<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

うみねこのなく頃に 第6話 EpisodeII-I middle game

第6話 EpisodeII-I middle game
第2のゲームが幕を開ける。
運命の日から遡ること数年、譲治のさりげない気配りに助けられ、
密かに想いを寄せるようになった紗音。
身分違いの恋心に苛まれる彼女の前に思わぬ客人が現われ、
「紗音の願いを叶えてやる」というが…
時を経て1986年。朱志香は嘉音を学園祭に招く。
最初は嫌々従っていた嘉音だが、屋敷とは全く異なる
朱志香の自由な姿に触れ、考えを改める。
各々が想いを抱えたまま、運命の10月4日がまたやってくるのだった…



沖縄に旅行にきたらしいジョージとシャノン。
大きな水槽をみながら仲良くデート。

水槽を海の一部を切り取ってきたみたいだというシャノン。

「たしかにこれは 

本当の海ではないかもしれません。

 でも ここに泳ぐ彼らが

 海だと信じたなら確かに海なんです。

 そこが完成された世界だと信じられるなら

 立派な一つの世界なんです」


そのあと仲良く食事。
シャノンという使用人としての名前じゃなく
本当の名前 紗代と呼びたいというジョージ。

二人でこうしていることが不思議だというシャノンに

「想う力には魔法が宿るんだ

 魔法がきっとぼくらを近づけてくれたんだ」


というジョージ。

「そうですね。

 本当に魔法だったんだと思います」


1985年12月

紗音は雨の中、祠に近づき鏡を割りました。

「今度はあなたが約束を守る番です

 ベアトリーチェ様!」


1984年10月

島に集まった親戚一同。
お茶をいれるときにスプーンを落として
叱られたシャノンをかばってくれたジョージに
シャノンはすっかり恋してしまったようです。

そしてジョージもまんざらではなさそうだけど
怖い母がにらんでいました。

わざわざシャノンの前でジョージに見合い話をし
そしてすれちがいざまにシャノンにきつい一言。

「それに相手の方は 家柄も学歴も

 とってもしっかりした人だっていうじゃない。

 だからね、

 低学歴で無能で無教養な使用人風情が

 出る幕じゃないの。

 身の程をわきまえなさい」


傷ついたシャノンはベアトリーチェの肖像画の前で
こんなつらい想いをするなら心なんていらないのに
と嘆き、想いをを訴えました。
すると、ベアトリーチェの声がきこえます。

「わらわの力で

 そなたの願望をかなえてやってもいいぞ。

 そのかわり一つ頼みがある。

 この島の近くの岩礁に鳥居と祠が設けてある。

 その祠の中にある鏡を割ってほしいのだ」


「鏡?」

「正直な話、あれには参っておる。

 鏡を割ってくれれば
 
 わらわは力を取り戻すことができるのだ」


「お断りします」

「ほお・・理由があれば聞こう」

「理由なんて・・

 ただ、今日までこの島は平和で

 何も起こりませんでした。

 なら、鏡を割らなくても

 今日までと同じ平和が

 これからも続いていくはずです。

 でも、魔女のあなたが力を取り戻したら

 何が起きるか」


「なるほど。そなたの言う通りだな。

 鏡を割らねば今日までと同じ日々が続こうぞ

 永遠にな。

 もし気が変わったら

 我が名を呼びながら鏡を割るが良い。

 わらわは必ず約束を守るだろう」


そこへはいってきたカノン。

「やめろ!シャノンをいじめるな」

「言葉を選ばぬくず!」

無礼なカノンは気に入られなかったようですが

「別れのあいさつに土産をのこしておく」

とシャノンの手に蝶をとばすと
それがブローチになりました。

「それを持っておれば

 そなたの願いは成就するであろう

 鏡を割らねば今までとおなじ」



1986年8月

ジョージと沖縄に行ってきたシャノンを
羨ましがるジェシカ。

ジェシカ、ぜんそく持ちのようです。

シャノンはベアトリーチェに
沖縄土産のお菓子を渡します。
海辺においたテーブルといすをおいてティータイム。
普通にお菓子をたべているのを
ちょっとおかしく思うシャノン。
格好もドレスだし、たしかに違和感・・。

