<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アイシテル〜海容〜 第9話

第9話

審判で読み上げられた聖子(板谷由夏)からの
智也(嘉数一星)宛ての手紙の内容は
「清貴(佐藤詩音)の分まで生きて、
自分の犯した罪の重さを知ってほしい」
というものだった。
さつき(稲森いずみ)はその言葉を重く受け止め、
親として一生をかけて智也を更正させる決意をする。
そして、智也は自立支援センターへ送られることが決まり、
新たな生活が始まることとなる。

一方小沢家では、聖子が加害者少年宛てに
手紙を書いたことを秀昭(佐野史郎)、美帆子(川島海荷)に
打ちあける。秀昭は聖子のその行動に憤りをかんじつつも
複雑な心境になる。
そんな折、秀昭は富田(田中美佐子)と会い、自分の思いを話す。
「聖子さんは聖子さんなりにこの悲しい事件を乗り越える手立てとして
少年に手紙をあてたのではないでしょうか」という富田の言葉に、
秀昭は自分が犯人を恨み続けて生きていくということ自体が
家族を苦しめていることになると気づくのだった。



感想のみです。

聖子が菩薩のようでした。
許したわけではない、許せるわけないといいながら
あの手紙。

キヨタンを助けてくれたことへのお礼と
キヨタンがひどいことを言ってしまったことの謝罪。
でも本当はやさしいところがあるところを
わかってもらいたいとキヨタンがかわいそう
という気持ちから手紙を書いたようで
智也を責める言葉はまったくなし。

これは反省している、良心のある人にはかえって
責められるのよりも辛いかもしれないけど
もし私だったら「それでも殺さないでほしかった」
ときっと書いてしまいます。

そのあと

未来を失ってしまった清貴にかわって
心から愛し合える人とであって暖かい家庭を築き
愛し合える人との子どもをさずかったとき
はじめて自分のしたことがどんなだったか知ることになる

という言葉も、びっくり。
智也にそこまでの未来を許す気になるのかと
驚くとともに、さっきと同じく、
これも実はひどく残酷な言葉なのではとも思いました。
反省すればするほど、自分は子どもなんかもっちゃ
いけないと思ってしまいそうです。

母親としての思いというのもわかるのですが
頭ではわかっていてもついていかないのが本当だと思うので
冨田さんに言っていた秀昭のほうに共感しました。
さらにいうなら飲み屋のおやじさんの
人を恨んでると疲れるというほうにもっと賛成ですが
それってもっとあとだと思うので。

冨田さんの言ってることは正論なんですけど
だからといってそう簡単に割り切れないんでは・・。

もっと年数がたっていればわかるけど
聖子が菩薩になるの、早すぎます。

最後にさつきに書いた手紙でも
鏡にうつしたように苦しむ母の姿は同じでも
秀昭のいうように、帰ってくる息子を待つ家族と
もう戻ってこない息子のいる家族では違いすぎます。
もうアルバムがふえることのないキヨタンと
このさきの白いページに写真をはって
成長をみていけることのできる智也では
やっぱり違う。
智也が外にでてきて、両親のもとで仲良く
暮らしている姿を見たら、同じこと言えるかなあ、さつき。


二人がついにであってしまうという
またしても気になるシーンで続きました。
二人して泣きそうですが
どういう会話になるんだろう。


今回、施設へ送致といわれたときに
さつきが驚いた顔をしたのと
和彦が、「いつ帰れるかわからない」と
驚いたのをみて、こっちがびっくりしました。
この二人、すぐ親元に戻ってくると
本当に思っていたのでしょうか?
「智也はほんとうは優しい子」ということに
なっちゃってるけど、それならやっぱり
うっかりつきとばして「死なせてしまった」くらいに
しておけばよかったのに。
何度も何度も頭を押し付けていたあの殺意の源と
10歳で殺人をおかしてしまうという異常さの原因は
しっかり解明してもらうべきだと思います。


キヨタンママとかトモクンママというよび方も
実はあんまり好きではありません。
そういうのせいぜい幼稚園くらいまでにすればいいのに。
たしかにママではあるけれど。
(と思うような自己主張の強い人間だから
 こうやってブログ書いてるのかも)





野口さつき 稲森いずみ
小沢聖子 板谷由夏
野口和彦 山本太郎
小沢美帆子 川島海荷
野口智也 嘉数一星
小沢清貴 佐藤詩音
森田彩乃 田畑智子
小沢秀昭 佐野史郎
富田葉子 田中美佐子


うつし絵
うつし絵
新垣結衣

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
伊藤 実

アイシテル~海容 後編 (2)
アイシテル~海容 後編 (2)
伊藤 実
2009.06.10 Wednesday 23:34 | comments(2) | trackbacks(13) | 
<< 銀魂 第160話 「外国人から見たらこっちも外国人 宇宙人から見たらこっちも宇宙人」 | main | レオくん >>
けろりん (2009/06/11 1:51 AM)
honeyさん、こんばんは。

最後に爆笑しました(笑)。
私も同じような事書いてしまったので!
そっか、ブログなんてやっているんだから、自己主張がやっぱり普通より強いのかもしれませんよね〜(笑)。
テレビの感想書いて公開しているくらいですものねえ…←自覚がなかったのか?

