<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

古代少女ドグちゃん 第9話「妖怪 肉食姉妹」

第9話「妖怪 肉食姉妹」
 誠(窪田正孝)に思いを寄せる同級生の紀美香
(桐島里菜)の前に、ある日突然、ユカリ(大沢逸美)と
クリスチーネ(佐藤真弓)という姉妹が現われ、
親しげに語りかけてきた。いぶかる紀美香に、
ユカリは「アンタがアタイらを呼んだんだろ?」という。
実は紀美香は、誠といつも一緒にいるドグちゃん
(谷澤恵理香)を誠から引き離そうと、
黒魔術を使ってしまったのだった。
姉妹に廃墟に連れて行かれた紀美香は、
その恐ろしさに気づかず、2人と契約を結んでしまう。
 姉妹が杉原家に近づくや、妖怪臭を感じたドグちゃんは
ドキゴローとドッキング、「地獄の肉食姉妹」
と名乗る2人と戦う。
ドグちゃんの剣で傷を負ったユカリたちは、
ひとまず退散していった。
ドキゴローの妖怪検索によると、肉食姉妹は
普段は地獄に住む殺し屋で、誰かの依頼を受けて
現世に呼び出されたのだという。
一方、ケガを負わされたユカリの怒りは収まらず、
ドグちゃんのしもべ、誠に魔の手が忍び寄ることに。
誠とドキゴローを捕まえたユカリとクリスチーネに
紀美香は反発を覚えるが、交わされた契約は覆らない。
紀美香はドグちゃんにすべてを話して助けを求め、
普段はライバルの2人が今回ばかりは
協力して誠の救出に向かう・・・。



「エロイムエッサイム エロイムエッサイム

 エロイムエッサイム エロイムエッサイム」


魔方陣で悪魔をよび出す女。

電話で女性をふる男性に
呼び出された魔物らしきものが襲いかかります。
クマとライオンっぽいするエット。

OP


「ドグちゃんは縄文時代の妖怪ハンター。

 僕、ドキゴローといっしょに

 現代の妖怪を退治しまくるドキよ。

 ああ、杉原誠というしもべもいるけど

 こいつはどうでもいいドキ。

 さあ〜今宵は 

 どんな妖怪と戦うドキね〜」


妖怪 肉食姉妹 登場

「突撃!!ちまたの噂・都市伝説

 黒魔術で魔物を召喚

 女子高生たちの密かなブーム」


というみるからにあやしい特集記事をみる誠。

「アホクサ」

とつぶやく誠は耳をほじってその指をフッ。
それをみてキュンとするドグちゃん。

「今胸が高鳴ったドキか?」

「や〜だ〜

 誠ったら ふっ だって」


と真似をして喜びます。

「これは 人間でいう思春期に

 女の子が異性を意識した瞬間に

 みられる兆候ドキ」


誠が飲み物をこぼしても キュン!

ふいてあげるからズボンを脱がそうとする
ドグちゃんから逃げて
足の小指をひっかけても キュン!

