<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

DARKER THAN BLACK  流星の双子(ジェミニ)episode 9「出会いはある日突然に・・・」

episode 9「出会いはある日突然に・・・」
録音されていた声をきいている未咲。

「これをきいているあなたは

 今もどこかでヘイとつながっているはず。

 過去が変わっていなければね」


というアンバーの声。

電車に乗っている蘇芳とジュライ。

『わかんないよ・・』

「撃ったことをせめているわけじゃない」

「撃つな!蘇芳!」

というヘイの言葉を思いだします。
顔が赤いのは熱があるから?

「なんだよ・・わかんないよ」

「おい。大丈夫か?」

とかばんから顔をのぞかせるマオ。

駅についてキコが友だちマユコと乗り込んできました。

「最低ですよ!

 テコ入れだかなんだか意味不明!

 あんなギャグキャラ

 いまさらどこに需要があるってんですか!」

「ざけんじゃねえよなあ〜!

 せっかくシリアスにいいかんじに

 もりあがってきたっつーのに!」

「もう!生かしちゃおきませんよ!

 あの監督!」

「あっ!ちょ、ちょ、あれ」と指さすマユコ。

「ん?」

「似てねえ?

 ほら 『薔薇のモーリス

 クラインの壺と象の鼻』の。」

「劇場版のカラヴァッジョですか!?」

「そうそう! あのヤンデレっぽいかんじ」

蘇芳のことでした。
蘇芳、くしゃみ。

「たしかに 病んじゃいるようですけど」

「お持ち帰りだ。キコ」

「いや〜 ロリ属性は・・

 てか 犯罪ですよ」


「なんとかしてこい」


と押し出されました。

「うわ〜! とっとっと!」

蘇芳たちの前でべたっところんでしまいました。

「んちゃ!」

「げ!あのピンク!」

と顔をひっこめるマオ。

床にはいつくばったままのキコの前に
折紙がおちてきました。

「あっ・・ん?」

みあげるとジュライが
なんとも言えない顔で見下ろしてました。


OP


前にいたアパート?
ひげをそって髪も切ったヘイ。

畳の下には武器がかくしてありました。

三号機関。
モニターをみせながら説明する小林。

「発見されたのは 現場から南東へ100m離れた

 ビルの屋上。14.5mm口径弾のから薬莢も

 同じ場所から発見されている」

「PTRDか・・」と鎮目。

「イザナギの能力によって

 現出されたというものと

 同一であると考えてよいのか?」

「あの子がイザナギであるのかどうかは

 まだ確認されていません。

 少年か 少女かさえも」と未咲。

「ひんむいてみなきゃわからないってか?」

「あの子は おとりかも・・」

「じゃあ 本物のイザナギは別の場所に?」と沢崎。

「もう東京にきてんのかもねえ・・。
  
 あれ?なんだでこのPTRD。

 スコープとボルトが左右逆についてんの?」

「ウラジオストックでのあの子は

 左利きではなかった」と葉月。
 
「イザナギがパブリチェンコ博士とともに

 すでにこちらにきている可能性は

 否定できないと思います」

「みんなどこかで合流するつもりでしょうか?」

「BK201が

 同じ動きをするとはかぎらない。

 東京にきて彼がまず追う者は

 おそらく・・イザナミ」


熱を出した蘇芳が目をあけると
部屋にはカラフルなポスター。

「起きたか?」

「ここ?」

「最善の選択とは言い難いが

 まっ 風邪をこじらすよりはましだ」

とクマのぬいぐるみの上にすわるマオ。

「どこなの?知ってる人のうち?」

「知ってるってほどでもないが・・

 ちょっとイタイが 悪いやつじゃあない」

「ああっ!まだでちゃダメです!!」

とキコの声がして
