<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終章(第10話)「別れ」

最終章(第10話)「別れ」
 上矢直輝(山下智久)は、白河莉子(北川景子)のために
生花店で一輪のヒマワリを買い求め、彼女のアパートへ
と急いでいた。

 そのころ莉子は、出張先のボストンから1日早く帰国し、
約束どおり、真っ先にアパートまで訪ねてきた川崎智哉
(伊藤英明)に会っていた。直輝とケンカし、
バイオリニストになるという夢も諦めようとしていた莉子は、
幸せだと答えながらも、涙をこらえることができない。
川崎は、そんな莉子を優しく抱きしめた。

 直輝が莉子のアパートに到着すると、彼女の部屋から
ちょうど川崎が出てくる。アパートの隣にある公園で
直輝と対峙した川崎は、莉子が泣いていたことを話し、
お前に彼女を守れるとは思えない、と言い放った。
そんななか、事件が起きた。アークスの面々は、
復帰した川崎の指導の下、練習を開始していた。
ところがその最中、直輝は、足首に激痛が走り、
倒れてしまう。病院に運び込まれた直輝は、
医師から手術を受けるよう勧められる。
しかし直輝は、手術を受けたら開幕戦に間に合わない、
といって拒絶する。そのとき、直輝の意志を無視して、
一刻も早く手術の日程を決めてほしい、
と医師に申し出たのは、病院まで付添ってきた
七海菜月(相武紗季)だった。菜月は、試合中に
同じことが起きたらチームに迷惑がかかる、と
直輝を説得し、手術に同意させる。

 一方、莉子は、須賀川淳(岡本光太郎)という男から
電話をもらい、ある音楽財団の事務室に呼び出される。
するとそこに現れたのは、八尾隆介(升毅)だった。
八尾は、会員制のバーでバイオリンを弾いていた莉子に対し、
厳しい言葉を浴びせた男だ。この音楽財団で理事長を
務めている八尾は、ある演奏会でバイオリニストに
欠員が出たことを伝え、明日からの1週間をくれないか、
と莉子に申し出る。莉子の努力次第で、1週間後の
演奏会に起用してもいいというのだ。
大喜びでその話を受けた莉子は、
さっそく直輝に報告するが…。



