<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

アイシテル〜海容〜 第10話(最終話)

第10話(最終話)
感想のみです。

きれいにまとまっていました。
きれいすぎるくらい。

まずはキヨタンのお墓の前でばったりあった
ふたりの母。
土下座するさつきの頭に手をおいて
顔をあげてください、という聖子。
さつきが苦しんでも、自分は楽になれない
これからもずっと。
ひどい言葉でののしるよりも
深く自分をせめているさつきには
突き刺さったかもしれませんが
やっぱり菩薩のようです、聖子。

「生きてください

 清貴のために・・

 あなたの お子さんのために・・」


ここまでの心境になれるのがやっぱり早いなあ。

そして早いといえば1年で早くも智也が
帰ってきたこと。
少年法ってそんなものなの?
1年って・・・。

智也はきっと施設でも問題なくすごし
いい子だったんだろうなと思いますが
そうか、殺人をしても1年ででてこられるものなのかと
かなり驚きました。
しかも両親のもとへ。

御近所の人やパートの人たちは
現実ではありえないように思いますが。
実際、智也が事件をおこしたときには
家にも中傷ビラがはられたり
書道教室の生徒がいなくなったのに。
そこを描くと長くなるから省いたのでしょうか。
ネットで簡単に学校名まで知られてしまう今の世の中で
実家にそのまま戻るってありえない気が。

でも帰ってきた智也の様子はおかしく沈みがち。
ついには施設に戻りたいと富田さんのところまで
いってしまいます。
施設では精神的なカウンセリングはしないのでしょうか。
ちっとも世間に戻しても大丈夫にみえないんだけど。

智也が沈んでいたのは自分が悪い事をしたから
生きている価値がないと考えていることでした。
自分は新しい服も買ってもらえておいしいものも
食べられるけどあの子は・・
と理想的すぎるいい子です。
まともな神経を持ってる人なら
そう思って当然だと思います。
なんでこんな子が殺人なんかしちゃったかな・・。

さつきが智也の気持ちをきいて

「智也がしなくちゃいけないのは

 智也が清貴君のために生きて行くこと

 生きて今できることをすること

 いろんな経験をして

 自分が何をしてしまったのか知ること」


今でさえ、悪い事をしたと責めているんですけど。
ここにいたら迷惑がかかるという智也は
親がいわれたらショックな一言を。

「僕なんか生まれてこなきゃいけなかったんだ」

その言葉に思わず智也をひっぱたいてしまうさつき。

「生まれてきちゃいけない命なんてない

 どんな命だって 生まれてきた意味があるの

 智也がいなかったら

 お父さんもお母さんも生きていけないくらい

 愛してるの」


智也をしっかり抱きしめたさつきの言葉で
ようやく智也の態度がかわってきそうです。

一方、智也がもうでてきたことが
受け入れられない美帆子。
菩薩の母がしっかりフォロー。
智也もきっと苦しんでる。

「苦しんでる子を恨んで何が生まれる?

 何も生まれない」


秀昭もすっかり憎しみを封印していました。

「憎しみをもつ自分の中にしか相手はいない」

そのあと、今自分が手がけている
家族が集まって子どもたちの笑顔があふれるような
場所にという公園建設現場をおしえます。
キヨタンがみんなにいろんなことを教えてくれて
今もキヨタンのおかげで家族をつなぎとめてくれた
キヨタンが亡くなったことを無にしないためにも
しっかり生きていかないとな、
と・・被害者家族がやっぱり出来過ぎな感が・・。
いえ、その生きる姿勢には声援をおくりたいですが。

智也は殺人現場へいって手をあわせるという
こちらも出来すぎくんぶりだし。
やっぱりうっかり殺人くらい(つきとばしたはずみとか)
にしておいてくれたら納得できたかも。

そしてさつきが生んだ新しい命を見て
「清貴君ごめんなさい」とあやまる智也。

自分の子どもを持つ前に
自分がどんなことをしたか
早くも気づいてくれました。

どんなにキヨタンのぶんも生きて
と言われても、智也がいい子ならいい子なぶんだけ
どうしても罪悪感は持ち続けるんじゃないでしょうか。
人一人の命を奪ったかわりにそのくらいの重荷は
背負ってあたりまえだと思います。
生まれたからには生きて幸せになる権利は
みんなにあると思っていますが
人の命をうばった時点で、その権利はなくなってしまうと
感じてしまうので。

