<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

任侠ヘルパー 第5話

第5話
翼彦一(草剛)は、施設の顧問・羽鳥晶(夏川結衣)に
刺青を見られたことを四方木りこ(黒木メイサ)に責められる。
彦一は覚悟を決めるが、晶は倒れたのだから
早まるなと釘を刺される。

一方、運ばれた病院で目を覚ました晶は、息子・涼太
(加藤清史郎)らの心配もよそに、仕事に戻るといって
病院を後にする。

同じ頃、「タイヨウ」では、恒例の「地域交流会」の出し物を
決めようと、和泉零次(山本裕典)、美空晴菜(仲里依紗)と
鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、
六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)ら
“任侠ヘルパー”が話をしていた。

そんななか、小澤義男という男性が「タイヨウ」に運ばれてくる。
半身麻痺の小澤は、自宅で妻・さくら(倍賞美津子)に
介護されていたが、介護疲れからさくらは自殺を図り、
病院に搬送されていたのだ。彦一、りこ、零次が病院を訪ねると、
さくらは小澤の面倒を「タイヨウ」で見て欲しいと訴える。
なんとか自宅で介護を続けるよう促すが、さくらは拒絶。
すると突然、彦一が、その女に他人の世話はできない、
と悪態をつく。
さらに、わからないだろう、あれから28年も経ったのだから、
と凄む彦一。その言葉に、さくらは硬直し……。



ふらついた晶をささえた彦一は
そのときに彫り物をみられてしまいました。

りこにその話をすると、責められました。
その場面を見た晴菜は変に誤解した?

遺書を書いて貯金通帳の上におく女性・さくら。
そばには寝たきりの男性。
首をつろうとして失敗し頭をうって倒れました。

晶が目覚めると涼太がのぞきこんでいました。
過労のようです。
精密検査のため入院が必要なのに仕事がたまっているから
すぐ帰るといい、
涼太君のことも考えてあげてといわれると
来週なら時間がとれるから来週検査をうけるという晶。

タイヨウでは地域交流会のために
出し物を何をするか話しあい。

りこのセーラー服姿は御老人たちも見たい!

結局園長のギターで歌をうたうことに。

タイヨウヘやってきた小澤義男さん。
「さくらをよべ」と妻をつれてくるよう
強い口調でいい、そのさくらの病院を
たずねていく零次、りこ、彦一。

さくらは介護疲れで自殺しようとしたようです。

さくらをみて驚く彦一。

零次が、義男が奥さんに会いたいといっていると
伝えると、さくらはもう自分には世話できない
と発言。

黙ってきいていた彦一は
「その女に他人の世話なんて無理だ」といい
彦一をみつめるさくら。

28年もたっちゃわかんねえか、といって
病室をでていく彦一。りこがおいます。

さくらは彦一と父を捨てて、でていった母でした。

零次はその報告を園長にし、それをきいた
晴菜が心配して彦一の元へ。

彦一の幼いころの回想。

「必ず迎えにくるからね」

と言って出て行った母。
アル中の親父はその後すぐ死んで
そのあと彦一は親戚たらいまわし。
家族を捨てて男と住んで結局その男の
面倒もみられないなんてあきれると
冷たい彦一。
せっかくあえたのにという晴菜の言葉もきかず
彦一はいってしまいました。

