<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーW(ダブル) 第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」

第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」
「午後1時になりました。

 園咲若菜の『ヒーリング・プリンセス』

 今日も元気130%でおおくりします。
 
 え〜今から1時間、とってもとっても幸せな時間に

 みなさんをご招待します。

 まずは一曲 おききください」


探偵事務所でもラジオが流れます。 

「けだるい昼下がりだぜ。

 昨日の夜の死闘がうそのようだ」

犬にほえられて驚く翔太郎。

「うわー!はいはいはいダニーちゃん」

「翔太郎くんどいて!

 一休みしたら早く飼い主にダニーちゃんを

 届けにいく」

「いいかげんにしろ。亜樹子。

 ハードボイルド探偵のこのオレが

 なんで毎日毎日 ペット探しなんだよ」

「誰のおかげで収入増えたと思ってんの?
 
 所長命令よ」

「あ。だから、そこ自体 俺 まだ認めてねえ」

「もんくあんの?!」

「静かにしたまえ!二人とも。

 僕は園咲若菜のラジオに集中したいんだ」


「最初のコーナーは風都 ミステリーツアー!」

「はい、すいません」とあやまる翔太郎と亜樹子。

「風都にある都市伝説を 

 皆さんの投書をもとに

 さぐっていきますよ」


「誰?・・若菜?」

「採用させていただいた方には

 若菜のサイン入りポストカードを

 プレゼントしま〜す」


若菜の顔写真のはいった番組表をみせる翔太郎。

「こいつがタレントに興味もつとはねえ〜」

「まずは ラジオネームKTさんからの投稿です。

 若菜姫、きいてください。

 やはり、間違いなく実在するようです。

 幻のカジノ ミリオンコロッセオが」


「ミリオンコロッセロ?」

と同時につぶやく翔太郎とフィリップ。

「兄の友だちの友だちが

 賭け金0からいきなり大金を手にいれ

 翌日には高級外車を買っていたとききました。

 彼が天国のカジノへいき

 そして勝ってきたのは事実です。

 ・・というお葉書です。
 
 またきましたか〜、この噂。

 多いですよね〜。

 天国のカジノ、若菜もいってみたいな〜」



「興味深い」


「そんな夢みたいな話、誰が信じるかって」

その時チャイムがなり

「次のお葉書は・・」というところで

ラジオを切ってしまう翔太郎。

「あっ」とフィリップは不満そう。

「どうぞ」

フィリップ、奥へいってしまいました。

「あの〜 名探偵の鳴海さんというのは?」

「鳴海は私です!」

「いや!おまえじゃねえよ!

 おやっさんのことだろ」

「お願いします!

 うちの娘を 調べてください!」

「娘が・・うちの優子が・・・

 ミリオンコロッセオに!」

「え?」

フィリップも興味をもってふりむきました。

OP

『和泉優子 彼女の行動を調べるのが今回の依頼だ。

 一人娘が幻のカジノにかかわってるって

 ご両親は言うんだが・・』

「もしもし」

「検索を完了した。

 和泉和菓子店は 風都名物 風花まんじゅうの元祖と

 いわれている。

 和泉優子はその看板娘で常に店の仕事を手伝っていたようだ」

「なるほど。

 それがあんなんなったら 親も心配するか・・」

宝石店で優子にあやまる店員。

「すいません!もうしわけございません!優子様!」

「もうしわけないですむか!」

とひっぱたく優子。

「私を買う気にさせないなんてそれでも一流店?!

 こんな品揃えしかできないなら

 ひいき先をかえるよ」

「おお」

「うわ〜何なのよ、あの子。何さま!」

「おい」

ととびだそうとする亜樹子をとめる翔太郎。

「腹たつ〜。

 気晴らしにまたあそこに行って もうけてくっか」

「まさかほんとにあるのか? ミリオンコロッセオ」

あとをつける二人。

「亜樹子」

「ん?」

「お前先帰ってな」

「なんでよ〜!」

「プロにはプロの追跡テクニックってもんがあんだよ。

 お前がいると邪魔っけ」

翔太郎の首にとびかかる亜樹子。

「あたしは所長よ!!あれ?いない」

「ノー!ありえねー!」

「ちょっと!何がプロよ!」

 あっさり逃がしちゃったじゃない!

