<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

古代少女ドグちゃん 第6話「妖怪 人形つかい」

第6話「妖怪 人形つかい」
 ある日、学校の帰り道でドグちゃん(谷澤恵里香)と
誠(窪田正孝)は、道を尋ねてきた
茉莉香(岡野真那美)と出会う。
茉莉香は病弱な娘ゆりを一人で看病している
会社の上司・佐山(斉木しげる)を心配して
尋ねて来たのだった。一緒に佐山の家を訪ねた誠は、
2階の窓からのぞく少女の影を見る。
佐山は茉莉香を冷たく追い返すが、茉莉香は
時間を置いてもう一度訪ねてみるという。
 家に帰った誠はドキゴローが読んでいた
週刊誌を見てビックリ。
「2階の窓辺に年頃の娘の幽霊が出る家」というのが、
先ほどの佐山の家だったのだ。
娘は10年前に交通事故で死んでいるという。
「もしかして幽霊?」おびえる誠を尻目に
ドグちゃんは「あの家、何か臭う」と、
ドキゴローを偵察に行かせる。 
一方、再び佐山家を訪ねた茉莉香は、
佐山から「娘と一緒に夕食を」と誘われ、
佐山の目を盗んで、家の中を物色しはじめる。
茉莉香の狙いは、この家の権利書だったのだ。
その姿をゆりに見られてしまったと思った茉莉香。
が、ゆりだと思ったのは、ただの人形だった・・・!





夜道を歩く若者3人が、
ふらふら歩く髪の長い少女をみかけ
声をかけました。
女の子ははだし。
前に回って顔をみた若者はびっくり。

そこへ父親が「ゆり!」と名前をよび
家に連れて帰りました。

その家までみにいく3人。

「なんなんだよ ここ」

OP

「ドグちゃんは縄文時代の妖怪ハンター。

 僕、ドキゴローといっしょに

 現代の妖怪を退治しまくるドキよ。

 ああ、杉原誠というしもべもいるけど

 こいつはどうでもいいドキ。

 さあ〜今宵は 

 どんな妖怪と戦うドキね〜」



「妖怪 人形つかい 登場」


学校帰りの誠はドグちゃんに
最近このあたりで白い服きた女の子のユーレイが
でるという話をしてました。

「だいたい ユーレイなんて

 いるわけないし」


「あれ?妖怪ハンターなのに

 ユーレイ信じないの?」


「うん。人は死んだらそれっきり

 あとかたもなくきれいさっぱり

 なくなるものなの。ぱ〜っとね」


「それさ なんかさびしくない?」

「そ〜お?」


そこへ道をたずねる女性。
茉莉香を佐山さんちへ案内するふたり。
その家の二階の窓に、女の子がいたのを
みつける誠。
でももう一度みたらもういなくなっていました。

佐山がかえってきました。
一週間も休みだから娘さんを
つきっきりで看病しているんじゃないかと
お見舞いにきたようですが
気遣いは無用だという佐山。

「君は赤の他人なんだから」

そんな言い方はないじゃないと
文句をつけるドグちゃんですが
うちのことはほっといてくれと
中にはいってしまいました。

茉莉香から事情をきくふたり。
娘さんがあまりからだが丈夫じゃないので
看病のためずっと休んでいて
このままでは会社も首になるんじゃないかと
いわれているそうです。
奥さんはずいぶん前にでていって
男手ひとつで育てているというあたりが
誠の一緒。

茉莉香は会社にはいったときに
佐山にずいぶんお世話になったそうで

「ふ〜ん 好きなの?」

とドグちゃん。

茉莉香はもう一度いってみると
でかけました。

「けなげな人だなあ。

 ぜってー誰かさんと違うな」


とよけいなことをいって
ドグちゃんに怒られる誠。

佐山は娘に食事を運びます。
娘は茉莉香の事も知っていて
「パパがいいなら私はいいよ」
と再婚も容認するかのような発言。

ドグちゃんたちが帰宅したら
ドキゴローが週刊誌をよんでいました。
その週刊誌に

「これが噂の幽霊屋敷だ!!

 二階の窓目に白い少女の姿が・・!!

 閑静な住宅街に現れた幽霊!?」


という記事が。
さっきの佐山さんの家でした。

幽霊じゃなくほんとに娘がいるという誠に

「そんなはずないドキ。

 この家の娘は 

 10年前に事故で死んでるドキ」


というドキゴロー。

記事を読む誠。
本当にそう書いてありました。

「え・・じゃ 僕がみたのは・・・

 まさか・・」


誠の肩にはりつくドキゴロー。

「あれー 見ちゃったドキか〜」

「それってもしかして・・

 妖怪じゃない?

