<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」

第29話「愚者の足掻き」

エンヴィーにつれられていくエドとアル。

「おい いったいどこに・・」

「乗りな」

エレベーターで上へあがります。
でたときにはエンヴィーは軍人の姿。

「ここは!」

「軍司令部?どういうこと?!」

「おい お前ら汚いんだよ」

エドはシャワー。

「ホムンクルスの根城が 

 司令部の地下深くにあったなんて」


「大総統だけじゃなく

 軍自体も関係してたってことか。

 だがな 悪い話ばかりでもないぞ」


扉の向こうでアルの体にあったことを話すエド。

「本当?本当に僕の体が?」

「ああ。君は僕の魂じゃないから

 いっしょにいけないって、言われたけどな」


「そうか。体はあるんだ。

 よし!よし!」


「よしっと!」

と頭のアンテナを整えるエド。

「オレたち 

 また一歩目的に近づいたってわけだ。」


アルの肩の上でシャオメイが顔をあかくしていました。

「おい。なぜその白黒猫がいる?」

「ああ、これ?実はこの中に・・」

アルの中にメイがいて苦しそうな呼吸。

「んだと〜〜?!あの豆女が〜〜?!」

「兄さん!声がでかい!

 てか 早くパンツはきなよ」

「何やってんだ!早くしろ!」

とドアをあけるエンヴィー。

「いや〜ん!!」

「ったく・・。なんでそんなやつ

 つれてきたんだよ?」

「しょうがないじゃないか。

 怪我しているんだよ」

「あとのことはラースにまかせてある。

 入んな」

「ラース?」

扉をあけて中にはいるエドとアル。

「はっ!」

大総統とマスタング大佐がいました。

「ラース・・

 大総統 キング・ブラッドレイ?!

 大佐!何があった?」


「いろいろあったぞ。

 フュリー曹長は南。

 ファルマン准尉は北。

 ハボック少尉は西へとばされた。

 ホークアイ中尉は大総統づき補佐だそうだ」


「なっ・・」

『なんだそりゃ・・・

 ていのいい人質じゃねえか』


「座りたまえ」

『今 この部屋には オレたちと大総統だけ』

『武器は 剣一本のみ』

『それでも勝てる自信があるというのか』

「コホっ」とメイ・チャンの声がして

「うっ!」とあわてるエドとアル。

「コホッコホッコホッ」とアルがあわててごまかします。

「大総統! 

 以前オレが入院した時

 見舞いにきてくれましたね。
 
 まんまとだまされました」

「首をつっこむな

 軍内部すべて敵だと思え

 そう命じたはずだよ。

 君たちは我々にとって貴重な人材だ。

 よけいなことは知らんでいい。

 ただ時がくるまでおとなしくしていろ。
 
 そうすれば悪いようにはせん」

「その時がきたら

 オレたち人柱とよばれるもの以外の
 
 一般人はどうなるんですか?」

「よけいなことは知らんでいいと言ったはずだ。

 鋼の錬金術師」

「フン。鋼の錬金術師か。

 もとの体に戻るために

 軍の狗になる道を選んだ。

 だが 国家錬金術師制度自体が
 
 おそらく人柱を選ぶためのもの。

 この上さらに あんたたちに利用されるというなら」


銀時計を投げるエド。

「俺は国家錬金術師をやめる!」

「狗の証。血にまみれておるわ」

「あんたたちのたくらみも

 それがなんであれ、必ず頓挫させてやる。

 ほかの術師たちに言いふらして、そして・・」


「なんといったかな あの娘」

「うっ」

「そう ウィンリィ・ロックベル」

「はっ」

「リゼンブール生まれ。

 君たちの幼馴染で家族にも等しい存在。

 腕利きのオートメイル技師。

 今はラッシュバレーで働き

 客にも仲間にも恵まれている。

 素直ないい子だ」


「あいつに手をだすな!

