<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

CANAAN 第9話「過去花」

第9話「過去花」
ユンユン、マリアたちと気づかず声をかけたのか・・。

ごまかして逃げようとしますが
あっちは自転車こっちは車。
無理でした。
結局いっしょに乗って行くことに。

アルファルドがみているのは
シャムからの手紙?

ファクトリーにリャン・チーがきたので
どうするか指示をあおぐカミングスに

「切り捨てろといったはずだ」

というアルファルド。

「ではこのまま・・」

「勘違いするな。

 切って捨てろ

 リャンを殺せと言ったんだ、カミングス」


驚くカミングスに、自分がいくというアルファルド。

「1+1=2 5+6=11

 私+姉さまは・・」


リャン・チーも壊れたままのようです。
カナンをつれてこいと叫んでいました。

ユンユンはハッコーの膝の上に
子どもみたいに坐らされてました。
ハッコーにほっぺをひっぱられながら話すユンユン。

もうあんなところにいたくないし
利用されるだけならいっそ自分でと
思ったけど、どうせなら生まれた村でと
おもったらしい。
今持ってる薬が切れたら死んでしまうし
他の誰かにもらおうにも、ボナーそれぞれで
ちがうのだそう。
しょうがないというユンユンをグーパンチするマリア。

「ファクトリーにいけば あるいは?」とサンタナ。

「なんか・・いやだな」とカナン。

「お前が死ねば マリアが悲しむ。

 それに、私も悲しい・・ような気がする。

 命をあきらめてるようなかんじ。

 なんか、やだよ」


マリアになぐられた顔のユンユンは

「私だって あきらめたくないっす」

となきわめきはじめましたが
そこへ銃撃。
マントとかぶりものをかぶったものが
銃を撃ちこみ、カナンがでていきますが
共感覚がないカナンは苦戦。

「殺さないで〜〜〜」

ハッコーが叫び、みんな苦しそう。
かぶり物をとった敵に

「そいつをとるな!」 と叫ぶサンタナ。

しかしかぶりものをとってしまうと
出血し死亡。

泣きだしてはしっていってしまうハッコー。

死体をみつめるユンユン。
同じ村に住んでいた絨毯職人のおじさん。

「こいつはアンブルーム」 とハッコー。

「けっして花をさかせることのない種

 できそこないさ」


マリアに写真をとれという御法川。
いやですといったものの
御法川の目をみて素直に写真をとるマリア。

ヘリにのっているカミングスとアルファルド。
汗をかいているカミングスにそのへんの
布をほうってやりました。

ハッコーは車の中で落ち込み中。
御法川さんが窓ガラスにべたっと顔をつけて
笑わせようとします。

「女の機嫌は胃袋でなおる。

 それでもダメなら変顔で

 ってのが、編集長の教えで・・」


慰めにきてくれたらしい。
ハッコーにはそれがちゃんと伝わったようです。

消えた村へ到着したみんな。
ハッコーは生家へ。
サンタナと御法川もあとにつづきます。

「ハッコーさんはおまえを許していない」

「ああ。ハッコーは俺を・・」

サンタナは以前CIAにいたと昔話をかたりはじめます。

この村に未知のウイルス性疾患の伝染病が拡大する恐れがあり
これを未然に防ぐために、CDCを装い
消毒剤の散布をおこなった、それがUAウイルス。
抗ウイルス剤の効果実験のためで
感染した村人たちを一か所に集め
まもなく抗ウイルス剤を投与。