花を買って莉子の元へいく直輝。
莉子は川さんの前で涙をみせ
抱きしめられていました。

直輝がついたとき川さんが部屋からでてきました。
そのまま行こうとする川さんをおいかけ
あやまる直輝。

「すいません、すいません。

 俺、白河さんのこと好きになってしまって。

 でも 彼女が悪いわけじゃないんです。

 友だちだったのに
 
 俺が 気持ちとめられなくて それで・・」


「直輝

 俺が莉子ちゃんと今

 部屋で何してたかわかるか。

 お前のせいで泣いてる彼女を
 
 俺がやさしくだきしめた。

 お前に彼女が守れるとは 思えない」


「いえ。

 俺、白河さん守りたいんです。

 確かに俺強くないです。

 いつもどこか自信なくて

 劣等感ばっかで。

 でも 彼女はそんな俺を認めてくれたんです。

 俺のバスケを。俺の生き方を。

 彼女がいると 俺 強くなれるんです。

 大事な人なんです。

 だからちゃんと守って 大事にして

 莉子と一緒に夢おいつづけたいんです。

 ほんとすいません。

 でも・・俺 絶対 彼女離しません」


「は〜あ。やなカップルだね おまえらは。

 さっき 莉子ちゃんにも

 まったく同じこと言われたよ」


回想

「あたしやっぱり 

 上矢くんのこと好きなんです。
 
 上矢くんが悪いんじゃないんです。

 友だちでいようって言われてたのに

 あたしが 気持ちをとめられなくて。

 上矢くんといると元気になれるんです。

 大事な人なんです。

 だから 上矢くんの夢を 応援したい。

 なのに不安になって 勝手に傷ついて
 
 あたし 責めちゃった・・。

 もっと直輝のこと 信じなきゃ」


「ふっ。

 もしかして さっきからのろけてる?」


「いえ。あの・・
 
 だから 本当にすいません。

 これは うけとれません」


と指輪をかえす莉子。

回想おわり。

「傷つくねえ 若者の無防備な言葉は。

 まっいいや。青いもの同士

 勝手に仲良くやってくれ。

 俺はもう知らない。

 そのかわり ちゃんとみせてくれよ。

 おまえがどれだけ強くなったのかを。

 莉子ちゃんが 彼女の愛が

 どれだけおまえをかえたのか

 俺にバスケでみせてみろ」


「はい。ありがとうございます」

と頭を下げて見送る直輝。
窓から莉子がのぞいていました。

いろいろ悪かったとあやまる直輝。
足のことも心配する莉子に

「っていうか 心配掛けたくなくてさ

 男っていうのは 好きな子に

 カッコ悪いとことか

しられたくないもんなんだよ」


という直輝。
そういう莉子もバイトのこともいわないから
俺だってさびしかったという直輝。
心配掛けたくないのはいっしょでした。

花を渡す直輝。

「俺が好きなのは莉子だけだよ

 だからちゃんと信じて 俺のこと」


ふたりラブラブモードに。


川さんはチームに戻り歓迎されました。
練習再開。
直輝もはりきってます。

田舎に帰るかどうか迷ってるという莉子。
まさかとは思うけど、麻衣と秀治に遠慮とかないよね?
とたしかめる麻衣。
麻衣も莉子も仲良しです。

そのときまた知らない番号から電話。

直輝の練習をみつめる菜月。
莉子にいわれた言葉と直輝の言葉を思い出しました。

そのとき、突然、直輝が倒れた!

医者から手術をすすめられますが
今頑張るしかないと断る直輝。
そこへ菜月がすすみでて手術の日程をきめるよう
いいました。

「試合中に同じことがおきたら

 どれだけチームに迷惑がかかると思う?」


直輝にとって今が大事なときだからこそ
戦うべきじゃないという菜月。

「わたしがそばにいたら

 もっと早く判断してたのに」


須賀川とあう莉子。
そこで会わされたのはバーで怒った八尾。

演奏会の後援をしている団体らしい。
莉子の演奏はきくたびにむらがありすぎると
質問攻めにあいました。
明日からの一週間を私にくれないか?
一週間後の演奏会にでてもらってもいいと
思ってるといい

「ぬいだりとかってしなくていいんですよね」

と前のことがあるのでたしかめる莉子がおかしいですが

「残念だが 私は君のヌードには全く興味がない」

ときっぱり言われました。

「原石だ。 

 徹底的に鍛え直せば あれはのびるぞ」


と評価は高いみたい。

莉子は直輝に電話して報告。
直輝のおかげだよ
直輝がきっと誰かはきいてくれてるっていったから

でも直輝は自分のことは話せない。

夜、片足をひきずりながらシュート練習をする直輝。

「ちくしょう」

とボールをたたきつけます。

莉子は指導者のもとへ。
ヴァイオリンを弾き始めますが
厳しくダメだし。

「全体的に雑なのよ。音も汚い」

直輝は見学のみ。
母には心配しないようにいうと
試合の応援にいくという直樹。
ママがみにきたときばっかり
はりきりすぎて負けてたらしい。

夜、ふたりであう莉子と直輝。
バスケの雑誌にうつる直輝をみせる莉子に
直輝はやっぱりいいだせない・・。

演奏会のほうは毎日すごくダメだしされて
やっぱり駄目かな、と弱気な莉子。
ほんとは田舎に帰ろうかと思ってたけど
今はもうちょっとがんばってみようかと思うと話します。