 責任問題を追及します」

「え〜〜〜。」

そこへ電話。

「あ」

「まあ待ちな。

 ハードボイルド探偵に ぬかりはない」

「おーい!こっちこっち」とウォッチャマン。

「おう。待たせたな」

「どうもどうも ウォッチャマンどえす。

 もちろんネットでの名前ね。

 いや〜かわいいな。亜樹子ちゃんは。

 翔ちゃんからきいてますよ。」

「どうも」

 写メとってブログにのせてもいい?」

「いっしょに写真をとる亜樹子とウォッチャマン。

「情報屋。あとにしろ」

翔太郎が邪魔して写真にはウォッチャマンだけ。

「いい男だなあ。翔ちゃん・・・」

「なあ それより見つけたんだろ。

 天国のカジノから帰ってきた男」
 
「いや 天国は・・・どうかな?」

村雨という表札に入ります。家財道具はすべて競売に。

「はははは。そうさ、よくきいてくれた。

 俺は強かった、強かったんだよ!

 ありえないぐらい勝ち進んだもんさ。

 あの黄金のカジノで。

 ひひひひひっ」

「う〜〜〜」と寒気をおぼえる亜樹子。

「どうやらほんとにあるらしいな。

 なあ 場所はどこだ?」

「え?あはははは!」

フィリップに電話する翔太郎。

「証人の名前は村雨五郎だ」

「他に何かキーワードはないのかい?」

「それ画まともに答えられないんだ。

 賭けに負けて 家族から見捨てられ
 
 我が家も失っちまったってくらいだ」

「家族・・」

過去の映像と『MY FAMILY』という文字。

「我が家」

「フィリップ?おい フィリップ〜?」

笑う続ける村雨。

「次は勝つんだ。

 今度こそ俺につきがくるはずだ〜」

気配を感じてふりむくと男がいました。

「うわー!加賀さん!

 待ってくれ!必ず金は用意する!だから・・」

「私は 三日も待ってあげたんだよ。

 村雨さん あんたは全てを賭けて相当楽しんだだろ。

 そして 負けた」

メガネをふんで割る加賀。

「ヒィっ!」

「マネー!」

加賀がマネードーパントに。

「うっ うわー!」

「潔くとりたてをうけろ

 きっちりとな」

コインを村雨の額にあてました。

「うわー!」

その悲鳴をきいて中へ入る翔太郎たち。

「ドーパント!!」

「面倒だな くっ」

「亜樹子 この人を頼む」

「うん」

「おい 待て!

 フィリップ!ドーパントだ!」

フィリップにベルトが装着。

「フィリップ!

 おい!フィリップ!」

マネードーパントをみつけ飛びかかっていく翔太郎。

「ん?」

「野郎」

「フィリップ!」

「さっき家にいた男か」

フィリップ、たちあがりました。

「わかった」

「サイクロン ジョーカー」

「ん?ガイアメモリ?」

「変身」「変身」

「サイクロン ジョーカー」

「逃がさねえぜ!」

「ん〜〜っ!おまえはいったい何者だ?」

「おれはダブル!

 街の涙をぬぐう・・2色のハンカチさ」


「ふん。くだらん。

 私はバカと金にならないやつは相手にしない主義でね」

と逃げようとするマネードーパント。

「誰がバカだ。この野郎!」

うしろから蹴りをいれます。

「ヒート ジョーカー」

「うわっ!ああああ!」

「はー!」

誰かに邪魔されました。

「ん?誰?・・あっ・・」

そのすきにマネードーパントには逃げられました。

「何者だ?別のドーパント?」

「コロッセオの手掛かりを逃すなんて

 しくじったね 翔太郎」


「何言ってる。変身のとき

 お前が一瞬止まったりしなけりゃ

 とっとと捕まえてたさ」


「止まった?なんのこと?」

口笛をふく翔太郎。

「僕が・・止まる?