そこにたっていたのは

コスプレさせられたジュライ・・。

ロングヘアのかつらにうさみみ、女の子の服。

「あ・・・」

「たぶんな」とマオ。


「平成八年度版 甲種消費実態調査報告」

と書かれたCDロムを受け取る未咲。

『メシエコード UB001 アンバー

 未来の記憶を持つ契約者。

 契約者主導のテロ組織 

 E.P.Rのメンバー。

 かつてMI6に所属。

 天国戦争で 

 BK201と共に行動していた

 形跡もある。

 あのとき私は 

 彼女のことをほとんど知らず

 だけど彼女はすべて見ていた』


CD−ROMをいれるとMxcel2.0が立ち上がりました。

『そして その先のことも』

「そのCD−ROMは 

 内部のものならば

 簡単にかりうけられる。

 それを解析ツールで開いて」


キーワード入力を求められ

「キーワードはイザナミ」という
マダムの言葉を思い出し

「イザナミ・・」

とつぶやき「IZANAMI」を入力。
一瞬モニターにうつったアンバーの姿に
「はっ」と驚いて振り返りますが、誰もいない。

再びモニターに目をむけます。

「これは・・三鷹文書」

「その文章をあなたに読んでほしい。

 そして教えてあげて。

 そこに至る道のりを

 ヘイが・・誰もが

 誤らぬようにするために」


蘇芳、まだ熱があるのにコスプレさせられてます。

「あ、ありがとう・・」

それをながめながらピザを食べるキコたち。
マオも食べてます。

「い〜や〜 そんな礼には及ばないですよ〜」

「でも 親切に

 着替えまで用意してくれて。

 こんなすごい服・・」


コスプレだから!!!

「すっごい喜んじゃって

 とんだ逸材だぜ。

 根っからのレイヤーじゃね?」

「なんか善行つんだ気分です。

 せっかくだから どっか出かけちゃどうですか?」

「いいね いいね!

 どこ行く?」

「イケブクロ」 と蘇芳。

「あっ」顔をみあわせるキコとマユ。

「こいつガチだよ。いまどき池袋だぜ」

「ロシアで憧れてたんですかね。

 乙女ロード」

写真集をみせる蘇芳。

「かっこいいです!

 お母さんカメラマンなんですか〜」

「次のイベント 撮りにきてもらおうぜ〜」

「あ・・でも・・」

「冗談ですよ〜。

 そんなプロにきてもらうわけには・・」

「どこにいるか知らないから」

「え?」

「子どもの時 わかれたきりだから」

キコは久良沢の探偵事務所に蘇芳をつれていきました。
涙をながす久良沢。

「うおおぉ〜〜〜〜!くそぉ!泣けるじゃないかよ!

 そうかい そうかい。

 行き別れの母ちゃん訪ねて三千里。

 栗よりうまい十三里」

鼻をかむ久良沢を仁王立ちでにらむマオ。

「なんだ?こいつ」

「何って ムササビですよ」

「モモンガ」 とジュライ。

「や、こいつどうも俺にガンつけてきて・・」

「前世で恨みでもあったんじゃないですか?

 んなことより 探してあげましょうよ。

 この子のお母さん」

「えっ?あの そうじゃなくて・・」

「それはダメだ」

「どうしてですか!
 
 あんな号泣してたじゃないですか!」

「それとこれとは話が別。

 俺たちはプロだ。ただ働きはしない」

壁には「今月の目標 せめて先月分!」

「金がありゃ こんなとこ頼みにくるわけないです!

 貴重な同志ですから!
 
 ダメですよ。いつもみたいに

 適当にだまくらかして

 金むしりとるような 鬼畜な所業は!」

「うっ。人聞きの悪いこと言うな!」

「あるけど」と蘇芳。

「えっ?」

「お金なら あるけど。

 だから イケブクロ」


とためていたお金をさしだす蘇芳に
態度豹変。

「よ〜し!この子のために

 なんとしても捜しだすぞ!キコ!