「親子なのに」 という晴菜に

「親子だからだろ。

 あんたみたいな子にはわかんないわよ

 あいつの気持ちは」
 というりこ。

奥さんがこないからごはんもたべない義男。
義男のところへいく彦一。
義男の世話をするのがいやになって
死のうとしたんだろ、というと

「あいつはわしをおいて死んだりせん」

と義男。

「あんた 何年つれそってるんだ」

「30年」

そこへさくらがやってきて
同じ部屋で義男の世話をしたいとたのみます。

彦一は複雑そうな顔。

晶がやってきてこの間のお礼を彦一に言い
入れ墨のことを言わないことにいら立つ彦一。

夫の世話からリハビリまでかいがいしくするさくら。
神経痛で自分の腰も痛いのに夫の言うがまま。
好き嫌いの多い夫の食事の世話から
そそうをした洗濯物まで。

彦一をみかけてついそちらに目がいくさくら。
それに気づくりこ。

晶は涼太にグラタンをつくってくれますが
涼太も何か心配そうな顔。

任侠ヘルパーたちの間で義男の事が話題に。
このまま施設をでたら介護する方も
共倒れになるという六車。

夫の世話をする母を影からのぞく彦一。
さくらの手にのこるやけどは
やかんの熱湯がかかってのことでした。

さくらは彦一にあいたくてここにきたんじゃないのか
というりこ。

涼太は悩みをかかえて彦一のもとへきますが
まとわりつくなと冷たくあしらわれます。

「人間は一人で生きて行くしかないんだ!」

涼太をおいていってしまおうとする彦一に

「グラタン・・

 ママが二日続けてグラタンつくってくれた。

 前のこと全然覚えてないみたいに

 ママ、病気なのかなあ」


と涼太。
でも彦一はきいてやらず。
その晶はインタビューをうけていますが
彦一の入れ墨を思い出して上の空。

出し物の練習中、
義男とともにやってきたさくらをみて
でていこうとする彦一をとめる晴菜。

彦一はさくらにからみだし、あばれました。

「おれを捨ててどんだけ楽しい人生おくってきたか

 言ってみろよ!」


思わず彦一をひっぱたくさくら。

雨の中でていく彦一。
ついていく涼太もふりはらっていってしまいます。

偶然みて彦一をみかけた晶が
一人でいる彦一のもとへやってきました。

「おくれてきた反抗期ってとこ?」

「うるせえ。

 あんたに関係ねえだろ」


「関係ないけど。

 今度はあなたが捨てるの?
 
 捨てられたおかえしに。

 断ち切ることなんかできないのに」


「おめえに何がわかるんだよ」

「捨てる気持ち。

 私は親を捨てたから。

 でも今はわかる。

 子どもに嫌われることが

 どんなに悲しいことか。

 どんなにこじれても

 親子は親子だから」


晶がいってしまったあとも考え込む彦一。
食事にも戻らず。

遅くに戻ってきて
義男の部屋をのぞこうとしますが
ちょうどさくらが倒れたところでした。

さくらを助けてくれとたのむ義男。

彦一はさくらをおぶって外へ駆け出します。
必死で病院のドアをたたいて医者をおこし
みてもらいます。
さくらは過労でした。

晴菜は、家族のことに口出ししたことをあやまって
帰って行きました。

気がついたさくら。

「あなたに・・ずっとあやまりたかった。

 28年間ずっと。

 あやまったって

 って 今すぐ許してもらおうと思わないけど」


義男と逃げて働いて迎えに行こうと思っていたけど
体をこわして病院を出たり入ったりを繰り返し
そういうさくらをずっと支えてくれたのだそう。
子どもを迎えにいったらいい父親になるといっていた義男。