 そんなことありえない」


スーツケースの中を確認する霧彦。

「サイクロン ヒート ジョーカー

 この私がきいたことのないメモリばかりとは」


そこへでてきたマネードーパント。

「やあ すまんね。助かったよ」

「なに、アフタサービスですよ。
 
 高額のメモリを買っていただいたあなたへの。

 今後もじっくりお楽しみください」


園咲家。
ウェディングドレスを選んでいる冴子。

「左右非対称のドーパントをみた?」

「ああ。あいつはいったい何者なんだろうな」

「これでいいわ」とドレスにOKをだしました。

「はい」

「霧彦さん。

 ガイアメモリの秘密はそこが知れない。

 あわててすべてを知る必要はないわ」


と霧彦の口に指をあて、今度は顎に手をあてる冴子。

「でも大丈夫。

 あなたなら必ずこの街の暗闇を支配する男になる」


「よろしく・・ご教授たのむ」

とキスする二人。
そこへ若菜がはいってきました。

「あら?お邪魔だった?」

「やあ。若菜ちゃん。

 昼のラジオきいたけどよかったよ」

「ちっ。ひねりのないおせじ」

とでていく若菜。

貯金通帳をつかんででていく優子。

「あっ やめなさいてば 優子!」

「うっせえんだよ!

 安心しな。100倍にして返してやっから」

その通帳を取り上げる亜樹子。

「いいかげんにしなさいよ!」

「なんだよ てめえ」

「あんた 自分の親をなんだと思ってんの?!」

「はあ〜誰だ?てめえ」

「おい。亜樹子」

「なんだよ?」

「調査対象者にあっちゃだめだろ」

「おまえら探偵か?

 あたしをつけさせやがったな!

 ふざけんなよ!」

「きくんだ お嬢ちゃん。

 ミリオンコロッセオは・・」

「怪物がやってるカジノだって言うんだろ。

 そんなことは百も承知さ。

 誰がやってようが関係ない。

 あんなにスリリングな場所は他にないんだから」

「お金と家族、どっちが大事なのよ」

「金にきまってんだろ!