 涙の再会スペシャルだ!」


「合点だ!ボス!」

キコの目も¥マーク。

「あ、あの・・」

池袋にやってきたみんな。

「東京ってすごいね」

「いや〜 変わったもんだ」とマオ。

聞き込みをする久良沢。

「ダメだ。どうも留守らしい。

 しばらく帰ってないそうだ」

「そりゃ困ったですね。どうします?」

「な〜に。まだツテはあるさ。

 いくぞ!次!」

「お〜!」

猫カフェの看板をみて青ざめる久良沢。

「嫌がらせか・・・。

 なんであの写真集の編集者がこんな店を・・」

「普通に転職ですよ。出版業界も 不況ですから」

かばんの中のマオは必死に隠れます。

元編集者に話を聞くキコたち。
ジュライの上にも猫が!

「留守だったってことは

 撮影にでかけてるのかもね」

「撮影?」

「そうなると ちょっとやっかい。

 あの人、猫みたいに自由だから
 
 完全に消息不明になっちゃうのよね」

「最近 どんなもの 撮ってるんですか?」

「そうだなぁ〜。このところ

 ずっとゲートにこだわってるみたいだったけど」

「それだ!!」と久良沢。

「何がそれなんですか?」

「ようし!わかった!」

「何がわかったっていうんですか?」

「そうか そうか そう・・うおぉ〜!」

走ってテーブルに激突。
こぼれたキャットフード目当てに
猫が大挙してとびかかってきました。

「にゃ〜〜」「ぎぃ〜やあ〜〜」

「ボス 大丈夫ですか?」

「あ〜ら 素敵。

 お釈迦様の最期みたい」

猫に囲まれ弥勒菩薩みたいなポーズで昇天する久良沢。

三号機関。小林のもとへいった未咲と鎮目。

「なぜイザナミの行方を 我々にも隠すのです?

 もしイザナミの所在が BK201に伝われば

 ヤツはまちがいなく それを狙ってくるはずです」

「能力を失ったBK201は

 いまやただの根暗なジゴロ!

 仕掛けるなら

 この機を逃す手ないですって」と鎮目。

「君たちがこんなに意気投合するとはな。
 
 別に隠しているのは 君たちに対してだけにじゃない。

 作業にあたったものたちは
 
 MEにかけた。
 
 場所を知るものは 私以外 数名もいない。
 
 イザナミはこの先 

 もう誰の目にもふれることはないだろう」

「まいっちゃうよなあ。あのノリの悪さ」

「どうした?」

「あっ」

「前の男にあえそうであえず

 からだがほてってしょうがないってか?

 とりあえず 

しらみつぶしにさぐってみるか」

「あっ」

「課長以外に イザナミの所在を知る

 その数名ってのがだれか。

 BK201がそっちに目をつける可能性も

 ゼロじゃない」

『BK201には 会いたい。

 だけど 三鷹文書を信じるのならば・・

 「イザナギは偽りの水底を眺め

  イザナミを待てり。

 イザナミは水底を渡り来りて

 やがて 二人 出会えり。

 されば あまつち(天地)は

 二つに裂かれ

 地獄の門は そこへと開かん。

 門より出でし者 誰ぞや知れず。

 ただ 争いが果つることなく 

 続くのみ。」

 荒唐無稽な話・・・。

 でも イザナミとイザナギを出会わせるのは

 何か怖い気がする』



CM


ヘルズゲートの近くへやってきたキコたち。

『どうしてだろう?

 昔はママにあんなに会いたかったのに・・

 今は・・』と思う蘇芳。

マオはジュライの頭の上でぐったり。

「この周り 何キロあると思ってるんです?