「へ〜 これもキュンドキか?!」

「足の小指 これ 痛いんだよね」

とツンツンつつくドグちゃん。

「ああ〜 これはゆゆしき事態ドキ」

とドキゴロー。

紀美香は友だちに誠が好きだと告白。
でも誠はみるからに草食系だから
告白を待ってるだけじゃダメとアドバイスされます。

「もっとがつがつ攻めなきゃ。

 めざせ 肉食系女子よ」


その店に、みるからに肉食系というか
肉食そのものな女子高生二人連れがいました。

友だちがかえったあと、そのふたりが
紀美香のテーブルにやってきました。

ユカリとクリスチーネ。

クマのぬいぐるみつき。

「いつも心にサバンナを。

 欲しい獲物がいつもそこにあるとは

 かぎんないんだよ。

 話をきこうじゃないか」


「え?」

「あんたが

あたいらをよんだんだろ?」


エロイムエッサイムとやっていたのは紀美香でした。

「にゃあ〜」

ユカリとクリスチーネのアジトについていく紀美香。
シマウマふう手下たちがお出迎え。

紀美香は誠につきまとうドグちゃんを
やっつけてほしいみたいで
悪口ざんまい。

「何よ 胸のでっかい女が

 そんなにえらいわけ?!」


クリスにおどされてびくびくの紀美香ですが
グラスの上に手をかざしなといわれ
その手を爪でひっかかれ血がグラスにおちて
契約成立。

「あたいらは必ず獲物をしとめる」

「だからあんたは

絶対うらぎんじゃないよ」


うなづく紀美香。

シマウマ下僕が肉をはこんできました。

「さっき もうひとりいましたよね?」

肉の中にメガネがーー。

手下ひとり、餌になった。。。


驚く紀美香。


CM


ドグちゃん、誠相手に新妻ごっこ。

「ねえ ダーリン

 先にご飯にする?

 それとも お 風 呂?」


「いいよ 自分でやっから」

誠、そっけない。

「じゃあ パンチにする?

 それともウラー?」


と脅されても辞退。

そのとき変な声が上からきこえました。

「妖怪の匂いがする!

 ドキゴロー!」


「ほいきたドキ!」

「いくよ!」

「トーッ!」

二階へいく二人は
土足のユカリとクリスチーネがあがりこんでいました。

「あの・・どちらさまですか?」

「問われて名乗るもおこがましいが」

「生まれは地獄の七丁目」

「親の顔すら知らない姉妹」

「手をとりあって二人旅」

「百獣の女獅子

 ユカリ姐さんたぁ

あたしのことよ」


「永遠のプリティベア

 クリスチーネだい!」


「あたいら 地獄の

 肉食姉妹 ニャア〜」


ふたり、ポーズをきめました。

「うわ〜 また変なのでちゃった」

「妖怪退散!」

とかかっていくドグちゃんに
せっかちだねえという姉妹は
誠に目を向け、ヤキモチ焼いたドグちゃんが
切りつけると、ユカリが流血。

「でなおしだよ」

といったんひいていきました。

「ドキゴロー なんなの?あいつら」

「妖怪検索

 あいつらは妖怪肉食姉妹ドキ。

 普段は地獄に住む

姉妹の殺し屋ドキ。

 きっと誰かが

現世に呼び出したドキ!」


「誰かって誰だよ?」

紀美香は契約してしまったことを
悩んでいる様子。

肉食姉妹は傷をつけられた恨みで
殺すだけではあきたらない、
あの女の大事なものをめちゃめちゃにしてやる
と牙をみせました。

誠に話があるというドキゴロー。

「誠はドグちゃんをどう思ってるドキ?」

「何?どうって?」

「僕はお前にお父さんと呼ばれる

 筋合いはないドキー!」


「別に呼んでないし」

そこへ咆哮がきこえ上から網がふってきて
誠とドキゴローはつかまってしまいました。

「みればみるほど

 かわいい坊やだねえ」


「ちょっとだけ 

味見させてもらってもいいかな」


ドキゴローもいっしょに縛られていました。

「苦しいドキ」

そこへ紀美香がやってきました。

「何してるの?どういうつもり?」

「この坊やを餌に

あの女をバラしてやんのさ」


「もうやめて!

 お願い。なかったことにして!」


「なんだって?」

「やっぱりこんなのまちがってる。

 誠くんは関係ないもの」


「僕も関係ないドキ」

「ふざけんじゃないよ!」

紀美香、ひっぱたかれました。
ぶつかった箱の中からは骨がいっぱい。

「何あまっちょろいことぬかしてんだか」

「一度交わした契約が

 簡単にくつがえるとでも

 思ってるのかい?