 金のない家の何が楽しいんだ?」

「そんなの間違ってる。絶対やめさせる!」

「いきまいたってあんたらには行きかたもわかんないだろ。

 うすのろ探偵さんたち」

とでていく優子。追いかけようとする亜樹子をとめます。
 
「待て。

 そうか そういうことか。

 行き方だ。行き方に秘密があるんだ」

CM

放送局でハガキをみせてもらう翔太郎。

「えっと、木枯し坂」

「木枯し坂」

「と市場通り。あとは・・十文字交差点」

「失礼します」と真倉がはいってきました。

「探偵!なんでおまえがここにいるんだ?」

「あ。ナマクラさん。

 ナマクラさんこそ 仕事サボりにきたんすか」

「ナマクラじゃない。俺は 真倉だ」

「まあまあまあまあ・・あ〜らよ〜っと」

と刃野さんがメモをうばっていきました。

「ちょっとジンさん」

「やっぱりな。

 ラジオの投稿にでてきた実際の地名を調べてたか。

 おめえの目当ても 噂のミリオンコロッセオだろ?」

「警察もおってたんすね」

「わかってるな 翔太郎。

 この場を見逃すからには・・ 

 いつもどおりに 俺に情報を」

「あはは・・もちろんっす」

「おはようございます」

と若菜がはいってきました。

「おじゃましてます」

「若菜姫だ」

真倉をつきとばして挨拶する刃野。

「いて」

「わたくしはですね

 風都署で刑事をやっております

 刃野といいます」

その刃野をどかせて前にでる翔太郎。

「やあ シティーエンジェル。

 この街で何かあっても

 警察じゃ心もとない。

 この鉄の男 ハードボイルド探偵

 左翔太郎に 連絡しな」

と名刺を握らせます。

「おもしろい」と笑顔。

「ッシャー!ハハハ」

と放送局をとびだす翔太郎。

「ほんっと おもしろいぐらいのアホね」

と名刺はすてられ手をしっかり洗う若菜。

若菜のポストカードをはるフィリップ。

「不思議だ〜。なぜこんなに惹かれるんだろう」

「いいお土産みつけてきたね」

「まあな。

 ありがとよ マイ エンジェル」

「自分のぶんもあるんかい」

「返せよ おい」

「いやよ」

「返せよ」

「まあまあかわいいわね」

「何で上から目線なんだよ。返せ」

「さあ 検索を始めよう」

「あ お願いしまーす」

「知りたい項目は

 人間をコロッセオに連れ去る方法だよね」

「ああ

 基本キーワードは風都 ギャンブル コロッセオ。

 そこに投稿の地名を かたっぱしから加えて行く」

「どうぞ」

「まずは木枯し坂だ。市場通り 十文字交差点

 中央交差点」

「ビンゴだ。なるほど。興味深い答えがでた」

「路線バス!」

「そっか そういえばあのときも・・」

「通常運航のバスのふりをして 

コロッセオに客をはこぶ

 闇バスが走ってるんだ。

 周回ルートと停止場所 

 時間は利用してる連中しかしらない。

 これが予想される通過ルートだ。

 行先は不明だが この時間

 この場所を通るのは間違いない」


「すごーい!いつもまして快調だね。フィリップくん」

「だといいがな・・」

「何かいいたいことでも?」

「いや お前のコンディションが気になるだけだ」

「みてのとおり 僕にはまったく問題がないよ」

「よし!じゃあ行くわよ!翔太郎くん」

「はっはっは バカいうな」

「え?」

「ドーパントは おまえの専門外なんだから

 黙ってここでおとなしくし て ろ」

とおでこをはじきます。

「ムッカー!パート2」

「あー!もう!あいつ所長をなんだとおもってんのよー!

 あっ」

変身グッズをみつけ微笑む亜樹子。

バイクではりこむ翔太郎。

「そろそろあらわれる頃か。

 バス停以外で止まりやがった。あれだな」

バイクでおいかけますが
運転手に気づかれました。

事故車をとびこえ、幅寄せされると
バスにしがみつきました
そこには亜樹子が。

「あー! 亜樹子 お前!」

べえ〜とされました。

「てめえ!」

「ん?」

バスの上にマネードーパント。

「まさに招かれざる客だな」

「スパイダー」

「うわ!」

マネードーパントを攻撃してバスの上によじのぼります。

「フィリップ!」

「サイクロン ジョーカー」

「変身」

「サイクロン ジョーカー」

「今日をミリオンコロッセオとやらに

 閉店日にしてやるぜ」

「なんだと」

バスの上で戦うダブル。
バスからおりてたたかいます。

「その程度の攻撃 こいつで」

「メタル」

「サイクロンメタル」


「いった いいくつメモリをもってるんだ?」

「あ?えーっと 1 2・・

 あ〜っ めんどくせえ!」

攻撃するダブル。

「おわったな」

「驚きだな。それでも君に私は倒せんよ」

「あ?」

「私の腹に中にはコインがいっぱいだよ。

 私を倒せば これもすべて砕け散る。

 よめるかい?」


「村雨五郎?まさか」

「このライフコインには

 客たちの生命力がつまっている。

 ミリオンコロッセオでは

 元金のない 金の尽きた者は

 自らの命を賭けて戦うのだ。

 はははは」


バスがとまりました。

「止まった。なんでこんなところで・・?」

立ち入り禁止の入り口がひらきます。

「彼らは全てを捨ててでも

 なお勝負がしたいのだ。

 仕事も 我が家も 家族さえも」


「てめえ なんてことを!」

「我が家・・家族・・」とフィリップ。

涙を流すフィリップ。

「うわー!」

「フィリップ?おい!フィリップ。

 なぜだ?体が。

 おい!フィリップ!どうした?」

そこへ攻撃するマネードーパント。

「うわー!!」

「へっ。やられた分のかりはかえした。

 きっちりとな」

『ここがミリオンコロッセオ』と亜樹子。






今日もわかりやすいストーリー。
マネードーパント(おなかにコインがぎっしりという楽しさ)
が人間をねらうのにミリオンコロッセオへ誘いこむという
オーソドックスな手口が、アニメのセーラームーンみたいな
わかりやすさ。
そのドーパントもメモリのセールスマン霧彦さんの商売相手。
若菜はラジオのパーソナリティーと意外に人気者。
裏表ありすぎ。