 何かあてあるんですか?」

「まあ 急ぐなって。あれだ」

ビルの屋上で写真集の写真とくらべてみます。

「間違いない。

 この場所から撮った写真だ。

 いずれまた この子のお母さんは

 間違いなくここにくる。」

「でも 写真集は もうでちゃったですよ?」

「甘いぜ。キコ。

 一度くらいついたテーマだ。

 工事が完成するまではおわらない。

 カメラマンも探偵も同じ。

 それがプロってもんよ。」

「いずれって いつまで待てばいいの?」

「いっ?」

ビルの管理人に話をきく久良沢たち。

「海外?!海外って 外国の?」

「運が悪かったよねえ〜。

 いっつもなら 一週おきぐらいには

 撮影にきてるんですけど」

「いつ戻るか わからないですか?」

「あいにくそこまではねえ〜。

 うちの住人でないもんですから。

 あっ 今ね 一部屋あいてんですけど

 あんたら どうかしら?」

「あ、ああ・・」

屋上でカメラをかまえる蘇芳。

『ママはここで立って ここで写した。

 ママはここに・・』


「蘇芳」 と声をかけられ

「えっ?」とふりむくとマダム・オレイユでした。
 
「あなたが蘇芳ちゃんね」

「あの・・誰?どなた?」

「ママに会いたい?」

「えっ?」

「いい女はね

 ある程度年を重ねると

 人の心を読めるようになるの。」


「嘘でしょ。

 そんなのきいたこと・・」


「あなたのママは

 今夜8時の飛行機で

 羽田に帰ってくる。」


「どうしてそんな・・」

「会いたい人が

 いるっていうのはいいことよ。

 私もあなたに会ってみたかったの。

 それだけ。

 あなたが今、本当に会いたい人は

 誰なのかな?」


「僕が・・会いたい・・」

紫苑、パパ、ママ、そして
ヘイの顔が浮かぶ蘇芳。

「はっ」

蘇芳が顔をあげるとマダムの姿は消えていました。

そこへキコたちがやってきます。

「弱っちゃいましたよ〜。

 お母さん 外国に・・」

「帰ってくるって」

「え?」

「8時の飛行機で」

「誰がそんな・・」

「女の人。今 すれちがわなかった?」

「ん・・あ?」

「誰ともあわなかったですよ」

「え」

鎮目と未咲。

「ここであらえる情報たってなあ」

「待って!」

「どうした?」

「葉月と耀子は今 羽田に向かっているはずだな?」

「ああ。たしか物資をうけとりにいっているはずだが・・」

「その二人の情報が 流出している!」

羽田やってきた蘇芳たち。

「こっちですよ!こっち!」

「待てよ〜。

 そんなにあわてたって

 到着はまだ先だって。

 だいたい 信用できるのか?

 その屋上であっていう女の話」

「ボスの言うことじゃなければ

 何信じてもバチあたりませんって」

「この野郎」

VIPルームみたいな部屋で待つ葉月と耀子。

「はい。ではこちらで少々お待ちください。

 用意が出来たら およびいたします。」

「よろしくおねがいします」

担当者がでていったのと入れ違いで入ってきた車いすの老人。

「祖父の顔を見忘れたか?