 ドキゴロー 偵察してきて」


「了解、いってきますドキ」

「あの家 な〜んか匂うんだよねえ」

というドグちゃん。


CM


ふたたび佐山をたずねる茉莉香。
今度は中に通してもらいました。

佐山がコーヒーをいれるのを手伝いにいって
こぼれたコーヒーの粉をひろうのに

手と手がふれてどっきり・・って

どこの恋愛ゲームかと。

茉莉香、佐山の入れる砂糖の数まで知っています。
いっしょにコーヒーを飲んで和やか。

佐山と娘さんがいっしょにうつっている
写真を見て「かわいい」という茉莉香。

「今 高校生でしたっけ。

 最近の写真はないんですか?」


そのときパパはゆりによばれて二階へ。
階段で話すふたりに、茉莉香が
「おじゃましてます」と声をかけると
ゆりは二階へいってしまいました。

自分も母を早く亡くして父と二人きりだったので
ゆりの気持ちがわかるという茉莉香。
早く再婚したら?といって父をかえって
こまらせたそう。

「課長は されないんですか?」

「え?」

「ごめんなさい。よけいなことを」

「いやいや、そんな・・」

おもわせぶりにふりむいて見つめる茉莉香。

外からのぞくドキゴロー!

「おお〜。大人の恋愛ドキ〜。

 あっ それどころじゃないドキ!

 調査開始ドキ!」


ドキゴロー、二階へとんでいきました。

「調査ドキ あ、それ 調査ドキ♪

 な!いたいた〜
 
 う〜ん 足はあるドキね〜

 ということは 幽霊じゃないドキか〜」


しかしゆりの顔をみてびっくり。

「あー!そういうことだったドキか〜!

 こりゃたいへんだ〜!

 あ、ドグちゃんに〜知らせなきゃ〜!」


茉莉香と佐山は黙ったまま。
そろそろ帰るという茉莉香をよびとめ
晩御飯をいっしょにと誘う佐山。
茉莉香、笑顔でうなづきました。

そして佐山がワインを買いにでかけると

ひきだしの中をあさりだす茉莉香!!

家の登記簿!!

「もしもし ミノル?

 みつけたわよ 権利証。

 平気 平気。
 
 籍入れたらすぐに

 換金しちゃえばいいんだから。

 そ。気がついた時には私たちは
 
 遠い海のむこうってわけ。

 あっははは。子ども?

 ああ 娘がいるけど別に
 
 たいしたことじゃないわ」


その後ろに白い服のゆりの姿が・・・。

気配を感じて茉莉香がふりむくと
ゆりはいなくなっていました。


CM


茉莉香は電話をきって、ゆりの部屋へみにいきました。

「きいてたの?」

ゆりはむこうをむいてすわっていました。

「たち悪いわね。

なんとかいいなさいよ」


たちが悪いのはあんただから!!

黙ったままのゆり。
ゆりにちかづく茉莉香。

肩に手をふれるとこちらをむいて倒れたのは
人形でした。

「何 これ?」

その頃、ドキゴローもドグちゃんたちに
報告していました。

「人形?」

「人形といってもあれはいわゆる

 ラブドールというやつドキね」


「でもね 僕もみたんだよね」

「それは人形つかいのしわざドキ」

「人形つかい?」

「うん。妖怪検索〜!

 人形つかい ひとがたにとりついて

 生きているかのようにふるまう妖怪ドキ。
 
 昔から多くの人間を惑わしてきたドキよ」


人形の前でたたずむ茉莉香。
何か恐ろしいものを感じて部屋からでていこうと
すると人形がしゃべった。

「パパをいじめないで」

ふりむくと目の前に人形のアップ!!

怖いーーーーーー!!

茉莉香、大あわてで逃げていき
ぶつかって肩を痛めます。

追ってきた人形が茉莉香の首をしめあげました。

「パパをいじめないで

 パパをいじめないで

 パパをいじめないで
 
 パパをいじめないで」


「そこまで!」

ドグちゃんがきました。

「妖怪人形つかい 覚悟しなさい!」

誠は倒れている茉莉香に声をかけます。

「なにがあったか知らないけど

 人間を惑わすとどうなるか
 
 思い知らせてやるからね!」


「ふっはははは

 惑わすだと?

 惑わしていたのはその女のほうだ」


茉莉香は気がついて
悲鳴をあげて逃げていってしまいました。

「まあいい。

 とにかく オレのおかげで

 あの男がどれだけ救われたか

 わかっているのか?」


「救われた?」

「10年前、あいつは自分の不注意で

 交通事故をおこし

 たったひとりの娘をなくした。

 もともと不仲だった女房は

 やつを責め続け

 やがてこの家をでていった。

 それから10年の月日が流れた。

 娘が生きていたら 

 高校生になっているころだ。
 
 くだらない一枚のチラシだった。

 宅配専門の高級ラブドール。

 あいつはそこに 娘の成長した姿を

 見出したんだ」


ラブドールに娘の姿を見たってどうなの?!

ラブドールを買って、小学生のかっこうをさせ
ランドセルをかつがせる父・・。
他にも女の子の服をいろいろ買ったそうで。

「そろそろ 寝ようか。

 おやすみ」


と部屋をでようとしたら

「ありがと パパ」

と人形がしゃべりそしてパパに近づきます。

「あいつの願いにオレはこたえた。

 心の死んだあの男に

 再び生きる喜びを与えてやったんだ。

 それでもおまえは 

 オレを殺すつもりなのか?