フィリップは「我が家」「家族」というキーワードに
過去を思い出して反応してしまうようで
変身もとけるとなったら死活問題。
はやいとこ、その原因を探って対処しないと。

亜樹子、一話目から一部で不評だったけど
スル―できる範囲だったのが
ここまで続くとやや鬱陶しい。
尾行の邪魔をしたのは自分なのに
「それでもプロ?」とか「責任問題とか」
その口でいうかーと呆れました。
戦いについてこようとしたり
敵の中へはいっていこうとする行為も
危機感なさすぎで、ダブルがいつも助けてくれるからと
思っているからなんでしょうが、
戦いの場にそういう人がいるとすごく足をひっぱるというのが
わからないのかなあ。

ドーパントに
「おまえはいったい何者だ」ときかれ

「おれはダブル

 街の涙をぬぐう二色のハンカチさ」


って毎週は言わないよね^^;

左翔太郎 桐山漣
フィリップ 菅田将暉
鳴海亜樹子 山本ひかる
園咲冴子 生井亜実
園咲若菜 飛鳥凛
真倉 俊 中川真吾
ナレーション 立木文彦

刃野幹夫 なだぎ武
園咲琉兵衛 寺田農

須藤霧彦 君沢ユウキ
ウォッチャマン なすび

加賀泰造 我修院達也
和泉優子 妹尾友里江
優子の父 九太郎
優子の母 上村依子
村雨五郎 亀山助清
フィリップ・幼少 橋本智哉
宝石店の店長 吉川勝雄

tb先 Hybrid-Hills 
  仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」


W-B-X~W Boiled Extreme~
W-B-X~W Boiled Extreme~
上木彩矢 w TAKUYA

仮面ライダーW メタルシャフト
仮面ライダーW メタルシャフト
バンダイ

仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー
仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバー
バンダイ

仮面ライダーバトル ガンバライド オフィシャルバインダー -参戦! 仮面ライダーW-
バンダイ

東映ヒーローMAX Vol.31
辰巳出版

仮面ライダーW&ディケイド 2010年 カレンダー
仮面ライダーW&ディケイド 2010年 カレンダー
東映アニメーション (株式会社 ハゴロモ )
2009.09.20 Sunday 08:54 | comments(8) | trackbacks(25) | 
<< 侍戦隊 シンケンジャー 〜第三十幕 「操学園(あやつりがくえん)」 | main | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST第24話「腹の中」 >>
sorcerer (2009/09/20 12:58 PM)
honeyさん、こっちもこんにちはー!

アキコが生活に無理矢理入り込んできた感の上に
捜査の邪魔、果ては自ら捕まりに行くような行動に
呆れました(;´д`)!そういうキャラなんだろうけど、

この先は、もうちょっと協力的でクウキが読めて
役立つな子になって欲しいと思います。
じゃないと見てるのがしんどい(;´д`)

それよりもフィリップの不具合が気になります。
すぐ解決してくれるといいんだけどー!
ミチコ (2009/09/20 1:37 PM)
honeyさん またまたこんにちは、フィリップっていったい何者なんですかね、この先の展開が気になります。
JUNKO (2009/09/20 4:21 PM)
>honeyさん、こちらにもこんにちは

世界観も登場人物も、
どうやらわかりやすいまま定着しそうで、
安心できそうです。
ここまでの平成ライダーは、
いくつかは除いて、ほんっと分かりづらかったなあと、
逆に実感しております。

イマイチ評判良くないアキコちゃんも、
とても昭和ライダーっぽいですね。
好奇心旺盛で、考えるより先に行動する、
元気が取り柄の、それだけの女の子。
うん、わかりやすい(^^;)
私も、この系統のキャラが出てくると
いらいらしながら見ていましたが、
この頃、ちょっとこういうキャラの子が
出てこなかった気がします。
で、ひさびさに出てくると、
妙になつかしくうれしい気が(^^;)
ショータローもフィリップも自分の世界にこもるタイプなので、こういう外部のトラブルメーカーが風穴を開けて二人をひっかきまわすのは、なかなか楽しいし。