 それも無理もない話か。
 
 おまえを家から

 はじき出したのは私だからな」


「あの 私 表で待ってます」とでていく耀子。

いっしょにでていこうとする葉月をとめ

「待て。これを」

と手紙を渡す祖父。

「水絵は・・おまえの母の余命は

 もういくばくもない。

 ひと目 母に会いに戻ってはくれぬか」


到着ロビーにいるキコたち。

「きっとあの便ですよ。

 あの便が到着すれば

 お母さんに会えますからね」

いきなり蘇芳の胸をさわるキコ。

「ほうら。ドキドキしちゃって」

「ドキドキ?」

「そりゃお前 ドキドキもするだろう。

 こんだけ走りまわりゃ」

とこっちは体力不足で動機息切れの久良沢。

「違いますよ!ね?」

「え」

『ドキドキしてるのは 自分でもわかってた。

 だけど・・』

葉月と祖父。

「知っているはずだ。

 契約者に肉親のことなど 

 思う気持ちはない。

 そのことをあなたが憎んで

 私を追いだしたなら

 まだ許せた。

 私は あなたの・・

 いや、今なお

 裏の世界にうごめくことを

 宿命づけられた 

 くだらぬ血筋の

 忠実な下僕だった。

 契約者となって はじめて私は 

 自分を殺して生きることの

 無意味さを知ったのだ。

 あなたが憎んだのはそのことだけ。

 私があやつり人形でなくなった。

 ただ そのことだけを・・」


ドアの前で待っている耀子。

「総務省の 沢崎さまですね」

「あっ はい」

「ご用意できました。こちらへ」

葉月と祖父。

「やはり 許しては

 もらえないようだな。
 
 会えると聞いて 

 淡い期待を抱いていたのだが」


「聞いた?」

そこへ鎮目から電話。

「耀子!先にでた?!

 いっしょじゃないのか?!」

走る鎮目と未咲。

耀子と作業服の男。

「あの・・ずいぶん遠回りしてるような・・。

 あの」

ふりむいたらヘイでした。

「まさか」

耀子をあっさり気絶させて担ぐヘイ。

「とまれ!」

と鎮目たちがやってきました。

「はっ!」とヘイをみて驚く未咲。

「李くん!」

鎮目が能力をつかい外へおうと
ヘイはバスを乗っ取って出発。
後ろから鎮目がトラックでおってきます。

滑走路で飛行機とぶつかりそうになる鎮目。

「うわあ!」

その隙に脱出しますがそこへ葉月があらわれました。

「耀子を放せ。

 人質をかかえたままでは双方に利得はない。
 
 耀子を放せ」

耀子をおろしたヘイは
ナイフをかわし、葉月をワイヤーで倒して
再び耀子をかつぎあげます。

「待て」

『なぜだ?

 こんな簡単にみ切られるとは。

 油断?いや、動揺?

 バカな・・』


病床の母の姿を思い出す葉月。

飛行機を待つ蘇芳たち。

「な〜んか滑走路で トラブルですって」

「僕もういい」

「え?」

「別に会えなくても・・」

「そんな・・ドキドキしてたくせに!」

「うう〜〜母ちゃん〜。

 紙が・・紙がないよ〜」

久良沢が寝言をいってました。

「ほら。こんなすさみきって

 わきがと加齢臭がまじりあっただけの

 中年男だって 

 お母さんの夢をみるんです。

 お母さんに会えるのが

 嬉しくない子どもなんて 

 いないですよ」


到着出口で待つ蘇芳。

「はっ。ママ・・」

「あっ・・どうして・・」

「ママ・・」

「あっ・・ああ・・会いたかった」

と蘇芳を抱きしめるママ。

「会いたかった!うぅ・・」

感涙のキコと久良沢。

「さ いくぞ キコ」

「え?せっかく泣けるシーンじゃないですか」

「これ以上は野暮ってもんだぜ。

 親子の情愛ってのはなあ

 見世物じゃない。

 それぞれの胸のうちに 

 大事に抱えておくもんよ」

 
「まあ この子もいっちょまえのこと

 言うようになって。

 立派なもんだねえ 松吉」

「ありがとよ。母ちゃん。

 あーーお前?!なんでおまえ

 俺の本名を!?
 
 待てコラ!」

蘇芳とママ。

「うう・・うれしい・・紫苑」


ED


ママの車に乗る蘇芳。

「何が食べたい?