「そうだよな。

 チャンスがある限りはがんばんないと」


「それに 直輝の近くにいたいし」

からだをぶつける莉子を
後ろからだきしめる直輝。
自分からキスをせまって
直輝もちゃんとキスしてくれました。

そのあとの演奏では怖い先生も誉めてくれました。
でもまだ注文つき。

体育館にいた直輝のところにやってきた代々木。
挨拶しても無視。
殴ったことをあやまっても無視。

「今から手術?」

「ああ。あのさ・・」

とチームメイトの癖や特徴を伝えます。

「お前がやるしかないんだよ。

 アークスが勝つには 

 お前が必要なんだよ。

 だからもっと周り信用しろよ」


「お前に言われる筋合いねえ・・」
 
「勝つためにここにきたんだろ」

そういって行こうとする直輝に

「ネズミなんかたいしたことねえだろ。

 だから おまえこそぶつぶついってねえで

 さっさとなおしてもどってこい」


という代々木。

「俺が戻ってくるまでしっかりやっとけよ」

チームメイトも笑顔ではげましてくれました。

「いってきます」 と笑顔の直輝。

「ったく お人よしが」 とつぶやく代々木。

手術室に入る直輝をみまもる菜月。

莉子は八尾ほかのまえで演奏。

俺らさ がんばって夢おってこうよ
最後の最後まであきらめないで

という直輝の言葉を思い出しながら弾きました。

音に迫力がない、といわれてしまいますが

「が、今回はその可能性を信じよう」

演奏会出場の許可をもらい
みんなに拍手してもらい
嬉しそうな莉子。

直輝に電話したら留守電なので
メールを送って報告。

さっそく麻衣にも報告する莉子。

そのあと麻衣から、
直輝が今日手術してるとききびっくり。

病院へ走って行きました。

病室へいってみると部屋にいたのは菜月と直輝。
思わずかくれる莉子。

「あのさ ありがとう。

 俺 菜月のおかげで 

 手術の決心ついた」


菜月に布団をかけてもらうところもみて複雑・・。
そこへ母と妹がきて中へ入り
菜月は莉子の姿を発見。

菜月、直輝の母にあやまりました。

「あの・・わたし・・
 
 ほんとに ほんとに申し訳ありませんでした。

 わたしが直輝さんと別れたから・・

 わたしが直輝さんをちゃんとみてなかったから

 こんなことに・・」


「そんな。

 怪我のことは菜月ちゃんに関係ないわよ」


「いいえ。わたしやっぱり直輝さんと
 
 別れるべきじゃなかった。

 わたし・・・まだ直輝さんが好きなんです。

 忘れられないんです。

 後悔してます。

 失って ようやく気付いたんです。

 わたしには 直輝しかいなかったって。

 片想いでもいいんです。

 こうやって 同じチームの仲間として

 そばにいられるだけで」


「ねっ。もう泣かないの 菜月ちゃん」

「わたし これからも 

 直輝さんをみまもりたい続けたい。

 いつかまた 直輝さんがわたし

 必要だっておもってくれるように」


「そう。わたしも

 かげながら応援してるから ねっ」


「おかあさん ありがとうございます」

莉子がいってしまうのを見る菜月の目をみて

思わず「うっ!!」と声がでました。(私が)

莉子のメールをみて喜ぶ直輝は
さっそく電話しますが莉子はでない。

直輝はメールでおめでとうとおくり
ようやく足の手術の報告。
たいへんなときに心配かけるのがいやだったから
事後報告になってごめんとあやまり
演奏会を楽しみにしてるからがんばってという
励まし。

それをみて微笑む莉子。
あたりさわりのない返信をする莉子。

「明日は精いっぱい頑張ります。
 
 大好きだよ 

    莉子」


演奏会。
麻衣がいくと莉子の両親もききにきていました。

調音のときに客席をたしかめる莉子。
ドアがあいたところでCMという引っ張り方。

入ってきたのは花束をもち、杖を手にした直輝。

やった!よかった。

敬礼する直輝をみて笑顔になる莉子。

演奏会は順調にすすみます。

あの厳しい先生が舞台のそでで

ガッツポーズしてる姿がよかった!