 まわりの人たちにもだ!」


「で、どうするね?」

銀時計をまたエドのほうへすべらすラース。

「いらんというなら きって捨てるが」

「くっ」

銀時計を拾ってポケットにしまうエド。

「よろしい」

「あの 話はだいたいわかりました。

 それでその 

 今までどおりそちらの監視下にいるかわりに

 元の体に戻る旅を 僕等の旅を

 続けさせてください。

 お願いします!」
 とアル。

「かまわんよ。よけいなことさえしなければね。

 マスタング大佐はどうする?

 まさか軍をやめるなどといいださんだろうな」


「そうですね。

 飼い犬になっても
 
 負け犬になるのは耐えられませんな。

 何より私の野望のために

 軍服をぬぐことも

 これを捨てることも

 今はできそうにありあません」


「よろしい。

 皆さがっていいぞ」

「一つ きいてよろしいでしょうか。閣下」

「なんだね?大佐」

「ヒューズを殺したのはあなたですか?」

「いや。私ではない」

「では 誰が?」

「一つという約束だ」

「失礼します」

「ああ 待ちたまえ。アルフォンスくん」

いきなりアルの体に剣を刺すラース。

「あっ!」

剣を体から抜きました。

「あ・・あの・・何か」

「いや。いってよろしい」

部屋からでた3人。

「どわ〜〜!!危なかった〜〜!!」

「あ 頭の上を 剣が〜〜〜」とふるえるメイ・チャン。

「そうだ 大佐。金!小銭かしてくれ!」

「なんだいきなり」

「いいから。ち。しけてやがんな」

「チンピラか 君は」

「まいいや。じゃあな」

「おい!」

「ごめん!大佐!あとでいろいろ報告する!」

エドとアルはさっさといってしまいました。

「なんだ いったい・・

 はっ。いかん!中尉が!」

大佐もかけだしました。

「中尉!あっ・・」

「いかがなされました?大佐。
 
 顔色が悪いですぞ」

「女性との待ち合わせ場所に

 筋肉ヒゲダルマがたってて

 血色よくなる男がいるか・・」


「大佐」

「中尉」

「あ、すみません。

 ホークアイ中尉 

 ただいまお手洗いから戻りました。

 アームストロング少佐のご厚意に甘え
  
 少しの間 交代を。

 ありがとうございました。少佐」

「なんのなんの」

「逃げなかったのか?」

「何があってもあきらめるなと言ったのは

 どこのどなたですか?」


「あとで逃げたほうが

 ましだったなんて言うなよ。中尉」


「何をいまさら」

エドはウィンリィに電話。

「はい もしもし。

 エド?どうしたの?急に。

 また オートメイル壊したの?」

「ちげえよ!

 おまえ無事か?元気にしてるか?

 かわったことはないか?