かといって、今まだあの若さで
この先死ぬまで楽しむなというのもどうかと思うし・・。
ただ幸福を感じながらも、
心の奥には常に痛みはもちつづけていてほしいというか。

これから一生懸命生きていきます、それが償いです
という終わりかたに、
素直によかったね、これからはがんばってね、
と応援するほど人間できてないので
それが正直な感想です。


実際そんな状況になってみないとわからないことも多いし
とにかくいろんなことを考えさせられたドラマでした。

本当はこんな事件がなくて被害者も加害者もいないのが一番です。



全く内容に関係ないけど気になったこと。
パンをかじりながら学校へ行く女子高生って
30年前の少女マンガの中にしかいない気がする。



野口さつき 稲森いずみ
小沢聖子 板谷由夏
野口和彦 山本太郎
小沢美帆子 川島海荷
野口智也 嘉数一星
小沢清貴 佐藤詩音
森田彩乃 田畑智子
小沢秀昭 佐野史郎
富田葉子 田中美佐子


うつし絵
うつし絵
新垣結衣

アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
アイシテル~海容 前編 (1) (KCデラックス)
伊藤 実

アイシテル~海容 後編 (2)
アイシテル~海容 後編 (2)
伊藤 実


2009.06.17 Wednesday 23:58 | comments(2) | trackbacks(14) | 
<< 銀魂 第161話 「何回見てもラピュタはいい」 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) セカンド 2009年 08月号 新テニスの王子様プレミアム特集の感想他 >>
けろりん (2009/06/18 11:13 PM)
honeyさん、こんばんは!

いい感想だ…と思いながら読んでいたのに、ラストの数行で噴きました(笑)!
確かにいません、あんな女子高生。

ていうか、聖子さん、あんなに立派な母なんだから、娘をちゃんと起こしてあげてー!って感じです(笑)。

本当、色々考えさせられたドラマでしたね。
何だかんだで、毎週観てしまいました。

でも、私もどうしてもあの殺人が…ちょっとありえないかなあ、と思うんですよね。
ついうっかり…で死なせてしまったのとは、だいぶ違いますよね。
普通の感覚を持った子なのに、不自然というか^^;

キヨタンがもう帰って来ない事を考えたら、私も素直に「よかったね」とは思えないですね。
殺人って、それほど重い事ですよね〜。

honey (2009/06/18 11:33 PM)
けろりんさん、こんばんは〜。

だってどうしても気になったんですもんーー。
一度ならいざしらず、何度かでてきてたし
食べながらいって歯磨きはどうするんだ〜?
とそっちも気になって気になって。
髪がはねてるのを気にするより歯磨きをしろーと。

うっかり殺してしまった、そして大反省してるというなら
まだ理解できるんですが、感情的にたたきつけてたあれを
思い出すと1年で出すのはないでしょ、とそこがもう
ありえないと思ってしまって。

殺人をしてたったあれだけで社会復帰というのはあんまりです。
どうせ重いテーマなんだから、人を殺したあと
どんな目にあうのかしっかり現実をみせてもよかったのでは。
中傷ビラどころじゃないんでは、実際は。









