井上さん 自分でもさんづけなんだよ」

「旅って・・」

「腕相撲おまえに負けたからじゃねえの」

「打倒 千里」のハチマキをして

バイクに乗ってでかける井上さん!


さらに

「だいやくたてた」

とかいてありました。

代役=国土でした。

がわりに召使になる国土。
明はジャパンイケてる男子コンテストに出場するつもりで
応募用紙のはいった封筒を出すよう頼みます。
みんながそれをみてからかいますが
猛が有名になってグラビアアイドルとつきあうつもりだろ
というと、「そうだよ」という明。

国土、「千里さんは オレが守る」と誓いをたてますが
その封筒、ポケットにしまってしまった。

ボウリングをしている響子に
風のことをたずねに行く千里。
風は自分が水商売の女性との間にうまれたから
父に認知されなかったんだと思っているらしい。
それが真実なのかとたずねる千里に響子は答えず。

そこには時田もいました。
父をつかって自分を遠ざけた理由を千里がたずねると
社長の思惑を誤解されたらいけないからという時田。

「社長はご子息に 試練を与えたんです。

 辛い境遇をかくしている彼らが

 家族にそれをさらけだすことによって

 互いの絆を深めて行く。

 そのために社長は

 自分が嫌われてでも 

 彼らが過去とむきあうきっかけをつくったんです」


「じゃ 新造さんは

 みんなを城から追い出すつもりはなかったってこと?」


「もちろん。 ただ 過去とむきあうには
 
 城から出て自らをかえる選択肢もあるのかなと思って

 ああ言ったんです。

 私はねえ 千里さん。
 
 みなさんが城から

 出て行かれなかったことの方が心配なんですよ。

 そんな簡単に 過去はのりこえられませんから」


時田、いいこといってますが
みごとなガーター。

城では明を優勝させるための特訓していました。

国土コス。

「だっさ。何そのかっこう、ありえないよ」

と千里にいわれ 国土がっかり。

ニュー明くんは猛ファション。

背中に巻物しょっていて、
巻物の話をきく千里。
巻物の中にコンテストに出る理由があると思うみんなは
中味をみてみたいと思いますが・・・。

優は故郷へ。
通りかかった人から火事の話をききます。
本当ならみんな救出されるはずだったと
その家の娘さん=妹がいっていたそうで。

明も腕相撲させられていましたが
9時ちょうどに寝てしまいました。

「この態勢で寝るかな 普通」

巻物をこっそりとったとるのに成功しますが
明は寝言で「お母さん・・」とつぶやきます。

明の巻物によると、明が5歳のとき、母親が姿を消し
明は餓死寸前になるまでひとりで母を待っていたそうです。

「でもね お母さんも人間だ。

 きっといろんなことがあったんだろう。

 どうか お母さんを

 許してあげてほしい」
 とかかれてました。

「これって 育児放棄ってことだよな」

「ひっでえな」

コンテストとは関係なさそうだけど
井上さんを思い出して電話してみる千里。

井上さん、どこかの腕相撲大会にでていました!!

コンテストなら自分がすすめたとう井上さん。

「芸能人になってテレビで探してもらうか
 
 探偵やとえって」


井上さん、優勝!

みんなは自分を捨てた母に会いたい理由を考えますが
千里はただあいたいだけじゃないのかなといいます。

「さっきのおかあさんっていう寝言

 うらんでるようには思えなかっただよね」


「まあ まだ12だもんな」

「どうする?奇跡をよぶ男」

みんな急に協力的になりました。

特技披露とファッションチェックが大事。

「特技はなんだ?」

「株の銘柄当て」

「じみすぎる〜」

「しかもかわいくねえ」

そこで智の出番。

「今からお前に俺のマジックを伝授してやる」

衣装もにあっててかっこいい。

ファッション担当はそこへ帰ってきた優。
沖縄旅行にいってたと嘘をつきました。

「お前をファッション大臣に任命する」

翔と千里は
明のお母さんをさがしてほしいと
ネットカフェにたのみにいき、
自分たちもさがします。

明は智からマジック特訓に面接練習や歩き方特訓。

9時になるとばったり寝た!!