 怪しいやつに つけられたりとかしてないか?」

「エド」

「なんだ?」

「気色悪い」

「んだと?コラー!」

「だって エドが電話してくることすらめずらしいのに

 おまけに人の心配だなんて
 
 や〜だ、ちょっと 何これ。雪降るわ」

「てめえ〜〜人がどんだけ・・!」

「ありがとね。

 電話 嬉しい。ありがとう」


「おう。本当に 大丈夫なんだな。

 うん。うん じゃあな」

「はあ〜〜。とりあえず無事だった」

「こういう必死さが

 つけこまれる隙になるんだよなあ」


とグリードがいました。

「うわああ!!」「リン!」

「グリードだっつうの」

「何の用だ?」

「おまえのダチに頼まれた」

「リンに?」

「シンの言葉か。なんて書いてあるんだ?」


「知らん。読めん。

 こいつを待ってる女に渡してくれとよ」


「ランファ・・

 あとをつけてきて

 その女を殺すとかじゃないだろうな」


「そんなせこいマネするかよ。

 それに女と戦う趣味はねえ。

 オレはうそをつかねえのを信条にしている。

 じゃあな。たのんだぞ」


「おい!リン!」

「グリードだ」

CM

キメラを倒すスカ―。

『あれは何者だ。

 この国を疲弊させてまで内乱を起こす必要が

 なぜあった?』

「誰だ?」

下からマルコーが声をかけました。

「誰かそこにいるのか?」

スカ―の血がながれおちました。

「怪我をしているのか。

 おりてきてくれないか。

 外の状況が知りたい。

 大丈夫だ。しばらく見回りもこない。

 それに私は医者だ。

 君の怪我もみよう」

スカ―がおりてきました。

「イシュヴァール人か。

 その額の傷

 まさか おまえはスカ―?!」


「貴様は何者だ。

 ここで何をしている?」


「はははははははは・・・

 神よ!」


涙を流しながらスカ―の足元にひざまづくマルコー。

「うん?」

「私も・・私も

 イシュヴァールせん滅に加担した錬金術師だ」


メイ・チャンはノックス先生にみてもらっていました。

「大丈夫だ。命に別条はない」

「よかった」

「よかねえよ!

 勝手に患者ふやしやがって!

 ベッドとソファ占拠されて

 今日から俺ぁ

 どこに寝りゃあいいんだ?ええ?」

「ごめんなさい!ごめんなさい!」

「アルフォンス」

「ランファン!ダメだよ。まだ寝てなきゃ」

「若は・・

 若はいっしょじゃないのか?

「大丈夫。生きてる。

 伝言を預かってきた」

グリードから渡された布を渡すアル。

「我得到賢者之石」

「あ・・」

「ランファン?」

「賢者の・・賢者の石を手にいれたと・・

 これで 我が一族は・・

 そうだ。一刻も早く国に帰って
 
 皆にこのことを知らせねば。

 若は?若はどこに?

 なんだ?なぜ黙っている?

 まさか 若の身に何か?

 答えろ!アルフォンス!

 若はどこだ?!」

建物の屋上にいるグリードに話しかけるラース。

「体の調子はどうだ?グリード」

「あんたがラースか。

 調子はいいぜえ。

 きいたか?この体、シンの皇子だってよ。

 皇帝になる力を手にいれたくて

 自らオレを受け入れやがった。

 おもしろい野郎だ」


「まことの王とはなんぞやと

 その皇子に問答したことがある。

 王は民のためにあるもの、

 民なくしてはありえないなどと

 ぬかしおったが・・

 バカめ。

 欲をかいてすべて失ったではないか」


「やかましい!!

 人間をなめるな!」


リンの意識がでてきてラースに怒鳴りつけ
ラースもびっくり。

「つーわけよ。

 こいつ 隙あらば オレを乗っ取ろうと

 虎視眈眈だぜ」


「フフン。化け物すらも飲みこもうというのか。

 どこまでも強欲な人間よ」


大佐と中尉とアームストロング少佐。

「大総統がホムンクルス・・!

 吾が輩は この国の弱き人民のために戦いたいと

 思っていました。

 多くのものがそう思い 軍を信じ

 籍をおいております。

 なのに その軍が・・」

「軍をやめてはどうだ?」

「ん?!」

「君の性格では いてもつらいだけだろう」

少佐のイシュヴァールでの回想。

「こんな戦いは間違っています!閣下!」

「むう!軍令に背く気か?!

