<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ふたつのスピカ 第7話

第7話 「宇宙学校入学式」

朝起きてでかける準備をするアスミ。
めざまし時計がなる前に(しかも6時。はやっ!)
しっかり着換えて髪も整えて準備は完璧。
(どっかの誰かに見習ってほしいものです。)
ちょっと気合をいれてお父さんの部屋をのぞきますが
そこにはお父さんの姿はなく、早番でいないことに気づきます。
お父さん、別れをいうのがつらいのでしょうが
見送ってあげたらいいのに、、、、
(ブラッドベリの「ウは宇宙船のウ」を思い出した。)
自分で持てないくらい重いカバンは無理があるんでは、、

駅のホームにはライオンさんがいました。
「太陽光発電衛星打ち上げ計画」の記事を読んで聞かせるライオンさんは
心細そそうなアスミを励ましに来てくれたようです。
「わたしずっとひとりぼっちだって思ってた。
 友達もいなかった、ひとりでよく裏山にいって星を見てた。
 でもライオンさんがいてくれたから寂しくなかった。
 こんどこそ一人ぼっち」というアスミ。
走る電車をおいかけながら「泣くな、絶対泣くなよ、がんばれ〜!」と
エールをおくるライオンさん。
(鈴成先生がいなかったら東京についていってくれたのかな?
 いや、でもそれじゃアスミがいつまでも自立できないし。)
そのころ工事現場からは電車をみるお父さんが・・。

東京は路線が入り組んでいて分かりにくく、新宿で下りようと思ったら
ドアにスカートをはさまれて下りられず、、、、(T_T)
遠回りをして、ようやくかもめ女子寮についたときは夕方?
うわ〜、玄関前にものすごい階段。
これをあのカバンもってあがるなんて。。
かもめ女子寮には先輩の女の子がいて部屋まで案内してくれました。
築40年の貧乏寮には2年ぶりの入居者だそうな。。。
案内してくれた先輩は医学コース3年のサカシタリンゴ。
だからリンゴマークの服着てるのか、わかりやすい。

部屋にはいったらお父さんから「ついたらあけろ」と
もたされた包みをあけるアスミ。
中には不恰好な、でも愛情たっぷりのおにぎり。。。
父の愛を感じますね。(しょっぱかったみたいですが^^;)
(おにぎりってけっこういろんなところに使える小道具ですよね。
 つい最近も「ごくせん」で見たぞ。
 その前には「千と千尋」のおにぎりも感動的。)

そして入学式。元気にかけよってきたのは圭ちゃん。
携帯もっていないというアスミに「アスミも親に買ってもらいなよ」と
いいますが、困惑した顔のアスミ。
宇宙学校学費高いんですか?
(国立なのに。国立でも医学部は高いから宇宙飛行士コースもそうか?)

体育館には男子に囲まれてモテモテのマリカ。
「パーティーこない?運転手で家までおくらせるから」、
とおぼっちゃま多し。しかし
「鬱陶しいのよ。その汚い手で触れたら殺すわよ」と容赦ないお嬢様。
ぶつぶついいながら引き下がる男子たちですが
この先クールビューティとしてもてるのでしょうか。

新入生代表の挨拶は秋でした。
「おれはろくでもない仲間をつくる気も、いい成績をとって先生を
喜ばせる気もない。おれの望みはただ一つ」といって
空を指差します。バックは満天の星に。。
アスミにはしっかり通じます。
いや〜、かっこいいですね〜〜〜〜。

教室での説明、講師がつぶやく「あいつさえいなければ」の
言葉の意味は。。?あいつってアスミ?

帰り道、マリカが圭に指摘した虫歯の件は、試験のときの伏線を
説明していますね。
家族と食事にいくという圭、
「あなたもご家族がまってるんでしょ」というマリカにいわれ
「私は帰っても一人だから」と寂しそうにいうアスミ。
しかしなんとその先にはお父さんが!!
食事にいこうとして「あいつがうまいといった店」の「あいつ」って?
結局ラーメン屋さんでの夕食になりましたが
母の形見のペンをアスミにわたしながら
「決して後ろをふりむくことだけはするな」と励ましの言葉をおくります。
お父さん、最初からきてあげてもよかったような気もしますが。。

暗くなってから寮に戻るとそこには圭とマリカ。
なんで?
アスミの帰りが遅いので心配した府中野くんがさがしまわってたらしい。
圭も、このクールなマリカさえもが・・。
それをきいてアスミの目には涙が。。
「ライオンさん、これは泣いてるんじゃなくて、嬉しいの。
 私、ひとりぼっちじゃないんだね」
よかった、よかった。
友達もできて、新生活はまずまずのスタートのようです。
2005.03.17 Thursday 10:02 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< I love マンガ  天然コケッコー | main | 今日からマ王! 第二話 >>
くあい (2005/03/18 12:28 AM)
いくつかのエピソードを積み上げてアスミの不安な気分をうまく表しておいて、それが父親や圭ちゃん・宇喜多さんとの交流で何とかクリアされていく過程が何ともほっとする話でした。でもやっぱりあの怪しい先生が気になります。

honey (2005/03/18 8:31 AM)
ひとりぼっちを強調してあのラストですもんね。
あの先生、なんなんでしょうね。









ふたつのスピカ 第7話 宇宙学校入学式
アスミの『わたしのゆめ』は、やっぱりデフォルトで冒頭に入るようになってるのですね。 &nbsp; そうか、やっぱり3人がセットで合格したり不合格になると言う訳ではないんだ。たまたまアスミたち3人は共に合格していたが。坊主くんはどうやらいなかったようだし。 &
| かいものろぐII | 2005/03/17 11:43 PM |
ふたつのスピカ 第7話 「宇宙学校入学式」
ようやく晴れて宇宙学校の入学式。 そこでアスミたちを待っていたのは再び過酷なテストであった。 感覚遮断実験室でアスミはまた過去の記憶にさいなまれる…… ということは全くなく{/face_ase2/} 「今日からひとりぼっちだなあ」と寂しいアスミ。 「泣くんじゃないぞ
| テラニム日記 | 2005/03/18 1:05 AM |
マイクロ波発電所
空飛ぶ鳥が焼き鳥になって落ちる日!? | Excite エキサイト : ニュース シムシティ2000でまさにそういうネタがあったのを思い出しました(苦笑) 参考 Google 検索:...
| Kyan's BLOG | 2005/03/31 10:51 AM |