明の母の手掛かりはゼロ。

翔と千里は公園へ。
千里のもっていた大きな荷物をとりだし
そこにいた風に、この未完成品の発明品を
完成させてほしいという千里。
というのは口実で家に戻ってきてほしいといいますが
家にもどってくれるなら契約は破棄してもいいという千里。

みるだけでもとみせた発明品をふりはらいます。
父に認知されなかったことで、新造を悪くいう風。

「たしかめもしないできめつけないで!

 あんたこそ真実を知るのが怖くて

 逃げてるんじゃないの」


と千里、おこっていってしまいました。

「おせっかいだねえ。

 でもあいつのいうとおりだよ。

 親父そんな悪いやつじゃないと思うけど。

 あ、これ経験談」


という翔。

さっきの発明品をみつめる風。
 
国土、洗濯物の中にジャパンイケてる男子コンテストの
応募用紙発見!!
出すの忘れれてました。
猛たちにせめられあやまる国土。

そこまでしてでたかったわけじゃないという明に

「母ちゃんにあいたかったんだろう」

と猛がいうと

「なにいってんの?」

 そんなのでたらめだよ」


とでていってしいまいました。

「どうなってるわけ?

 俺たちの勘違いってわけ?

 くっだらねえ!」


とキレる猛。
サウナでもキレてます。

「奇跡でも起きるんじゃねえかと思ってたんだよ!
 
 もし本当に優勝して

 親にあうことができたら
 
 ろくでもねえ親でも

 変わってくれるんじゃねえかと思ってよ」


そういえば猛も親がどうとかいってたんでした。

のこされた智は優に「沖縄旅行なんて嘘だろ」
といいますが、ごまかす優。
さっそく明日から仕事、
ローカルテレビのちびっこのど自慢大会。

「ならいいけど

 家でもかっこつけてどうすんだよ」


という智。

国土は、応募用紙の志望動機に
「コンテストの日が母の誕生日なので
 放送を見てくれるような気がして」
とかいてあるのを知らせます。

でも誕生日の明日にテレビにでるには・・・

「あった。ちびっこのど自慢大会」

出場OKもらいました。

問題はどうやってその番組を
お母さんにみてもらうか。
何かいい方法ないかなというと
千里が何か思いつきました。

まだボウリングをしている響子に
新造が養子にした理由をきく風。
新造が風のことを知ったのは風が10歳のときで
最初は、資金援助をたのまれ
15歳のときにあずかってくれるようにいわれたらしい。
母がつきあっている男性のために風が邪魔になったようで
でもなぜ養子にしたのかというと
それを母が希望したから。
15歳の隠し子がいたとなったらちょっとしたさわぎになるけど
母が面倒なことにまきこまれたくないから
養子として引き取ってほしいといったのだそう。

「新造氏は あなたを実の息子として

 認知できなかったことに

 ひどく 胸を痛めておられました。

 それこそが真実だと私は思っております」


発明品をみつめる風・・。

夜遅くもどってきた千里に
血がつながってるわけじゃない他人に
なんでそこまでするのかと尋ねる翔。
千里は新造に同じ質問をしたといいます。

風にわたした発明品は
ミラクルスポットライト
花火から華吹雪まで演出してくれる装置。

「こいつをつかって

 子どもたちが持ってる輝きを

 少しでもひきだしてやれたら

 最高なんだけどな」


「あのさ 前からききたかったんだけど

 どうしてそこまで

 血のつながらない息子たちのことを?」


「それが私のしあわせだからだよ」

「あのときは 

 新造さんの言葉が全然ピンとこなかった。

 私お母さんいなくなってから

 ずっとひとりだったから。

 でも大蔵家にきて

 智がマジックできるようになったり
 
 優の女性恐怖症が

 なおっていったりするのをみてるうちに

 私も一緒に嬉しくなって

 幸せな気持ちになれた。

 そうやって誰かと一緒に

 笑ったり泣いたりできるのって

 血のつながりとか関係ないんじゃないかな」


月にむかって祈る千里。

「明日 明のお母さんがみてくれますように」

翔も笑顔。

そしてうた自慢大会。

空には飛行船が。

 大蔵明(旧姓・滝沢)君のお母さんへ

 今日放送する「ちびっこうた自慢大会」

 を観て下さい!


大会始まりました。
明の母らしき人が気づいた様子。

翔と猛はどこかへいってしまいましたが
ネットカフェのみんなも応援に。

明は歌じゃなくてマジックを披露。

緊張する明をはげますみんな。

猛がブラスバンドをつれてきてくれました!!