 今は何が好き?紫苑は」


「ふふっ。またまちがった。ママ」

「え?」

「こんなかっこうだからかな。

 僕は紫苑じゃなくて・・」


急停車しマオは顔をぶつけます。

「うわっ!うん?」

「まさか・・」

「だから 蘇芳だよ」

「嘘言わないで。

 蘇芳じゃない・・

 蘇芳のはずない・・

 だって あの子は・・

 8年前に 死んでるのに・・」


鼓動の音。




蘇芳が死んでることになってるですと?
ロシアのほうでは反対に紫苑の
戸籍がないんじゃなかったっけ。
紫苑とパパにでてきて説明してもらわないことには。

一番クールにみえた葉月が動揺していたのも
驚きでした。そもそも感情がないのなら
恨むことすらしないはずなんですが。

キコたちのテンションはあいかわらずでした。
結局あの王子みたいな変なかっこうで
街中や空港を歩いてた蘇芳もすごい。
ママもよくつっこまなかったものだと。


蘇芳   花澤香菜
マオ   沢木郁也
ジュライ 浅井清己

ヘイ   木内秀信

霧原未咲  水樹奈々
鎮目弦馬  三宅健太
葉月水無 斎賀みつき
沢崎耀子 吉住梢
小林吾朗 大友龍三郎
マダム・オレイユ  幸田夏穂

牧宮麻子 玉川紗己子

久良沢 凱  松本保典
茅沼キコ   加藤英美里
マユコ    葉月絵里乃
生田     依田栄助
キャットカフェのオーナー 杉野博臣
マンションの管理人  井川哲也
空港スタッフ  東 龍一
アンバー   川上とも子

予告      福圓美里


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 1


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 2


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 3 完全生産限定版


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 4


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 5 完全生産限定版


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 6


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 7


Blu-ray Disc TV DARKER THAN BLACK 流星の双子 8






2009.12.05 Saturday 09:15 | comments(2) | trackbacks(29) | 
<< うみねこのなく頃に 第23話 EpisodeIV-V breakthrough | main | 戦う司書 The Book of Bantorra 第10話「変人と母親と黒蟻の巣」 >>
sorcerer (2009/12/05 1:01 PM)
honeyさんこんにちはー!

蘇芳の格好だけど、キコちゃんも一緒にいたし、
探偵さんもある意味おかしな格好なので、
そういうイベントだと思われたのかもw

都会のヒトは本当に自分以外に無関心なのかもね(笑)

しかし、パブリチェンコ一家の秘密気になりますねぇ!
蘇芳が死んでるってどういう事だろう!?
honey (2009/12/05 1:12 PM)
sorcererさん、こんにちは〜。