私も、事件から何年もたったっけ?と思ってしまうほどの聖子の菩薩っぷりにびっくりですよー。
私も、キヨタンの父くらいで普通だと思います。
なんだかんだ言って生きている犯人とか、到底許せないしだろうし。

あと、処分が決まった時のさつきたちの驚きぶりも、私もびっくりでした(笑)。
すぐに帰ってくるとでも思ったかー!?と思って。

来週いよいよ最終回ですが、そんなに大きな動きもなく終わりそうですね。
どういう終わり方するんでしょうね。
honey (2009/06/11 8:30 AM)
けろりんさん、こんにちは。

最初のころにキヨタンママキヨタンママとよばれているときから
違和感バリバリだったんですが、最後の手紙にまで。
さつきやセイコである前に母親・・、母親なのはわかるけど
そんな自分がまったくない呼ばれ方ってどうなのかと。
前に育児マンガよんだときも、全員「○○ちゃんママ」呼ばれで
びっくりしました。

そう、たぶんこんなことやってるくらいだから
思いきり自己主張強いでしょ(^^)
自分で思ってるだけじゃあきたらず
書いてるんだから。
お仲間お仲間。

タイトルが海のように深い心でゆるすとか包み込む
という意味らしいんですが、ゆるすの早すぎますよね。
そんな心境に至るのはもともとの宗教家か
何十年もたってからだと思うのですが。

聖子とさつき、二人抱きあって泣くとかいう展開じゃないよね・・・・。









アイシテル−海容− 第9話 普通の家族
『母と母、衝撃の対面』内容第二回審判、結審に先立ち被害者・清貴(佐藤詩音)の母・聖子(板谷由夏)からの手紙が、葉子(田中美佐子)から、智也(嘉数一星)さつき(稲森いずみ)和彦(山本太郎)へ読み上げられる。“明るさゆえに清貴は遠慮もなく、 思ったことを
| レベル999のマニアな講義 | 2009/06/10 11:43 PM |
「アイシテル-海容-」愛してるゆえの結論は?9清貴の分まで生きて愛を知り罪の重さを知ってほしい・・・智也は何も考えられず死ぬ重さより生きる重さ知るのだった・・・
「アイシテル-海容-」第9話は第2回審判で聖子からの手紙を富田が読み上げ、聖子は智也に清貴の分まで生きてその罪の重さを知ってほしいという事を智也に伝えるのだった。その内容を理解できない智也はわかりませんという言葉を述べて審判が下り、自立支援センターへ送
| オールマイティにコメンテート | 2009/06/11 12:00 AM |
アイシテル〜海容〜 第九話「母と母、衝撃の対面」
第二回審判決定が言い渡される前に、聖子(板谷由夏)が智也(嘉数一星)に書いた手紙を、富田(田中美佐子)が読み上げる。
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2009/06/11 12:17 AM |
アイシテル〜海容〜 第9話
おっと。。。来週の予告がない。最終回だからかな。 感想難しいホント、難しい。 最終回を前にして、海容って何だろう?ってわからなくなってきちゃった。 加害者よりな脚本に、今回はすんなり頷けなかった。
| アンナdiary | 2009/06/11 1:40 AM |
アイシテル〜海容〜 9話 ちらっと感想
あらま。またいいところで終わった上に来週の予告もないじゃありませんか。
| けろりん的ひとりごと | 2009/06/11 1:51 AM |
ぞうさんぞうさんお鼻が長いのね(川島海荷)そうよ母さんも長いのよ(稲森いずみ)
人間が人間を再生産する。それが親子関係である。 人間から生れてくるのはほとんどの
| キッドのブログinココログ | 2009/06/11 4:58 AM |
日本テレビ「アイシテル −海容−」第9話:母と母、衝撃の対面
いつかは帰って来る子をもつ家族と、もう二度と帰って来ない子をもつ家族。決定が言い渡される前に、智也に宛てられた、清貴の母・聖子からの手紙が読み上げられて…。
| 伊達でございます! | 2009/06/11 8:26 AM |
アイシテル 〜海容〜 第9話
 第9話「母と母、衝撃の対面」 ★未来へ  今回は小沢家の心の整理と未来への意思が描かれた。  まずは聖子(板谷由夏)。  智也(嘉数一星)への手紙で今回の事件を清算する。  まず『明るさゆえに清貴は遠慮もなく思ったことを口に出してしまった』ことを謝る
| 平成エンタメ研究所 | 2009/06/11 9:20 AM |
アイシテル〜海容〜 #9
アイシテル、みました。 すごくかいつまむと、 智也@嘉数一星の処分が決まり、児童自立支援施設に送致された。 被害者家族、被害者家族ともに、未だ苦しみながら、 どう生きていくのかを模索していた。 ってだけなんです。 ・さつき@稲森いずみは、聖子@板谷由
| ほどほどの人生 | 2009/06/11 1:15 PM |
『アイシテル〜海容〜』 第9話
聖子が書いた智也への手紙を読み上げる富田調査官。〈…困ってる清貴を助けてくれたそうですね。ありがとう。… それなのに清貴は、あなたに酷いことばかり言ってしまったようですね。… けれども、あなたが見た清貴だけが、 清貴の全てではないことを分かって下さい
| 美容師は見た… | 2009/06/11 4:49 PM |
アイシテル〜海容〜 第9回 感想
『母と母、衝撃の対面』
| ぐ〜たらにっき | 2009/06/11 7:43 PM |
「アイシテル〜海容〜」 第9回
  「決定言い渡し」の前に、富田によって読み上げられた聖子からの手紙は 「ありがとう」という言葉から始まっていました。  清貴(佐藤詩音)を助けてくれてありがとう・・ お家のトイレに連れて行ってくれて、キャッチボールまでしてくれて、本当にありがとう
| トリ猫家族 | 2009/06/11 11:52 PM |
《アイシテル〜海容〜》#09
智也の審判が結審した。それに先立ち、被害者家族からの手紙が富田から読まれた。 被害者の小沢清貴君のお母さん、聖子からだった
| まぁ、お茶でも | 2009/06/12 8:06 AM |