 食うもの 食われるもの

 憎むもの 憎まれるもの

 すべてのものには役割ってもんがあんだ。

 急行電車は誰かの動体視力を養うために

 ホームを通過してんじゃないんだよ」


「さっさとあの子をここにつれてきな」

「私 こんなことのために

 あなたたちをよんだんじゃない!」


誠、びっくり・・・。

「紀美香ちゃんが このふたりよんだの?」

紀美香、その場から走り去りました。

庭掃除しているドグちゃん。
アジサイが咲く季節にとったらしい。

「ドグドグちゃんちゃん

 レレレのレ♪」


そこへ紀美香がやってきました。

「お願い。誠くんを助けて」


CM


紀美香を部屋にあげて事情をきくドグちゃん。
お茶うけは木の枝。

「バカ!なんで

そんなことしちゃったのよ!

 人間が妖怪を

あやつれるわけないじゃない!」


「ドグちゃんのせいだよ」

「なんでドグちゃんがいけないの?」

「あなたがいなければ

 こんなことにはならなかった!

 私信じてた。

 いつかきっと

 誠君が私の気持ちに気づいてくれるって。

 そんな日がくるのをずっと待ってた。

 それなのにぜんぶぶち壊しじゃない!」


「ドグちゃんだって誠のこと」

「誠くんはどうせしもべなんでしょ?」

「しもべはしもべでも

 特別なしもべだもん!」


というと枝をポリポリ。
紀美香もまけじとポリポリ。

「あたしはね もうずっと前から

 誠くんのことが好きなの!」


「ドグちゃんは

何万年も前から生きてるもん!」


「誠くんは人間なの!

 私たちからみたら

 ドグちゃんだって妖怪なんだよ。

 そんなこともわかんないの?!」


紀美香ひどい・・・。

落ち込むドグちゃんをみてさすがに
あやまる紀美香。

「ごめん・・そんなつもりじゃ・・

 ダメだ。私もうボロボロだ」


ドグちゃん、外へでていきます。

「誠が危ないときは

 ドグちゃん 

助けにいかなきゃ!」


「待って。

 外にでるときは制服きていけって

 言われてるでしょう?」


「でも!」

「そんな恰好じゃ
 
 いっしょに歩くあたしが恥ずかしいよ」


ドキゴローはきっとドグちゃんが
助けに来てくれると信じ
そこへセーラー服のドグちゃんが
紀美香といっしょにやってきました。

「頼もう〜!」

「感心感心

 約束通り 連れてきたんだね」


「違う!誠くんを

返してもらいにきたの」


「あたいらを裏切ろうってのかい?

 だったらきっちり

 けじめをつけてもらおうじゃないか」


「おひかえなすって」

「眠り眠って1万年。

 目覚めた心に花が咲く」


「なんの因果か
 
 昨日の敵は

 思い起こせば今日の友」


「ちょいとちぐはぐこの二人

 生まれも育ちも違うけれど」


「あきれるほどに純粋な

 秘めた思いにゃ 変わりなし!」


「ドグちゃん」

「ア〜ンド 紀美香ちゃん」

「ここに 見参!」

手をあわせてポーズをきめるふたり。

肉食姉妹も戦闘態勢。

「ここであったが100年目

 あたいら地獄の肉食姉妹」


「お天道様に背をむけて
 
 来る日も来る日も殺し屋家業」


「人に代わってその手を汚し

 鬼のいぬまに しのび泣き」


「だけどそいつが背負ったさだめ」

「なが〜〜〜い!!」

と叫んでむかっていくドグちゃん。

そのパンチをうけとめ
おしやる姉妹。

「ドキゴロー!!」

「ほいきたドキ!