 もうよい!かわりの国家錬金術師をよべ!」

「イシュヴァールで 

 吾が輩は戦いから逃げました。

 軍のやり方は間違っている。

 そう思いながら・・・

 ですが その間違っているものとこそ

 戦うべきだった。

 あれからは 今日この日まで

 信念をまげ 逃げた己を

 恥じなかった日はありません。

 今また 軍が戦場というのなら

 吾が輩ひとり 

 どうしてしっぽをまいて逃げられましょうか!」


「大佐は これからどうなさるのですか?」

「大総統には 

 野望があるからまだやめんと言ってやった」


「おっ」

「大総統が自らホムンクルスであることを

 私に明かしたということは
 
 自分を倒したとしても

 まだ後ろがいると暗示したということだ。

 試されている。

 光栄じゃないか」


「意外と余裕ですね」

「どうかな。

 ただ ラストとかいうホムンクルスと

 戦った時もそうだったが

 兵器だ化け物だと言われる自分が

 本物の化け物と戦っている時にこそ

 己がただの人間であることを 

 実感できるよ」


アルとランファン。

「そうか。

 若は自ら 賢者の石を受け入れたのか」

「ごめん。僕たちがとめていれば」

「あやまる必要はない。

 護衛の役目を果たせなかった自分に

 腹が立っているのだ。

 若は・・若はまだ

 そのグリードとかいうやつの中にいるんだな」

起き上がるランファン。

「あっ。」

「アルフォンス。

 腕がほしい。今すぐに」


「そんな・・・すぐったって・・」

「オートメイル技師を紹介してくれ!頼む!」

ランファンの強い目。

「わかった。なるべく早く紹介するよ。

 でもその前に 体力つけないと。

 ノックス先生に ご飯をもらって・・。」

ドアのところにメイがいました。

「もう起きて大丈夫なの?

 えっと・・メイ・チャンだっけ?」

「メイ?」

メイがランファンにクナイを投げつけ
そこにあった本でかわすランファン。

「え?なに?!」

「ふん。さすがヤオ家の番犬」

「そういうお前は チャンの後継」

「いかにも。

 第17皇女 メイ・チャンです」

「え あの〜」

「この国にきたということは

 狙いは不老不死」

「あなたたちにだけは 渡しません」

ベッドから降りるランファン。

「おまえはたどりつくことすらできん!」

「ちょっと 待ってよ!

 なんだか知らないけど
  
 ケンカはやめてって」

「人の国の事情に」

「口を出すな!」「口を出さないでください!」

間にはさまれたアル、まったく相手にならず。

「手負いだからといってなめるな」

「そのセリフ そのままおかえしします」

「何やっとんじゃい!こらー!!」

ノックス先生が洗面器と食事の入ったお皿で
ランファンとメイの頭をゴツンとやりました。

「ううう・・」

「病人は大人しく寝てろ」

「ひ・・人の国の事情に・・」

「てめえの国の事情なんか知るか!バカモン!!

 ったく。病人は万国共通で病人だ」


まだいがみあうふたりに怖い顔でいうノックス先生。

「これ以上 うちをちらかしてくれるってのか?

 ほう〜。医者の家から未知の病原菌がでて

 全員死亡。

 あるよなあ?」


掃除をするアルとノックス先生。

『ほんとに 散らかり放題だ。

 誰か 片付けてくれる人はいないのかなあ』

「あっ。
 
 先生 これ」


ノックス先生の家族との写真を見つけて手渡すアル。

「ん?ああ。こんなところにあったか」

とポイ。

「ちょ。家族の写真じゃないんですか?」

「別れた女房と息子だ。

 なんだよ。

 俺のものをどうしようが俺の勝手だろうが!」


写真を拾うアル。

「ちっ。

 片付けたらコーヒーでも飲んでけ」


壊した街の修復にまわるエド。

「来てくれて助かったわ〜」

「あっはは」

「何しろこのありさまでしょ。

 どうしようか途方に暮れてたとこなの」

エドが錬金術でベランダの柵を直しました。
センスがすごい。

「あれ?そういえば術がつかえてる」

不思議そうに手をみつめるエド。

「いや〜。お疲れ様でした。

 これで修復はすべて完了です」

「しかし さすがは国家錬金術師。

 そこいらの術師とは格が違いますなあ。

 実は午前中 近場の錬金術師に

 復旧を手伝ってもらったんですが

 そいつらのつかえないことときたらもう」

「自信満々で現場に入っておきながら

 いざ始めたら 術がつかえないってなあ」

『午前中・・・オレたちが地下にいた頃か』

「錬金術師さん」

「あ?」

「ありがとう」

とさっき直した家の主婦が手をふってくれました。

『ありがとう』とエンヴィーの中の魂の言葉を思いだすエド。

『エンヴィーの言ったことを

 本当に信じていいのか。

 あれが 精神も肉体もない

 ただの生命エネルギーだって。

 しっかりしろ。

 これから先のことを考えるんだ。

 あのとき オレとアルだけじゃなく

 他の術師たちも錬金術が使えなくなっていた。

 でも あの豆女とスカ―は使うことができた。

 どういうことだ?

