<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

花咲ける青少年 第26話 傀儡

第26話 傀儡

ソマンド王主催のパーティーへ、
王室の内情を探りにきたユージィン。
しかし、想像以上にガードは固く、
目的のものは得られない。
無駄足に終わったかと思われた時、
ユージィンの前にナジェイラが姿を現す。
一方、立人の生家にいる花鹿は、
立人らと話をしている内に、立人が
クインザの事を疑っていると感じ、
ルマティの為にも自分がラギネイへ行き
真実を確かめると言う。それを聞いた立人は、
声を荒げて花鹿を引きとめようとする。




花鹿はシンガポールのルマティの元へ。
花鹿がラギネイにいきたがっても
いつクーデターがおきてもおかしくない国へ
絶対にいかせまいと思うリーレン。

ルマティ、リーレンの家にいって
ばあやさんにも優しい言葉。
前とはやっぱり違う。

ソマンド陛下に会いにラギネイにいったユージィン。
ですが王によばれないかぎり、部屋にすら入れない。
困ったとおもっていたところに
イズマル殿下とばったり。

イズマル殿下のところへ行くといっていたのに
それをすっぽかしたユージィンに怒っていますが

ここぞと発揮されるユージィンの武器!!

一瞬で、殿下のご機嫌をなおしてしまいました。

「効果てきめん・・すぎる・・・」

そこへ今度はナジェイラが。
ナジェイラはユージィンをつれていき
ソマンドは王宮から出ないので
会うのは至難の技だといって
いっしょにくるかと誘います。

「何が狙いです?」

「前にも言ったでしょ。

 私は退屈したくないの」


そのナジェイラの雰囲気が変わったと
感じるユージィン。

ラギネイの話をする花鹿たち。
軍部が機能していれば、というルマティに
セズンが密入国してでも、といいますが
そこへあらわれたノエイ。

出入り業者のふりをして入るって
リーレンち、危ないです・・。

現状を打破できるのはルマティしかいないというノエイ。
ソマンド派、ルマティ派。
そして王制廃止派のみつどもえとなっているラギネイ。

迷っている時間はないというルマティ。
陸軍に力をもつ者がいないかたずねる
ルマティに、ルマティの成長を感じるノエイ。
セズンも侍従たちを味方につけるべく
ラギネイにいくといいますが
リーレンは決してクインザには
近づくなと忠告。

クインザの目指すものも
ルマティ王の誕生だが
目的は同じでもやり方が違う。
争いをわざと起こし、
膿を出しきってから王としてルマティを
迎える計画。
説得するのは無理。
今はクインザが最大の敵だというリーレン。

花鹿はクインザにあいにラギネイに行くといいますが
強い口調で

「ダメだ!!」

というリーレン。

「絶対に行くな!絶対に!」

と聞く耳をもたず。

ナジェイラとともに王宮へいくユージィン。

王宮でルマティのために祈るクインザ。

『ルマティ殿下。

 もう少しです。

 もう少しだけお待ちください。

 ラギに選ばれし真の王。

 太陽に祝福されし王。

 あなたにこの腐りきった王宮をみてほしくない。

 ウジ虫どもに心を痛めてほしくないのです。

 あなたの立つ王宮は

 私が用意します。

 必ず!』


ユージィンを出迎えたクインザ。
国王を待つ間、クインザがお相手。
ユージィンが目の前にいるのに
クインザにべたべたするナジェイラ。

ナジェイラはソマンドの妻となり
未来の王妃になるお方。
そしてクインザの最愛の人。

ナジェイラ、クインザにまんまとたらしこまれてました。

ユージィンはクインザと二人で話したいといい
ナジェイラはでていきました。

ナジェイラを使って何をするつもりかときくユージィンに
ナジェイラを悪くいうクインザ。

ユージィンをどうにかするのなんて簡単。
ナジェイラが嫌う花鹿がお気に入りのユージィンを
ここにしばらくとどめるつもり。
しかし反抗してみせるユージィン。

「必要とあらば

 私はあなたを殺しますよ。

 あなただけではない。

 国のためなら 何百でも

 何千でも」


「こいつ・・」

「国家の為の殺人は 殺人ではない。

 それは

 尊い犠牲と呼ばれるものなのですから」


「こいつは・・魔王か?」

リーレンは花鹿のことが心配でならず。
クインザが花鹿の出生の秘密を知ったら
どうなるか火を見るよりあきらか。

花鹿はラギネイが気になって眠れない。

「あの国を思うと

 心がざわめく。

 胸がせつなくなる」





花鹿はとめても無理でしょう。
そういう子なのはリーレンが一番
よくわかっていると思うけど。

クインザが本性をみせてやりたい放題。
ルマティがこういうやり方を決して
好きじゃないことを知っているのに。
国のため、ルマティのためといいますが
ゆがんでますよねえ・・。