「優しい人なの。

 結局 二人の間に子どもはね・・

 私には 彦一がいたから。

 あなたにあえてよかった。

 つらくてつらくて

 もう死んで逃げようかと思ったけど

 あなたの顔みて 

 あの人とまた生きようと思った。

 ありがとう。彦一。

 ありがとう」


当直の晴菜とりこ。

義男の部屋に彦一がやってきました。
さくらが大丈夫だときくと
安心したようです。

そのあと彦一にトイレの世話をたのみ
すわらせてもらうと、彦一をだきしめる義男。

「立派に育たれて何よりです。

 お母さんを奪ったこと

 申し訳ないと思っております

 これからはさくらを・・・」


そこでたちあがってでていき
トイレのカーテンをしめる彦一。

「ありがとうございます

 おふくろを・・

 おふくろを支えてくれて・・・

 これからもよろしくおねがいします」


泣きながら頼む彦一。
義男の方も涙。

廊下できいているりこ。

地域交流会はにぎやかにおこなわれました。
義男は退所。
晴菜が駅までおくってくれて
彦一に手紙を書くといっていたと伝えます。

みんなが歌を歌っているときに
晶もやってきて、一緒に歌おうとさそう涼太。

みんなの歌う姿をながめながら
母のやけどは彦一をかばってできたものだと
りこに話す彦一。

義男をささえて歩くさくら。

彦一の彫り物をみて微笑むりこ。

「おふくろさんの名前もさくらだなとおもって」

彦一は「関係ねえよ」といってしまいます。

パソコンで若年性痴ほう症のチェックをする晶。


今日の母と息子の話
あっさり解決しすぎな気がするけど
彦一の涙は泣けますねえ。
本当に遅れてきた反抗期。
母においていかれた子どもの心の傷は
いくつになっても癒えることはないから
28年たってもこんなに心乱されてしまうのでしょう。
母にも事情はあったにせよ、ぐれるには十分の理由です。
(義男が「立派にお育ちになって」と言った時には
 ヤクザだと知らないからそう言えるんだなあと
 ちらっと頭をかすめました)
でも母の言葉で28年分のわだかまりが
すーっととけてしまうのも親子ならでは。

そして晶、若年性アルツハイマーに?
前に彦一がいってたように
介護される方になってしまうのでしょうか。
なんと皮肉な、そして残酷な。

ヤクザという設定があんまり関係ない気がするけど
毎回おもしろいからいいか。



翼彦一    草なぎ剛
鷹山源助   松平健
四方木りこ  黒木メイサ
鷹山三樹矢  薮宏太
黒沢五郎   五十嵐隼士
六車雅人   夕輝壽太
二本橋賢吾  宇梶剛士
和泉零次   山本裕典
美空晴菜   仲里依紗
羽鳥晶    夏川結衣 
涼太     加藤清史郎
七海和樹   向井理




そっと きゅっと
SMAP
2009.08.06 Thursday 23:20 | comments(4) | trackbacks(12) | 
<< 家庭教師ヒットマンリボーン 標的144 「アルコバレーノの印」 | main | うみねこのなく頃に 第6話 EpisodeII-I middle game >>
けろりん (2009/08/07 10:27 AM)
こんにちは〜♪
実家からでーす。

昨日これ、楽しみにしていたのに、寝ちゃいました(泣)。

こちらであらすじ見られてよかった〜。

でも、読めば読んだで、見たかった…と改めてショック。
晶さんが気になりますねえ…。
そういう自分に耐えられるのか。

あー、今回の草なぎくんの演技、見たかったなあ…。
honey (2009/08/07 10:35 AM)
けろりんさん、こんにちはー。

実家天国満喫してますか。

自分で書いててわかりにくいなーと思ったんだけど
これでわかった?

晶の部分はほんとに最後で、ええっ?てかんじでした。
メインはやっぱり草なぎ君の涙ですよー。

大丈夫、最近連ドラ最終回前にばんばん再放送してくれるから
きっとやってくれるんじゃないかな。
zebra (2012/12/04 5:41 PM)
彦一に とって 親子の再会は 苦かったですね。
この状態なら シフトは 今回の入居者と彦一は はずしますね。