演奏がおわり割れるような拍手。

直輝は莉子に花束を渡します。
ふたり並んですわります。

莉子に「きれいだよ」と素直にいえる直輝。

軽井沢のオーケストラにさそわれたけど
それにいくと一日10時間以上練習しなくちゃいけないうえ
来週から一年以上帰れないらしいから
行かないという莉子。

「わたし直輝のそばにいたいの。

 誰よりも近くにいたい。

 離れたくないの」


今日はしあわせだったという莉子。

「わたし それだけで本当にしあわせ。

 これからも直輝のそばで バイトしながら

 オーディションうけて

 ヴァイオリンもっとがんばる」


そのあとよばれて行ってしまう莉子をみて
考え込む直輝。

直輝、バスケゴールをみつめ思案中。

メイク落としをする莉子に
軽井沢にいかなくていいのと聞く麻衣。

「直輝とはなれて

 直輝の心をつなぎとめておく自身ないの」


菜月のことが心配な莉子。

「だって怖いんだもん離れるの

 だからこれでいいの」


直輝がシュートしているところへ
ノーメイクの莉子がやってきました。

「その顔が一番好き」

そういえば直輝とはじめてあったときも
ノーメイクだったと懐かしいという莉子。

「あの時は 何もかもうまくいってなくて」

「うん。

 俺も うまくいってなかった。
 
 大丈夫 俺は強い 俺は強いって

 思いこもうとして

 でも本当の自分は弱くて

 試合も勝てなくて

 契約も思うようにいかなくて

 夢って言葉におしつぶされそうで

 そんな夜に はじめてここで莉子にあった。

 素人のくせに『俺のファンになる』って

 俺のバスケほめてくれる莉子にあえた。

 『俺は強い』って

 怒鳴ってくれる莉子にあえた。

 今の俺の夢を支えてくれてんのは

 莉子なんだよ。

 だから・・

 莉子にも行ってほしい 軽井沢。

 莉子にも 夢を追い続けてほしい」


「やだよ。だってわたしは直輝と」

莉子をだきしめる直輝。

「大丈夫だよ

 離れてても

 ずっと莉子のこと応援してる。

 俺も 莉子の一番のファンなんだよ。

 頑張れよ。

 頑張ろうぜ。

 俺たちさ もう 夢見てるだけじゃ

 いられない年になってきたけど

 ちゃんと現実と

 むきあわなきゃいけない年になってきたけど

 俺たち・・

 最後まであきらめないでがんばろう。

 行ってこい 軽井沢」


莉子の頭をポンポンとしてやる直輝。

涙をぬぐう莉子。

「うん わかった」

でも涙とまらない。

「あげる」

「シールがたまったの。

 フフ。こんな話になるんだったら

 もっとかっこいいプレゼント

 用意しとけばよかった」


「うれしいよ」

「そうだよね。

 最後の最後まであきらめないって

 直輝と 約束したもんね」


「離れてても・・

 莉子がいると思うと 強くなれる」


「わたしもなれる。

 わたしも 強くなる。

 もうあわない

 会ったら別れがつらくなるから

 さよなら」


「さよなら」

敬礼する莉子。
笑顔をつくりますがやっぱり泣き出した。

直輝は帰る莉子の後姿をみているだけで
追いかけない。



予告でさんざんひっぱっていた

「さよなら」ってこれかよーーーーー!


