<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

USJのナルト疾風伝プレミアショー 2009

[ マンガ ]
USJのナルト疾風伝プレミアショーへいってきました。
ネタばれ注意
入場のときにもらえるリーフレット


ナルトプレミアショー


魔境軍団にとらわれた火影 綱手奪還のため
動き出したカカシ先生、ナルト、シカマル、サクラ、サイに
マット・ガイ先生とロック・リーの熱々コンビ。
我愛羅とサスケも出演。
魔境軍団の首領イルファイバート以下
エンミティーや部下たちも楽しい魔境軍団の
面々も大活躍でした。


ナルトプレミアショー


去年は屋外のウォーターワールドだったのが
今年は屋内でのショー。
外ならではの迫力とは違いますが
全天候型というのはいいと思います。
去年は天候不良で中止になった日があったようだし
遠方から泊りがけでやってきてるのに
いくら天候のためといえ、中止ではショック大きすぎます。
その点屋内ショーなら問題ないですし。

屋内ならではの証明を駆使した舞台は楽しかったです。
キャラがそれぞれ登場するシーンは
木の葉が舞って、そのあと一人ずつスポットがあたって
でてくるのがよかったし、イルファイバートの姉が
浮かび上がる場面とか本当にホタルのようだったのと
そのあと花が一面に咲くのも美しかった。


キャラ印象。

ナルトはナルトそのものというかんじで
主人公らしく大活躍してました。

カカシ先生はいるだけでかっこいい。

出てきただけで人気でした。
ほとんどマスクで顔の部分でてないのに
「かっこいい」という声が・・・。

サクラちゃんは去年と同じくかわいらしくて元気。
歌もお上手でした。

サイはおなかの部分が気になった!!

あれは腹筋?いや、骨なのか?
横向きのときに身体の細さにびっくりしました。
性格はマンガのとおり。
人間関係を円滑にするため日々がんばっているようです。

シカマルもシカマルでした。
(ボキャブラリー貧困ですいません)
ポケットに手つっこんだまま移動するのはたいへんそう。

マイト・ガイとロック・リーはやっぱり熱い師弟。
ガイ先生はカカシ先生といいライバル、というかんじが
ちょっとだけした・・かも?

サスケはマンガ同様復讐しか頭にない設定で

ちらっとでてきたのは人気キャラのため
ファンサービスだと思われますが
魔境軍団の狙う魔王の剣を横どりしようと思っただけで
それがかなわないとなるとさっさと撤収。
見せ場は少なかった・・・。
今本編での立ち位置がああだししょうがないか。

我愛羅も大人気でした。

こちらは木の葉と同盟国のため手助けにきたという設定。
絵で見ると特になんとも思ってなかったけど
身体ほどの大きさのあるひょうたんを背負う姿って
実際見たらけっこうすごい。
顔も似てました。


舞台前半はさすが大阪というか前半はお笑いも多く
怖いはずの魔境軍団がすっかりお笑いコンビのよう。
客席にいたどこかのお父さんを舞台にあげて
つかみもOK、動作も楽しくて最初はすっかりコメディーかと。
そのあとちゃんとシリアスになりましたが。

サイが操られたふりをして敵になったり
みんなが水晶にとじこめられたりしながらも
綱手もみんなも救いたいと思うナルト。

イルファイバートは実は木の葉出身で
姉は綱手と共に医療忍術を学んだ友。
綱手が姉を見捨てたために姉が死んだと思い込み
復讐のため魔術に手を染めたイルファイバートは
綱手の言うことには耳をかさず。
でも修羅の森で実は魔王を封印するために
人柱となったのは姉の意思。
姉の言葉で目が覚めたイルファイバートに
エンミティたち部下ももとは森の精だったこともわかり
仲間の大切さと絆を説くナルトらしいストーリーに
なっていました。

途中も最後も客席のそばにおりてくるので
すぐ間近でみられて楽しかったです。


ナルト疾風伝公開記念 カカシの鈴をさがせ

USJの中でもらえるリーフレットを切りとって手裏剣をつくり
合い言葉を伝えると、カカシ先生のすずと
ナルトなりきりお面がもらえました。

うちわはWEBでチケット購入の特典。


カカシ先生のずず



ナルトなりきりセット


お土産で買ったものと
翌日本屋でナルトのアニメコミックスを
買った時にもらったサスケのバッジ。


ナルトプレミアショー


カカシの鈴といっしょに
映画の宣伝リーフレット
ナルト疾風伝虎の巻ももらいました。
裏は忍五大国図


忍五大国図


今年のポップコーンはとんこつ味噌ラーメン風味
ほんとにラーメンの味ですがちょっとしょっぱいかな。

ナルトポップコーン


うずまきナルトいり。

ナルトポップコーン


去年のショーの記事はこちら
USJ ナルト疾風伝プレミアショーをみてきました



NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)
NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)
岸本 斉史

NARUTO十年百忍 (47) (ジャンプコミックス)
ジャンプ・コミック出版編集部

NARUTO-ナルト-イラスト集「NARUTO」 (ジャンプコミックス)
岸本 斉史


劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝絆 (ジャンプコミックス)
ジャンプ・コミック出版編集部

2009.08.01 Saturday 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的143 「第一の試練」 | main | ふたつのスピカ 最終回「さよなら宇宙学校」 >>