探偵さんもある意味おかしな格好、に
吹いたではないですか!!
そういわれてみれば、、、

蘇芳はあの顔だし似合ってる(?)から
かえっていいのかもしれませんね。

ママにはしんだことにしてあるけど
学校とかはしっかり蘇芳の名前で通ってたし
謎です〜。









DARKERTHANBLACK-流星の双子-第9話出会いはある日突然に…
「母親と再会を果たす蘇芳でしたが、母親の口から衝撃的な言葉を告げられる。そしてカセットテープに残されたアンバーの言葉に未咲は三鷹文書を見つけ出す」「DARKERTHANBLACK-流星の双子-第9話出会いはある日突然に…」「怒涛の展開過ぎた今回は、母親は蘇芳と紫苑を間
| 翔太FACTORY+Face.Chat.Union | 2009/12/05 9:33 AM |
DARKER THAN BLACK −流星の双子− 第9話
第9話 出会いはある日突然に… 電車の中は人もまばらで、落ち着いた印象だった。窓から見る風景が遠くに見える。がたごとと揺れる音が、静かに迫ってきて眠りを誘うような気がした。 スオウはジュライと並んでベンチに座り、鞄の上で黄色の折り紙を三角形に
| モノクロのアニメ | 2009/12/05 10:01 AM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話 「出会いはある日突然に…」 感想
東京に辿り着いたスオウ。 カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。 ついに、ゲートの近くにあ...
| ひえんきゃく | 2009/12/05 10:09 AM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」
砕かれた現実。
| ミナモノカガミ | 2009/12/05 11:25 AM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 9話 「出会いはある日突然に…」
記憶抜け落ち砕け散る
| 穹翔ける星 | 2009/12/05 11:26 AM |
「DARKER THAN BLACK 流星の双子」9話 出会いはある日突然に…
蘇芳が死んでいたって方向できたか! 8年前の事故ってなんだ?そういえばこれまで蘇芳の回想は2年前のからと小さい頃の水族館の前のしかな...
| 蒼碧白闇 | 2009/12/05 11:51 AM |
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第9話「出会いはある日突然に・・・」
なんか色々な意味でワクワクする話で、今回はさらに面白かったです。これあと何話あるんだろ?
| 雨逃げ | 2009/12/05 12:37 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)(2009/12/23)木内秀信花澤香菜商品詳細を見る 着衣のままにプールへ跳びこんだ蘇芳。服も乾かさず、髪も拭...
| 破滅の闇日記 | 2009/12/05 12:54 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 9話 出会いはある日突然に・・・
蘇芳が8年前に死んでるって Σ(゜□゜ノ)ノ!? キコちゃん&探偵さん久々!とか、黒が元に戻りつつあるとか、 色々と書こうと思ってたんだけど、エエエエエΣ(゜□゜ノ)ノ ママ!蘇芳が8年前に死んでるってどういうコト!? ビックリです!気になります! でも、ど
| ふしぎなことだま | 2009/12/05 12:59 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第九話「出会いはある日突然に…」
風邪でフラフラだった蘇芳は、電車内で気を失ってしまい、偶然に出会ったキコに拾われて。 ああもう、相変わらず腐女子なんだね、キコって・...
| * Happy Music * | 2009/12/05 2:26 PM |
DARKERTHANBLACK流星の双子episode9出会いはある日突然に・・
episode9「出会いはある日突然に・・・」公式HPよりあらすじ東京に辿り着いたスオウ。カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。ついに、ゲートの近くにある母のマンションを見つけるが…脚本:大西信介 絵コンテ:岡村天斎 演
| 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ | 2009/12/05 3:55 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- episode 9 「出会いはある日突然に…」
 紫苑はいろいろ謎だらけだなあと思っていたら蘇芳の方も謎だらけでした。イザナギとか、8年前にとか。これから怒涛の展開になっていくのでしょうか。
| つれづれ | 2009/12/05 4:42 PM |
DARKER THAN BLACK−流星の双子− 第9話 出...
『出会いはある日突然に…』内容東京に着いた蘇芳。マオの決断により、熱気味の蘇芳を、世話してもらうことに。。。なんと、、、、キコに!蘇芳が母と生き別れになったと知り、キコは久良沢に手伝ってもらう。そのころ、、アンバーの声を聞いた未咲は、三鷹文書への接触
| レベル999のマニアな講義 | 2009/12/05 4:56 PM |
DARKER THAN BLACK −流星の双子− episode 9
episode 9 「出会いはある日突然に・・・」
| ハルジオンデイズ | 2009/12/05 5:55 PM |
DARKER THAN BLACK −流星の双子− 9話「出会いはある日突然に…」
『東京に辿り着いたスオウ。カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。ついに、ゲートの近くにある...
| Spare Time | 2009/12/05 7:13 PM |