まあ・・・今日の「それでもプロ?」は私もどうかと思いましたが(ーー;)。
そんなむかっとする台詞をはかれても、
まだ私の中ではアキコちゃんは許容範囲なんですよねー。
ラストまでこの調子だったら、
ぶちきれるかもしれませんが(^^;)
まだ序盤ですしね。
これから成長してくれることも願いつつ。

あと、
フィリップが若菜に惹かれているのは気になります。
もしかして過去に何かあったのかなー?
フィリップも実は敵方の一族だったとか・・・
風水 (2009/09/20 10:04 PM)
honeyさん、こんばんは。
ダブル、わかりやすくて展開がさくさく進むので良いですねえ。
先週までのおさらいがまた親切ですよ。

フィリップの不具合はたしかにかなり危険だと思いますねえ。
特定キーワードでフリーズって…!
これで変身解除しちゃったら危険すぎですよ。

亜樹子ちゃん、実は私は割と許容範囲だったのですが、今週初めてちょっと…と思いました。
立ち位置が重要なだけに、もう少し路線変更してくれる方が良いですねえ。
honey (2009/09/20 10:11 PM)
>sorcererさん

 こんばんは〜。

 亜樹子はいつもスルーできるんですが
 今日はさすがに目にあまりました。
 自分が邪魔したから逃げられたのに
 それをいうかー?!
 ええ、そういうキャラなんでしょうけど。

 フィリップ、敵にそのNGワードが知られたら
 危険よね。


>ミチコさん

 過去がチラチラ写っていたから
 倒れないようにするには過去の話も
 きっとあるでしょうね。


>JUNKOさん

 ほんとにわかりやすい敵です。
 バスにのせてつれていくとか
 ライフパワー吸い取るとか
 すごくわかりやすい。

 亜樹子、元気がとりえなのはいいけど
 みてて不愉快にならないラインをもうちょい
 考えてほしいです。
 1、2話はスルーできてたんですが。

 フィリップ、もともとメモリをもってましたし
 それは十分ありですね。 
 園咲家の末っ子だったとかいうのはかんべんしてもらいたい。
honey (2009/09/20 10:21 PM)
風水さん、こんばんは〜。

組織の詳しい部分は謎でも、わかりやすい敵だし
お話もわかりやすいですよね。

フィリップ、あんなよくある言葉が苦手だと
早く解明して対処しないとまずいです。

亜樹子はほどほどにしてくれないと
そのうち何かしゃべるだけでうんざりしてしまいそうです。
今のうちに修正されないかな。
摩天楼 (2009/09/21 6:31 PM)
honeyさん、こんばんは。
バスの上での戦いはハラハラして観てましたが、
ダブルの弱点が露呈されてしまいましたね。
honey (2009/09/21 7:17 PM)
摩天楼さん、こんばんは。