ブローチをかえそうとするシャノンに

「かえさずともよい。

 それをもちつづければ

 二人の仲は盤石になる」


というベアトリーチェ。

「私とジョージ様が親しくなるきっかけは

 確かに魔法で与えてもらったかもしれません。

 でも それを永遠のものにする努力は

 二人だけの力で

 やるべきだと思うんです」


「気にせず持っておけ。
 
 わらわとの友情の証と思って大事にしてくれれば

 少しは気もなぐさむ」


「友情?」

「わらわに頼るものは多いが
 
 願がかなったあとまで

 感謝を気持ちを

 持ち続けてくれるものは少ないでな。

 この島でわらわの姿をみることができるのは
 
 そなたとカノンのふたりだけだ」


おやかたさまのことはとたずねると
金蔵が必死に呼び出そうとしたので
ちょっとからかっただけだそうで
そのため、何十年もこの島にぬいとめられることに
なったというベアトリーチェ。
鏡もそうですが、大昔旅の東洋魔術師が
封じ込めたそうでいまだに力が戻らないらしい。

「海も精彩をかけば灰色の水たまりにすぎぬ」

「そうでしょうか。

 曇っていても私には海は美しく

 真っ青にみえます」


「それこそが 家具から人間になったという証だ」

その後、シャノンはブローチをカノンに渡します

「何で姉さんは

 あの魔女にたぶらかされてるんだ?」


「見て あの海。何色にみえる?」

「真黒だよ」

「私には青にみえる。

 私にはわかって

 カノンくんにはわからないなら

 つまりそういうことなの」


カノンはシャノンにいわれて
ジェシカの学園祭をみにいきました。

カノンをみて大騒ぎのクラスメイトたち。

ジェシカ凶暴・・・。

ステージで歌うジェシカをみながら
人ごみはきらい・・と違和感を感じるカノン。

その後、屋敷へ戻ったふたり。
後宮家の跡取りという立場は正直しんどいというジェシカ。
だから

「後宮家のお嬢様をやらなきゃいけない自分とは別に

 自分の好きなことにせいいっぱいな

 もう一人の自分をつくった」


「もう一人の自分・・」

「人はさ 自分の中に

 自分が本当に好きになれる自分を

 いつでも作ることができるんだよ。

 カノン君も同じだと思う。

 カノンていう名前本名じゃないんだろ?」


「本当の名前は忘れました。

 家具にとってはどうでもよいことです」


「だからその言い方よせって」

「もう一人の自分 

 そんな可能性を抱けるのは

 お嬢様が人間だからです。

 僕はそうじゃない。

 未来も 可能性も 見るべき夢もない」


「なんで そんな」

「シャノンに聞きました。

 お嬢様が僕のことを気に入っておられるとか」


「え、あ、いや・・・」

「人間と家具は 恋愛などできません。

 シャノンとジョージ様も 必ず破綻します」


「そんなこと」

「家具の僕には 

 誰も愛することができないのです。

 僕を人間と思ってくれて 

 ありがとうございます。

 そのお気持ちだけで十分です。

 失礼します」


ジェシカと別れたカノンの前に現れたベアトリーチェ。

「わらわの魔法で

 もうひと組の恋人たちが

 生まれるかと思っていたのだが

 残念だな」


「今 わかった」

カノンはブローチを踏みつぶして壊します。

「お前は恋のキューピッドじゃない!

 結ばれる当てのない者達たちに

 無駄な希望を持たせて

 もてあそんでおるだけだ!

 消え失せろ、魔女め!」


「我が魔力もいずれ満ち

 わらわは必ず蘇る。

 そしてこの島の真のあるじとして 

 全てを支配する。

 そしてその時こそ

 再び黄金郷の扉が開かれるのだ!

 あっははははは!」


ベアトリーチェの肖像画の前で訴える金蔵。

「ベアトリーチェ!!