DARKER THAN BLACK−流星の双子− episode9「出会いはある日突...
DARKER THAN BLACK−流星の双子−の第8話を見ました。【送料無料選択可!】DARKERTHANBLACK-黒の契約者-Blu-rayBox[Blu-ray]/アニメepisode9 出会いはある日突然に…――これを聞いているあなたは、今もどこかで黒と繋がってるはず。過去が変わっていなければね未
| MAGI☆の日記 | 2009/12/05 7:23 PM |
私 は 何 ?
{/hiyo_uru/}アンバーは未咲に、過去からメッセージを送っていたのですね・・ 『DARKER THAN BLACK −流星の双子−』 第九話 出会いはある日突然に… 川上とも子さんの声だ〜。 ずっとお休みされていたけど、 どうされているのだろう?と思ったら
| マイ・シークレット・ガーデン | 2009/12/05 7:32 PM |
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第9話「出会いはある日突然に…」
「貴女が今本当に会いたい人は 誰なのかな?」 久し振りにキコちゃんと久良沢さんの登場――!! そして、母親を探す蘇芳の前に現れたマダム ...
| WONDER TIME | 2009/12/05 8:21 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- #09「出会いはある日突然に…」
真実を知るのも突然・・・ シリアスな空気をぶち壊す2人組。本人も自覚していて何よりw では流星の双子感想です。 From Dusk Till Dawn(2009/12/16)a...
| ラピスラズリに願いを | 2009/12/05 8:28 PM |
黒の契約者(双子)をみました。
出会いはある日突然にっ☆ キャハ突然だわ・・ホントに突然ヤッテキタ!!!畳の下へ大事〜に保管してあったのを見た時からそんな・・再び“出会える”ような予感を感じていたのよ〜vvvだって・・そんなん邪魔だものね・・引っ掛かるものネ・・・髪切った、髭剃った
| 烏飛兎走 | 2009/12/05 9:54 PM |
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第09話 感想
 DARKER THAN BLACK  流星の双子  第09話 出会いはある日突然に… 感想  次のページ
| 荒野の出来事 | 2009/12/05 10:11 PM |
DARKER THAN BLACK #09 出会いはある日突然に…
テレビ版の 『DARKER THAN BLACK 流星の双子(ジェミニ)』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して...
| ビヨビヨ日記帳2 | 2009/12/05 10:33 PM |
DARKER THAN BLACK-流星の双子- 9話「出会いはある日突然に・・・」感想
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見る マカロフ・トカレフ・カラニシコフ!マジ狩るプリンス・デグチャレフ蘇芳にな〜れ♪ 腐ったピンクと異臭探偵との出会いが、蘇芳を真実の入り口へと導く・・・。その先に何が待っているのでありま
| 月の砂漠のあしあと | 2009/12/05 10:45 PM |
DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」
風邪でダウン寸前だった蘇芳は、キコたちにお持ち帰りされ(笑) 生き別れの母を凱たちが探すことに…。 一方、アンバーの残したメッセージ...
| SERA@らくblog 3.0 | 2009/12/05 11:05 PM |
DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」
「お母さんとの再会」
| マリアの憂鬱 | 2009/12/06 1:29 AM |
DARKERTHANBLACK-流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に・・...
これを聞いているあなたは、今もどこかでヘイと繋がってるはず------------。過去が変わっていなければね。霧原がデーターから聞いた声。それは、未来を読む契約者-----------アンバーの声!!わお!!またまたここで伏線を引っ張ってきたって感じですねぇ。なんとアン
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2009/12/06 4:20 PM |
アニメ「流星の双子」・・謎が深まる・・
 アニメ「DARKER THAN BLACK 流星の双子」見てますか?  話が進むにつれて、どんどん謎が膨らんで・・・  ちょっと、どきどきって感じです^^  今回は、スオウが風邪でダウンしてしまうんだけど、  たまたま近くにいた女の子が助けてくれる・・・
| 希望の光 | 2009/12/06 10:56 PM |
(アニメ感想) DARKER THAN BLACK-流星の双子- 第9話 「出会いはある日突然に・・・」
DARKER THAN BLACK-流星の双子- (1)(Blu-ray Disc)クチコミを見る 東京に辿り着いたスオウ。カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。ついに、ゲートの近くにある母のマンションを見つけるが…。 ☆<12/04更新>前回、DARKER
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2009/12/06 11:47 PM |
DARKER THAN BLACK 流星の双子 第9話 『出会いはある日突然に・・・』
実は全13話だと今更気づいてショック受けました。 逆再生でアンバーからの言葉を受け取る未咲さん、(画像は一期から) 『そこに至る道...
| オタクな車椅子生活者の日々 | 2009/12/11 2:13 AM |