 昔の思いを抱えながら 仕事なんて できないから・・・
honey (2012/12/05 7:00 PM)
zebraさん、こんばんは。

私、オンエア時にみたっきりなので
内容ほとんど忘れてるんですが
なんとなく思いだしました。

草なぎくんがほんとうまいんですよ。









『任侠ヘルパー』第5話「憎き母との再会」
かなり体調の悪そうな羽鳥、タイヨウで剛に倒れ掛かった時に、桜吹雪を見てしまう。と、一人の介護疲れの女性が。遺書をしたため首をくくろうとするも、それも失敗。さくら…?寅さん!?(違)病院に運ばれた羽鳥。目覚めたけれど、タイヨウに行ったことも覚えてないも
| *モナミ*SMAP・映画・本 | 2009/08/06 11:30 PM |
任侠ヘルパー 第5話 親子の再会
『憎き母との再会』内容羽鳥晶(夏川結衣)が倒れてくるのを受け止めた彦一(草なぎ剛)刺青を見られた可能性をりこ(黒木メイサ)に告げるのだった。そのころ、病院で手当てを受けた晶は、息子・涼太(加藤清史郎)や、秘書の日野弥生(中別府葵)堀井皐月(安田美沙子
| レベル999のマニアな講義 | 2009/08/06 11:34 PM |
【任侠ヘルパー】第5話
ありがとうございます。おふくろを支えてくれて。タイヨウが地域交流会の練習で盛り上がるさ中、身体が不自由な小沢と言う男が期間限定でタイヨウに入居して来る。小沢は妻が入院したため、世話できる人間がいなくなり、入居してきたのだった。妻・さくらは介護疲れによ
| 見取り八段・実0段 | 2009/08/06 11:43 PM |
男はつらいよ〜オカンとヤクザと、時々、与六(任侠ヘルパー#5・ダンディ・ダディ?#4)
「ふたつのスピカ」が終わって、寂しい・・・吸血鬼があるからまだ救われるけどw『任侠ヘルパー』黒木メイサの手ブラより、セーラー服姿が見たいw夫・義男@上田耕一の介護に疲れ、自殺を図った小澤さくら@倍賞千恵子・・・ではなく倍賞美津子は、28年前に彦一を捨て
| |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο | 2009/08/06 11:50 PM |
任侠ヘルパー 第5話
彦一(草なぎ剛)は施設顧問の晶(夏川結衣)に入れ墨を見られたことをりこ(黒木メイサ)に責められる。 一方、病院で目を覚ました晶は息子の涼太(...
| 日々緩々。 | 2009/08/07 12:11 AM |
任侠ヘルパー 第5回 感想
『憎き母との再会』
| ぐ〜たらにっき | 2009/08/07 12:24 AM |
任侠ヘルパー 第5話:憎き母との再会
若年性認知症…Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン だから彦一の刺青を見た事を忘れてたり、二日続けてグラタンを作ったりしたんだ{/face_z/} そんなお母さんを心配する涼太がいたいけで・・・うっうっ{/face_naki/} でも、今回彦一は、自分の母の事でそれどころじゃなくて、
| あるがまま・・・ | 2009/08/07 12:28 AM |
任侠ヘルパー 第5話
任侠ヘルパー 第5話 「憎き母との再会」 2009年8月6日 (木) 22:00〜 フジテレビ フジテレビドラマ記事閲覧カウンター 「任侠ヘルパー」の補...
| 飯綱遣いの部屋 | 2009/08/07 8:41 AM |
草なぎ剛の「任侠ヘルパー」(5)★翼彦一泣く!!
「任侠ヘルパー」第5回  彦一の実母登場の今回は意外にも浪花節な展開に・・・・。 【 親子だから 】  「タイヨウ」に入所した小澤義男(上田耕一)の妻さくら(倍賞美津子)が、28年前に翼彦一(草?剛)のもとを去った実母だった。  素直に再開を喜ぶ
| 子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ | 2009/08/07 11:39 AM |
【任侠ヘルパー】第5話感想と視聴率
第5話の視聴率は、第4話の17.8%より大幅に下がって、13.2%でした。このドラマで最低の視聴率です。どうしちゃったんでしょう?意外でした。 前回の最後で、羽鳥晶(夏川結衣)に刺青を見られてしまいました。彦一(草なぎ剛)は動揺し、辞める覚悟をしました。
| ショコラの日記帳 | 2009/08/07 11:16 PM |
《任侠ヘルパー》★05
タイヨウの顧問、晶が倒れた時、彦一のユニフォームを引っ張って、刺青が見られた。それをりこに言ってこっぴどく叱られた。 晶は、過労とのことだったが、心配する涼太のことなど考えていなかった
| まぁ、お茶でも | 2009/08/09 8:21 PM |
「任侠ヘルパー」(第5話:「憎き母との再会」)
8月6日に放送された「任侠ヘルパー」(第5話)は、彦一(草? 剛)が実の母親のさくら(倍賞美津子)と再会する、というエピソードであった。今回のエピソードでは、老老介護の問題がクローズアップされていたのだけれど…?
| 鉄火丼のつれづれ日記 | 2009/08/11 10:44 PM |