 オレたちのとは違う錬金術。

 その秘密をききだせば 

 あるいは 賢者の石を使わなくても

 アルの体を取り戻し

 あのひげ野郎に対抗することが・・

 あ・・』


ポケットに入っていた銃に気づくエド。

「これ 中尉に返さなきゃ・・」


ED

マルコーとスカ―。

「私はヤツらに協力させられてきた。

 賢者の石をつくり

 多くのイシュヴァール人の命を奪ってきた」


お父様の胸からグラトニー誕生?

「そして私は今

 さらに多くの犠牲を出すであろう実験に
 
 協力させられようとしている。

 だから・・だから頼む。

 私を殺してくれ!今ここで!

 私は死をもって

 ヤツらに一矢報いる。

 私には 君が 神のようにみえる」


「ふん!!」

マルコーの顔をおさえるスカ―。

「まだイシュヴァールの話を

 すべてきいていないぞ!

 貴様ら あの地で何をやった?!

 すべて話せ!マルコー!

 この右手が貴様を破壊せぬうちに!!」




大佐もエドたちも人質をとられて
軍の監視下に。
まだ拘束されてないだけましですが。
エド、リンのいうとおり、弱点みえすぎです。

スカーもマルコーと出会い
ノックス先生のところで
ランファンとリンもばったり。
ノックス先生の過去もいろいろありましたから。

リンもグリードの中にいながら
ラースに反論するあたり、なかなかで。

この間グラトニーにのまれたあたりから
また最新刊まで読みなおしてしまったもので
早くこの先みたいな〜というかんじです。

あ、エドがシャワーしてる間
メイが寝てることになってたのが
よかった!というのが一番印象に残ったかも・・



エドワード・エルリック   朴ろ美
アルフォンス・エルリック 釘宮理恵
ロイ・マスタング     三木眞一郎
リザ・ホークアイ     折笠冨美子
キング・ブラッドレイ   柴田秀勝
ルイ・アームストロング  内海賢二
ノックス         有本欽隆
ランファン        水樹奈々
メイ・チャン       後藤麻衣
スカ―          三宅健太
グリード         中村悠一
ティム・マルコー     小室正幸
エンヴィー        高山みなみ
リン・ヤオ         宮野真守
ウィンリィ・ロックベル  高本めぐみ
フェスラー        石原 凡
憲兵           早志勇紀
主婦           宮本真利

ナレーション       家弓家正




鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 1
TVサントラ

Theme of Edward Elric by THE ALCHEMISTS
Theme of Edward Elric by THE ALCHEMISTS
エドワード・エルリック(朴ロ美) THE ALCHEMISTS,THE ALCHEMISTS,エドワード・エルリック(朴ロ美)

Theme of Alphonse Elric by THE ALCHEMISTS
Theme of Alphonse Elric by THE ALCHEMISTS
アルフォンス・エルリック(釘宮理恵) THE ALCHEMISTS,THE ALCHEMISTS,アルフォンス・エルリック(釘宮理恵)

ゴールデンタイムラバー(初回生産限定盤)(DVD付)
ゴールデンタイムラバー(初回生産限定盤)(DVD付)
スキマスイッチ

つないだ手(期間生産限定盤)
Lil’B

鋼の錬金術師 パーフェクトガイドブック 3 (少年ガンガンパーフェクトガイドブック)
鋼の錬金術師 パーフェクトガイドブック 3 (少年ガンガンパーフェクトガイドブック)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 2 [Blu-ray]
アニプレックス

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [DVD]
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 3(完全生産限定版) [DVD]










2009.10.25 Sunday 17:33 | comments(2) | trackbacks(27) | 
<< ふたつのスピカ 16巻(完結) | main | ジャンプ 48号 感想 >>
流架 (2009/10/25 11:10 PM)
honeyさん こんばんは!!

今回も色々と情報量が多かったですね
それぞれのキャラの話も繋がってきた感じですし
今後の展開が楽しみです!