と叫びたい。

「距離が離れるの別れ」であって
「おつきあいをやめるの別れる」じゃ
ないんですね。
ああよかった、最終回を前にして
いまさらそれはないよね。

ほんとに別れさせたら無理やりすぎるよ。
川さんにきっぱり気持ちを伝える直輝も莉子も
ふたりともすごくよかった。
菜月の妨害にもめげず
直輝を信じつづける莉子はよかった。
直輝が手術のこと言わないのが
ひっかかってたけど信じた莉子の勝ち。
すれ違うふたりがみたいわけじゃないんだから
ラブラブな二人をみているのがやっぱりいいです。
そりゃあ直輝だったらいうよね、行けって。
莉子の夢のためだもん。
莉子がそばにいなくても、直輝が菜月に
戻るなんてありえない。
離れてても毎日メールしてたら
離れてる気しないし直輝がオフのときは
コンサート行ったらいいよ。
そして東京のオーケストラに再就職!
原石なんだから磨いてもらって
あの美貌も武器にソロデビューしちゃうとか。

菜月の本人がだめなら周りを取り込め作戦は
あれもありかもしれないけど
あの莉子をちらっと見るめつきで
すべて計算かとおもうとほんとにいや!!

何が「おかあさん」だー!!と思いました。

代々木までなんかいい人になったけど
菜月はこのままぜひ悪女のままつっぱしってください。


ところで去年ものすごく不評だったと思うのですが

最終章ってやるのはいいかげんやめればいいのに。

検索ワードに「ブザービート最終回なの?」
というのがありましたが
最終回じゃなくて最終章。
最終章終わる終わる詐欺なんかしなくても
ブザービートみんなみますって。



上矢直輝 … 山下智久
白河莉子 … 北川景子
七海菜月 … 相武紗季
海老名麻衣 … 貫地谷しほり
秦野秀治 … 溝端淳平
代々木 廉 … 金子ノブアキ
守口修斗 … 青木崇高
春日部良夫 … 金田 哲(はんにゃ)
松山亮介 … 川島章良(はんにゃ)
上矢優里 … 大政 絢
佐伯佳織 … 綾那
小瀬陽一 … 加藤慶祐
金沢しおん … 小松彩夏
足利国光 … 小木茂光

宇都宮 透 … 永井 大
上矢真希子 … 真矢みき
川崎智哉 … 伊藤英明

イチブトゼンブ/DIVE
イチブトゼンブ/DIVE
B'z


2009.09.14 Monday 22:47 | comments(4) | trackbacks(19) | 
<< 美少女戦士セーラームーン 第10話 呪われたバス!炎の戦士マーズ登場 | main | NEEDLESS 第9話 「第3シェルター」 >>
けろりん (2009/09/15 1:32 AM)
honeyさん、こんばんは。

最後の「終わる終わる詐欺なんかしなくても、皆見ますって」というの、私も同じこと書いていました(笑)。
なんでしょうかね?そういうの、流行りなんでしょうかね。
過剰な番宣とか、放映中の連ドラの一挙再放送とか、最近ちょっと視聴率に必死すぎないかなあ、という感じですね。
録画で見る人が増えて、以前ほど視聴率なんてあてにならないと思うのですがね〜。

川崎さんが本当の邪魔者というよりも、2人を結びつけるためのキャラだったのね、というのがちょっとびっくりでした。
本当、大人でしたよね、川崎さん。
次はいいお相手に巡り会えるといいのに^^

私もあの菜月の目には「うっ」でしたよ(笑)(声にはならなかったけれど)。
あそこまでいくと怖いですねー…。

それにしても、2人の関係がなくなる、という別れではないにしても、東京軽井沢間でなぜあんなに騒ぐのか疑問です…。
もっと明るく「少しの間たまにしか会えないけれど、マメに連絡するから頑張ろうね」でいいような…。

来週どうなるんでしょうね〜、すっごい楽しみです!
2人のラブラブなシーンはやっぱりいいよねえ^^
honey (2009/09/15 8:34 AM)
けろりんさん、こんにちは〜。

