<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

うみねこのなく頃に 第17話 EpisodeIII-VI promotion

第17話 EpisodeIII-VI promotion
秀吉の遺体にとりすがってなくエバ。

バトラをなぐさめるジョージに
恋人と父親をいっぺんに失って
もっと泣いてもいいはず、というバトラ。

そこでベアトたちとの場面へ。

「人を亡くした時の悲しみは

 その後の人生をともにするはずだった時間が

 長ければ長いほど大きい。

 辛い。もちろんほどそれだけじゃ

 はかれねえけどな。

 俺ら人間は

 お前ら魔女とは違いう。

 生きてから死ぬまでの有限の時間を
 
 その力の限り生きている。

 一生懸命に生きている人間の

 人生をもてあそび

 あざ笑ったおまえを

 俺は許せねえんだ!」


しょんぼりときいていたベアトが
いいわけしようとしますが
バトラが続けます。

自分の復活のためにベアトが碑文通りの
殺人を続けなければならないのはわかるけど
それ以上の行為は、無意味な残酷趣味。

「おまえは人の命を

 自在に操れるのをいいことに

 命の尊厳を忘れてしまった。

 だから俺は認められないんだ。

 人の命の重みも

 失った時の悲しみも知らないやつを

 俺は対戦相手だとは断じて認めない!!」


「無限の魔女たちは

 壊す 殺すという

 有限の概念がないのです。

 それゆえに 無限の魔女は

 時として 生と死のはざまを

 ゴム跳びでとぶかのように

 その行き来を遊び出すようになります。
 
 それはとてもおそろしいことです」


「ワルギリア。

 無限の魔法なんてものは

 何のためにこの世にあるんだ?」


「魔法はすべて

 人の世に幸福をもらたすために

 存在するのです。

 私たち魔女は 人の世に

 恵みを与えるために

 修行をかさねているのです」


だとしたらベアトは無限の魔女失格だというバトラ。
ベアトはまだ魔女ですらなく
このゲームは人間と魔女の戦いのはずなので
ベアトは対戦相手の資格すらないというと
どうすればバトラのゆるしがえられるのかという
ベアト。

「あとはおまえが考えろ。」

ワルギリアかロノウェに相談してもいいというと

「考える時間が欲しい」

とつぶやくベアト。
すっかりしょげてしまいました。

「一つだけ約束する。
 
 俺はこのゲームを絶対に自分からはおりない。

 おまえが本物の魔女になって
 
 再び好敵手としてそこに座るのを

 俺は待っているぞ」


「わらわはきっと

 そなたに認められるために戻ってくる。

 ありがとう バトラ」


といってベアトは消えました。

またドラマの方にもどります。

一室に閉じこもり、明日迎えがくるまで
なんとしてもしのぐという大人たち。

ジョージとバトラとジェシカは3人でいました。
コーヒーをもらってくると部屋を出たジョージの前に
あらわれたベアト。

どんな対価にでも応じるから
シャノンを生き返らせてくれと頼むジョージ。
しかし、無限の魔女の称号を譲ってしまった
ベアトには力が足りず
僕にできる事ならどんなことでも、
と言うジョージを魔法で
黄金の蝶にかえました。

ベアトリーチェはその気配を感じますが
うさみみたちもロノウェも家具も
何も感じなかったそう。

エバとベアトリーチェ。
エバは当主の座さえ得られればと思っていただけなのに
黄金をみて欲がわいた、そして
ベアトリーチェがわいたというエバ。
ということはみんなが死んだのは
エバのせいというベアトリーチェ。
秀吉まで殺したことを責めるエバ。

「あんたみたいな子どもに

 あの人のよさはわからないわよ!!」


泣き出すエバ。
魔法で望みをかなえたのに文句を言うなんてという
ベアトリーチェに
まだかなえたかった夢がたくさんあったのに
というエバ。
それはエバが大人になって勝手にみた夢で
自分には関係がないというベアトリーチェ。

「あなたは私じゃないわ!!

 私は右代宮エバ
 
 あなたはベアトリーチェ。

 だからもう消えて!

 魔女なんておとぎ話の中にしか

 存在できない妄想 幻想よ!