サンタナはそれが合衆国の国益につながるのだと
信じて疑わなかったそうですが、

「やがて知る。

 それが UAウィルスの副作用を利用した

 クリーチャー製造のための実験。

 フラワーガーデン計画だったことを」


アメリカというかラングレーが蛇と手を組んでいたらしい。

「子供たちの泣き叫ぶ声が

 今でも耳の奥で響いている」

「俺はCIAを離脱し

 あの場所で何が起きているか知りたかった」


そこでであったのは夏目。

「私たちNGOの仕事は

 CIAのおかした罪の痕跡を掴むこと。

 表向きはね。

 結局はそれをえさにやつらをゆする。

 それだけのこと」


サンタナと夏目は利害が一致し
この村でおこったことと
死体の行先を調べることに。

ユンユンも自分の家にもどり
家族の思い出をきかせます。
生き残ったユンユンはつれていかれました。

「その施設を作ったのも蛇。

 アルファルドだ」


「あの人、

そういうことをするような人じゃない気がして」


といってあわててあやまるマリア。

ユンユンはアルファルドにあったことはなく
いつもリャン・チーという極悪サディスト
いじめられてましたから、と正直。
それでもボナーはまだまし。

「ボナーは お前も知っている通り

 ユンユンやハッコー

 UAウィルスの副作用で

 特別な体をもったもののことをいう」


「さっきのものはたしかアンブルームと・・」

「ああ。彼らはボナーにすらなれなかった。

 失敗理由をさぐるために

 いまだに飼い殺しにされている」


「子どもじみた悪夢だ」

「そうだ。

俺たちはどこまでも
 
 残酷で 極端な悪夢の中を生きている

 頼む。
 
 俺は過去に決着をつけなければならない。

 もし、に何かあったときには・・」


「待て、お前何を・・」

「この悪夢から彼女を・・ん?」

そこへヘリがあらわれました。
乗っているのは危ないリャン・チー。

上から爆撃。

カナンは自分ひとり別の方向へいき
リャンをひきつけ、心配するマリアをおさえる御法川。

さらにアルファルドのヘリもやってきて
リャン・チーを攻撃。

「お姉さまが 私を殺そうとしている。

 カナンではなく私を」


危ないです、本当に・・。

かえの弾をよこせといわれても
カミングスは躊躇。
カミングスのくせにアルファルドを殺そうとしますが
その銃はエアガンでした・・。

「エアガンとすりかえておいた。

 きづかなかったのか。

 最後に一言だけ許してやる」


アルファルドがカミングスに銃をむけます。

「あ・・あ・・」

「あ?」

「愛ーーー!」

でもアルファルドの銃もエアガン。

「何度ひっかかるつもりだ。

 気がかわった。

 おまえにしてもリャンにしても
 
 自らの命を彼岸においやってまで

 求めこがれる その正体に興味がわいた。

 見せてみろ私に 

 だってだって 愛、なんだろ?」


リャンも姉さまの愛を叫びながらどっかへいってしまいました。

気がついたカナンをうえから見下ろす人物。

「これは・・いつかと同じ」

過去の回想ではシャム。
しかし今はアルファルド。

「なぜここにいる?

 何を驚く?
 
 おまえなら私がくることなど・・

 もしかして 私の色がみえないのか?」


カナンに近づき顔をのぞきこむアルファルド。

「覚えているだろう?あの日を」

「あの・・日?」

「そう。あの砂漠の列車でな」

「おまえの 偽の依頼にだまされて

 私たちは列車に乗った」


「そう。

 シャムにとっての最後の旅だ」


「おまえがシャムを殺した」

「そうだ。

 そしてあの日お前は言った。

 これは家族の証だと

 これがある限り、シャムの教えを忘れないと」


「シャムは私の光だった!」

「だった・・過去形だな」

「私には 新しい光がある。希望の」

カナンを蹴りつけるアルファルド。

「ならば死ぬな。

 お前はこうして 私に蹴り上げられてばかりだ。

 本当の力をいつ見せる?

 見せる前に死ぬな」


「変な・・色」

「色がわかるのか?」

「変な 色してる・・」

「何色だ?いってみろ」

「言ってみろ」


「薄い・・茶色。シャムと 同じ・・」

カナンをさがすマリアの声がします。

「お前がシャムの希望だなどと 

とんだ勘違いだ。

 カナンの名を持つ存在は二人はいらない」


カナンをさがすマリアたちのまえに
アルファルドが姿をみせました。

「心配はない。気を失っているだけだ。

 おそろいだな。

 なかなか興味深い顔もいる」


とびだそうとするハッコーをとめるサンタナ。
アルファルドに銃をむけます。

「やめておいたほうがいい。

 私はファクトリーヘ向かう。

 あの場所に花が咲かぬよう

 すべてを破壊する。

 おまえたちもそのつもりなら

 私をここで逃がしておいた方が得策だろう。

 目覚めたら伝えておけ。

 お前の本当の名は 絶望だと」


カナンにかけよるマリアたち。

「次の舞台は きまったな」

とサンタナ。
アルファルドはヘリで飛び立ちました。

「呪われし花園だ」



たくさん説明してくれたので
だいぶ状況が明らかになりました。
夏目のNGOはろくでもないな・・。
ハッコーの薬はどうしてるんだろう。
蛇のもとにいるようにはみえないのに。

リャン・チーは危なすぎですが
命をかけてアルファルドにまで逆らうくらいの
カミングスはご立派でした。


カナン:沢城みゆき
アルファルド:坂本真綾
大沢マリア:南條愛乃
御法川実:浜田賢二
リャン・チー田中理恵
ユンユン:戸松遥
ハッコー:能登麻美子
サンタナ:平田広明
夏目:皆川純子
カミングス:大川透
シャム:大塚明夫



CANAAN【1】 [Blu-ray]
CANAAN【1】 [Blu-ray]
ポニーキャニオン


mind as Judgment
mind as Judgment
飛蘭

My heaven
Annabel
2009.09.02 Wednesday 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜 第9話「さようなら愛しい人 吸血鬼の涙」 | main | 美少女戦士セーラームーン 第2話「おしおきよ!占いハウスは妖魔の館」 >>