 弱い人間の幸せを奪うつもりなのか?」


「どんなに幸せに思えても
 
 結局は嘘じゃない!

 嘘はいずればれるんだからね。

 ドキドキ ウェ〜ブ!」


ドグちゃんの胸からドキドキウェ〜ブが。

「後悔するぞ」

とつぶやく妖怪。

そこへ帰宅した佐山はその光に目がくらみました。
目がなれると

「さよなら パパ」

と人形に戻って倒れました。

「う〜ん。胸いっぱ・・」

というドグちゃんをおしのけ
人形のところへいく佐山。

「ゆり!ゆり!」
人形の首がはずれました。

「よくなるよ

 すぐに よくなるからね

 ああ 救急車

 救急車 よばなきゃ

 おかあさん!おかあさん!

 たいへんだ!

 ゆりのこと轢いちゃった

 後ろに立ってたんだよ!

 バックしたら 後ろに
 
 ゆりがたってて・・

 ゆり・・

 ごめんなさい!ごめんなさい!
 うわぁぁ〜〜」

人形にすがって泣く佐山を
みつめるしかできないドグちゃんと誠。

家に戻って母の写真をみつめる誠。

「幽霊ってさ ほんとにいないのかな

 人は死んだらほんとにそれっきりかな」


ドグちゃんは誠の足を枕に寝そべってました。

「そ。人間は死んだらそれっきり

 あとかたもなく

 きえてなくなっちゃうものなの」


「それさ やっぱなんかさみしくない?」

「ひきずらないためだよ」

「え?」

「消えてなくなっちゃうのは

 あとに残った人が

 つらい気持をひきずらないためなんだよ」


誠の母の写真をだきかかえるドグちゃん。

「ドグちゃん」

「おやすみ!」

佐山は妻と娘がいっしょにいる
幸せな夢をみながら
暗い部屋で一人で食事していました。

「パパは 世界一の幸せもんだよ」

真っ黒に焦げたトースト・・。

「おいしいなあ〜〜」


最後のドグちゃんじゃんけんのあとに
「人間みんな孤独なんだよ」とドグちゃんが
言ってました。


今回の佐山は妖怪のおかげで幸せだったけど
そんなのは間違いだからと現実に引き戻す
ドグちゃん。
悲しんでいる姿をみて誠は複雑そうでしたねえ。
でも、泣き叫んだあと、立ち直るならともかく
結局また夢の世界にいっちゃったとは。
あれだともうどっか病院いくレベルでは。
自分が娘を轢いてしまったというのは
たしかにつらすぎますが
耐えられないくらいつらい現実だったとしても
それでも生きていかないと・・。

ところで今回の茉梨香をみて、
最近話題の結婚詐欺を思い出しました。
娘の人形に夢中になっている父親でさえ
陥落させてしまうあの微笑み。
あれなら男性はころっと騙されそうです。
本性を出してるときとの違いにも感心しました。
茉梨香はもっとひどい目にあっても
よかったんじゃない?


ドグちゃんグッズでTシャツはあるけど
ドキゴローストラップとか
しゃべるドキゴロー人形は〜?


ドグちゃん 谷澤恵里香
杉原誠   窪田正孝
ドキゴロー 朴ろ美

北川茉莉香  岡野真那美
佐山ゆり   上田愛美
佐山淳一   斉木しげる
杉原小百合  斉藤由貴(写真出演)

青山 碧 柳下花恋
遠山悠介 藤巻勇気
荷川取良樹








古代少女ドグちゃん ドキドキパック(上)〈期間限定版・2枚組〉


代少女ドグちゃん ドキドキパック(下)〈期間限定版・2枚組〉


誰だ!(Radio Edit)
誰だ!(Radio Edit)
電気グルーヴ

谷澤恵里香 2010年 カレンダー
谷澤恵里香 2010年 カレンダー

2009.11.12 Thursday 14:38 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< ナルト一楽ラーメンスナック | main | 銀魂の販促チラシ >>









古代少女ドグちゃん#6
今回の物語は、これまでの物語とは違うものであって、ホラー作品である「怪談新耳袋」を見ているような気になりました。(原案の井口昇監督にしろ、今回の物語の監督・脚本の三宅隆太にしろ、共に「怪談新耳袋」に参加している。)冒頭部分もそうだったし、途中でもいく
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2009/11/12 4:39 PM |
古代少女ドグちゃん 第六話 人形つかい
『妖怪 人形つかい』内容最近、幽霊が目撃されるという噂があった誠(窪田正孝)は心配するが、気にしないドグちゃん(谷澤恵里香)そんななか、1人の女性(岡野真那美)に道を尋ねられる。。向かったのは佐山淳一(斉木しげる)というお宅。佐山は、道を聞いてきた女
| レベル999のマニアな講義 | 2009/11/12 5:56 PM |
【感想】古代少女ドグちゃん 第6話
「妖怪 人形つかい 登場」 逆に高級ラブドールが欲しくなってきた。
| あにぎり(仮) | 2009/11/12 10:47 PM |