<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

花咲ける青少年 第15話 月下の巫女

第15話 月下の巫女
イズマルの屋敷で、王族であるとは別に
巫女としても強力な権力を持つナジェイラに
呼び出されたユージィン。花鹿に興味を持ち、
その交友関係にあるユージィンに会って見たかったのだと
言うナジェイラに、ユージィンもこれを機と
探りを入れようとする。
しかし、ナジェイラから発せられる迫力に
圧倒されてしまうのだった。
一方、アメリカ大使館を訪れた花鹿は、
そこでカールの父親がハリーを恨んでいる事を知る





ナジェイラとあうユージィン。

ナジェイラは花鹿に興味があるようで
花鹿のことを調べていたようです。
イズマルは犬よばわりで、花鹿のまわりの
かいならされていない犬のほうがいいらしい。

さらに王位には興味がなく
面白い方につくというナジェイラは
自分を楽しませてくれるならだれでもいいといいます。
花鹿がムスターファとよぶことも知っていて
ユージィンの前で死んでいった彼女たちの話をし
ユージィンが相手にしないとひっぱたかれてしまいました。
我がまま王女・・。

リーレンは、王室内紛のシナリオを描いているのは
クインザだとお見通し。

大使にあいにきた花鹿ですが
取り次いでもらえず
寅之助が賄賂をおくっても怒られるだけ・・
で強行突破。

でも大使はダッドの昔からの友だちだったので
問題なしでした。

ユージィンがイズマル殿下のパーティーに
いったときき、それはまずいなという大使。

イズマルはローゼンタールと仲が良く
ローゼンタールはバーンズワースとは敵対関係。

以前は優勢をほこっていたローゼンタールが
ある事がきっかけでバーンズワースと地位が逆転し
ローゼンタールは急速に衰退。

その息子のカール・ローゼンタールが
今ラギネイに入国しているという大使。

花鹿はカールのことを思い出します。
カールのお父さんがハリーを恨んでいたり
ルマティだってお兄さんが好きなのに・・と

「人の心って難しいんだね。

 すごく切ないよ」

つぶやく花鹿。

アメリカにいるルマティは外へ出たいと言いますが
リーレンはもちろん許さず。
ハリーの意向通り動くしかないというと
なぜバーンズワースは自分をかくまうのかというルマティ。

「それは殿下、

 ご自身が答えをだされるべきでしょう。

 わからないのなら 

 勉強がたりないということですね」


リーレン、意地悪w

到底勝ち目のないルマティは

「俺は・・お前が嫌いだ リーレン!」

とでていってしまいました。
まだまだお子様。

リーレンとツァオの会話もいいですね。

ルマティにはもっと成長しなくては。
リーレンはルマティがいずれ渦中の人となると
おもっているようです。

「これは彼の宿命だ。

 逃れることはできない」


部屋で荒れるルマティ。
ソファをばんばん叩いて発散するしかできないうえ
八つ当たりされるセズンが気の毒。
部屋からおいだされてしまいました。

兄はこんな仕打ちをするくらい
自分がきらいなんだと落ち込むルマティが
かわいそうにみえます。
侍従たちがあやつっているだけに違いない
と思いなんとしても国に帰らなければならないと
思いますが、見張りだらけ。

あきらめて運命を受け入れた大人しい子どもを
演じ、チャンスをうかがうことを決意。

ナジェイラの元へ入ったまま
帰ってこないユージィンを救うのはカール。
あの記者さん、なかなかやってくれます。

部屋にはいるとナジェイラはおらず
ユージィンだけがいました。

カールは自己紹介。
ナジェイラはカールが苦手で逃げたらしい。
ナジェイラの神通力が通じないから
嫌われているそうです。

彼女の祖母の家は呪術的な部分を
うけおっていた一族で
今もかなりの勢力を持つ家。

ナジェイラも巫女として
祭司の上にたつ存在だそう。

カールは別れ際花鹿への伝言をたのみます。

「これで借りは返した、と」

その後、ルマティがバーンズワース邸に
いたときくカール。
ソマンドにつたえてやれと命令。
しかしバーンズワース邸にいたら
手の出しようもないですが
あのルマティなら動きかねない、と
王族同士のつぶしあいを願うカール。

「我々がほしいのは

 毒にも薬にもならない王だ。

 利発な王も、毒そのものの王女もいらない」


ローゼンタールはつけこみやすい
イズマルを王にしたいようです。



カールがまだ20歳そこそこというのもおそろしいです。
他のキャラもみんな若いけど。

ルマティを完全子供扱いで
怒らせるのも楽しそうな余裕のリーレンがおもしろかった〜。




花鹿(かじか) 遠藤綾
立人(リーレン) 森川智之
ユージィン 小野大輔
ルマティ 浪川大輔
カール 福山潤
寅之介 柿原徹也
クインザ 子安武人
曹(ツァオ)諏訪部順一



花咲ける青少年 1 愛蔵版 (1) (花とゆめCOMICSスペシャル)
樹 なつみ

CHANGE/One
CHANGE/One
J-Min,遠藤綾,松本有加,小林孝至,斉藤哲也

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.2 [DVD]
花咲ける青少年VOL.2 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]
花咲ける青少年VOL.3 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.4 [DVD]
花咲ける青少年VOL.4 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.5 [DVD]
花咲ける青少年VOL.5 [DVD]

花咲ける青少年VOL.6 [DVD]
花咲ける青少年VOL.6 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.7 [DVD]
花咲ける青少年VOL.7 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.8 [DVD]
花咲ける青少年VOL.8 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.9 [DVD]
花咲ける青少年VOL.9 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.10 [DVD]
花咲ける青少年VOL.10 [DVD]
ビデオメーカー

花咲ける青少年VOL.11 [DVD]
花咲ける青少年VOL.11 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.12 [DVD]
花咲ける青少年VOL.12 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.13 [DVD]
花咲ける青少年VOL.13 [DVD]
ケンメディア
2009.07.20 Monday 12:55 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< ドラクエ9 プレイメモ8 | main | グイン・サーガ 第16話 「胎動」 >>









花咲ける青少年 第15話 月下の巫女
王位には、興味が無いらしいナジェイラ。
| アニメ雑記帳 | 2009/07/20 2:48 PM |
花咲ける青少年 第15話
サブタイトル 「月下の巫女」 花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]***********
| まだまだハマる☆現代アニメ | 2009/07/20 4:11 PM |
花咲ける青少年#14「ぬくもり」&#15「月下の巫女」感想
二つの出会いは花鹿に何をもたらす?ナジェイラとユージィン、そして花鹿とカール。先週は感想をお休みしましたので二話続けて。あらすじは公式からです。「ぬくもり」ソマンドの背後に不穏な影を感じたノエイは、マレーシアにある密航ルートを使って国に帰る事をセズン
| おぼろ二次元日記 | 2009/07/20 11:16 PM |
花咲ける青少年 第15話
「月下の巫女」 人の心って難しいんだね。 ルマティが陥れられたことがきっかけで、ラギネイの政権争いに首を突っ込むことになった花鹿達...
| ラブアニメ。 | 2009/07/22 5:56 PM |