花咲ける青少年 1 愛蔵版 (1) (花とゆめCOMICSスペシャル)
樹 なつみ

CHANGE/One
CHANGE/One
J-Min,遠藤綾,松本有加,小林孝至,斉藤哲也

花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]
花咲ける青少年 Vol.1 [DVD]

花咲ける青少年VOL.2 [DVD]
花咲ける青少年VOL.2 [DVD]

花咲ける青少年VOL.3 [DVD]
花咲ける青少年VOL.3 [DVD]

花咲ける青少年VOL.4 [DVD]
花咲ける青少年VOL.4 [DVD]

花咲ける青少年VOL.5 [DVD]
花咲ける青少年VOL.5 [DVD]

花咲ける青少年VOL.6 [DVD]
花咲ける青少年VOL.6 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.7 [DVD]
花咲ける青少年VOL.7 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.8 [DVD]
花咲ける青少年VOL.8 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.9 [DVD]
花咲ける青少年VOL.9 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.10 [DVD]
花咲ける青少年VOL.10 [DVD]
ビデオメーカー

花咲ける青少年VOL.11 [DVD]
花咲ける青少年VOL.11 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.12 [DVD]
花咲ける青少年VOL.12 [DVD]
ケンメディア

花咲ける青少年VOL.13 [DVD]
花咲ける青少年VOL.13 [DVD]
ケンメディア
2009.10.26 Monday 14:46 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< ジャンプ 48号 感想 | main | 美少女戦士セーラームーン 第40話 湖の伝説妖怪!うさぎ家族のきずな >>









花咲ける青少年 26話「傀儡」
早速ですが、次回予告についにあの娘が〜〜〜!!いよいよ 立人は 追い詰められていくのですね      (〃∇〃v)ああ いい男の苦しむ姿は 極上の味。。もちろん、最後はいい思いをしてもらうことが前提ですけどね〜〜v今回とても作画が綺麗だったと思
| 薔薇色のつぶやき | 2009/10/26 7:33 PM |
『花咲ける青少年』#26「傀儡」
「クインザは今、我々にとって最も手ごわい敵だ」 シンガポールにいるルマティたちと合流した花鹿。 あとどれだけこの平穏な日々を過ごせ...
| ジャスタウェイの日記☆ | 2009/10/26 9:02 PM |
花咲ける青少年 第26話 傀儡
 クインザが黒すぎですね。久しぶりにこんな真っ黒なキャラをみました。
| つれづれ | 2009/10/26 9:35 PM |
花咲ける青少年 第26話 傀儡
ラギネイ王族のパーティーに出席するユージィン。
| アニメ雑記帳 | 2009/10/26 10:13 PM |
花咲ける青少年 第26話「傀儡」
前回の総集編は、ものすごく分かりやすい内容だったかと。ものすごくかいつまんでの、過去と現在、そして花鹿を取り巻くラギネイの事情で面白く見させてもらいましたわ。これは正解だったかも♪諏訪部っちの声もたくさん聞けましたしね(^^)さて、まずはソマンド陛下
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/10/26 11:24 PM |
花咲ける青少年#26「傀儡」感想
これ以上、花鹿をラギネイに接近させてはいけない!立人の思い。けれど罠は確実に迫っていて!?「傀儡」あらすじは公式からです。ソマンド王主催のパーティーへ、王室の内情を探りにきたユージィン。しかし、想像以上にガードは固く、目的のものは得られない。無駄足に
| おぼろ二次元日記 | 2009/10/27 5:49 PM |
花咲ける青少年 第26話 傀儡
ラギネイはいまや恐怖政治らしい・・・。 その内情を探りにきたユージィンはナジェイラに王宮に案内される 。 クインザ登場。ナジェイラの...
| shaberiba | 2009/10/27 8:48 PM |