それをみてマジックをはじめる明。

シャボン玉もとんできます。

「ミラクル・・スポットライト」

翔が笑顔でとばしていました。

「風」と笑顔になる千里。

風も笑顔でふりかえると虹がでています。

「新造さん みんな輝いてるよ」 と千里。

優だけなんだかうかない顔。

「そろそろだ」と智。

大きな風船をだし、手にふれずにうかばせる明。

「スリー ツー ワン」

くす玉のようにわれて中から垂れ幕が。

「お母さんお誕生日おめでとう」の文字。

「よし!うまくいった」

Vサインをする智。

猛も満足そうみんな笑顔で拍手。

お母さんは・・会場でみてました。

帰り道、優が妹に会いに行った話をします。
15年前火事で全焼し一度はみんな助かったのに
優がぬいぐるみをとりにいったために
それを助けようとした両親が死んでしまったという優。

「僕が 父さんと母さんを 殺したんだ。

 あっごめん。なんか 変な空気にして。

 みんなをみていると
 
 なんだかわかんないんだけど

 黙ってる事が どんどん くるしくなって・・」


「はなしてくれて ありがと」 と千里。

「優 お前まちがってるよ。

 お前のせいで両親が 命を落としたんじゃない。

 両親のおかでげで おまえが助かったんだ」
 と翔。

「しんきくせえつらしてんじゃねえよ」 と猛。

「そうだよ。自分責める暇があったら

 親のぶんまでいい顔してみろ」
 と智。
 
「みんな」

「優の痛み 

 わたしたちがちゃんとうけとったから」


と優の胸にこぶしをあてる千里。

「ありがとう」

兄弟たち、優にみんなからんでいきました。

そこへ千里の携帯に電話。

「お母さんから 連絡きたって」

飛行船に気づいて歌自慢をみたそうで
みんなは5時くらいにかえるから
会いに来て下さいと国土が言ってくれたらしい。

なのに明は

「勝手なことしないでよ!

 僕は会う気ないから」


「おい。逃げんのかよ」 という猛。

「僕の気持ちなんてわからないくせに」

猛、明の頭に手をおいて

「わかるよ

 ここにいるやつらは」


みんなの顔をみる明。

「よろしかったらどうぞ」

カーネーション50本を明に渡す響子。
母の日はすぎたけどプレゼントにどうぞといわれます。

時田にあう風。

「俺は 大蔵新造の息子です。

 これは宣戦布告です。

 もうあなたの思うようにはさせませんよ」


風がいってしまうと携帯を取り出し誰かに電話する時田。

「例の件ですけど そろそろはじめますから」

母を待つみんな。
だいぶ時間がすぎています。

「もういいよ。

 僕がいやでいなくなったのに

 くるわけないよ」


「明・・」

電話がかかってきました。

明がたちあがったのに

国土、でちゃった。

「おい!!!」

空気読めなさすぎ。

「もしもし」

「明」

「お母さん」

「マジック見たよ 

 元気そうで嬉しかった

 お母さんね これから日本をたつの」

「えっ?」

「ほんとにごめんね じゃあね」

猛、受話器をうばいます。

「おい 何がごめんねだよ

 何がじゃあねだよ

 明はな あんたにずっとあいたかったんだよ

 顔ぐらい見せたっていいだろうがよ

 おい 頼むよ

 頼むからさ

 あってやってくれよ

 こいつさ あんたのために

 一生懸命がんばったんだよ!

 頼むからさ

 時間ないんだったら 

 こっちからあいにいくからさ

 頼むからさ

 あってやってくんねえかな」


「明を お願いします」

電話をきる母。

「おい 出ろよ おい!」

猛から受話器をとってかける明。

「じゃあ 僕 宿題あるから」

「強がる必要なんてないんだよ。

 泣きたかったら泣けばいいじゃん。

 腹が立つなら怒りなよ!

 ここは あんたのうちなんだから」


と千里。

「くそ!」

猛が泣いた。

「何でお前がないてんだよ」 と翔。

「悔しいからだよ。

 悔しいから泣いてんだよ!

 なんでこうなんだよ!
 
 こいつ必死でこんなにがんばったじゃねえかよ!