 ・・といかないドキ!」


しばられて動けない。

「流れるソーメンが待てないなら

 直接器からとればいい。

 そこにどんな

 趣があるっていうんだい?」
 とユカリ。

「作用と反作用」 とメガネをかけて

学級委員キャラになる紀美香。

「おしてダメならひいてみて!」

「よっしゃあ」

ドグちゃんはドグパンチをもう一度
ぶちこみ途中で手をひいて
ユカリをぶっとばしました。

怒る肉食姉妹。

ドグちゃんたちが戦っているときも
しばられたままのドキゴローをみて
分解できるんじゃないかという誠。

肉食姉妹の「肉食トレイン」で
眼をまわしたドグちゃんがなぐりつけられ
ボロボロに。
セーラー服が脱げて土偶ビキニに。

「目がまわる〜」

「あれは うずまき錯視の原理よ」

なんとかひとりずつたおさないないと、
と紀美香が思ったときに
ドキゴローがとんできました。

「ドッキングー!!」

「ドグちゃん 最高ー!!」

クリスチーネを剣で迎え撃つドグちゃん。

「ドグドグドグドグドグドグー!!」

「にゃ にゃ〜〜」

ささったけど抜けない。
後ろからユカリがとびあがって
おそいかかってきました。

「ドグちゃ〜ん」

と肉を投げる紀美香。


肉に注意を奪われるユカリ。
そのすきにクリスチーネを倒しました。

「パブロフの犬 条件反射よ!」

ふたり、親指をたててグ―!

「ドキドキ ウェ〜ブ!!」
肉食姉妹は消えました。
最後までおかしかった。

「ふう〜胸いっぱい」

ドグちゃんと紀美香、手をとりあって
喜びました。

誠も救出。

「でも ドグちゃんのせいで

 お母さんのかたみのセーラー服が

 ボロボロになっちゃった。

 そしたら誠ったら」


「いいよ。ほら、

  またぬえばいいんだから。

 ありがと」


なおしてもらったセーラー服をみつめるドグちゃん。

「なんだか 胸いっぱいだった」


女子高生、黒魔術で悪魔呼びだしますかーー!!
あの本格的な魔方陣といい黒い服といい
紀美香、危なすぎです。

だいたいウオヤ様のときの発言も
あやまってないみたいだし、悪魔呼びだして
ドグちゃん抹殺とか、
誠は完璧、ひいちゃったんでは。
恋する女の嫉妬心から
ドグちゃんにまでひどいこと言うし
紀美香の株、大暴落中。

ドグちゃんとは好きな人を守るという
同じ目的でナイスコンビネーションでしたが
いつもああなら誠にも好きになってもらえるかも。

土偶の神様と人間の恋って悲恋なのかな。

ドグドグチャンチャンの歌は
うっかり口ずさんでいることがあります。




ドグちゃん 谷澤恵里香
杉原誠   窪田正孝
ドキゴロー 朴ろ美

宍戸紀美香 桐島里菜

山之端佳美 片岡華奈子
柴崎圭佑  西村佑弥
佐々木裕也 村松和輝

クリスチーネ 佐藤真弓
ユカリ    大沢逸美










古代少女ドグちゃん ドキドキパック(上)〈期間限定版・2枚組〉


代少女ドグちゃん ドキドキパック(下)〈期間限定版・2枚組〉


誰だ!(Radio Edit)
誰だ!(Radio Edit)
電気グルーヴ

2009.12.03 Thursday 16:39 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< GOOD・COME 13 | main | 家庭教師ヒットマンリボーン 標的161 「エアーバイク」 >>









古代少女ドグちゃん#9
残りも少なくなってきた「ドグちゃん」。(全12話なので年内に終了してしまう。)今回の物語は、妖怪が一度に2人(2匹の方が正しい?)登場し、コンビとして立ち向かってくるというものとなり、今までとは少し違った展開でした。また、ドグちゃんの方も紀美香とコンビに
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2009/12/03 4:51 PM |
古代少女ドグちゃん 第九話 肉食姉妹
『妖怪 肉食姉妹』内容ドグちゃん(谷澤恵里香)は、誠(窪田正孝)が何をしてもキュン!心配するドキゴロー。そんななか、紀美香(桐島里菜)が、友だち達に、誠のことを話をしているとユカリ(大沢逸美)クリスチーネ(佐藤真弓)姉妹が現れる。どうやら、、紀美香が
| レベル999のマニアな講義 | 2009/12/03 6:31 PM |
【感想】古代少女ドグちゃん 第9話
「妖怪 肉食姉妹 登場」 草食系なんてカニバリズムっちまいな!
| あにぎり(仮) | 2009/12/04 12:23 AM |