最終章はラストフレンズでやってものすごい話題に
なりましたが、たかだか11話くらいのドラマで
最終章も何もないよねえ。。。
視聴率はあてにならないと知りながら
スポンサーの手前、ある程度の数字がいるのかも。
PCで見てる人も多いし録画の人もいるのにね。

菜月の必死さがいじらしいという声もききますが
涙流してたくせにあの莉子を見るときは涙なくって
こいつーー!と思いました。

東京軽井沢間がそんなに近いとは知らなかったので
なおさら拍子抜けです。
海外なら送りだすにも勇気がいるけれど・・
1年はなれてそのあと結婚したらいいよ。
ゆう (2009/09/15 2:08 PM)
honeyさん、こんにちは。
初めて書き込みします。


宇都宮さんの好きな人は菜月なんじゃないかなぁと
先週の放送を見て思いました。
そうだったら2人はくっつくかな?

来週が最終回ですね。
久しぶりの月9らしいドラマで面白いです^^
honey (2009/09/15 7:08 PM)
ゆうさん、はじめまして、こんばんは。

なんだかそのような雰囲気ですね。
菜月もひどいまま終わるよりは
救いがあったほうがいいから
カップルになるかもしれませんね。
でもやっぱり菜月みたいな人は苦手・・。

毎週楽しいですよね。









ブザー・ビート 第10話
前回の次回予告の勝ちかなぁ(笑) 足の怪我もスポ根というわけではなく「どん底と絶頂の別れ」を演出するためだったと。
| きゃんずぶろぐ | 2009/09/14 10:51 PM |
フジテレビ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー」第10話:最終章・別れ
サブタイトルの「最終章」は、懲りずにやるよ、ですが、問題は、それではなくて…。前回、あそこまで振幅の強い展開にしておいて、今回のこれは、ちょっとないような気が…。
| 伊達でございます! | 2009/09/14 10:52 PM |
ブザービート 第10話
「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」第10話 直輝は莉子の部屋に急ぎますが そこからは 川崎が出てきた!!!! 川崎と直輝はあの公園に行きますが 直輝はそこで「俺、絶対彼女を離しません」と宣言! 川崎「さっき莉子ちゃんもいってたよ」と 莉子が..
| annyの日記 | 2009/09/14 10:58 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第10回 感想
『最終章・別れ』
| ぐ〜たらにっき | 2009/09/14 11:01 PM |
ドラマ「ブザー・ビート」第10話
成功と別れ------------。1時間の内容が本当濃いかった〜(><)感情に振り回されて、まさに一喜一憂。やっぱ面白かった〜♪直輝の気持ちが分からなくなってしまった莉子。泣いている莉子を放っておけない川崎は、彼女を抱きしめ----------。って前回はこの莉子の行動
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/09/14 11:21 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第10話
直輝(山下智久)が莉子(北川景子)のアパートに着くと、 彼女の部屋から川崎(伊藤英明)が出てくるところだった。 公園で直輝と対峙(たいじ)した...
| 日々緩々。 | 2009/09/14 11:34 PM |
【ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜】第10話
川崎さん、すいません。彼女の事、好きになったりして。莉子のアパートの廊下で川崎と直輝は会う。直輝。お前のせいで泣いている彼女を俺が優しく抱きしめた。お前に彼女を守れるとは思えない。いえ、俺は彼女を守りたいです。彼女がいると、俺、強くなれるんです。莉子
| 見取り八段・実0段 | 2009/09/14 11:34 PM |
ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜 最終章
どうしてそこで「さようなら」になるの〜っっっ!! ってことで、ブザービートみました。 ちょっとかいつまむと… 前回ラストで川崎@伊藤英明の登場で波乱かと思わせつつ、 序盤で直輝@山Pと莉子@北川景子が ダブルできっぱりと気持ちを語り、 あっさりKOして丸く
| ほどほどの人生 | 2009/09/14 11:54 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第10話:最終章・別れ