 これじゃ報われねえだろ!!」


千里も涙。

「がまんしてたのにな」 と優も。

「くそ」 と智。


「あ〜!!あほらし」


翔は部屋からでていって泣いてました。

千里に花束を渡す明。

「わたし 誕生日じゃないけど」

「母の日のプレゼント

 もう 遅いかな」


「ずるいよ」

明をだきしめる千里。

そこへ明るく風がかえってきました

「何泣いてんだよ?」

「うるせえなあ。目にゴミがはいっただけだ」 と猛。

そこへもどってきた翔。

「おまえもないてんのか?」

「泣いてねえよ バカ

 あくびだあくび」
 とごまかします。

明、ちょうど9時で寝てしまいました。

「誰のために泣いたと思ってんだよ」

みんな笑いだしました。

「笑ったり泣いたり忙しいやつらだなあ」

「これからは お前もいっしょじゃ」 と翔。

明、寝ながら歩いてました

笑いながらそれをみるみんな。

明がたおれそうになって
ささえた翔と千里が接近。

そうじしていた国土のお尻がぶつかって

翔と千里がキスしてしまいました!!

「あ〜〜!!」



内容盛りだくさんだったから
書きたいなと思うことが多くて
時間かかってしまった。

明メインなのに優の過去も無理やりもりこみ
さらに風の誤解までとけてしまいました。

優は女性恐怖症だけじゃたりなかったか。
妹は話を聞いた存在としかでてこなかったけど
お兄ちゃんを恨んでいたりするの?
いっしょに暮らしたいとか連絡取り合いたいとか
そういう話にはならなかったんだろうかと。
登場させないんなら妹じゃなく
単に近所の人でもよかったかも。

話の筋には関係ないけど、オカマメイクより
あのかっこうのほうが断然かっこいいです。

母が恋しい明は頑張る姿も強がる姿もかわいいし
それを応援するみんながよかった。
あそこで母がでてくる展開にもならないんですね。
きょうだいたちがいるからいいんだろうけど
せめて明のこと大好きだよのひとことでも
いってほしかったなあ。

時田たちは別に会社のっとりとかじゃなく
新造の願いのもとに行動しているようにみえます。
黒幕は義男か。

ところでチャンプになった
井上さんはどうしたんだろう^^;



峯田千里(20) …… 堀北真希

大蔵 風(30)…… 要 潤
大蔵 猛(27)…… 岡田義徳
大蔵 翔(26) …… 向井 理
大蔵 優(22) …… 山本裕典
大蔵 智(17) …… 瀬戸康史
大蔵 明(12) …… 岡山智樹

国土 豊 …… つるの剛士
真島平次 …… 永山絢斗
井上さん …… 江口のりこ
西  郷 …… なすび
ブリトニー …… 浜田ブリトニー
峯田 徹 …… 鶴見辰吾
田辺義男 …… 田山涼成
時田修司 …… 山本耕史
大蔵新造 …… 草刈正雄(特別出演)
小金井響子 …… 高島礼子

BEST ACTOR 6 (OAK MOOK 286)
BEST ACTOR 6 (OAK MOOK 286)

VISUAL BOY BRUSH Vol.3(DVD付)
VISUAL BOY BRUSH Vol.3(DVD付)

アタシんちの男子 (マーガレットコミックス)
水野 美波

アタシんちの男子 (堀北真希 主演) [DVD]

Infinity(DVD付)
Infinity(DVD付)
GIRL NEXT DOOR

JUNONトレカシリーズ第1弾 山本裕典 ファースト・トレーディングカード 1BOX
JUNONトレカシリーズ第1弾 山本裕典 ファースト・トレーディングカード 1BOX
ムービック

山本裕典トレカ専用バインダー
山本裕典トレカ専用バインダー
ムービック

瀬戸康史写真集瀬戸BOOK
瀬戸康史写真集瀬戸BOOK
藤沢 大祐
2009.05.26 Tuesday 23:47 | comments(2) | trackbacks(10) | 
<< 恋したがりのブルー 5巻 | main | the HIATUS  Trash We’d Love >>
けろりん (2009/05/27 3:25 AM)
honeyさん、こんばんは。

本当、盛りだくさんでしたね^^;
一応メインは、明だったのでしょうが、風や優のエピもじーんときちゃいました。

が、最近ちょっと飽きて来たような…(笑)。
何がいけないのかわからないのですがね…今日はちょっと眠くなってしまったほどです。

ラスト、お母さんは…やはりあんなものでしょうかね。
子供を捨てて出た行った人が、簡単に戻って来たりしても
おかしいし…でも、私ももう少し何か言ってあげて欲しかったですね…明かわいそうに。
でも、あれで晴れて?千里がお母さん、てことで(笑)。