 これほどまでに恋焦がれているのに

 なぜ!?なぜ答えを出せぬ!?」


「恋に狂う 黄金に狂う

 そのどちらにも狂わぬものなど 

 人間にあらず

 まきたる恋の種は3つ

 どのように実るか 楽しみでならぬ

 熟しすぎて腐り落ちる果実の液に

 黄金の蝶たちは舞い降りる

 今より収穫の日がまちどおしい

 宴の時はまだか

 うっふふふ あっはははは」






前回よりずっとわかりやすかったです。
ベアトリーチェがお菓子を食べているシーンとか
ジェシカに語った言葉から、もしかして
ちょっとは人間みたいな感情のある魔女なのかと
ちらっと思いましたが、やっぱり目的のために
優しくしているだけなのかそのあたりは
どうなんだろう。

カノンは甘言に乗るにはひねすぎてました。
1980年代に家具とか時代錯誤なのは
そういう設定だから言うだけ野暮か。



右代宮戦人 : 小野大輔
右代宮朱志香 : 井上麻里奈
右代宮真里亞 : 堀江由衣
右代宮譲治 : 鈴村健一
紗音 : 釘宮理恵
嘉音 : 小林ゆう

右代宮金蔵 : 麦人
右代宮蔵臼 : 小杉十郎太
右代宮夏妃 : 篠原恵美
右代宮絵羽 : 伊藤美紀
右代宮秀吉 : 広瀬正志
右代宮留弗夫 : 小山力也
右代宮霧江 : 田中敦子
右代宮楼座 : 小清水亜美
源次 : 船木真人
郷田 : 上別府仁資
熊沢 : 羽鳥靖子
南條先生 : 石住昭彦

ベアトリーチェ : 大原さやか


ナビゲーションドラマCD「うみねこのなく頃に」 Vol.1:黄金のカケラたち
ナビゲーションドラマCD「うみねこのなく頃に」 Vol.1:黄金のカケラたち
ドラマ,小野大輔,井上麻里奈,堀江由衣,鈴村健一,小杉十郎太,伊藤美紀,小山力也,小清水亜美

片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ
片翼の鳥 TVアニメーション「うみねこのなく頃に」OPテーマ
志方あきこ

TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション <Blu-ray 初回限定版> Note.01 (仮)
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション Note.01 (仮)
今千秋,小野大輔,井上麻里奈,釘宮理恵,鈴村健一,堀江由衣
2009.08.07 Friday 10:28 | comments(2) | trackbacks(6) | 
<< 任侠ヘルパー 第5話 | main | ダ・ヴィンチ 2009年 09月号 >>
野次馬アニメ (2009/08/12 7:38 AM)
原作読んだ印象からうみねこはあまり期待してなかったのですが
なんかいきなり盛り上がってきました・・・
どっきゅん☆ハートはたまげましたけどw
honey (2009/08/12 8:11 AM)
野次馬アニメさん、こんにちは。

5話目はちょっとびっくりしましたが
どうなるか興味があるのでみつづけています。









(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第6話 「Episode2-1 middle game」
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション &lt;Blu-ray 初回限定版&gt; Note.01クチコミを見る 第2のゲームが幕を開ける。運命の日から遡ること数年、譲治のさりげない気配りに助けられ、密かに想いを寄せるようになった紗音。身分
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/08/08 7:13 PM |
うみねこのなく頃に 第6話「Episode II - I middle game」
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション Note.01(2009/10/23)小野大輔井上麻里奈商品詳細を見る 時間は過去の平行世界...
| 破滅の闇日記 | 2009/08/08 10:51 PM |
[アニメ感想] うみねこのなく頃に 第6話 「EpisodeII-I middle game」
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション Note.01(2009/10/23)小野大輔井上麻里奈商品詳細を見る 第2のゲームが幕を開...
| 混沌-chaos-という名のクロニクル | 2009/08/09 1:06 AM |
うみねこのなく頃に 第6話 「EpisodeII-I middle game」感想
 今回からはまた仕切りなおしでEP2序盤から。話は紗音・嘉音の恋愛話中心に描かれていきます。あの儀式が始まる前に2人には何があったのかも気になっていました。  また前回登場してきたベアトリーチェも話に絡んできて、話はますます分からなくなってきました…
| コツコツ一直線 | 2009/08/09 3:21 AM |
「うみねこのなく頃に」 第6話『episode ?‐? middle game』
 第6話「episode ?‐? middle game」  「そうですね・・・
| おきらく委員会 埼玉支部 | 2009/08/09 8:55 AM |
うみねこのなく頃に episode II-I middle game
うみねこのなく頃に episode II-I middle game 肖像画チェ...
| Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録 | 2009/08/09 9:37 AM |