大総統は相変わらず怖いですね…
ウィンリィという弱みを握られてしまったエド達ですが
お父様も事もあるし、どう動いてくるのか気になる所です

シリアスな展開ですが、冒頭のエドのシャワーシーンのやり取りなど
しっかり笑える所があるのは良いですね(笑)

ではでは、失礼しました!
honey (2009/10/25 11:45 PM)
流架さん、こんばんは〜。

あっちこっちで話がすすんでますよね。
大佐の部下があっちこっちにばらまかれても
それぞれ活躍するし、マルコーとスカーも出会って
スカーにも変化が訪れるし。
本当にうまく作ってある話だと思います。

シャワーシーン、マンガではてっきり
メイが目撃したものかと思っていたもので
今回アニメで安心しましたw
シャオメイにはちょっと衝撃だったようですが。









鋼の錬金術師 第29話
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」 エドとアルは地上へ。 とりあえずはホムンクルス達の監視の下でこれまで通りと。 マスタング大佐,ホークアイ中尉を思い出し入...
| Kyan's BLOG IV | 2009/10/25 5:43 PM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第29話愚者の足掻き
「ホムンクルスのお父様に捕まったエドとアルはお父様の指示でエンヴィーにブラッドレイの元…マスタング大佐がいる部屋に連れて行かれる」「鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST第29話愚者の足掻き」「ロイの部下は全部地方に飛ばされて、ホークアイはブラッドレイの秘書に
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2009/10/25 5:47 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 「愚者の足掻き」
 大総統はやはり怖いですね。アルに剣を突き立てたところはドキドキしてしまいました。
| つれづれ | 2009/10/25 5:47 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 「愚者の足掻き」
いや〜ん♪
| Ηаpу☆Μаtё | 2009/10/25 5:49 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29...
『愚者の足掻き』内容エンヴィーに連れられたエドとアル。向かった先は、軍司令部。。。。ラース。。。キング・ブラッドレイ大総統そこには、マスタング大佐もいた。フュリー曹長は、南。ファルマン准尉は、北。ブレダ少尉は、西。そして、ホークアイ中尉は、大総統付き
| レベル999のマニアな講義 | 2009/10/25 5:54 PM |
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』#29「愚者の足掻き」
「間違っているものとこそ、戦うべきだった!」 スカーを逃したものの、ホムンクルスの前に取り残されてしまったアルたち。 エンヴィーに...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/10/25 5:57 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 『愚者の足掻き』
俺は国家錬金術師を辞める 血に塗れた銀時計――。
| ティンカーベルをください | 2009/10/25 5:59 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
一連の騒動はとりあえず終わり、ひと段落・・ってわけにもいかないのがハガレン。
| 雨逃げ | 2009/10/25 6:03 PM |
鋼の錬金術師 FA 第29話 「愚者の足掻き」 の感想
鋼の錬金術師 (15) (ガンガンコミックス (0692))スクウェア・エニックス 2006-11-22売り上げランキング : おすすめ平均 衝撃の15巻「マンガ」が「漫...
| 24/10次元に在るブログ | 2009/10/25 6:03 PM |
鋼の錬金術師 第29話「愚者の足掻き」
神は誰か、人間の強さとは-------------!?  先週も怒涛展開で、おとうさまとの対面があったわけですが、何せ前回はリンとグリードの融合の熱演に持ってかれました♪エンヴィーの案内で、地下のエレベーターに乗せられ向かった先は、なんと軍司令部!!なん
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/10/25 6:22 PM |
鋼の錬金術師 29話
29話 「愚者の足掻き」
| ハルジオンデイズ | 2009/10/25 6:26 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
縲弱お繝ウ繝エ繧」繝シ縺溘■縺ォ謐輔∪縺」縺溘お繝峨→繧「繝ォ縺ッ縲√♀辷カ讒倥磯谺、コ縺ァ荳ュ螟ョ蜿ク莉、驛ィ縺ョ繝悶Λ繝絅蜈ャ繧、縺ョ蜈紜搾」繧後※陦後°繧後k縲よ里縺ォ驛ィ螻九↓縺紜≦ュ繧、繧医j縲√繝シ繧ッ繧...
| Spare Time | 2009/10/25 7:06 PM |
鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第29話「愚者の足掻き」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [DVD](2009/11/25)朴ロ美釘宮理恵商品詳細を見る エンヴィーに連れられてエルリック兄弟はエレベーターに。ホムンク...