 もう二度と 私の前に現れないで!」


ベアトリーチェもキレた。

「あんたなんかへそでも噛んで

 死んじゃえば〜」


と消えてしまいました。

みんなも秀吉も

「私が殺してしまったの・・」

と悩むエバ。

タバコの煙にむせ
外の空気を吸ってくると部屋をでていきました。
エバを気を使うクラウス。

クラウスは父のようになりたいと、
ずっときょうだいには横柄にしてきたそうですが
やはり父には及ばないというクラウス。

「悪いと思うなら

 今すぐへそでもかんで

 しんじゃえば〜」


ベアトリーチェはうさ耳コンビに命令。

クラウスと夏妃があっさり殺されます。

ベアトはシャノンの遺体のところへ
ジョージをつれていきました。

冥府の扉の隙間は開けられますが
彼女の魂を導きだす力はないベアト。
シャノンを強く思うジョージの気持ちが
魔力になるそうで、必死に祈るジョージ。

「生死すら自在にする無限の魔女が

 死の山さえ超えられぬ有限の人間に

 劣ることもあるというのか」


ジョージの祈りが通じ
シャノンが生き返りました。
嬉しくて涙を流すふたり。

「これが人間の

 有限の存在にしか起こせない奇跡の力か。」


ベアトにお礼をいうジョージ。
でもシャノンを蘇らせたのは
ジョージの力。

「わらわも

 今こそ身の程を知らされた」


そこへ、うさ耳コンビの攻撃がおそいかかり
ジョージとシャノンが
やられてしまいました。
今生き返ったところだったのに・・・。

「でも 先代さまは攻撃しなくても
 
 よかったんですかねえ」


「いいのよ。

 あのババアはそう簡単には殺さない。

 楽しみはあとにとっておかなくちゃねえ」


ジョージも、クラウスと夏妃も
いなくなったので探しにいくみんな。

クラウスと夏妃の遺体を見つけて
悲鳴をあげるジェシカ。
ジョージをさがしにいくエバ。
魔方陣のかかれた扉をあけ
シャノンの横で死んでいるジョージをみつけます。

一瞬弱気になるバトラですが
妹ンことを思い出しふみとどまります。

そこへ入ってきたジェシカが
エバが犯人だと責めますが

「じゃあなんでジョージが死んでるのよ」

とエバも反論。

「殺してやる」

とエバに向かうジェシカを
撃ってしまうエバ。

エバ、錯乱していってしまいました。

ジェシカは発砲のときの炎で
目をいためただけのようで
南條先生に包帯をまいてもらいました。

そのとき、南條の前に現れたベアトリーチェ。

「第9の晩に魔女は蘇り

 誰も生きのこれはしない」


南條もやられました。
目のみえないジェシカはどうもできず
南條の死体でたっぷり遊んだあと
飽きたらジェシカの晩だというベアトリーチェ。

ベアトとロノウェ。

ジェシカがカノンに想いをよせているのを
知ってそれをもてあそんだこともあったけど
それは恥ずべきことだったというベアト。

「愛とは一なる元素。

 なぜかお嬢様は それをいやがりますが」


「お師匠様は言った。

 魔法は人を幸せにするためにあるとな」


「まさか お嬢様

 ジェシカ様を助けるつもりですか。

 今のお嬢様に使える魔法は

 多くありませんよ」


「今、あやつはカノンに助けを求めておる。

 その力を用いれば あるいは」


「ここではてるようなことがあっても

 よいのですか。

 バトラ様は 

 お嬢さまを待っておられるのですよ」


「だからこそだ。

 わらわはバトラに認められねばならぬ。

 わらわはまことの魔女にならねばならぬのだ。

 さあ 姿を消せ。ロノウェ」


「かしこまりました。

 黄金の魔女の名に恥じぬ魔法

 拝見させていただきます。

 願わくば それが最後の魔法とならんことを」


「さらばだ。我が友よ」




ベアトのキャラチェンジしたままですね。
エピソード3はこの調子でいくのかな。
(エピソード何まであるんだろう・・。)

バトラに怒られてしょんぼりしているベアト
最初のころよりかわいらしくていいです。



右代宮戦人 : 小野大輔
右代宮朱志香 : 井上麻里奈
右代宮真里亞 : 堀江由衣
右代宮譲治 : 鈴村健一
紗音 : 釘宮理恵
嘉音 : 小林ゆう

右代宮金蔵 : 麦人
右代宮蔵臼 : 小杉十郎太
右代宮夏妃 : 篠原恵美
右代宮絵羽 : 伊藤美紀
右代宮秀吉 : 広瀬正志
右代宮留弗夫 : 小山力也
右代宮霧江 : 田中敦子
右代宮楼座 : 小清水亜美
源次 : 船木真人
郷田 : 上別府仁資
熊沢 : 羽鳥靖子
南條 : 石住昭彦

ベアトリーチェ : 大原さやか
ベルンカステル : 田村ゆかり
ルシファー : 斉藤佑圭
レヴィアタン : 米澤円
サタン : 日笠陽子
ベルフェゴール : 吉田聖子
マモン : 新名彩乃
ベルゼブブ : 山岡ゆり
アスモデウス : 豊崎愛生






2009.10.23 Friday 20:52 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 美少女戦士セーラームーン 第39話 妖魔とペア!?氷上の女王まこちゃん | main | 戦う司書 The Book of Bantorra 第4話「夕方とシロンとコリオ」 >>









(アニメ感想) うみねこのなく頃に 第17話 「Episode3-6 promotion」
TVアニメーション 「うみねこのなく頃に」 コレクターズエディション &lt;初回限定版&gt; Note.01 [DVD]クチコミを見る ベアトの明らかな変化にはちょっと戸惑ってしまったけど、まあ戦人に怒られてしおらしくしている彼女がちょっと可愛いく思えてきてしまっ
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/10/27 9:57 AM |
◎うみねこのなく頃に第17話「promotion」
バトラは、ベアトに怒鳴る。そして、対戦相手だと認めない。ワルギリアが無限の魔女の説明を始める。そして、ベアト、汐らしくなる。そして、ベアトは、ジョージの前にあらわれる。そして、シャノンを生き返らせるという。そして、二人ででていく。新ベアトリーチェが気
| ぺろぺろキャンディー | 2010/01/22 12:40 AM |