片方の体調というかメンタル面が弱いと
共倒れなあたり、NGワードはしっかり
ケアしておくべきですね。









仮面ライダーW 第3話
仮面ライダーW 「Mに手を出すな/天国への行き方」。
| きゃんずぶろぐ | 2009/09/20 9:15 AM |
仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国への生き方」
仮面ライダーW(ダブル)の第3話を見ました。第3話 Mに手を出すな/天国への生き方亜樹子が探偵事務所の所長になってから仕事がペット探しばかりで翔太郎のイライラが頂点に達してしまい、怒りが爆発して翔太郎が亜樹子と言い争いをしてしまう。「いい加減にしろ、亜樹
| MAGI☆の日記 | 2009/09/20 10:09 AM |
仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国へに行き方」
今回もドーパント絡みの依頼が舞い込む!! 天国のカジノと呼ばれる”ミリオンコロッセオ”に取りつかれた娘を調べて欲しいてさ! ペット探しよりはいいか(笑) 掛け金0円から大金持ちになるとかならないとか・・・ どうせ負けたら命取られるってことでしょ?よく
| むとちゃん的BLOG 〜我思う、故に我在り〜 | 2009/09/20 10:18 AM |
『仮面ライダーW』第3話:21世紀版カネゴンは我修院達也
『仮面ライダーW』第3話 【 我修院達也 】  ハードボイルドじゃなくてコメディとして面白い『仮面ライダーW』  亜樹子(山本ひかる)の、やかましい存在感が面白いわぁ。  自称サーファーが世間を賑わしたが、翔太郎は自称ハードボイルドって感じやね。
| 子ソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ | 2009/09/20 10:36 AM |
『仮面ライダーW』第3話『Mに手を出すな/天国への行き方』
毎年、新しいライダーが出て来る度に、見慣れるまで時間がかかるものですが、Wも大分見慣れました。ああ、これもアリなんだな、と。
| なまけもののひとりごと | 2009/09/20 12:22 PM |
仮面ライダーW 第3話
2人で1人の弊害が、早速出て来た!って展開でしたな。 「my family」という検索ワードに反応して、混乱したり、 バタっと気絶したり変身の途中で「家族」という言葉を聞いて混乱したり。 2人で1人の制約がかかる所も、Wの面白いトコロかも! 1人で変身すればい
| ふしぎなことだま | 2009/09/20 12:50 PM |
『仮面ライダーW』、第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーW(ダブル)』、第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」の感想ですっ! 走行するバスの上で対峙するWはカッコ良し!相手が腹ボテのドーパントなのが残念(笑)。
| まぜこぜてみよ〜う。by青いパン | 2009/09/20 7:01 PM |
我修院達也先生!降臨!
仮面ライダーW 変身ベルト DXダブルドライバーバンダイこのアイテムの詳細を見る  『仮面ライダーW』第3話『Mに手を出すな/天国への行き方』のあらすじは公式サイトでご確認ください。    いや〜…我修院達也先生ですよ…{/hiyo_en2/} え?知らない?「若人あき
| ガヴァドンなボログ | 2009/09/20 7:40 PM |
仮面ライダーW第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」
今回は第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」。 ストーリーは仮面ライダーW第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」で! 今回はフィリップの秘密がキーとなっていましたね。 「家族」や「我が家」に反応するフィリップ。 回想シーンには幼いフィリップらしき人物が
| OPUS MAGNUM | 2009/09/20 8:06 PM |
仮面ライダーW 第3話
テレビ朝日|仮面ライダーW(ダブル) フィリップの様子がおかしい、いつもと変わらないようにふるまっているが フィリップの過去に何かあるのは間違いなのだが、いったい何があったのだろう。 それにしてもマネー・ドーパントはずるがしこいというか大悪党だ。 人
| JAOの趣味日誌 | 2009/09/20 9:20 PM |
仮面ライダーW(ダブル)第3話 「Mに手を出すな/天国への行き方」
いやぁ〜、なんという展開力のある本なんでしょう。実に良いです。 ライダーは前期響鬼(後期2話だけ)以来の諸田監督。 ブレイドでは物議を醸したアルティメットフォーム回を担当し、2代目巨匠の名をほしいままにした諸田監督。 注目の第3話でしたが、多少コメ
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2009/09/20 9:56 PM |
W 第3話印象
Wも3話目、フィリップの謎に加えて園咲家の若菜ちゃん登場。悪のヒロイン・妹ちゃんはどうやら風都のアイドルみたいですねえ。風都という町の紹介でもあるところがなかなか心憎い。とはいえ、前後編の前編はやはり謎だらけ(苦笑)。