| 破滅の闇日記 | 2009/10/25 7:19 PM |
鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
「今後の道」
| マリアの憂鬱 | 2009/10/25 8:53 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
パンダかわいいw エドのすっぽんぽんに照れてます(/ω\*) そういえばシャオメイはメスなんでした。 軍は真っ黒! 国家錬金術師制度その...
| 空色きゃんでぃ | 2009/10/25 8:59 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
捕まったエドたちは、ブラッドレイの元に連れて行かれ。 ロイから、すでに軍上層部が敵側になっていたと知らせる…。 エドはお父様の計画に...
| SERA@らくblog 3.0 | 2009/10/25 9:33 PM |
(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第29話 「愚者の足掻き」
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 4 [DVD]クチコミを見る エンヴィーたちに捕まったエドとアルは、お父様の指示で中央司令部のブラッドレイの元へ連れて行かれる。既に部屋にいたロイより、ホークアイ以下ロイの部下たちの異動話、そして軍上層部すべてが既に敵側の手
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/10/25 9:35 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
 その右手に宿すものは、神の裁きの雷か、憤怒の炎か・・・。  今期のアニメ、「鋼の錬金術師」は原作に忠実ですな、前回やっていたオリ...
| ウタカタビトの備忘録 | 2009/10/25 10:20 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
「試されている、光栄じゃないか」 己の野望の為にも、軍に留まる事を決めた大佐! そして、地下を探っていたスカーはマルコーと対面する事に...
| WONDER TIME | 2009/10/25 11:09 PM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
 エドとアルが軍の人間に化けたエンヴィーに連れられて行った場所は軍の中央司令部で、それもブラッドレイ大総統の居る部屋でした。そこにはロイ・マスタング大佐も居ました。エンヴィーはブラッドレイを“ラース”と呼び、二人の事を頼んで行ったのでした。    we
| たらればブログ | 2009/10/26 1:29 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 「」 感想
 今回はお父様との戦い後のエドとアルメインに進んでいきます。お父様に敗北したエドとアルはどうなるんでしょうか…。ようやくロイとも再会して、話は更に進んでいきそうです。今回もメイチャンがいいキャラしていました。危機一髪でしたね…。
| コツコツ一直線 | 2009/10/26 3:10 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話
第29話 愚者の足掻き エドとアルはエンヴィーに案内され、エレベーターに乗った。上昇していくとそこは、軍司令部だった。 エドとアルはシャワールームに向かい、戦いの汗と、体に飛びついた血を洗い落とした。 「ホムンクルスの根城が、司令部の地下深くにあっ
| モノクロのアニメ | 2009/10/26 3:15 PM |
今週の鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST「第29話 愚者の足掻き」
どうにか再び地上へ。軍の人たちが久しぶり
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2009/10/26 10:53 PM |
鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST 第29話「愚者の足掻き」
日・月にハガレンの更新するのは少々無理があるので、これからはたぶん火曜日にupしていきます。(祝日やスクエア発売日と重なる場合は順延)エンヴィーに連れられエド・アルが着いた先、そこは軍指令部地下のシャワールーム。体の居場所が判明し喜ぶアル、まだシャオメ
| あくびサンの、今日も本を読もう♪ | 2009/10/27 5:45 PM |
鋼の錬金術師 #29 愚者の足掻き
テレビ版の 『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらな...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2009/10/27 5:52 PM |
鋼の錬金術師〜第29話「愚者の足掻き」
エド、アルはエンヴィにつれられてあるきだす。なんだか、前回とうってかわって、平和な雰囲気が。大佐といっしょにいる大総統と対面。エド「そのときがきたら、 俺たちひとばしらとよばれる者以外の一般人はどうなるんですか」大総統「余計なことはしらんでいいと言っ
| ピンポイントplus | 2009/10/28 11:09 AM |
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第29話 愚者の足掻き
エドとアルは、エンヴィーに連れられ軍司令部へ。
| アニメ日和 | 2009/10/29 9:04 PM |