今日のおかまじゃない山本ぼっちゃまがかっこよかったです♪ずっとあれでいいのに〜〜。
honey (2009/05/27 9:26 AM)
けろりんさん、こんにちは〜。

もりだくさんで書く手が(打つ手?)がおいつきませんでした。
いつもなら適当にはしょって流すのに、ここまでやって
まだ10分しかたってないの?ってくらいで。

えー、飽きました?
まあ展開は毎回似たようなパターンですが
今回はかっこいいぼっちゃま(ほんとあの姿のほうがいい)
とか、サウナでの胸筋とか腹筋とかそっちも目がいきつつ
楽しかったですよ〜。
瀬戸くんもああいう格好がびしっと似合いますよね。

妹もお母さんもいらないんでしょうねえ・・。
お母さんは合わせる顔がないんだろうね、きっと。









アタシんちの男子07 ミラクルスポットライトで母を訪ねて三千里
これがアームレスリングだ!! タダのお笑いドラマだと思ってたのにぃ おバカなネタドラマだと思ってたのにぃ 実はお涙頂戴ヒューマンタッチの 泣かせるドラマ? だったとわ! 六男の明(岡山智樹)は自分を捨てた母親に会いたい一心で、ちびっ子喉自慢コ
| ぱるぷんて海の家 | 2009/05/27 12:01 AM |
アタシんちの男子 第7話 一緒に笑ったり泣いたり
『急接近にドキッ!』内容父・新造(草刈正雄)が残した巻物には、兄弟たちの秘密がかかれてあった。長男・風(要潤)が、実の子であるにもかかわらず養子扱い。。。など。時田(山本耕史)の罠で足止めを食らっていた千里(堀北真希)がトリックハート城に戻ると、、、
| レベル999のマニアな講義 | 2009/05/27 12:03 AM |
【アタシんちの男子】第7話
みなさんが城を出て行かなかった事の方が心配なんです。そんなに簡単に過去とは向き合えませんから。時田は、こうやってみんなが自分の過去を探しに出ていくことが新造の望みだったのだと言う。過去の自分と向き合う事。ミラクルくんから出てきた巻物。新造の遺産は、子
| 見取り八段・実0段 | 2009/05/27 12:06 AM |
ドラマ「アタシんちの男子」第7話
「辛い過去から逃げている君らは-------負け犬だ!!」新造からの遺産の巻物を受け取った息子たちは、出て行ったのかと思えば・・・。今まで通り変わらずの日々(^^;)あの巻物には一体何が?どんな個人の秘密が書かれていたのか。でも腕相撲で千里に負けた井上さん
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/05/27 12:07 AM |
アタシんちの男子 第7回 感想
『急接近にドキッ!』
| ぐ〜たらにっき | 2009/05/27 12:51 AM |
俳優・つるの剛士「アタシんちの男子 #07」
「アタシんちの男子」 #07:急接近にドキッ!(2009年05月26日放送) <ストーリー> 大蔵新造(草刈正雄)からの遺言。 兄弟それぞれの秘密(それぞれが抱えたトラウマ)が書かれた 巻物を持って、皆はトリックハート城から出て行ってしまった。 兄弟の分も
| どこまでもいこう | 2009/05/27 12:56 AM |
アタシんちの男子 7話 感想
話は、兄弟達の過去へ。 皆さん、意外にヘビーな過去をお持ちでした…。
| けろりん的ひとりごと | 2009/05/27 3:25 AM |
奪われたホリキッターの唇(アタシんちの男子#7)
『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳チーム・ホリキッター・・・それは、ごく一部で流行っているらしい女優・堀北真希さんの愛称【ホリキッター】を、メジャーな「ホマキ」「まきまき」と並んで、wikiped
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/05/27 11:06 PM |
アタシんちの男子 第7話 急接近にドキッ!
皆出て行ったのかと思っていた千里。
| アニメ日和 | 2009/05/27 11:53 PM |
アタシんちの男子 第7話
第7話『急接近にドキッ!』
| Noble&Pure | 2009/05/29 6:19 AM |