「アイシテル-海容-」愛してるゆえの結論清貴の十字架を背負って罪と愛する意味の重さを知るまで生き続けなさい
「アイシテル-海容-」最終話智也が施設へ収監されてから1年後の2つの家族のその後が描かれていた。
| オールマイティにコメンテート | 2009/06/18 12:07 AM |
アイシテル−海容− 第10話(最終回) 生きている
『2つの家族…それぞれの結末』内容清貴(佐藤詩音)の墓参りに来ていた母・聖子(板谷由夏)そこに、さつき(稲森いずみ)がやってくる。土下座するさつきに。。。。聖子は。“顔をあげてください あなたがどんなに苦しんでも、私は楽になれないんです おそらく、こ
| レベル999のマニアな講義 | 2009/06/18 12:16 AM |
アイシテル〜海容〜 第十話(最終回)「2つの家族…それぞれの結末」
清貴(佐藤詩音)の墓前で、さつき(稲森いずみ)は初めて聖子(板谷由夏)と対面した。すぐにお互いが誰か分かる二人。さつきはその場に土下座して、全て私が悪いと謝罪をする。聖子はさつきの前にしゃがむと、優しく肩に手を置いた。「あなたがどんなに苦しんでも私は楽にな
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2009/06/18 12:41 AM |
アイシテル〜海容〜 最終回
深くて、重くて、色々考えさせられるいいドラマだった。苦しんでる子を憎んで、その先に何が生まれる?何も生まれない。。。憎むべき相手はあの中にはいない。 憎しみを持つ自分の中にしかいない。
| アンナdiary | 2009/06/18 1:11 AM |
アイシテル−海容−:第8話〜第10話(最終話)
「ごめんなさい、清貴くん。ぼくはなんてことを。  ごめんなさい。ごめんなさい。。。」 終盤は何かモヤモヤした展開だったけれど、最終回はよかった。 智也が施設から出所してハイ...
| 日常の穴 | 2009/06/18 8:12 AM |
生きること アイシテル〜海容〜#10
最終回でした 簡単なあらすじは… 清貴のお墓の前で、智也母(稲森いずみさん)と清貴母(板谷由夏さん)が衝撃の対面 土下座をして謝る智也母に、清貴母は優しめの言葉をかけた。 それから1年後、智也(嘉数一星くん)が施設から退所した。 しかし、智也は新しい環
| 勝手カブトの緒を締めた! | 2009/06/18 12:32 PM |
「アイシテル〜海容〜」 最終回
 キヨタンのお墓の前で会ってしまったさつき(稲森いずみ)と聖子(板谷由夏)・・・ 土下座をして詫びるさつきに、聖子は顔をあげるよう頼むのでした。 「あなたがどんなに苦しんでも、私は楽になれないんです。 おそらくこれからもずっと・・・」 「生きて・・・
| トリ猫家族 | 2009/06/18 4:06 PM |
アイシテル〜海容〜 最終回 感想
『2つの家族…それぞれの結末』
| ぐ〜たらにっき | 2009/06/18 7:36 PM |
アイシテル〜海容〜 10話(最終話) ざっくり感想
最終回でした。 うーん…うーん…なんと言ってよいのやら…。
| けろりん的ひとりごと | 2009/06/18 11:13 PM |
『アイシテル〜海容〜』 最終回
まさか野口家に新たな命が誕生し、その小さな命によって智也が心底から涙を流し詫びの言葉を漏らすとは!予想外の展開にヤラレましたわぁ。。。エンドロールで流れた、クランクアップの様子を見せてくれたのも良かった。本当に皆さんお疲れ様でした!って感じが伝わって
| 美容師は見た… | 2009/06/19 12:17 AM |
【アイシテル】最終回感想と視聴率最高!
たった1年で出てきてしまうんですね。確かに、智也(嘉数一星)君、いい子だけど、被害者の家族は、それを知ったら辛いだろうなあ。もう、殺されてしまったキヨタンは帰らないんだし・・・ 偶然、智也君が編入した学校を知ってしまった美帆子(川島海荷)ちゃんは
| ショコラの日記帳 | 2009/06/19 10:39 AM |
アイシテル 〜海容〜 最終回
あなたがどんなに苦しんでも私は楽にならない 恐らく…これからもずっと… 娘のために、主人のために笑いたい 笑う時間が欲しい ですから ...
| 塩ひとつまみ | 2009/06/19 12:32 PM |
《アイシテル〜海容〜》◆最終話
先週、清貴の墓前で、聖子と対峙したさつき。 聖子の目の前で、土下座した。地面にひれ伏し 「申し訳ありませんでした。すべて、私が・・・」と言ったきり声が続かない。 聖子は膝まづき 「顔を上げてください。 あなたがどんなに苦しんでも私は楽にならないんです。
| まぁ、お茶でも | 2009/06/20 8:38 AM |
アイシテル 最終回 (川島海荷さん)
◆川島海荷さん(のつもり) 川島海荷さんは、日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されていた連続ドラマ『アイシテル−海容−』に小沢美帆子 役で出演しました。先週は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感想
| yanajunのイラスト・まんが道 | 2009/06/22 12:01 AM |