| All's Right with the World! | 2009/09/20 10:05 PM |
仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」
新しい事件は人の欲望を刺激するカジノ。そこにからめてフィリップの過去をチラ見せ。少しずつ見えてくるキャラのバックボーンと世界。 どういう手を使うのか知らないけれど、ものすごく刺激的で楽しい「天国のカジノ」の存在。金のために全てを捨てて、最後には自分
| 不惑にして特撮に惑う | 2009/09/20 10:21 PM |
今週の仮面ライダーW「第3話 Mに手を出すな/天国への行き方」
カジノに狂って生活を破壊していく人々、その影にはドーパントが、と言うお話
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2009/09/21 12:20 AM |
仮面ライダーダブル 第3話
「Mに手を出すな/天国への行き方」 脚本:三条陸 監督:諸田敏 アクション監督:宮崎剛 「俺はダブル。街の涙をぬぐう、二色のハンカチさ」 押し掛け所長亜樹子がやってきて三人になった鳴海探偵事務所に、新しい依頼が舞い込んできた。 和菓子店を経営する和泉夫
| お萌えば遠くに来たもんだ! | 2009/09/21 8:12 AM |
天国の行き方教えます?〜W3話〜
・亜希子が所長になってからと言うものの舞い込んでくるのは迷子の犬猫探しだけ。翔太郎はうんざりしてます・フィリップは薗崎若菜がDJやってるラジオ番組を夢中で聞いてます。・まともな依頼が中年夫婦が娘を探して欲しいと頼んできた。ようやくまともな依頼が・・・・
| COLONYの裏側 | 2009/09/21 11:28 AM |
仮面ライダーW 第03話 感想
 仮面ライダーW  第03話 「Mに手を出すな/天国への行き方」 感想  −まずは見てみよう−  えー  数話様子見た結果  面白かっ...
| 荒野の出来事 | 2009/09/21 3:19 PM |
仮面ライダーW 第3話『Mに手を出すな/天国への行き方』
いやー、最初のあらすじがわかりやすい。 1、2話のポイントをうまくまとめてる感じですね。 そんなこんなで始まった仮面ライダーW3話。 ...
| 大地を吹き抜ける風 | 2009/09/21 4:47 PM |
仮面ライダーダブル 第3話「Mに手を出すな!/天国への行き方」
「街の涙を拭う、二色のハンカチさ」  亜樹子が所長風を吹かせている鳴海探偵事務所ではペット探しを請け負って業績を伸ばしていた(?)が翔太郎は犬が苦手なようです。(笑) フィリップは園咲・妹のDJに興味を持っています。  風都では幻のカジノ「ミリオ
| たらればブログ | 2009/09/21 5:45 PM |
仮面ライダーW 第3話『M2手を出すな/天国への行き方』
ハーフボイルドって…Wを揶揄していたのね 今気付いた<遅すぎ 兄の友達の友達って既に知り合いでもなんでもない眉唾物。 でもこういう噂の出所ってけっこう多いよね。 たいていは嘘なんだけど、たまに本物が混じってるのが質悪い。 近年の例) ○○さんとこ
| SISTER'S SHIP | 2009/09/21 9:18 PM |
仮面ライダーW 第03話「Mに手を出すな/天国への行き方」
◆TBさせて頂きます◆チクショー、今週も面白いなぁ…。ベースとして“探偵ドラマ”のフォーマットがあるだけに、3話にしてすこぶる安定感を感じてしまう。観終わってモヤモヤが残らないのが凄いな(凄いのか?)。....
| 『真・南海大決戦』 | 2009/09/21 9:53 PM |
仮面ライダーW 第3話「Mに手を出すな/天国への生き方」
仮面ライダーW (講談社のテレビ絵本 1463)(2009/09/02)講談社商品詳細を見る 日曜の午前は用事で出かけていましたので、遅れての感想です。ヒロイン...
| 破滅の闇日記 | 2009/09/21 11:08 PM |
Masked Rider W #3
仮面ライダーダブル W #3 「Mに手を出すな/天国への行き方」の感想です
| Masked Rider Fan Life - 仮面ライダーファンの1日 - | 2009/09/23 11:10 PM |
仮面ライダーW(ダブル) 第3話「Mに手を出すな/天国への行き方」
今回は、ギャンブルにハマってしまった子を助けるってなお話でした。 ハードボイルドにコーヒーを飲んでいた翔太郎ですが、犬の鳴き声にびっくりとはいきなりハードボイルドじゃなくなってます(笑)。 しかも、亜樹子に与えられる仕事はペット探しばかりとは・・・
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2009/09/24 12:05 AM |
ライダーW「Mに手を出すな/天国への行き方」
 宝石店でクレームつけてる優子の姿勢が、育ちの良い金持ちの姿勢に見えない。言葉遣いも乱暴。よく作ってある。  今頃気づいたんだけど、主人公の名前、「しょうたろう」なのな。  大胆だなぁ。  名前負けしないようにしてくれよ。  電王は声優大活躍のシリーズ
| blog mr | 2009/09/24 7:41 AM |