別れなの?(; ̄ー ̄)...ン? しばし離れ離れになるってだけじゃないの?それに、今は携帯があるんだから、 いくら練習で忙しいっつっても、メールするくらいの時間はあるんじゃ・・・ もう会わないとか、さよならの言い方も意味深だったけど、付き合いをやめるという 意
| あるがまま・・・ | 2009/09/15 12:31 AM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 10話 感想
えー?あー?このラストの意味が理解できないのは、私だけなんだろうか…。
| けろりん的ひとりごと | 2009/09/15 1:35 AM |
ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜 第10話
ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜 第10話 「最終章・別れ」 2009年9月14日(月) 21:00〜  フジテレビ フジテレビドラマ記事閲覧カウン...
| 飯綱遣いの部屋 | 2009/09/15 3:10 AM |
ブザー・ビート 最終章・別れ
サブタイトルがものものしかったので、「ひょっとしてブラック菜月(相武紗季)が何か? あるいは、川崎(伊藤英明)さん、あやうく理性、失う?」とハラハラしてたら、 同じ別離方向でも、莉子(北川景子)の明るい未来の展望に関する、発展的で前向きなベクトルで
| のほほん便り | 2009/09/15 7:57 AM |
月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』第10話★真矢みき、相武紗季に籠絡される!
月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』第10話  川崎さんは意外とあっさりやったけど、やっぱりブラック相武には、はらわたが煮えくりかえります。 【 川崎と鉢合わせ 】  ヒマワリ一輪を持って来た直輝(山下智久)と、莉子の部屋から出てくる川崎が
| 子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ | 2009/09/15 1:12 PM |
【ブザー・ビート】第10話感想と視聴率
良かった♪ 喧嘩別れじゃなくて!「最終章・別れ」というサブタイトルだし、前回のラストから類推して、喧嘩別れしてしまうのではないかと思っていました。でも、そうではなくて、夢を叶えるための前向きな別れで、良かったです♪ 莉子は、川崎に抱きついて泣いて
| ショコラの日記帳 | 2009/09/15 8:28 PM |
《ブザー・ビート》★10
莉子の部屋へ急ぐ直輝。ひまわりを一輪、莉子への気持として持って、部屋の前まで行くと、。ドアから出てきたのは、川崎だった。 「よう、直輝」
| まぁ、お茶でも | 2009/09/15 8:38 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜#10
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表] 直輝と莉子、このままうまくいってほしいと思った。 菜月が直輝のことを忘れられないというのは知ってはいたが 莉子のいるのを知っていてのあの行動は凄く菜月が嫌な女に感じた。 莉子
| JAOの趣味日誌 | 2009/09/15 9:04 PM |
buzzerbeat〜崖っぷちのヒーロー 第10話
いやいやいやいや・・・・・ これは極上の種蒔いたな〜 これで再会果たさなかったら、大ブーイングですよね。 そして、再会した時のカタルシスはクライマックスですよ。 こうありたい!!というのをやってくれちゃってるからさ。現実的な恋愛とか目
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2009/09/16 8:44 PM |
『ブザー・ビート』 第10話
最終章「別れ」。。。ってどうして別れることになるのか全く想像もできませんでした。ドラマ後半過ぎても、こんなに順風満帆なのにどうして?って。。。ラストで二人の涙に号泣でした(T_T) 今日偶然”山P交際3ヶ月!”なんてビッグなNEWSを目にして(^_^;)このドラマの撮
| 美容師は見た… | 2009/09/16 11:57 PM |
ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第十話「最終章・別れ」
直輝(山下智久)は莉子(北川景子)の家に行くと、部屋から出てきた川崎(伊藤英明)と出くわす。直輝は川崎を追いかけて莉子とのことを話して謝ると、川崎は泣いていた莉子を抱きしめて慰めていたことを話し、お前には守れないと言われる。「彼女がいると俺は強くなれるんで
| 掃き溜め日記〜てれびな日々〜 | 2009/09/17 7:42 PM |